« 拝啓 大野 智様 | トップページ | 師走! »

2021年12月 4日 (土)

まさかの復活LOVE

長野県出身の営業Y君のご実家から林檎が沢山届いたそうでお裾分けを頂戴しました。

Img_2059

ありがとうございます!

会社でBGM代わりに流しているFMラジオでクリスマスソングがガンガン流れ始めました。

もう師走!?

2021年も後1ヶ月も無いの!?

はやっ!!

デネルでございます。

アイドルグループ嵐の『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories』をDOLBY CINEMAで鑑賞してきました。

「ネタバレ禁止!」の方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

Img_2078

2年前の映像ですし、5×20のBlu-rayも購入しているし、この16年?17年?コンサートではずっと凄腕のスナイパーも真っ青な勢いで大野君をロックオンでウキウキウォッチングし続けてきたのに映画だとそう言う訳にもいかないし、などなどなど、幾つかの理由から当初は鑑賞するつもりはありませんでした。

既に鑑賞してきた方々から「一度は観た方がいい!」と勧められまくりまして、「りありぃ~!?」つって。

どうしようかな~。

観てみようかな~。

でも他に観たい映画がアレとかソレとかあるしな~。

優先順位はかなり低いかも。

と、あまり乗り気じゃなく過ごすこと数日。

が、しかし!!

11月26日に配信されたファンクラブの動画で大野君の声がーーーーーーー!!

動画はお知らせが来て一度再生したものの、僅か数秒ですぐ停止ボタンを押しちゃって。

大野君ファンのお友達から「大野君が喋っているからとにかく最後まで観ろ!」と教えて頂いて初めて知った次第であります。

大野君が喋ってるってなに!?

なになになに!?

甘い。

電話越しの声が底無しにあま~い。

耳に残るは智の話し声。

大野君の声を聴いたらいてもたってもいられなくなって「おら、映画さ観に行くだ!」になりましたのです。

フンガーッ!!

我が地元、京都でDolbyを上映しているのはMOVIX京都っつうシネコン。

いつぞやの大晦日の年越しパーティーにご参加下さった方は覚えていらっしゃるはず。

皆さんと一緒に映画『怪物くん』を鑑賞したあそこです。

誰とも休みが合わないので一人で行ってきやした。

Dolby Cinema初体験ざます!!

3800円もするのね。

いざッ!!

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories』!!

☆×○◇$□・・・

グォーーーーーーッ・・・・

オープニングの『感謝カンゲキ雨嵐』のイントロが流れた途端、涙、涙、嗚呼、涙・・・・

グォーーーーーーッ・・・・

号泣・・・・

涙でスクリーンが見えない・・・・

まさか泣くとは!!

マスカラが落ちる!!

鼻水と涙がどんぶらこ。

マスクをしているので鼻水がえらいことになりましたけれども。

大野くーーーーーーん!!

グォーーーーーーッ・・・・

I miss him so muchです。

大野君、言わせろ。

スクリーンに映るYOUのグッドルッキングぶりが半端じゃない!!

男前にもほどがある!!

超絶に罪作り!!

グォーーーーーーッ・・・・

『感謝カンゲキ雨嵐』は丸々一曲号泣していた自称&言うのはタダなクールビューティーD。

Dolbyがいかほどの代物か私にはさっぱり分かりませんし、通常版を鑑賞していないので比較できませんが劇場中に広がるDIVA3104(←勝手に命名しております)の五臓六腑に沁み渡る伸びやかな歌声に自称ガラスのハートがときめきっ放しでした。

相変わらずええ歌声や。

唯一無二の歌声でおます。

琴線に触れる歌声なのです。

大野智、どうしてくれよう・・・

大野君独特の歌い方ってあるじゃないですか!?

「を」を”wo”ですとか、魅惑の『ハ』行ですとか、誰にも真似の出来ないフェイクですとか。

耳が幸せ!!

Happy超!!

忘れちゃならない小さい「」。

『言葉より大切なもの』の「切り取ったメロディー」の「切り」の前に聞こえる小さい「」がモー、モー、モー、もぉ~!!

牛になるわ!!

フェイクでは『Lucky Man』でしょ、『a Day in Our Life』でしょ、『Love so sweet』がたまらんのです。

憎らしいったりゃありゃしない。

『Love so sweet』はエンドロールが流れている時にかかるんですけれど、視覚ではなく聴覚が冴えまくり。

大野君の歌声は本当に、ほんとーーーーに、素晴らしい。

感涙っす!!

うっす!!

コンサートのBlu-rayを家で観る時は大野君の歌声を一語一句聴き洩らさないように、より快適に、より鮮明に聴きたいので必ずヘッドホンを装着するんですが、Dolby版は全てペロッとまるっとクリアーに聴こえました。

圧巻だったのが『Monster』。

か、か、か、かっちょい~!!

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

耳に飛び込んでくる歌い出しからのソロに拍手喝采ブラボ~!の嵐ですし、セクスィ~な眼差しだけで大好物の芋焼酎を5杯はいけますし、大野君のパワフルなダンスに褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショイでした。

『Monsterの智にマニアック』!!

『Monster』は別格!!

キング!!

歌声然り、ダンス然り、大野智と言う人はマジでガチで罪作りなのです。

救心を所望致します。

披露される度にいつでもどこでもTPOを無視して絶大なるLOVEなのが『ハダシの未来』の「い~つでもぉ~」なんですの♪

今回もやはり胸の鼓動は高まるばかり。

そして『きっと大丈夫』の「あさ~まで」の歌い方が優しいのなんのって。

酒や、酒や~!!

酒持ってこ~い!!

『Face Down』に入る前のソロダンスは随所に大野君のこだわりが。

大画面に映し出される大野君の姿に惚れ惚れ。

確か『Believe』だったと思うんですが、スローモーションになるシーンがありまして、エトワール3104(←勝手に命名しております。)のダンスがそりゃ~もう♪

大野君のダンスはどの瞬間で切り取っても「あれ?ここの大野君ちょっとイマイチやな」というのが存在しないのであ~る。

静止画でも、スローモーションでも、巻き戻しをしている最中でも美しい。

そら惚れ直す!!

大好きだ!!

そうそうそう、劇場前に「ペンライト×、うちわ×、発声×、拍手×」の貼り紙がありましたが酷な話ですよ。

目の前の巨大なスクリーンでコンサートが繰り広げられているのにそれは無いわ~。

C&Rさせてくれ!!

踊らせてくれ!!

『言葉より大切なもの』とか『Lucky Man』とか『A・RA・SHI』とか『a Day in Our Life』とか、『サクラ咲ケ』とか、か、か、か、C&Rをせずにおられよか!?

ムリ!!

『Oh Yeah!』とか『Lucky Man』とか『きっと大丈夫』とか『ハダシの未来』とか『サクラ咲ケ』とか、か、か、か、踊らずにいられよか!?

ムリ!!

オープニングの『感謝カンゲキ雨嵐』ではオイオイ泣きながらも心の中でC&Rをし、各曲でここぞとばかりにバレないように小さく小さく踊り、やっぱり心の中でC&Rをしておきました。

ふふふっ。

そんなこんなであっと言う間に終了。

一度は観ておいて良かったです。

勧めてくれた皆さん、ありがと~!!

I miss him sooooooo much.

グォーーーーーーッ・・・・

◆おまけ1◆

ジュニアの皆さんの紹介で“しゃかりき君”を探したよねぇ~。

◆おまけ2◆

相葉君しか視界に入れない持病を持つ6歳年下の友人改め、SEVENTEE○のなんちゃらさんが好き過ぎるエリンギが私よりも数日早く、お友達と映画を観てきたそうな。

因みにDolby版。

「ファンクラブにも入ってないし、めちゃくちゃ嵐が好き!ってわけじゃないけど、どんなものか観てみたいから一緒に行って欲しい」とお友達が仰ったそうで、奴は腐っても元嵐ファン。

「任せとけ!」と。

行く前は「爆睡したらどうしよう」と心配していたエリンギさん。

鑑賞後にマッハでLINEが届きました。

「やっぱり相葉ちゃんがダントツで格好良い!」、「後ろ姿ですら格好いいんですよねぇ~♪」、「誰よりもイケメてるし♪」、「ネタバレしないのでデネルさんが観に行ってからオンラインで飲みながら相葉ちゃんについて語り合いません?」、「映画で相葉ちゃんの良かったところを一つずつ細かく語り倒しません?」、「相葉ちゃん好き♪」、「佇まいが美しい♪」とノンストップ。

エリンギちゃん、ちょっとよろしくて!?

私は今も昔も相葉ちゃんについて語り合えないし語り倒せないのですが!?

未だかつて私とあんたで相葉ちゃんの話で長時間語り合ったことは一度も無いぞ!?

大野君についてなら重箱の隅を楊枝でほじくりながら朝まで生テレビできますけど!?

しまいには「なんで相葉ちゃんのことを見てないの!」と逆切れされたほどです。

見るわけないやろ!!

私はガチガチの大野君ファンなんじゃ!!

何年振りかの会話の噛み合わなさに爆笑しました。

そんなこんなでエリンギさん、只今絶賛、『まさかの相葉君への復活LOVE』でおます。

ウケる!!

◆おまけ3◆

映画を鑑賞していて気になったことが一つありまして、確認のため家に帰ってから『5×20』のBlu-rayを再生しようとしてびっくり。

なんじゃこりゃ~!?

4枚も入ってるやんかいさ!!

購入してから一度も開封していなかった事に気づいた12月の夜。

Img_2082

Img_2011

 

« 拝啓 大野 智様 | トップページ | 師走! »

」カテゴリの記事

デネル事」カテゴリの記事

コメント

◆めぐみるくさん◆

お久しぶりです!

大都会札幌にもDolbyは無いんですか?
あんれまっ!!
京都は一館だけDolbyでの上映をしていまして、電車で15分ほどの所にあるので幸いにも私は鑑賞できたんですが北海道に無いとは残念過ぎる。

失礼ながらシネプレックスを存じ上げなかったので検索して参りました。
旭川にあるのねぇ~。
めぐみるくさん、何故なんだーーーー!!
職場の皆さんが仰る通り!!
折角有給休暇を取る気マンマンでいらっしゃったのにーーーーーーー!!

1曲目で号泣でした。
ついでに鼻水も。
オイオイ泣きながら心の中でC&Rをするちょっとキモイ自分。
ふふふっ。

そちらの降雪はいかがですか?
京都とは比べものにならないぐらいの寒さだと思いますのでご自愛下さいね。

デネルさん だいぶお久しぶりです。

北の大地にはDolbyが無いので、全国公開される大野君の誕生日に行こう!と、有給休暇を取る気満々だったんですが…。
でもやっぱ初日だし、大野君の誕生日だし、席を確保出来なかったら…と散々悩んで、12月に入って落ち着いたら観に行こう!と決めたのです。
ところが…「今日は大野君の誕生日と、映画公開かぁ。早く観たいなぁ。」と思いつつ仕事をしていると、隣の席の後輩君が「あれ?めぐみるくさん、櫻井君がシネプレックスに来てたらしいですよ。来る事、知らなかったんですか?」と…。
瞬間「えぇぇぇぇぇッ⁉マジでッ⁉😳😳😳」って叫んじゃいました!!
他の同僚からも「ちょっと!櫻井君来てたんだって!!あんた、映画観に行ってなかったの?」とラインが…
シネプレックス…職場のめっちゃ近く…😢😢
やっぱ、有休取って観に行けば良かった〜😭😭

そして、今月に入ってすぐに観に行きました!
一緒に行ったお友達も1曲目のイントロ流れた瞬間、号泣してましたw
Blu-rayでも何度もみましたが、やっぱり大画面と映画館の音響で観ると、臨場感があっていいですね。
でも、dolbyだともっと良いんだろうなぁ。
羨ましい😆

◆キャップテンさん◆

私もキャップテンさんと同じ!!
私も映画は行かないつもりだったんです。
だったんですが、先に鑑賞してこられた方々が「大野君の歌声に痺れた!」と教えて下さって、加えて11月26日の動画で電話で話す大野君の声を聴いたらいてもたってもいられなくなってDolby版(3800円もしました。高いな!)でウキウキウォッチングして参りました。
劇場中に広がる大野君の歌声がモー!!
大画面に映るグッドルッキングぶりがモー!!
一度は観ておいて良かったと思いました。

もしもキャップテンさんが「やや興味あり」から「観に行く!」になられた際には折角ですのでDoby版でぜひ♪
普通版をご覧になった方は音が割れていたと仰っていたので。

で、鑑賞後に再びこの日のブログをご覧下さることを願って。
おまけ2に爆笑のオチを書いているんですよ。
今回のタイトルはここから取りました。
ふふふっ。

こんにちは^^

映画を見る気は全然ない私。

ネタバレでもいいやとデネルさんのブログを読み始めたら
「おっ、ちょいと待て、これは回れ右かも!?」と思い始めました!
※回れ右したのでブログを最後まで読んでいません。

Dolbyシネマ、探してみます^^

映画興味なしから、やや興味ありっ!に変化できたことを
お伝えしたく、コメントしました^^


楽しい気分にさせてくれるデネルさんのブログ、
なんだかほんとにいつもありがとうございます♪

◆さんどさん◆

ご無沙汰しております!
お変わりありませんか?

私も当初は映画には行かないつもりだったんですが、先に観てこられた大野君ファンの方々が「一度観ておいても損はない!」と皆さん仰って、それでもやっぱり「観なくてもいいか」だったんです。
でも11月26日の動画で大野君の話し声を聞いたらどうにもこうにもで「行くべし!」になりまして、電車ですぐのシネコンでDolbyが観れるので先日鑑賞してきた次第です。

「秀吉頑張って」にウケました♪

私はDolbyしか観ていませんが通常版に行ってこられた方に教えてもらいましたが音がだいぶ割れていたそうです。
さんどさんがDolbyでご覧になれる機会があるようでしたら折角ですので音の良いDolby版でぜひ。
大野君の歌声がブワーーーーーッと広がりますし、美声に包み込まれるような感じで聴こえますよ~♪

5×20のBlu-rayを開けてびっくりです。
「4枚もある!」つって。

めっきり寒くなりましたのでご自愛くださいね。
映画の感想も良ければまたお聞かせ下さい。

とてもご無沙汰しております。
さんどです。
2008年のあの夏が終わってから、大野君のことを知りたくてさまよい歩いていた時「智にマニアック」にであい、「魔王」の7話、最終回の感想文を読んで、まさに涙腺が崩壊して以来、今日は泣きました。
いえ、私はまだ映画にいっていないのです。デネルさんと同じようにライブで双眼鏡を手放さなかった私は、ほかの色々な感情も混ざり合って映画を見る意味を感じられなかったのです。
「またね」と言われて、それが最後にきいた肉声になって以来、心に膜が張ってしまったようになっていて・・・。最近はアメリカのコメデイとかをネットフリックスでみて、大いに笑ったりして「大丈夫イケる」「もう忘れたよ、あんな事やこんな事」って思って過ごしてきました。
でも、いい風呂の日はたいして風呂好きでもないのに、朝からそわそわして、みんながつぶやくお祝いメッセージにウキウキしている自分が不思議でした。
そして、あの動画です。あのフニャフニャした話し方、さいごが馬鹿野郎のこのやろうでも嬉しくて嬉しくて・・・「おはようございます。嵐の大野智です」と流れてきた朝の幸せがよみがえってきてもうグチャグチャでした。
「代わり」はないんだと、「またね」を悠久の時間まつしかないんだなと、思い知らされました。
今は、家族ごとでちょっと出かけられないのですが、来週になっったら、ドルビーがまだやっていたら、東京か横浜にいきます。ドルビーがなくても、どこかにいきます。
そういえば、私も買って以来じつは5×20のあれやこれやを開けていませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 拝啓 大野 智様 | トップページ | 師走! »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ