« 嵐、紅白をありがと~! | トップページ | なんちゃらシンドローム!? »

2021年1月13日 (水)

嵐と言う名の宇宙船

天気の良い日に地元の氏神様に初詣。

Img_2341

Img_2336

Img_2340

1月9日はピンクの肉球を持つちょっぴりおバカな愛猫の旅立ちの日だったので大好きだった鰹節とちゅ~るをいつもより多めにお供えしました。

Img_1379

りゅうちゃん、そちらはどうですか?

楽しいかい?

たまには帰って来てや!!

デネルでございます。

アイドルグループ嵐の『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』のリピート配信を字幕付きで鑑賞しました。

大晦日はトータルで結構な時間画面がフリーズして“???”なところが多かったので今回のリピート配信は非常にありがたい。

大晦日の感想文(←ご参照下さい)は既に綴っていますが、あの日、あの時、興奮していて気付かなかったシーン、見落としていたシーン、画面のフリーズで“???”だったシーン、リピート配信で改めて感じたことなどをしたたていきます。

今回も懲りずにメモを取ったんですが、いかんせん字が。

頑張って解読するべし!!

※注意:『大野君にロックオンでウキウキウォッチングする』という持病がありますのでね、大野君メインで話が進むことをご了承下さい。

◆オープニング◆

大晦日は初っ端から画面が固まってしまって、数分後に再開した時には嵐さんは既に登場していたんですよねぇ。

にゃんと!!

UFOが東京ドームの上に着陸していたのか!!

ほほ~。

◆ワイルド アット ハート◆

「出会えた仲間よ」で歌いながら4名様にキュッと指を差す大野君にジ~ン・・・・

◆サクラ咲くケ◆

それ、陰と陽!!

ほい、その一歩を~!!

はい、Wow Wow!!

DIVA3104(←勝手に命名しております)の「め~ぐり~ あ~い~た~い~~~~~」がもっすご伸びやか!!

マジでガチでどこまでも伸びる!!

くぅ~♪

◆SHOW TIME◆

1回目の「キミだけに キミだけとSHOW TIME」のアップが目をやられる勢いで美しい!!

グッドルッキング指数が半端じゃござんせんな。

額のホクロを綿棒の先っちょでツンツン突きたひ・・・・

◆Pary Starters◆

「You!!」の声だけで大好物の芋焼酎を5杯はいけそうです。

◆挨拶◆

相葉君と交代する際にディスコスター様のポーズでハケる相葉君と同じ手の振りをする大野君がかばええ、かばええ、かばええ、あ~かばええ・・・・

櫻井君の「俺たちはもう準備できてるぞ!」で「イヒエエエエ!」とレスポンスする大野君の低音ヴォイスに胸の鼓動は高まるばかり。

◆言葉より大切なもの◆

櫻井君が『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』仕様で歌詞を変えて歌っていたことに歌詞付きで鑑賞して初めて気付きました。

例えばこの曲では「この夏だけは君とともに」の"夏”を"時”という風に、この後もいろいろ変えていたのか。

◆GUTS!◆

二宮君のソロの前で、エアリーにシュタッと立ち上がるエトワール3104(←勝手に命名しております)に惚れて惚れて惚れまくり。

◆風の向こうへ◆

◆ジュニアの皆さんの紹介◆

大晦日はある日突然 櫻井君に惚れちゃった友人ナメタケと大野君ファンのお友達EちゃんとLINEで繋げながら視聴していまして、ジュニアの皆さんの紹介の時にナメタケと「母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね」つって。

間違えた!!

ナメタケと「しゃかりき君、どうしたんやろな。この中にいいひんよな。」つって。

説明しよう!!

"しゃかりき君”とは!!

ジュニアの皆さんの中で誰よりもしゃかりきに踊っていた彼!!

Japonismツアーの時に初めてしゃかりき君が視界に入ってきて、しゃかりき君のそのしゃかりきっぷりにナメタケと爆笑の渦に巻き込まれすっかり虜になったのです。

しゃかりき君の初登場はコチラ(←ご参照下さい)。

最後にもう一度しゃかりき君に会いたかったな。

◆いつか秒針のあう頃◆

櫻井君のラップの後の5名様。

真ん中で踊る大野君の帝王感たるやそりゃ~もう♪

トキメキ指数の針が振り切れんばかりに格好良いったりゃありゃしない。

直後に後ろを向いた時の背中!!

背中で語る男、大野智。

嗚呼、うっとり。

やっぱりフェイクが絶品でおます。

セクスィ~過ぎるフェイクに絶大なるLOVE。

◆つなぐ◆

大野君の歌声がいつも以上に伸びやかで、艶があって、男前で、罪作りにもほどがる!で絶好調超!でしたよね。

大晦日も思いましたがリピート配信でも再度実感しました。

耳に残るは智の歌声。

◆Turning Up◆

◆Do you...?◆

濁音の無い軽やかなステップにありったけのキューーーーーン。

「めぐり巡り」の足クイッに胸の鼓動は高まるばかり。

◆MC◆

『Do you...?』からMCでグッパーをするところぐらいまで、あてくし、『MEETS CHANCE』のチャンスをゲットしていて終始てんやわんやだったので、MCの最初は全く耳に入って来なかったんです。

リピート配信でようやく全体像が見えたし聞けた!!

MEETS CHANCEについて説明する大野君なんですが、「ミートなんだっけ? ミ、ミート???」と櫻井君に助けを求める大野君がかばええ、かばええ、かばええ、あ~かばええ・・・・

ほんでもってミートチャンスなんだかミートチャレンジなんだか分からなくなる大野君がべらぼうにキュ~トときている。

大野智、どうしてくれよう・・・・

櫻井君の『GUTS!』のダンスを見て笑う大野君の笑い声が底無しに色っぽい。

お着替えタイムで相葉君とハケながら、「また怒られるじゃん。 最後だからもう怒られないか♪」からの~、「辱めに遭うよ! 恥ずかしいよ!」と言う大野君がどうにもこうにもツボです。

スマッシヒットです。

「辱めに遭うよ!」て!!

イダダダダッ・・・・

笑い過ぎて横腹が痛い・・・・

『「辱めに遭うよ!」な智にマニアック』だワッショ~イ!!

◆明日の記憶◆

大野君が描いた花の絵のジャケット。

『アラフェス2020』よりも今回の方がデザインやディテールがより鮮明に見えました。

ジャケットの袖を捲くっているので手首がご開帳。

小指側の尺骨茎状突起をいつまでも眺めていられるわい。

大野君は骨格美人でもあり、関節美人でもあり、筋肉美人でもあり。

◆ONE LOVE◆

◆Love Rainbow◆

大晦日は画面がフリーズして全然分かりませんでしたがここでリクエストに応えていたのか。

んまっ!!

大野君はエアハグ!!

5人揃って順番にエアキスにエアウィンク。

大野君、それは(エア)キスなのきゃい!?

唇を拭っているように見えるのは私だけ!?

かばええ、かばええ、かばええ、あ~かばええ・・・・

◆Step and Go◆

ここも大晦日は回線の不具合でずっと更新ボタンと格闘し続けていたっけ。

「世界はま~るで ~ エ~スケェ~~~~~~~~プ」

どうですか、これ!?

えぇ!?

どこまで伸びるんだ!!

「We're gonna step and go」の"go”の足!!

実に美しい!!

櫻井君のラップの「日々をこうして過ごす中に」近辺で両腕をフワッと広げるところなんて翼が見えたような気がしたリピート配信の夜。

しなやかなフワッは白鳥か大野君かではなかろうか!?

ドーム中に響き渡る最後のソロは圧巻でおましたな。

特に「りょ~woてにぃ~~~~~~~」にいでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか愛鳩、カンバ~ック!!

ブラボ~!!

DIVA3104、恐るべし!!

ダンスよし、歌声よし、麗しさよし、男前っぷりよし、なにもかもが完璧!!

『Step and Goの智にマニアック』っす!!

ウッス!!

『Step and Go』のフルコーラスめちゃくちゃ嬉しい!!

◆エナジーソング絶好調超!!!!!◆

◆紅白歌合戦◆

◆大野君のナレーション◆

◆Whenever You Call◆

大野君のソロはどれもこれもが妖艶。

うっとり酔いしれずにいられよか!?

◆台風ジェネレーション◆

「坂道の~」を歌いながら、すーっと踊り出す大野君の流れるような所作が爆裂に綺麗なんですよ。

無駄な動きが一切ない!!

◆PIKA☆☆NCHI DOUBLE◆

ステージに『H』のマーク!!

これは!!

大大大大好きな『PIKA☆☆NCHI DOUBLE』のPVのビルの屋上で踊っているシーンを再現しているのでは!?

DIVA3104のソロ、「ずっと~ この~まま~  ~ て~~らし〜て~~~~~~~」にペロッとまるっとやられた~!!

逆ギレ2秒前!!

マジでガチで惚れ惚れ!!

この曲はグッときますのです。

郷愁を誘うと言いましょうか、故郷に帰りたくなる曲。

生まれも育ちも現在の住まいも京都なんですけれども。

何故かノスタルジックな気持ちになるんですよねぇ。

◆君のうた◆

◆A・RA・SHI◆

◆Monster◆

前奏で後ろを向いている時の大野君の後頭部に世にも薄気味悪い笑みがツツツツツー。

後頭部のおぐしがす、す、す、好き♪

やっぱりソロが超絶にかっちょい~!!

鳥肌!!

メノ~ン、メモの文字が残り数行解読できない・・・

無念じゃ。

◆迷宮ラブソング◆

◆マイガール◆

◆Happiness◆

◆感謝カンゲキ雨嵐◆

◆挨拶◆

◆The Music Never Ends◆

まぶた~」の魅惑の小さい"”に店長さま、今宵は紹興酒ロックでよろしくどうぞ。

歌っている時の大野君の表情がとても清々しくて、穏やかで、晴れやかなんです。

北島さん、久しぶりにパクらせて頂きます。

なんも言えねぇ~!!

でした。

涙を見せずに静かに笑みを浮かべながら歌う大野君を見ていたら「ああ、大野君はやりきったのね」と。

泣ける・・・

グォーーーーーーッ・・・・

◆Love so sweet◆

リピート配信もこの曲で最後かと思ったら鼻水と涙がどんぶらこ。

本当の本当にこれで活動休止を現実として受け止めないといけないのかと思ったらオイオイ泣けてきました。

櫻井君、あかん!!

あかんよ!!

Youの涙に滅法弱いんじゃ!!

大晦日と同様やっぱりグォーーーーーーッ・・・・

あんれまっ!!

UFOが去って行った!!

オープニングとエンディングが繋がっていた!!

嵐と言う名の宇宙船が再び地球に戻って来るその日まで、あたしゃのんびり待っていようと思います。

改めて21年間、沢山の幸せをありがとう!!

大好きだーーーーーーー!!

 

 

 

 

 

« 嵐、紅白をありがと~! | トップページ | なんちゃらシンドローム!? »

」カテゴリの記事

コンサートにまつわるetc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐、紅白をありがと~! | トップページ | なんちゃらシンドローム!? »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ