« 愛の温度差 | トップページ | FREESTYLE 2020 大野智 作品展 »

2020年10月30日 (金)

伝説が蘇る!

アイドルグループ嵐の『アラフェス 2020 at 国立競技場』のグッズが数日前に届きました。

Img_2118

Img_2117

後は11月3日のネット配信を待つばかり。

出勤の準備をしながらオグさんの番組をチラ見していたらどなたかの卒業コンサートの生配信でネットが全然繋がらなかった人が多数いらっしゃったとのこと。

それを受けてオグさんが「嵐が11月3日に国立でアラフェスをするけど1回こっきりの配信だから」ちっくなことを仰っている途中で家を出ました。

なんなん、なんなん!?

もっすご不安やんかいさ!!

当日は一体何人の人がアラフェスを視聴するんでしょうか!?

サーバーがダウンなんてなった日にゃ~!!

アクセスがド集中するのはネットに詳しくない素人の私でも分かること。

どうか一つ、最初から最後までペロッとまるっと視聴できますように!!

デネルでございます。

大野君ファンのお友達から「アラフェスのタイムテーブルを今すぐチェックするべし!」とLINEが届いたので速攻で公式サイトにお邪魔してきました。

あんれまっ!!

あんれまーーーーっ!!

『帰ってきた!相葉すごろく』の文字に狂喜乱舞!!

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カバ~ック!!

私が独自で作っている『活動休止に入る前にもう一度観たいあれこれリスト』の上位に君臨していた『相葉すごろく』が復活するなんて。

涙、涙、嗚呼、涙。

嬉し涙に咽び泣く・・・

これが叫ばずにいられよか!?

狼煙を上げずにおられよか!?

ムリー!!

国民の休日がいっぺんに来た!!

うぇ~い!!

白いランニングシャツ・白い短パン・白いハイソックスに着替えて夜中に近所の公園でラジオ体操第1と第2を華麗に繰り広げたい衝動を抑えるのに一苦労です。

通報されてお縄になって、ラジオ体操の格好のままで取調室でカツ丼を食べながら、落としのナカさんに「田舎のお袋さんが悲しんでるぞ」と諭され、涙と米粒をポロポロこぼしなが「あっしがやりました・・・」と自白する己の姿が容易に思い浮かぶのでやめておきます。

マジでガチで嬉しい!!

新橋の駅前で額にネクタイを巻いたまま安来節を踊りたい!!

蘇る伝説の相葉すごろくの数々。

私がファンになって一番最初に観た相葉すごろくは、当時関西では他府県より2週遅れで深夜に放送されていた『Gの嵐!』の『伏兵登場!?”表”ver.』『伏兵登場!?”裏”ver.』(←それぞれをご参照下さい)。

「嵐って体を張るグループやったんや!」と衝&笑撃を受けたのを今も鮮明に覚えておりやす。

こんな回もありましたな。

↓ ↓

『これぞ芸人魂!?前編』『これぞ芸人魂!?後編』(←それぞれをご参照下さい)。

で、D的不動の第1位の名作のご紹介。

笑い過ぎて粗相する2秒前に陥った回の相葉すごろくは、これまたやっぱり『Gの嵐!』より、『革命児!?前編』『革命児!?後編』(←それぞれをご参照下さい)。

私の中で殿堂入りを果たしまくっているのです。

他の追随を許さないぶっちぎり!!

しらたき帽子とマフラーに乳首穴開きTシャツがモー、モー、モー、もぉ~!!

「牛になるわ!」な勢いで面白かったんですよねぇ。

『相葉すごろくにマニアック』な私としましては、3日の『帰ってきた!相葉すごろく』が楽しみ過ぎて楽しみ過ぎて毛穴が広がりっぱなしっす!!

うっす!!

しかも『8時だヨ!全員集合』ですよ!?

間違えた!!

しかも『生配信だヨ!嵐会』ですよ!?

生てーーーーーー!!

熱烈大歓迎!!

♪なにが出るかな~ なにが出るかな~ ふふふっふ、ふふふふ~♪

パワーアップして帰って来るに違いない!!

『嵐にしやがれ』になってからも大爆笑だった相葉すごろくの感想文を探したんですが、残念ながら見つけられず。

『嵐にしやがれ』のカテゴリーだけでもこれまで106記事をエントリーしているので、タイトルからだけでは発掘できなくて。

エントリーを捜索している途中で大好きな回の感想文が目に飛び込んできました。

相葉すごろくとは関係はありませんが『オタ~マ イルゥ』(←ご参照下さい)のやり取りにもののけ指数の針が振り切れたっけ。

ひ~、ふ~、み~・・・

かれこれ9年前か。

いと懐かすぅい。

サイトのタイムページによりますと、『帰ってきた!相葉すごろく』の次はにゃんと!!

『智のカレー作ってみよう!』!!

大野シェフの腕前を堪能させて頂きます!!

14:00台はラジオ企画『This is 嵐』セルフライナーノーツ。

”セルフライナーノーツ”ってなんざます!?

デネル.comしてきました。

先ず”ライナーノーツ”とは。

◆ライナーノーツまたはライナーノートとは、音楽レコードや音楽CDのジャケットに付属している冊子等に書かれている解説文をいう。通常はアーティスト本人ではなく音楽ライターやレコーディング関係者などによって執筆される。転じて、それらが記載された冊子事態を指す場合もある。

へ~。

ほ~。

”セルフライナーノーツ”とは。

◆内容としては、楽曲の音楽的な解説やレコーディングのエピソード、時代背景や影響を受けたと思われるアーティストや作品といったものまで様々である。主に音楽評論家が書いていることが多いが、音楽に詳しいコラムニスト、そのアーティストに影響を受けた別のアーティストが書いていたりもする。その作品に関わった演奏者や編曲者、プロデューサー、歌手自身が書き記していることもあり、その場合はセルフライナーノーツ(セルフライナーノート)と呼ぶ。

へ~。

ほ~。

嵐さんがラジオでニューアルバム『This is 嵐』のセルフライナーをするってこと!?

謎じゃ。

兎にも角にもサーバーが落ちるようなことだけはマジで勘弁!!

たのも~!!

 -------

 -------

◆展覧会の最終日である11月8日まで大野君の個展『FREESTYLE 2020』のアンケート実施中です。

※通常の『マニアの投票』ではありませんので、集計をして後日改めて結果発表をする予定は今のところありません。

※投票所に入れて頂くコメントはいつもは”管理者のみ閲覧可能”に設定していますが、今回はどなたでもご覧頂けるようにオープンで設定していますので、個人情報に繋がるような内容の記入はお控え下さい。

 

« 愛の温度差 | トップページ | FREESTYLE 2020 大野智 作品展 »

」カテゴリの記事

コンサートにまつわるetc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛の温度差 | トップページ | FREESTYLE 2020 大野智 作品展 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ