« ALEXA | トップページ | 愛のかたまり »

2020年9月22日 (火)

さらば我が青春の1ページ

『刑務所のルールブック』というドラマを観終わりました。

O0867108014521898271

とてもとても素晴らしかったです。

マジで。

泣いて笑って感動して。

登場人物一人一人に物語があって、どのキャラクターも凄く魅力的。

めちゃくちゃ泣いた・・・・

ツボに入り過ぎて爆笑しまくった!!

応答せよシリーズのスタッフさんによる作品だそうで、あの俳優さん、この俳優さん、応答せよシリーズにご出演の面々がちらほらと。

全16話。

1エピソード平均して約1時間半ぐらいあるんですが、あっと言う間に1話が終わります。

何故ならば、爆裂に面白いから。

服役している人々にそれぞれの過去や事情があり、同じ房の人たちとのやり取りにほっこりしたりジ~ンときたり爆笑したり。

刑務官の皆さんも心にいろいろ抱えている。

胸が熱くなるドラマでした。

もちのろんで笑いたっぷりです。

ジュノ役の俳優さんに惚れたかも♪

『愛の不時着』にカメオ出演してた人やん!!

過去の出演作品を網羅しようかな。

応答せよシリーズのスタッフさんの新作は『賢い医師生活』。

Netlixが勝手にオススメしてくるアレか!!

ジュノ役の俳優さんが今度は医者役でご出演。

観なくっちゃ!!

デネルでございます。

本日は『智にマニアック』と関係があるようなないような。

仕事帰りに地元のイオ〇でエスカレーターに乗りながら、スマホで何気なくYahooトピックスを見ていてビックリ仰天。

少年隊の錦織さんと植草さんが年内いっぱいで事務所を退所されるとのこと。

マジかーーーーー!!

ちょうど同級生にバッタリ会いまして、挨拶もそこそこにスマホを見せて「聞いて! これ見て! ニッキ(かっちゃんも)が事務所を辞めるんやって! 私の青春時代の思い出が一つ幕を閉じるわ・・・」と報告した都会派のレディD。

申し遅れました。

あてくし、自称&言うのはタダってやつで、可憐な乙女時代に少年隊のニッキに絶大なるLOVEだったんです♪

ジュラ紀ばりに太古の話ですけれども。

歌ってよし、踊ってよし、グッドルッキングぶりよし、よし、よ~し!!

罪作り指数が半端じゃない!!

ニッキの溢れんばかりの天賦の才能と、抜きん出た身体能力の高さは大野君に相通じるところがあると勝手に思っておりやす。

美しく伸びやかな歌声と重力を感じさせないしなやかなダンスはニッキと大野君に共通しているのです。

かっちゃんファンの友達とよくコンサートに行ったもんです。

コンサートが始まる前はお約束で「ニッキー かっちゃん 東くん、ニッキー かっちゃん 東くん、そ~れそれそれ しょうねんた~い!」つって。

待てよ!?

ちょっくらシンキングタイム。

・・・・

・・・・

・・・・

んまっ!!

嵐さんのコンサートの「あーらーしー! あーらーし!」と同じやんかいさ!!

あの頃も今も掛け声なるものが存在していた(している)とようやく気付いた9月の夕暮れ。

ふふふっ。

ウケたのが発表のあった日に私が少年隊ファンだったのを知る古くからの友人たちや嵐ファンのお友達たちから続々と知らせが届いたことです。

皆さんの優しいお気持ちに感謝カンゲキ。

腐っても元少年隊ファン。

ベスト盤の『少年隊 35th Anniversary BEST』を買うずら!!

通常盤なら3,500円。

完全受注生産限定盤ならにゃんと!!

28,000円!!

通常盤と限定盤のDisk3の収録内容が違う上に、限定盤はDisk12まであるざます!!

『アナタに今Good-bye』と『あいつとララバイ』が初CD化ってか!?

褌を締めて神輿を担いでワッショイ、ワッショ~イ!!

ベスト盤に加え、歴代の舞台PLAYZONEが収録された『PLAYZONE BOX 1986-2008』なるものも発売される。

こちらは35,000円な~り~。

大野君がジュニア時代に出演していた『Goobye & Hello 世紀末 新世紀』と、嵐になってから出演していた『”新世紀” EMOTION』も収録リストに!!

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

『”新世紀”EMOTION』は井ノ原先輩と松岡先輩とのトリプルキャストだったので、どうか一つ、大野君Ver.の”KARE”で映像化をお願い致します。

Blu-rayじゃないのが残念ですが、PLAYZONEは購入決定!!

ベストはどうしようかしら。

通常盤!?

それとも完全受注生産限定盤!?

はたまた両方!?

もう少し悩むとしよう。

遂にニッキ(かっちゃんも)が去ってしまうのか。

私が3人揃った姿を見たのが2008年の8月に梅田芸術劇場で観劇した『PLAYZONE FINAL 1986-2008~SWOW TIME Hit Series~ Change』(←ご参照下さい)が最後なので、ひー、ふー、みー、よー・・・

かれこれ12年前。

テレビではもっと見なくなりましたもんね。

”少年隊”の名前は残すとのこと。

来年以降は東山パイセンだけが少年隊を背負って立つのか!?

最後に3人で久しぶりに歌番組に出て欲しいな。

有終の美を飾って欲しいな。

『嵐にしやがれ』でもいいな。

1時間丸々”少年隊記念館”をやって頂けると非常に有り難い。

ついでにニッキと大野君とで一緒に歌ってもらえた日にゃー!!

泣いて喜びます。

ええ、鼻水を垂らしながら。

さらば我が青春の1ページ。

少年隊、ダンケシェ~ン!!

フォーエバー、少年隊!!

♪ニッキー かっちゃん 東くん、ニッキー かっちゃん 東くん、そ~れそれそれ しょうねんた~い!♪

発表があってからずっと『パーティーが終わっても』が脳内で流れておりやす。

何故か「レタスとキュ~リと~ 君はどっちがい~い~の~」のパートを延々と。

なんでそこなんや、俺!!

 よって『星屑のスパンコール』に切り替えましたとさ。

 

 

« ALEXA | トップページ | 愛のかたまり »

デネル事」カテゴリの記事

大野智君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ALEXA | トップページ | 愛のかたまり »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ