コンサートにまつわるetc

2019年4月21日 (日)

TOKYO2020

飲んで飲んで飲まれて飲んで。

アイドルグループ嵐のメンバー、相葉君しか視界に入れない持病を持つ6歳年下の友人エリンギ改め、東方神〇のなんとか君に絶大なるLOVEな上、SHINe〇のなんとか君にもペロッとまるっと惚れている、「これ以上はもう覚えられへんから心変わりはストップ!」な友人エリンギと食事に行ってきました。

Img_0627

Img_0628

Img_0629

豪快ざます!!

贅沢ざますーーーー!!

喋り倒す!!

そらお酒も進むってなもんです。

二人して酔っ払いまして、道端で盛大にこけて無様に倒れる友人E。

通りすがりのカップルの彼氏が心配して駆け寄って来てくれて「大丈夫ですか?」つって。

彼氏、ナイスガイ!!

サンキュ~!!

翌日エリンギから「朝起きたらおでこに たんこぶ出来てるんですけど、Why?」とLINEが。

ウケる!!

とっても親切な私は「かくかくしかじかで、あんたはみんなの前で派手にこけたんや! ケケケケッ」と教えてあげましたとさ。

私は私でJRの改札でICカードをピッ!とするのを忘れたらしく、次の日に阪急電車に乗ろうとしてICカードをピッ!としたら「YOUは通れませ~ん!」と拒否されました。

酒は飲んでも飲まれるな。

ひゃひゃ。

デネルでございます。

5月9日からスタート!!

何がって!?

TOKYO2020オリンピックのチケット抽選申込が9日から始まるんですの♪

2020年のオリンピック・パラリンピックの開催地が東京と決まった瞬間から「嵐がオリンピックの開会式(閉会式でも熱烈大歓迎)でパフォーマンスを披露する!」とあてくしのシックスセンスが告げまくり。  

なので去年の夏にはいつでも申し込めるように専用サイトに会員登録を済ませておりましたのです。 ( ← ご参照下さい )

先日メールが届きました。

「抽選申込がはじまるよ~!」と。

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

当ててみせる!!

開会式のチケットを引き寄せてみせますとも!!

大野君のためなら真夏の国立競技場も我慢してみせる!!

エイエイオー!!

締め切りは5月28日ですよ~♪

開会式・閉会式のチケットのみならず、各競技のチケットも申込できますよ~♪

ご興味のある方はレッツ、チェケラッチョ!!

カテゴリーを新たに増やしました。

もちのろんで『TOKYO2020』。

念ずれば華開く。

ムフ~ン♪

 --------

 --------

5×20 and moreの幕が上がりましたね。

もう行ってこられた方はいらっしゃるのかしら!?

エリンギとご友人 ( ← ご参照下さい )は両方外れたそうな。

ワクワク学校に賭けるそうです。

 --------

 --------

ココログの不具合ingでございやす。

ご迷惑をお掛けしてすみません。

引っ越し先も決まり、引っ越し先での準備もほぼ整ったんですが、ここのデータを現在持って行けないように勝手に設定されているんですよ。

出寝之助の涙と汗の結晶がギュッと詰まった『智にマニアック』を置いて行くのは忍びない・・・・

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

きっかけは様々

グランフロント大阪で開催中の『マーベル展 ~時代が創造したヒーローの世界~』に行ってきました。

残念ながら入口と出口以外は撮影不可。

Img_0351

Img_0352

Img_0356

Img_0357

Img_0359

Img_0369

衣装も展示されていまして、ソー、ロキ、スター・ロード、ブラックパンサーがめちゃくちゃ格好良かったです。

ブラック・ウィドウの衣装が細い!!

私があのスーツを着たら足首で引っかかる!!

よしんば着れたとしても胸がブカブカや!!

キーーーーーッ!!

スカーレットさんてば爆裂にナイスバディざます。

憧れるわい。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開が楽しみ過ぎて吐きそうです。

デネルでございます。

2月1日の花金。

‟花金”なんて今どき言いませんか?

そうですか。

活動休止を報告した1月27日から初めて嵐さんが生放送の『ミュージックステーション』にご出演!!

いつでもどこでもTPOを無視して『智にマニアック』たるもの、テレビの前で正座でウキウキウォッチングしろ、俺!!

がしたかったんですけれど、実際は・・・・

飲んで飲んで飲まれて飲んで。

アイドルグループ嵐のメンバー、相葉君しか視界に入れない持病を持つ6歳年下の友人改め、東方〇起のなんとか君に絶大なるLOVEで、その上SHINe〇のなんとか君も大好きで、え~い、頼むからもうこれ以上増やさんといてくれ!覚えられへんわ!な友人エリンギと台湾料理を食べに行ってきました。

Img_0384

Img_0387

Img_0383

Img_0386

Img_0385

Img_0388

台湾ご出身のご夫婦でやっておられてバイトのお嬢さんも台湾の方。

祇園のド真ん中にありながらも、とてもアットホームなお店でして、ご夫婦もバイトのお嬢さんも気さくで朗らかで、常連さんも優しくて和気藹々。

女将さんが凄くキュ~トな方なんですよ。

お人柄に惚れました。

もちのろんでお料理はどれも絶品。

激ウマ!!

帰りたくなくなる素敵なお店でおます。

また行きたい!!

常連さんになってみせる!!

美味しいお料理に舌鼓を打ちつつ、紹興酒をガンガン飲みつつ、専らの話題は嵐さんにまつわるエトセトラだったんですが、エリンギの報告に衝撃を受けました。

にゃんと!!

エリンギちゃん、何年振りかで嵐さんのファンクラブに再び入会!!

マジかーーーーー!!

あんたーーーーー!!

いつの間にーーーーー!!

「会見の後にファンクラブに入る人たちの事をどう思います?」とか、「新規で入会した人たちにチケットが当たるのってやっぱり腹が立ちます?」とか、LINEで数日前から探りを入れてくると思っていたんですよねぇ~。

詳細はこうです。

嵐さんが2020年12月31日でグループとしての活動を休止すると知ったエリンギのお友達が「記念に一回コンサートに行ってみたい!」となったそうな。

調べた結果、ファンクラブに入っていないとチケットの申し込みが出来ないと分かった。

ビギナー故に一人での参加は心許ない。

嵐コンサート経験のあるエリンギに「頼むし一緒に行って!」と依頼する。 

エリンギ、「いいよ~♪」つって。

本格的な調査の末、同行者もファンクラブ会員でないとダメだと知る。

エリンギ、「そうなんや! じゃあ私も入会しんとあかんな」

エリンギ嬢、何年振りかでファンクラブ復活。

てな具合。

活動休止発表の後すぐ、駆け込みでファンクラブに入会する人が僅か数日で10万人を超えたというのをワイドショーで見かけましたが、こんな近くにいたとは!!

しかもエリンギて!!

ウケる!!

ナゴヤドームを申し込んだそうです。

「相葉ちゃんのうちわ持って行きます 」 By エリンギ。

「外れろ!外れろ!外れろ! 前からファンクラブに入ってるうちらを差し置いて あんたらが当たることは許さんぞ! 相葉ちゃんが許しても私が断じて許さん! 外れろ!外れろ!外れろ!」と、とってもとっても心の広いエンジェルDは呪文のように唱えましたとさ。

ケケッ!!

いや~、まさかエリンギがねぇ~。

数年の時を経て嵐さんのファンクラブにまた入会するとはねぇ~。

驚きましたけど、エリンギらしいかな。

相変わらず優しい奴です。

私の時もそうでしたし。 ( ← ご参照下さい )

因みにDとEの嵐コンサートデビュー日記はコチラ と コチラ ( ← それぞれをご参照下さい )。

よく考えたら「コンサートに行きたい」という気持ちは皆一緒ですもんね。

きっかけと時期が違うだけ。

「もっと早く知っていれば」、「少しでも前にファンになっていたら」と‟たら・れば”はありますが、一人一人にそれぞれのタイミングがある。

私の場合は2005年の『花より男子』経由でその年の年末に放送された『Gの嵐!』のエアバンドです。

ジュニアの頃でもなく、1999年のデビューでもなく、2005年。

エリンギのお友達も、もしかしたらチケットが当たり、コンサートでこれでもか!てな勢いで熱狂的な嵐ファンになるかもしれない。

「会見で知って慌ててファンクラブに入るだぁ!? 調子がいいな、おい!」と思いましたが、もしも私がエリンギのお友達の立場だったら。

ふむ。

そら行ってみたいわなぁ。

「外れろ!」なんて言ってごめりんこ。

反省しました。

えぇ、ほんのちょっぴりですけれども。

ファンになったきっかけのエピソードとか、初めて嵐さんのコンサートに行った時のこととか、嵐のポストカードでホテルでババ抜きしたなとか、アジアツアーの韓国楽しかったよね~とか、初めての国立はマジで感動したな!とか、か、か、か、紹興酒を飲みながらエリンギと語り合った2月の夜。

久しぶりに聞いちゃおうかな 

皆さんがファンになったきっかけはなんですか?

上記にちらっと書いていますが、私のきっかけはコチラ ( ← ご参照下さい )。

ムフ~ン♪

今から録画しているタモステSPを観るぞ!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土)

大野智の歌声もダンスも凄かった!⑩

入口で発券されたチケットの裏側。

Img_0285

デネルでございます。

記憶が薄れない内にコンサートの感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内ブルーレイに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20』 

京セラドーム大阪 2019年1月11日(金)

席はスタンド中央 Aブロック 11通路14列。

視界を遮る物が一切無く、会場全体をペロッとまるっと見渡せる上に!!

バックステージがすぐそこ!!

肉眼でバッチリ!!

◆5×20◆

メインステージにて。

5人で作詞をしたそうです。

『5×10』の「ララッラ~ ラ~ララ~ ララッラ~ ラ~ララ~ ララッラ~ ララララ~ラ~ラ~ラ~」から歌はスタート。

その後直ぐ「またここで君と逢えた」でした。

『5×10』のメロディーラインを残しつつ、『5×20』の為に新しく作られたメロディー。

歌詞も同じ感じで20周年を迎えた想いなどが追加されていました。

※メモ帳の文字数行解読不能。

松本君・櫻井君・大野君・相葉君・二宮君の順で横一列に並んで手を繋ぎ、繋いだ手を頭上に。

手を繋いだまま去る5名様。

コントロールされたペンライトで『5×20』の文字が会場中に浮かびます。

スクリーンに「ありがとう!!」のメッセージとそれぞれのサイン。

「ありがとう!!」は大野君の筆跡とお見受け致しやした。

 ------ 

 ------

***アンコール***

◆ファイトソング◆

メインステージから二手に分かれて外周を小型のムービングステージでグルっとな。

ツアーTシャツを着て登場するのかと思いきや、衣装はステイ。

大野君は黒いパンツ、白いシャツ、蝶ネクタイ、淡いピンクのジャケット。

※メモ帳の文字数行解読不能。

「●●でやめる」の文字が。

何をやめたんだ!?

私の事なので大野君にまつわるエトセトラを書き留めたんでしょうけれど、ミステリーざます。

「でもそ~こで~ く~~~~さるな~~~~」の歌声がどこまでも伸びる!!

伸びて伸びて伸びまくる!!

たまらん!!

DIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )の深みがあって、大人っぽくて、メガトン級にセクスィ~な「でもそ~こで~ く~~~~さるな~~~~」に自称ガラスのハートがときめきっ放し。

嗚呼、うっとり。

罪作りにも程がある!!

キョエ~イ!!

スクリーンには『ファイトソング』の歌詞が流れるんですが、手書きであることに気付いた迷探偵D。

現場100回!!

張り込みのお供はアンパンと牛乳!!

最初は大野君が一人で書いたんだと思っていましたがフレーズ毎で次々に筆跡が変わっていき、「また大野君の字や!」になったので5名様全員が書いたと思われます。

「今は~ 悩むこともあるでしょぉ~~~~」に店長さま、テキーラショットでよろしくどうぞ。

◆エナジーソング ~絶好調超!!!!~◆

大野君の音頭からスタートじゃないですか?

「それでは皆さん! お手を拝借! よ~お!」で4人の合いの手が入る。

しかし!!

今回は!!

大野君が一人で合いの手も担当!!

「それでは皆さん! お手を拝借! よ~お! はい! はい! はい!」がモー、モー、モー、もぉ~!!

牛になるわ!!

櫻井君、アレをパクらせて頂きます。

どんだけキュ~トなんだ!!

憎らしいったりゃありゃしない。

合いの手の声が猛烈にあま~い。

トロットロでした。

大野君と二宮君の乗ったムービングステージがこちらに向かって来た!!

ナメタケちゃん、これが最後のチャンスや!!

うちわの出番じゃ!!

Photo_1

大野くーーーーーーん!!

残念ながら大野君の視界には入らず。

◆PIKA☆☆NCHI DOUBLE◆

櫻井君のラップでの大野君のコーラス、「ま~だ~ ま~だ~だ~」が五臓六腑に沁み渡りました。

はい、超絶にセクスィ~な「ず~ぅっと このままぁ~~~~~~~~ ひか~りよ~ ぼく~らの~ みらい~~ て~ら~してぇ~~~~~~~~」が入りま~す!!

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

ドーム中に響き渡る大野君の歌声が凄い!!

「どんだけ伸びんの!」の勢いで無限に伸びるかと思いましたよ、全く。

大野君の歌声が半端じゃない!!

伸びまくっている!!

香り立つ色香に胸の鼓動は高まるばかり。

過呼吸に陥る2秒前ざます。

ヒッヒー、フー。

ヒッヒー、フー。

もういっちょ。

「高く舞い上がれ~~~~~~~~」もこれまでに類を見ないぐらい、めちゃくちゃ伸びやかでした。

大野君の歌声がいつまでも聞えていたのです。

◆Love so sweet◆

※メモ帳の文字数行解読不能。

スクリーンに札幌から1月11日の大阪初日までに撮られた動画と写真たちがずずずいっとな。

「今の大野君をもう一回!」、「もっとゆっくり!」と思っても次々に流れるファン垂涎のお宝映像&写真たち。

酔っ払ってご機嫌さんちっくな大野君にデヘデヘ皺が何本も。

ダンスのレッスンをしている大野君にトキメキ指数の針が振り切れましたぞよ。

「ノ~ノ~ノ~ イェ~~~エ~エ~エエ~ ウォ~ウォ~~~~~~~~」のフェイクがさすがっす!!

大野さん、あんたすげ~よ!!

伸びるな~。

ほんでもって色っぽい。

あんれまっ!!

あんれま~っ!!

最後に1月11日に撮影された京セラドーム大阪の前(広場? 通路? ドームを背景にして)で5人の写真が!!

マジかーーーーーーーーーー!!

いつの間に!!

お目にかかりたかった・・・・

遭遇したかった・・・・

記念撮影と同じポーズをするステージ上の5名様が かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

◆Happiness◆

メインステージから花道に。

5人で走って、止まって、花道付近にいらっしゃるファンの皆さんに笑顔で手を振る、お辞儀をする。

それの繰り返し。

ジュニアの皆さん、バンドの皆さんの紹介。

最後までしゃかり君を見つけられなかったわい。

無念じゃ。

あれ!?

ここだったか、もう少し前だったかでジュニアの皆さんが歴代のコンサートの衣装を着て踊っていました。

あてくしが嵐コンサートデビューを飾った『ARASHIC-ARACHIC-ARASICK  ~Cool & Soul~』のオープニングの衣装である目に眩しいシャイニーなピンクのスーツもある

メインステージにて。

松本君・大野君・二宮君・櫻井君・相葉君の並びで横一列に。

双眼鏡とスクリーンで確認したところ、大野君と二宮君と櫻井君はマイクをポケットに入れて両隣の人とガッチリ手を繋いでいました。

ムフ~ン

ステージの下へと消えて行く嵐さん。

相葉君はディスコスター様のポーズでお別れ!!

よっ、スター!!

松本君と大野君は消える寸前までジャンケン合戦。

スクリーンに指だけしか映っていなくてもジャンケンing。

ウケる!!

3時間半弱のコンサートでしたが「もう終わり?」でした。

嵐は最強で最高!!

20周年おめでとうございます!!

いやっふ~!!

それにしても大野君の歌声は凄い。

貧困なボキャブラリーなのが悔しい!!

「凄い」しか言えねぇーーーー!!

舌打ち50回。

メモ帳もねぇ、「マジで伸びる!」とか「とにかく歌声が凄い!」のオンパレードですもん。

あの歌声を的確に表現できて、盛大な賛辞を述べられる語彙力を我が手に!!

『大野智の歌声もダンスも凄かった!』とタイトルにしたのが少しでも伝わっていれば幸いです。

惚れ直した回数はI have no idea。

『智のダンスと歌声にペロッとまるっとマニアック』でごわす!!

長い感想文に最後までお付き合い下さってありがとうございました!!

はて!?

アレはなんやったんや!?

“アレ”、それすなわち、コチラ ( ← ご参照下さい )。

and moreで反映されるのきゃい!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

大野智の歌声もダンスも凄かった!⑨

お友達から頂いた黒猫のマグネット。

冷蔵庫に貼っています。

Img_0190

尻尾が曲がる

デネルでございます。

記憶が薄れない内にコンサートの感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内ブルーレイに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20』 

京セラドーム大阪 2019年1月11日(金)

席はスタンド中央 Aブロック 11通路14列。

視界を遮る物が一切無く、会場全体をペロッとまるっと見渡せる上に!!

バックステージがすぐそこ!!

肉眼でバッチリ!!

◆挨拶◆

いつもの持病が出まして、脳みそが・・・・

メモも取っていなくて・・・・

トホホホホッ・・・・

挨拶の順番は櫻井君 ⇒ 大野君 ⇒ 相葉君 ⇒ 二宮君 ⇒ 松本君でした。

テロッテロの脳みそが記憶しているのがほんとーーーーに、ちょびっとなんです。

しかもざっくりとしか覚えておらず。

さーせん!!

大野君のはメモを取ったんです。

うぃ、A4のメモ帳に2枚半も。

が、しかし、爆裂に汚くて解読が・・・・

メノ~ン・・・・

因みに笑&衝撃の象形文字がコチラ。

Img_0331

ひゃひゃ。

どうにかこうにか読めた箇所だけ綴ります。

話が全然繋がっていないかも。

トホホホホッ・・・・

え~、今日は本当にありがとうございました。

え~~、もう2019年になりました。

僕らデビューしたのが1999年。

まさに20年という。

なんか信じられない。

デビュー当時は2019年なんて想像できなかった。

18歳の自分も20年後なんて想像できなかった。

20年前に5人でグループになって、どうしていいか分からなくて、右も左も分からず、これが大人の世界なんだと。

5人で初めて話し合い、5人で何ができるのか、この5人で意味があるのか?

5×5、10、20で意味が作れたんだと思う。

なんか不思議に思ってたんですよね。

この5人・・・・

4人ですが、相葉ちゃんに関して言えば殆ど喋ったこともなかった。

普通は友達になってから仲良くなるのに。

この4人じゃなかったら やってこれなかった。

なんて優しい4人なんだろうかと。

昔は擦れ違うこともあったけど20年経つと特に何も無いんだよね。

顔見るだけで、「あけましておめでと~~~~!」だけで感動する。

おじさんになっただけ?

朝から顔見ただけでグッときちゃう。

30代の中年のおじさんにワーキャー言ってくれるなんて。

皆も優しい。

今日は本当にありがとうございました。

大野君、YOUは宇宙一 罪作りな生き物でっせ

ワーキャー言わせてもらいまっせ♪

『智の挨拶にマニアック』!!

櫻井君の言葉で凄く印象に残っているのが「5×20のロゴを見るのが大好き。 5×5から始まって右の数字は増えていくけど左の5だけは絶対に変わらない。 大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤。 これが嵐。 他に誰も入れない。 悪いけどこれだけは譲れない!」です。

おっちゃんはもっすご感動した!!

仰る通りざます!!

5名様の挨拶をちゃちゃとメモれるようにマジでガチで早稲田式速記を習っておけばよかったわい。

若しくは日ペンの美子ちゃんか。

『大野智の歌声もダンスも凄かった!⑩』に続く・・・・

 ---------

 ---------

数字に弱い私が珍しく覚えていた!!

末筆でごめんあそおばせ。

櫻井君、誕生日おめでとうございます!!

Happy超!の幸あれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

大野智の歌声もダンスも凄かった!⑧

第91回 アカデミー賞のノミネートが発表。

作品賞に鑑賞した3作品が入っている!!

Mv5bmtg1mty2mjyznv5bml5banbnxkftztg

Mv5bndg2njixmduynf5bml5banbnxkftz_2

Mv5bmje3mdq0mta3m15bml5banbnxkftztg

他にノミネートされている作品達の中で日本でまだ公開されていないのもあるのでなんとも言えませんが、私としては『ブラックパンサー』に是非とも獲得して頂きたい。

MARVELシリーズの大ファンなもので

外国語映画賞には『万引き家族』がノミネートされましたにょ。

未見ですが『万引き家族』、ファイト一発!!

授賞式は現地時間の2月24日!!

デネルでございます。

記憶が薄れない内にコンサートの感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内ブルーレイに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20』 

京セラドーム大阪 2019年1月11日(金)

席はスタンド中央 Aブロック 11通路14列。

視界を遮る物が一切無く、会場全体をペロッとまるっと見渡せる上に!!

バックステージがすぐそこ!!

肉眼でバッチリ!!

◆A・RA・SHI◆

メインステージ上段にて。

踊る!!

コール&レスポンスもバッチリ!!

嵐さんはデザイン違い&色違いのスカジャン?ライダージャケット?ちっくな上着。

当時リリースされた『A・RA・SHI』のPVがスクリーンに流れるんですが、それと交互して現在の5名様で撮影された『A・RA・SHI』のPVが!!

凄い!!

昔と今のコラボ!!

スクリーンに目を奪われていたら伴奏で大野君が片手で側転をしたかどうか確認するのを忘れてしもうた・・・・

私のアホ~!!

帰ると見せかけてアホ~!!

そしてアホ~!!

華麗な片手側転に絶大なるLOVEなのに・・・・

メノ~ン・・・・

大野君、YOUは片手で側転をしたのきゃい!?

どうなんだい!?

DIVA3104のフェイクに自称ガラスのハートがときめきっ放し。

どこまでも伸びやかなんですよねぇ~。

魅惑のソロ、「ゆ~ずぅ~~れぇ~~な~いよ~~~」に惚れて惚れて惚れまくり。

メガトン級にセクスィ~

大野智、どうしてくれよう・・・・

特筆すべきは最後の「for dream」。

嵐さんのハーモニーが素晴らしかった!!

さぶいぼが立った!!

間違えた!!

“さぶいぼ”は全国共通語じゃなかったですね。

鳥肌が立った!!

めちゃくちゃ感動しました。

『嵐のハーモニーにマニアック!!

ブラボ~!!

◆a Day in Our Life◆

コール&レスポンスもバッチリ!!

「いつも 感じていたいんだぁ~~~~~~~」がモー、モー、モー、もぉ~!!

牛になるわ!!

中島さん、いつもいつもお世話になっております。

例のアレをパクらせて頂きます。

セクシーサンキュー!!

フンガーッ!!

松本君と大野君が歌っている時に二宮君が出てきて松本君と密着。

そんな二人を少し離れた所からジェラシーの眼差しで じっとり見つめる大野君がかばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

大野君に近づいて行って、松本君が二宮君と大野君を両肩で抱き寄せてギュッとハグ。

※メモ帳の文字数行が解読不能。

大野君は花道からトロッコに。

※メモ帳の文字数行が解読不能。

最後のフェイクにいでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

ドーム中に響き渡る「Oh Yeah Yea~~~~~~~~h Wow wow wow!」が超超超超超超×1000の勢いでセクスィ~超!!

爆裂に男前!!

香り立つ色香が半端じゃない!!

かっちょい~!!

あたしゃペロっとまるっとやられてしまいましたぞよ。

おっとこ前で艶のあるフェイクに朝まで乾杯。

『腹立たしいまでにセクスィ~な智のフェイクにマニアック』っす!!

ウッス!!

大野さん、あんたすげ~よ!!

◆ハダシの未来◆

踊る!!

メモ帳の文字が壊滅的でして、どう頑張っても解読出来なかったんですが、「スクリーン」の文字だけ読めました。

はて!?

スクリーンに一体何が!?

思い出した!!

『ハダシの未来』の変遷映像!!

これまでに披露された『ハダシの未来』の懐かしの映像が流れていたんだった!!

過去の『ハダシの未来』も見たいし、トロッコに乗って『ハダシの未来』を歌う大野君も見たいしで悶絶していた自称&言うのはタダな都会派レディD。

◆サクラ咲ケ◆

踊る!!

※メモ帳の文字数行が解読不能。

◆きっと大丈夫◆

踊る!!

大野君がすぐそこ!!

大野くーーーーーーん!!

ナメタケちゃん、うちわの出番じゃ!!

Photo_1

大野くーーーーーーん!!

あっと言う間に移動してしまったので残念ながら大野君の視界に入らず。

◆Monster◆

センターステージにて。

キターーーーーーーッ!!

毛穴が開く!!

血湧き肉躍る!!

ソロがたまらんのです。

耳に残るは智の歌声。

嗚呼、うっとり。

「ぼ~くの きお~くが~」の軽やかでしなやなダンスに店長さま、古酒ロックをよろしくどうぞ。

足捌きが絶品

バックステージ席からセンターステージでちぃとばかり距離はありましたが正面から『Monster』を鑑賞できる嬉しさよ。

私の記憶が確かならば、過去のコンサートで正面から『Monster』を見た事が無いような!?

斜め後ろからだったり、真後ろからだったり、遠くにいる大野君の背中だったり。

幸せじゃ。

炎がボボボボボボー!!

◆Troublemaker◆

※メモ帳の文字が崩壊して全てが象形文字に。

◆ワイルド アット ハート◆

※メモ帳の文字が崩壊して全てが象形文字に。

◆GUTS!◆

バックステージにて。

すぐそこ!の距離で『GUTS!』!!

うぇ~~~~い!!

※メモ帳の文字が崩壊して全てが象形文字に。

微かに読めたのが「大・松 可愛い」。

二人で何やらしていたと思われますが、詳細は不明で謎は深まるばかり。

※メモ帳の文字が崩壊して全てが象形文字に。

私の席から見て松本君と大野君ペアが左側、二宮君が一人真ん中、櫻井君と相葉君ペアが右側で好き放題でワチャワチャと戯れる。

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

スクリーンに『GUTS!』のPVが流れていましたが新たな映像が追加されていました。

これも撮影し直したっぽい。

コンサート全体が兎に角 映像が凝っています。

スクリーンも見たい!!

嵐さんも見たい!!

なんて贅沢な悩みなんだ!!

おバカ de ラブリ~にふざけていた5名様が「ぼ~くらは~ むか~~~う」でクルクル回りながら集合し、「VIVA 青春」からシュタッ!と揃っていつもの振り付けで踊り出す。

一連の動作が「さすが嵐! 阿吽の呼吸!」って感じで惚れ惚れしました。

くぅ~♪

ムービングステージがムービング。

◆君のうた◆

バックステージ ⇒ ムービングステージがムービング ⇒ センターステージ ⇒ ムービングステージがムービング ⇒ メインステージ。

「今 あ~ふれだした~」が す、す、す、好き

特に“あ”

酔いしれて、その罪作りな“あ”。

『大野智の歌声もダンスも凄かった!⑨』に続く・・・・

後一回で終わるはず。

多分・・・・

きっと・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

大野智の歌声もダンスも凄かった!⑦

ガガ様とブラッドリー・クーパー氏の映画『アリー/スター誕生 (原題:A STAR IS BORN)を鑑賞してきました。

Mv5bmje3mdq0mta3m15bml5banbnxkftztg

これからご覧になる方もいらっしゃると思いますので多くは語りますまい。

今回DOLBY-ATMOSなる音響システムのあるシアターを初体験。

~映像の隅々まで音を感じる。 ドラマティックなシネマサウンド。~

だそうです。

はて!?

そないに「音すごっ!」とはならなかったような!?

劇中で披露される『Shallow』が圧巻でした。

猛烈に感動・・・・

デネルでございます。

記憶が薄れない内にコンサートの感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内ブルーレイに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20』 

京セラドーム大阪 2019年1月11日(金)

席はスタンド中央 Aブロック 11通路14列。

視界を遮る物が一切無く、会場全体をペロッとまるっと見渡せる上に!!

バックステージがすぐそこ!!

肉眼でバッチリ!!

◆オーケストラ◆

メインステージにて。

松本君の指揮でオーケストラの皆さんが嵐楽曲の数フレーズをずずずいっとな。

『Love Rainbow』、『Bitter Sweet』、と後なんだったかな!?

後1曲か2曲あったはず。

◆COOL & SOUL◆

メインステージにて。

オーケストラの皆さんと共に。

嵐さんは上下白いスーツ。

よっ、大野君、男前!!

襟と袖口にブルーのラメラメのラインが入っていて、それぞれデザイン違いで茶色の布がポイントで付いている。

大野君のは肘辺りに茶色の布が。

破れているところに肘当て的な??

昭和の香りがするのは気のせいのはず。

多分・・・・

きっと・・・・

『COOL & SOUL』のオーケストラバージョンはもっすごムーディー。

衣装も踏まえて歌謡ショーのような感じ。

うぃ、DIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )の魅惑のソロなんて特に。

斬新ざます!!

◆マイガール◆

メインステージにて。

オーケストラの皆さんと共に。

◆One Love◆

メインステージにて。

オーケストラの皆さんと共に。

 ラララ~ ラ~ララ~ からスタート。

「 泣いた きせ~つぅを(wo)~~~~ 」がめちゃくちゃ伸びやか。

大野君の“を”の“wo”の歌い方に絶大なるLOVE。

松本君を残して4名様はハケる。

5×20スペシャルオーケストラの皆さんの紹介。

ブラボ~!!

◆大野君の舞踏◆

メインステージにて。

キターーーーーーーッ!!

黒のTシャツ?、赤を基調とした丈が長めのジャケット(※お洒落な芸術家がデッサンの時とかに羽織るようなジャケットちっく)、黒パンツ姿の大野君が神々しい!!

YOUの足首どうなってんの?

YOUのターンどうなってんの?

YOUの重心どうなってんの?

YOUのステップどうなってんの?

YOUの指先どうなってんの?

の?、の?、の?、の?の嵐!!

フンガーッ!!

アクセントダンスのようでもあり、パントマイムのようでもあり、大野君独特の振り付けと言いましょうか、3104ワールドが炸裂しているソロダンスでした。

大野君にしか創れない世界。

数分のダンスに息を潜めて魅入ってしまうのです。

もっと見ていたい。

もっともっと踊って欲しい。

渇望がどうにもこうにもです。

これが惚れ直さずにいられよか!?

鼻息も荒く興奮せずにおられよか!?

ムリーーーー!!

大野君のダンスには濁音が一切存在しな~い。

エアリーでしなやかで華麗でセクスィ~で優雅。

きっと背中には翼が生えているに違いない。

大野君、あんたすげ~よ!!

『智の舞踏にマニアック』!!

いやっふ~!!

メインステージ上段のスクリーンからメンバーカラーの5色の玉が流れて来ます。

大野君が手を翳して玉を一つずつヒュン!として、ステージにいた4名様の頭上で弾ける。

待てよ!?

それぞれの色の玉が弾けると共に一人ずつ登場したのかも。

順番が曖昧ですが、この時の大野君の爆裂な男前っぷりにペロッとまるっとやられました。

◆Face Down◆

メインステージ上段にて。

特効ドーーーーーーーン!!

アレンジの効いた『Face Down』ざます。

リズムがいつもと違ったんですよねぇ~。

ダンスは同じ。

かっちょい~!!

◆つなぐ◆

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

この流れは反則!!

トキメキ指数の針が振り切れたまま元に戻らない!!

実にけしからん!!

アチョーーー!!

どこまでも伸びやかで色っぽい「楽園を ゆめみた~~~~」に店長さま、今宵はグラッパでよろしくどうぞ。

酔いしれて、底無しにセクスィ~な「楽園を ゆめみた~~~~」。

コンサートで感じたこと。

それは、大野君の歌声がとてもとても、もいっちょ、とてもとても、男らしかったです。

言葉では表現しにくいんですけれど、なんと申しましょうか、深みが増したっつうんですか!?

大人の男。

ま、ま、ま、38歳ですので十分大人なんですが、う~ん・・・・

貧困な語彙が恨めしい・・・・

メノ~ン・・・・

◆Crazy Moon ~キミ・ハ・ムテキ~◆

 む~て~き~ からスタート

素敵

◆Sakura◆

メインステージ上段

◆truth◆

メインステージから炎がボボボボボボー!!

畳みかけるようにダンスナンバーのオンパレード!!

血湧き肉躍る!!

格好良いにも程がある!!

憎らしいったりゃありゃしない。

「ね~がい~は と~めいな~ まま~~~でぇ~~」に胸の鼓動は高まるばかり。

炎がボボボボボボー!!

「せまる しぃ~~んじぃ~~~つぅ~~~」が超絶にセクスィ~!!

たまらん!!

中島さん、ここんとこずっとさーせん。

今日も例のアレをお借りします。

セクシーサンキュー!!

「せまる しぃ~~んじぃ~~~つぅ~~~」が逆ギレしそうな勢いでセクスィ~なんですが、“つぅ~~~”がほんのり舌足らずなのでとびきり可愛いときている。

ギャップがモー、モー、モー、もぉ~!!

牛になるわ!!

炎がボボボボボボー!!

メインステージのスクリーンに『1999 嵐』の文字。

デビュー曲『A・RA・SHI』から順にリリースされたシングル曲のジャケット写真が登場。

2019年の『君のうた』まできて、2019から1999に数字が過去に戻って行く。

街中の看板や沿道にあるボードや広告塔が全て歴代のジャケット写真。

5×10のバスもありました。

~ARASHI ANNIVERSARY Tour(金色) 5×20(赤色)~がスクリーンにドドンッ!!

『大野智の歌声もダンスも凄かった!⑧』に続く・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

大野智の歌声もダンスも凄かった!⑥

18年前の4月。

我が家に来て3日目のピンクの肉球を持つちょっぴりおバカな愛猫のキティちゃん時代の写真。

Img_0264

カワユス

デネルでございます。

記憶が薄れない内にコンサートの感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内ブルーレイに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20』 

京セラドーム大阪 2019年1月11日(金)

席はスタンド中央 Aブロック 11通路14列。

視界を遮る物が一切無く、会場全体をペロッとまるっと見渡せる上に!!

バックステージがすぐそこ!!

肉眼でバッチリ!!

◆MCの続き◆

センターステージ ⇒ メインステージにて。

【注】嵐さんはもっと沢山喋っています。 

が、しかし! 

メモを取るスピードが全然追いつかなかったのでかなり抜けています。 

せめて大野君にまつわるエトセトラだけでも!としゃかりきに書き殴ったメモ帳の文字は解読不能な象形文字の嵐。 

メノ~ン・・・・ 

と言うのを踏まえて読み進めて行って頂ければ幸いです。

二宮君は今日(1月11日)が事始め。

ずーーーーーーっと家にいて、コミックの『テラフォーマーズ』を1巻から最新巻まで全巻読読破して、映画の『テラフォーマーズ』も観たそうです。

『テラフォーマーズ』って原作はコミックだったのか。

へぇ~。

ほぉ~。

デネル.comしてきました。

22巻まで出ている。

大野君はどう過ごしていたかと言うと・・・・

大: グレイティスト・ショーマンを観た。

4人: やっと?

大: 流行りに乗るのがちょっと・・・って言うか。

?: どうだった?

大: ハマった!

?: だから言ったじゃん! 映画館で観ろって!

大: 5、6回観た!

4人: おーーーーー!!

大: 一人で歌ってたもん。 「This is me!」って。

マジかーーーーーーー!!

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

『This is me!の智にマニアック』!!

観葉植物の陰からこっそり盗み聞きしたかった!!

大野君、一人で歌うなんて勿体ないざます!!

是非ともその美声を公共の電波に!!

『This is me』もいいんですけれど、あてくしとしましては、ザック・エフロン氏が演じたフィリップを大野君で!と願っておるわけです。 ( ←  ご参照下さい )

大野君の『The Greatest Show』も聴いてみたいな~。

大野君、2019年はミュージカルなんていかがですか!?

映画でも舞台でも熱烈大歓迎!!

念ずれば花開く。

まさか、まさか、嗚呼、まさか、大野君の口から『グレイティスト・ショーマン』の話が聞けるとは。

嬉し涙に咽び泣く・・・・

松本君から電子チケット?チケットホルダー?の説明。

入口で発券されたチケットは感熱紙だかなんだかで印字されている文字がいつかは消えてしまうので今回のツアーでは各公演ごとで「この日だけの写真」を撮影し、数日後に日付・席・名前が入った5名様の写真が配信されるとのこと。

文明開化ですにょ。

新年一発目の写真。

本番前に撮影された写真がスクリーンにドドンッ!!

カウコンの衣装

間違えた!!

オープニングの衣装

写真を見た相葉君が一言。

「めっちゃ寄ってんな」つって。

左から相葉君、二宮君、大野君、松本君、櫻井君の並び。

とびきりのスマイル、右手で拳を握り、横向きで、それぞれが隙間無く重なりながらキューーーーーーっと密着している5名様。

ギュウギュウっす。

後日届いた写真を眺めながら我思ふ。

大野君は元々フォトジェニックなんですけれど、オープニングの衣装(カウコンの衣装)だと別嬪さんぶりがより一層際立つんですよねぇ~。

美しさが映えるわい。

ソロの告知。

松本君は『永遠のニシパ』のお知らせ。

これより以下は大野智さん、何かのキャラが降臨しまして、低音の渋い声、渋い表情、渋いポーズでずっと話していて激ウケでした。

ほんでもってたまに可愛さも入るという謎の設定。

松: まだ撮影が残ってる。

大: 大丈夫なの? 後何カット残ってるの? 

松: 後数カット。

大: そ~れは大変だなーーーーー。 お疲れさん。 体に気をつけて。

(※どう頑張ってもメモ帳の文字数行が解読不能。 チキショー!)

大: ●●●( ←読めず )祈っとくわ。 なんかできることあったら言ってネ

松: うん、連絡するね

大: ほ~お~~~。 ( ← 最大の渋さ)

二: もう、茂さんじゃん! 城島くん!

大爆笑!!

笑い過ぎて皺が増えるじゃないか!!

撮影の残っている松本君を案じる謎のキャラが面白いのなんのって。

渋いのにラブリ~。

ラブリ~なのに渋い。

声の使い分けが絶品なんです。

大野君のソロの告知。

大: さぁ、皆さん! 今日はなんと!! 11月11日・・・? え?? 1月1日・・・ え???

? 1月11日です~。

二: はい、お帰り下さい~。

大: 1月・・・。 ?? 

二: お帰り下さい~。

大: あう・・・・

話の途中で松本君にしょっ引かれて行く大野君。

舞台から去りながら「松にぃの誕生日・・・ おめでとうって言いたかったのに・・・・ メール送っとこ・・・・」

どうですか、これ!?

えぇ!?

11月11日て!!

もいっちょ、1月1日て!!

松岡パイセンのお誕生日をお祝いしようと張り切って言おうとして、まさかの日付の言い間違い。

連行されつつ、ポソポソ呟く大野君がモー、モー、モー、もぉ~!!

牛になるわ!!

櫻井君、2019年最初のアレをパクらせて頂きます。

どんだけキュ~トなんだ!!

フンガーッ!!

大野智、どうしてくれよう・・・・

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

はて!?

これって大野君のソロの告知!?

二宮君のソロの告知。

すみません、記憶が・・・・

相葉君のソロの告知。

中学の同級生がユーチューバーになっていた。

何気なくYouTubeを観ていて偶然見つけて驚いた。

凄くない?

友達にユーチューバーっている?

お正月実家に帰った時に一緒に写真を撮ってもらった♪

二宮君に「あなた芸能人だから!」と言われていました。

これが僕からのお知らせです♪

ソロの告知が友達の話になっちゃった!!

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

櫻井君のソロの告知。

ラグビーのスペシャルナビゲーター。

櫻: 皆さんのお陰で紅白で白組が優勝することができました!

二: おめでと~!

櫻: 審査員は赤なわけよ。 「嘘だろっ!」って。 でも会場は白。

二: ネットでもね、投票が。

櫻: 白に投票して下さった方がこの中にもいる?

会場: は~~~~~い!!

櫻: 皆さんのお陰かも♪

(※メモ帳の文字数行が解読不能。)

相: 優勝旗は重いの?

二: 想像の10倍ぐらい重い! ねーーーーーーー、翔ちゃん

櫻: そーーーーーだねーーーーー

二: 持った人にしか分からない!

相: キーーーーーッ!

相葉君の音頭で後半戦のスタート。

『大野智の歌声もダンスも凄かった!⑦』に続く・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

大野智の歌声もダンスも凄かった!⑤

ランチタイムに新しくオープンしたラーメンと点心のお店に行ってきました。

Img_0270

美味しゅうございました。

デネルでございます。

記憶が薄れない内にコンサートの感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内ブルーレイに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20』 

京セラドーム大阪 2019年1月11日(金)

席はスタンド中央 Aブロック 11通路14列。

視界を遮る物が一切無く、会場全体をペロッとまるっと見渡せる上に!!

バックステージがすぐそこ!!

肉眼でバッチリ!!

◆MC◆

センターステージにて。

【注】嵐さんはもっと沢山喋っています。 

が、しかし! 

メモを取るスピードが全然追いつかなかったのでかなり抜けています。 

せめて大野君にまつわるエトセトラだけでも!としゃかりきに書き殴ったメモ帳の文字は解読不能な象形文字の嵐。 

メノ~ン・・・・ 

と言うのを踏まえて読み進めて行って頂ければ幸いです。

櫻井君に調子を聞かれ、それぞれ感想。

大野君は今年一番汗をかいた。

この時、櫻井君が大野君のことを「お兄さんは?」と聞いたんですよ。

お、お、お、お兄さん!?

お兄さんてか!?

お兄さん!!

うぉーーーーーーー!!

ムフ~ン

前後の話が聞き取れなかったんですが、大野君が松本君に「ありがと 」と応えていたのがべらぼうにキュ~トでおました。

底無しに甘い「ありがと 」に絶大なるLOVE。

「ありがと 」だけで大好物の芋焼酎を5杯はいける!!

11日に行かれた方の中で、大野君が何に対して「ありがと 」と応えたのかご存じの方がいらっしゃいましたら是非ともお教え頂きたく。

年が明けてから5人全員揃うのは今日が初めて。

何をしていたか。

年末のコンサートから日が空いているので振り付けに自信が無かった櫻井君と相葉君は二人で一緒に2日前に自主練をした。

その割には『I'll be there』でダンスを間違えていたと松本君に指摘される相葉君。

納得がいかない相葉。

松本君にここで踊ってみろと言われ、再現して無事クリアー。

でも本番では間違っていたそうです。

可愛いのぉ~

自主練の後は二人でお食事に。

約束していたそうです。

二宮君だったかな?が「ザギン?」と聞いていたんですが、どうやら銀座ではなかったっぽい。

1月11日の時点で櫻井君と相葉君は同い年。

1ヶ月だけタメ。

この1ヶ月以外では年上になる櫻井君を“おじさん”呼ばわりする相葉君。

その都度「お兄さんな!」と訂正を入れる櫻井君に笑い皺がツツツツツー。

“おじさん”が予約してくれていたお店は高級なお蕎麦屋さん。

相葉君曰く、畳があって、日本庭園があって、女将さんがいて、ドラマに出てくるようなお店。

年が明けて、この10日ほど皆は何をしていたのか。

松本君は昨日(1月10日)家で一人で自主練をしていて、「リーダーとメールでやり取りをしてた。 I'll be thereがヤバいぞって」。

大野君は寝る前に妄想。

大野君の“妄想”発言に一同大爆笑&総ツッコミ。

“イメトレ”が言いたかったとのこと。

チキショ~、だぁ~、とぉ~!!

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

大野智、どうしてくれよう・・・・

櫻井君が「イメトレは上(オープニング)からいくの?」と。

間違えそうな曲だけする、『Step and Go』は絶対間違えない、間違えた事が無いからイメトレはやらないエトワール3104 ( ← 勝手に命名しております)。

か、か、か、か、かっちょい~!!

ペロッとまるっと惚れ直した!!

『I'll be there』はイメトレしたそうです。

因みに櫻井君と相葉君は自主練でオープニングから最後まで通してやった。

お手振りもしていたとか。

ウケる!!

笑い過ぎて脇腹が痛いわ!!

相: Step and Goでリーダーが・・・・

大: ごめん! あれは俺が悪い!

相: いっつも触ってくる、俺のケツをプリプリって。

大: 聞いてくれる?

相: うん、いいよ

大: その前に松本さんが俺のケツを触ってきたの。

松: いつも触ってるからね!

?: ちょっと今日は凄かった。

相葉君と大野君が再現。

大野君が相葉君のお尻をプリプリ揉んだので、お返しに相葉君が大野君のお尻を揉もうとしたけど、同じことをしても面白くないと思ったからお尻を超えて、太股を超えて、手が段々前にきて、○☆×△□・・・・

相葉君の手は大野君の股間の手前でストップ!!

そこを撫で撫で!!

相: 股間はさすがにヤバいなと。

大: キリッキリのとこを撫でられた

相: ま、正月だからね

仲良くピトッとくっつき合う相葉君と大野君。

どうですか、これ!?

えぇ!?

一体何プレーですか!?

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

『おバカ de ラブリ~な雅紀と智にマニアック』っす!!

うぃ~っす!!

相葉君と大野君の「小学生か!」なやり取りに世にも薄気味悪い笑みがツツツツツー。

いかん、思っていた以上にメモ帳の文字が読めない。

解読するのにもっすご時間がかかってしもうた。

続く・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

大野智の歌声もダンスも凄かった!④

映画『クリード 炎の宿敵 (原題:CREED Ⅱ)を鑑賞してきました。

Mv5bmtcxmjuwnjq5n15bml5banbnxkftztg

これからご覧になる方もいらっしゃると思いますので多くは語りますまい。

一作目に続き良かった!!

アドニス役のマイケル・B・ジョーダンさんは『ブラック・パンサー』に、ビアンカ役のテッサ・トンプソンさんは『マイティ・ソー バトルロイヤル』にそれぞれ重要な役柄でご出演。

『ブラック・パンサー』も『マイティ・ソー バトルロイヤル』も『アベンジャーズ』に繋がっている!!

ワカンダ・フォーエヴァー!!

デネルでございます。

記憶が薄れない内にコンサートの感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内ブルーレイに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20』 

京セラドーム大阪 2019年1月11日(金)

席はスタンド中央 Aブロック 11通路14列。

視界を遮る物が一切無く、会場全体をペロッとまるっと見渡せる上に!!

バックステージがすぐそこ!!

肉眼でバッチリ!!

◆アオゾラペダル◆

メインステージ上段から櫻井君が登場。

階段を降りながらジャケットを脱ぎ、向かった先は・・・・

あんれまっ!!

メインステージ端に置かれたグランドピアノ!!

着席した!!

D: まさかの『虹』?

N: でもメガネかけてないで。

D:  ありがと~ あり~がと~

櫻井君、『虹』なのかい!?

『虹』を弾きながら歌うのきゃい!?

櫻井君がピアノを弾き始めた!!

無粋な生き物故、音楽に造詣が無いので櫻井君が何を弾いているのかI have no idea。

スクリーンにピアノの発表会らしきご幼少の頃の翔坊ちゃまのお写真が。

最初の曲が終わり、そのまま『アオゾラペダル』のメロディが。

どこからともなく4名様がステージに登場。

櫻井君の伴奏で4名様が歌い出したのは「思い切り~ ふんず~けた~」からではなく、「あ~すを眩しいくらいに~」から。

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

なんじゃこりゃ~!!

めちゃくちゃ格好良い!!

ほんでもって感動・・・・

猛烈にジ~ン・・・・

ドーム中に響き渡るDIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )の歌声が五臓六腑に沁み渡る。

ええ声ざます。

歌い出しのこのパートが圧巻でして、嵐さんのハーモニーが抜群に素晴らしかったです。

聴いていて鳥肌が立ちましたもん。

メモ帳に大野君の衣装について書いているんですけれど、象形文字と化していてさっぱり分からず。

待てよ!?

読めた!!

“ラメラメ シャイニーなジャケット”!!

解読出来た!!

うぇ~い!!

残念ながらこの後の数行が解読不能。

途中から「思い切り~ ふんず~けた~」に戻る。

大野君と櫻井君か、大野君と松本君かがここのフレーズを歌っていました。

もしかしたら大野君・櫻井君・松本君の三人かも。

櫻: 皆さんで合唱しましょう。 皆さん、一つになりましょう。

スクリーンに『アオゾラペダル』の歌詞が。

櫻井君の伴奏にバンドの皆さんの演奏も加わり、皆で『アオゾラペダル』を大合唱。

会場にマイクを向ける大野君、相葉君、二宮君、松本君。

で、嵐さんだけで「きっと~ ぬ~りすぎた~いろ~って~」から最後まで歌う。

やっぱりジ~ン・・・・

スクリーンに5名様の肖像画?写真?が映し出されておしまい。

おっちゃんは爆裂に感動した!!

告白します。

ウォークマンで嵐楽曲全タイトルをランダムで聴いていて、誠に失礼ながら今まで『アオゾラペダル』が流れたらスキップしておりやした。

が、しかし!!

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 バージョン』で大好きになりました。

『アオゾラペダル』、ダンケシェ~ン!!

◆復活LOVE◆

メインステージ上段にて。

はて!?

スクリーンにPVちっくな映像が流れているぞ!?

横なぐりの雨の中で若い男女があーなって、こーなって。

『復活LOVE』の歌詞になぞって物語が進んでいるのか。

へぇ~。

ほぉ~。

て、あれ!?

あれれれれ!?

男性は生田君やんかいさ!!

あてくし、途中まで松本君だと思っていたんです。

でもよく見たら生田君に似ているような、似ていないような。

D: あれって生田君? 松さん?

N: とーまやろ。

D: 松さんにも見えへん?

N: いや、とーまやろ。

ふむ。

女性が誰だっのかは謎です。

セクスィ~な歌声の「まいら~ぶ は~なさないよ~」近辺でスクリーンのカップルはギュッと抱擁。

めでたい!!

ラブが復活した!!

忘れちゃならない例のアレ。

うぃ、大野君の小さい“”。

「“”まいら~ぶ は~なさないよ~」に褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショ~イ!!

大野君の小さい“”に滅法弱い都会派レディD。

嗚呼、うっとり。

◆Believe◆

メインステージにて。

天井知らずに伸びやかな「この~ むねに~ あいうぉを~~~」と「それ~ぞれ~の あいうぉを~」がチキショー、だぁ~、とぉ~!!

ペロッとまるっと惚れ直す!!

大野君の“を”の“うぉ(wo)”の歌い方に絶大なるLOVE。

たまらんのです。

大野智、どうしてくれよう・・・・

それにしても大野君の歌声が凄い!!

進化し続けている!!

※メモ帳の文字数行が解読不能。

◆Lucky Man◆

※メモ帳の文字数行が解読不能。

大野君は一人乗り用のトロッコで外周をずずずいっとな。

センターステージでジュニアの皆さんの紹介。

しゃかりきくーーーーーん ( ← ご参照下さい )!!

福岡に行ってこられた大野君ファンのお友達に「しゃかりき君がいた! しゃかりきってた!」と教えて頂いていたので双眼鏡で探そうと思ったんですが持病が。

暗がりの中、外周の半ばで止まっているトロッコからジュニアの皆さんの紹介を見ている大野君がそりゃ~もう

モー、モー、モー、もぉ~!!

「牛になるわ!」な勢いで可憐だったんですよ。

しゃかりき君、すまん!!

迷う事なくターゲットをYOUの捜索から大野君にチェンジ!!

センターステージを見つめる大野君が美しいのなんのって。

憎らしいわい。

※メモ帳の文字数行が解読不能。

紹介が終わり、トロッコが再びずずずいっとな。

バックステージに到着!!

◆愛を叫べ◆

すぐそこ!のバックステージにて。

うぉーーーーーー!!

血湧き肉躍る!!

ナメタケちゃん、うちわの出番や!!

Photo_1

嵐さんは踊ったはるから うちわには応えてもらえへんけど、うちらの存在をアピールしておこうじゃないか!!

よしんば後でまたバックステージにいらっしゃる、若しくは通り過ぎられるときに思い出して頂けるように うちわをドドンッ!!

大野くーーーーーーん!!

キモい我々はここにおります!!

大野くーーーーーーん!!

爆笑!!

DとNの錯覚でなければ、歌い踊りながら何度か うちわが大野君の視界に入ったように見受けられたんですよねぇ~。

私だけならまだしも、ナメタケも「今 大野君こっち見てくれたやんな!」でしたもん。

ま、ま、ま、言うのはタダですしにょ。

ひゃひゃ。

浪花節夫婦 ( ← 勝手に命名しております )による最後のポーズ前にそれはやって来ました。

「だ~りん だ~りん だ~り~~ん」で櫻井君に向かって手首をクルクル回しながら移動するじゃないですか?

いつもより多めに回しております~♪てな具合で軽やか且つ、しなやかにクルクルクルクル回す大野君が絶好調超!でキュ~トだったんです!!

クルクルクルクルク~ルクル。

それ、ク~ルクル。

『智の手首クルクルクルクルにマニアック』ざます!!

可憐で、別嬪さんで、とびきりキュ~トなクルクルクルクルに店長さま、泡盛ロックをよろしくどうぞ。

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

そのクルクルクルクル、プライスレス・・・・

◆夏疾風◆

キターーーーーーッ!!

大好き!!

夏の高校野球を思い出すわい。

ええ歌でおますにょ。

バックステージ ⇒ ムービングステージ ⇒ センターステージ。

バックステージでの披露はあっちゅう間でした。

「今 吹き抜ける ~」からの魅惑のソロにありったけのキューーーーーーン。

大野さん、あんたすげぇ~よ!!

耳に残るは智の歌声。

『大野智の歌声もダンスも凄かった!⑤』に続く・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

大野智の歌声もダンスも凄かった!③

某T島屋にお買い物に行ったら馬車がドドンッ!!

Img_0316

Img_0321

Img_0318

天皇陛下と皇太后様の御成婚パレードで使われた馬車だそうです。

デネルでございます。

記憶が薄れない内にコンサートの感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内ブルーレイに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20』 

京セラドーム大阪 2019年1月11日(金)

席はスタンド中央 Aブロック 11通路14列。

視界を遮る物が一切無く、会場全体をペロッとまるっと見渡せる上に!!

バックステージがすぐそこ!!

肉眼でバッチリ!!

◆Find The Answer◆

メインステージにて。

今回メモ書きをしていて感じたこと。

それは、歌のタイトルが咄嗟に出てこない!!

この曲もそうですし、前述の『Oh Yeah!』もでして、櫻井君にある日 突然惚れちゃった友人のナメタケに「これタイトルなんやったけ?」と問うたら「なんやったけ? ほら、アレやん! え~っと・・・」つって。

二人して「なんやったっけ? ほら、アレ!」を連呼。

Oh Yeah~ のところまできて同時に「Oh Yeah!や!」でした。

ウケる!!

『Find The Answer』も出てこず歌詞を書いておきました。

後はねぇ、「櫻井君のドラマ」とか、「ニノのドラマ」とか、「ニノの映画」とか、「相葉ちゃんのドラマ」とか、自分でもビックリするぐらい、ま~~~~、曲名が出てこない!!

瞬発力と閃きがかなり低下しておるな。

アーモンドを食べよう。

◆映像◆

モノクロの映像で地下室のような、秘密基地のような場所に5名様が登場。

雰囲気的には映画『レザボア・ドッグス』ちっく。

突然、順番に走り去る大野君、櫻井君、二宮君、松本君。

不敵な笑みを浮かべている相葉君だけ余裕で椅子に座ったまま。

一体全体なんざます!?

駆け出す大野君が腹立たしいまでに格好良かったです

追いかけて来る陰から逃げる相葉君以外の4人。

相葉君は椅子にステイ。

一人ずつ陰に飲み込まれしまい消滅していくんですが、もしかしてこの陰は相葉君が操っているのか!?

と思ったら陰に飲まれて相葉君も最後に消えた!!

ミステリー。

◆I'll be there◆

メインステージにて。

大好き!!

※メモ帳の文字数行が解読不能。

シャーロックホームズのような、探偵のような、コサックダンスを踊るロシアの民族衣装のような衣装。

◆迷宮ラブソング◆

メインステージにて。

はい、DIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )入りま~す!!

魅惑のソロ、「うまれぇ~るぅ~~ まえか~らぁ~~ しぃ~っていたよぉ~ぅぉなぁ~~~~」にいでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

香り立つ色香が半端じゃない!!

今までの『迷宮ラブソング』のソロの中でダントツで超絶にセクスィ~!!

ドーム中に響き渡る伸びやかで、艶があって、男らしくて、絶好調超!にセクスィ~な歌声に朝まで乾杯。

中島さん、アレをパクらせて頂きます。

セクシーサンキュー!!

嗚呼、うっとり。

ムフ~ン

メインステージからセンターステージに繋がる花道を松本君・大野君が片側、櫻井君・相葉君・二宮君はもう片側に。

花道の途中で止まった!!

◆La tormenta 2004◆

花道の途中にて。

櫻井君のラップで暗がりの中、立ち位置のすぐ近くにある階段を中腰でハケて行く大野君に世にも薄気味悪い笑みがツツツツツツー。

テケテケと階段を降りて行く大野君を双眼鏡でロックオン!!

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

大野君はセンターステージに近い花道に登場し、相葉君の「Say! おお~ちゃ~ん!」で片手を前にサッと出してお辞儀。

うぃ、45度に一回のサッ&お辞儀でクルッと360度。

「きらりと光るのがヘソピアス」で服をたくし上げた櫻井君。

久しぶりにご開帳やんかいさ!!

て、あんれまっ!!

あんれま~っ!!

お臍に『謹賀新年』と書かれたシールが貼ってある!!

ヘソピアスがーーーーーー!!

イダダダダッ・・・・

笑い過ぎて脇腹が痛ひ・・・・

大爆笑!!

櫻井君、さすがっす!!

ウッス!!

『“謹賀新年”の翔にマニアック』!!

年明け一発目のコンサートで“謹賀新年”という事は、各公演ごとでシールの言葉を変えていたのきゃい!?

5名様はセンターステージに。

アウトロのエトワール3104 ( ← 勝手に命名しております )の華麗な足捌きに絶大なるLOVE。

大野君のダンスに濁音が一切存在しな~い。

「重力ってなに?」ざます。

背中に翼が生えているに違いない。

◆Breathless◆

センターステージにて。

ステージの足元から白いライトが浮かび上がり、幻想的な世界が広がっていました。

ターンが軽やか!!

もっすごエアリー!!

大野さん、あんたすげぇーよ!!

◆Everything◆

センターステージから二手に分かれて ⇒ 花道(松本君・二宮君・大野君組と櫻井君・相葉君組) ⇒ メインステージ。

「この長い坂を ~」の歌声がマジでガチで男前!!

これでもか!てな勢いで惚れ直す!!

フンガーッ!!

※メモ帳の文字数行が解読不能。

メモ帳に「二・松 カップル」の文字が。

はて!?

なんだったっけ!?

「こ~ころ~の かんじ~る ままにぃ~~~~~」の“ままにぃ~~~~~”がめちゃくちゃ格好良い!!

酔いしれて、“ままにぃ~~~~~”。

※メモ帳の文字数行が解読不能。

◆果てない空◆

メインステージの上段にて。

あれ!?

あれれれれ!?

二宮君のソロですきゃい!?

『フリーター、家を買う。』の主題歌ですけれども、皆で歌わないの!?

ところどころ4名様も歌い、殆どが二宮君のソロでございやす。

2番からは全員で歌って、二宮君のソロアゲイン。

ほほぉ~。

スクリーンに『木』、『蝶』、『花』、『虹』などの文字がソヨソヨと降ってきて、それらが木の絵になり、蝶の絵になり、花の絵になり、虹が描かれていく。

『大野智の歌声もダンスも凄かった!④』に続く・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧