DVD ~Time~

2008年6月 1日 (日)

やっぱり惚れた♪ 6

先日のエントリーでも書きましたがアイドルグループ嵐のメンバー、松本君が出演する『花より男子リターンズ』の続きをようやく見始めた今日この頃。

後は最終回を残すのみとなりました。

空港でつくしちゃんが滋ちゃんの事を“滋”と呼び捨てにしたシーンで涙、涙、あぁ、涙。

私の中で加藤夏希さんは相葉君の舞台、『忘れられない人』で演じたキャロラインの姿が凄く印象に残っています。

つくしちゃんと道明寺さまの邪魔をする海って子にムキッ~!!

アンタ一体何様!?

人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて○△※□×!!ですよ全く。

ドラマの世界に浸りきって深夜に一人で怒り心頭だったどこまでも単純な私。

花沢類さんて素敵ですね♪

デネルでございます。

本日は『ARASHI SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-』の感想文の続きをば。 ( ← ご参照下さい )

今日で最終回になるのか否か!?

◆Furure◆

一人乗り用の高速トロッコって格好いいですよね~。

タイムバー20:38近辺でファンの皆さんに手をブンブン振る大野君の二の腕の筋に惚れ惚れ。

櫻井君のラップ (21:33近辺)で映る大野君の足の動きが凄い!!

手を振りながら何気なく方向転換するんですが、まるで踊っているかのようなんです。

左足の膝から下がクインって♪

格好いいなぁ~。

「~ 激しい風も突き抜けるだけだろ」 (22:00近辺)でしゃがみながら前を通る大野君の背中を相葉君がポ~ンて。

大野君も相葉君の腰をポ~ンて。

かぁ~、素敵!!

◆ROCK YOU◆

松本君の「一人泣きゃ十分だろ」の後の相葉君のドアップ(横顔)がどえらい別嬪さんじゃないですか!?

余談ですが相葉君しか視界に入れない持病を持つ6歳年下の友人エリンギちゃんはアダム仕様な髪型はあまり好きじゃ無いんですって。

私は大好き!!

凄く色気があるんですもん。

このドアップは絶品です。

“こんな”を連発して怒られる相葉君がキュ~ト。

相葉君の横で微笑む大野君がもぉ~、だぁ~、くぅ~、腹立たしいまでに可憐ちゃん。

「So don’t stop my love ~」でがっつり見える肘小僧 ( ← 勝手に命名しております )にペロッとまるっと惚れ込んでおります。

大野君の骨格の中で肘小僧が一番好きなんです。

私の中でNo.1な肘小僧のビジュアルは『Happiness』でタモステに出演した時のもの。

数え切れないぐらいリピートしまくってます。

友人Eにいつも気持ち悪がられています。

ちっ。

この曲はコンサートでウキウキウォッチングして凄く好きになりました。

大野君のソロで二宮君とお互いに指をクイックイし合う二人が激しくチャ~ミング。

「だから もう迷わない」 (03:40近辺)のスウィ~トな笑顔にデヘ~。

大野君の笑顔はマイナスイオンが大放出。

最後に下唇を歯でハムッって噛む仕草に店長さま、ウォッカロックで。

松本君のソロの3104が腹立たしいまでにキュ~ト。

間奏での「ヘ~イ!」の声がトロットロ。

二宮君がソロで熱唱している所に不審者が接近!!

間違えた!!

鼻の穴を膨らませながらオヤジ臭く近づいてくる大野君だった。

いやだ、オヤジ臭くても可愛い♪

その後の極上の笑顔がたまらんのです。

大野君は歌詞を間違えましたね。

口の動きが違うも~ん。

可愛いなぁ~。

ほんと~に可愛い。

二宮君を見つめながら笑う大野君をブリザーブドにしてずっと眺めていたいっす。

『智の笑顔にマニアック』!!

櫻井君と相葉君のアメリカンなハグハグにとてつもなくジ~ン・・・・

スライディングした二宮君にタイミング良く蹴りを入れられる大野智、嵐の最年長。

やっぱり可愛い♪

ステージから去り際に重低音での「バイバイ!」に惚れました。

ほんでもって爆笑しました。

◆NA!NA!NA!◆

この曲が大・大・大・大好き!!!

大野君の高音が冴え渡る一曲。

歌番組で一度ご披露して欲しいと思う曲リストの上位に君臨しております。

最後のフェイクとやらが絶品すぎて溜め息しか出ません。

大野君の声は逆ギレしそうなぐらいに罪作りなのでございます。

いつまでも聴き惚れていたい極上の声なのです。

楽しそうに歌う5名様は最高!!

「ありと~ごした~」 ( ← 私にはこう聞こえます)にキュン。

◆感謝カンゲキ雨嵐◆

歌い出しソロの「ヘ~~イッ!」の声!!

どうですか、これ!?

どこまで伸びるのだ!?

それにしても大野君の肘小僧の形は綺麗だなぁ~。

関係ないですか!?

フヘヘヘヘッ♪

「~ 傷を癒してく」 (05:16近辺)の“癒し”の“い”で聞こえる世にもセクスィ~な“い”は大野君の声ですよね!?

そうに違いない。

惚れた!!

3104の“い”に惚れた!!!

気付いた事があるのでちぃとばかり巻き戻しします。

「砕け散った気分なら ~」 (04:37近辺)の“気分”の“ん”でも超絶にセクスィ~な声が聞こえるんです。

絶対に大野君の声!!

よ~く聞いてみると、上記の2つ以外でもマニアのハートを鷲掴みにして離さない3104による色っぽい歌い方が随所で登場するんです。

一つ一つピックアップして書き出すと夜が明けてしまうので自粛します。

でも語り倒したくてたまらない・・・・

実験結果、大野君の歌声はどんどん進化している!!

大野君が自分のパート(2番の歌い出し)を歌わないなんて珍しいですね。

櫻井君の「どうもありがと~!!」が格好いいなんてもんじゃない!!

愛しい男の「バイバ~~イ!」の声にうっとりです。

◆MC◆

「ちょ~あちぃ」な大野君が可愛い♪

オープニングで松本君に怒られる相葉君がチャ~ミング。

VTRスタートな相葉君がやっぱりチャ~ミング。

オープニングの羽根付きジャケットを一人づつに手渡す大野君に何度目かのデヘ~。

櫻井君に羞恥プレーをドームでご披露させる4名様に大爆笑。

たまに見せる大野君のドSっぷりに弱い私。

世にも薄気味悪い笑みを抑える事が出来ません。

「過去は○×△□・・・」

メノ~ン、大野君の声が途中で聞こえなくなった・・・・

待てよ!?

ひょっとして噛んだのか!?

やっほい、「過去はいいじゃなか」だった♪

「翔くん、一番鬱陶しそうにしてるよね」の声だけで大好物の芋焼酎ロックを3杯は飲めますね。

大野君の“翔くん”呼びが大好きなんですの♪

「嵐 最高だよな 最高だよな 最高だよな」な相葉君が最高。

一括送信すれば良かったのに。

嵐さんへの愛が溢れて気持ちが昂ぶる櫻井君と相葉君がどうにもこうにもキュ~ト。

ワールドバレーボールカップのメインキャスターに選ばれた櫻井君。

「嵐を代表して」発言が後で自分の首を絞める事になろうとは、あの瞬間の櫻井君には知る由も無かった。

「あれねぇ、あれ筋肉あるけど、実際腕相撲したら一番弱いからね」の声に惚れて惚れて惚れまくり。

櫻井君の「うるせぇよ!」に大爆笑。

はいっ、説教部屋。

女子選手の皆さんに『We can make it!』を一人でプレゼントした櫻井君は説教部屋行き決定。

「それ勝手すぎるだろぉ~ それぇ~」の声と麗しい横顔がもぉ~!!

店長、お代わり!!

一致団結してわらわらと集まる4名様に大・大・大・大爆笑!!

しかめっ面な3104が激しく男前さん。

相葉君のグーが櫻井君の顎にクリアーヒットでまたまた大爆笑。

笑顔で痛がる櫻井君と、櫻井君の背中に優しく手を添える大野君、とその笑顔、「今アッパー入ったね」と、低音ボイスの笑い声をリピートする事9回。

と見せかけてリピート11回。

チキショ~、可愛いったりゃありゃしない!!

おっ、HEY!さん。

ペットボトルに書かれたイニシャル“N”は後で坊主にするそうです。

HEY!さんは大人チームと子供チームに分かれているんですね。

すみません、バレーボールを見ていなかったのでHEY!さんで知っているのは知念君だけなんです。

何故ならば、知念君は大野君の事が大好きだから♪

岡本君はお父さんが有名なので存じ上げています。

大野君、YOUはいつから大人チームに入ったのだ!?

相葉君の言葉を借りるなら、“ちょっと邪魔だよリーダー”が大人チームにいても違和感が無いと思うのは私だけ!?

ありまくりですか!?

彼らの保護者みたい!?

端っこでしゃあしゃあと手を上げてお澄ましさんな大野君をブリザーブドにしてずっと眺めていたい5月の夜。

この前の『うたばん』 ( ← ご参照下さい )と比べたら知念君は大きくなりましたね。

知念君を見て「可愛いなぁ~♪」な櫻井君が親戚の叔父さんみたい。

「ちっちゃいのぉ~」な櫻井君はオッサン丸出しですな。

櫻井君もかつては「可愛いなぁ~♪」、「ちっちゃいな~♪」と言われていた。

それが今ではMr.きんに君。

ちびるっ!!

嵐さんはアイドルの皮を被った若手芸人に違いない。

退場する時に知念君が大野君の方をチラッと見て会釈をするんです。

健気だわ~。

大野君と知念君が同じステージに立って歌と踊りで共演しますように。

お芝居でもウエルカム♪

よっ、M.A.D.さん!!

川村君はがっつり覚えました。

◆うらあらし 風◆

背の高いスツールにちょこんと座る大野君がムカツクぐらいに可憐ちゃんなんです。

しかも赤パン♪

相葉君は足が長い!!

「エビバデイ セイ!」を聞いた大野君の笑顔にうっとりしまくり。

なんて穏やかな表情なんざんしょ。

去年の夏に体験した「3104・巡礼行脚」 ( ← 勝手に命名しております)で見聞きした全てのうらあらしで大野君に何度も何度も惚れ直しました。

モニター!?に出る歌詞を見ている眼差しがベロンベロンに色っぽいんです。

完全なる生歌なので思う存分お花畑でルンタッタ出来るんです。

年代物の芳醇なブランデーのような歌声にトキメキ指数の針がグインと振り切れました。

「今を忘れそう」 (28:19近辺)の大野君が無限大に麗しい・・・・

ソロパートの3104がウルトラ級に凛々しい・・・・

いかん、恋心がまたまたヒートアップしてきた。

大野君は床に足が着かないんですよね~。

そんな所もいとラブリ~。

『風』もコンサートで聞いて大好きになった曲です。

◆ファイトソング YOKOHAMA ARENA ’07.7.31◆

おバカ de ラブリ~な嵐さんにほっこり。

さっきまでドームの映像を見ていたからだと思うんですが、こうして横浜アリーナを改めて見ると凄くアットホームな感じがします。

初めて嵐さんのコンサートに行ったのがARASHICツアーでの横浜アリーナでした。

まさかその一年後の秋にブログを始めるだなんて、あの日あの時の私は想像だにしていませんでした。

そうそうそう、エリンギちゃんが僅か数秒で相葉君に一目惚れしたっけ。 ( ← Fell in love1 ・ Fell in love2 をそれぞれご参照下さい )

感慨深い・・・・

松本君の「弱いとこ見せても大丈夫」で見える大野君の手にキュン。

肘から手首にかけての筋、キュッと締まった手首、手の甲に浮いた血管、櫻井君の腕を掴む指、などなどなど、このシーンを取り巻く極上のハーモニーに朝までカンパ~イ!!!

二宮君に蟹挟みをされて「ア゛~~~~!」な声にもいっちょカンパ~イ!!

片膝をついてシュタッと優雅に着地をする大野君に胸の鼓動は高まるばかり。

最後の一言がアレ!?

どんだけキュートなんだよ!、大野智!!

お後が宜しいようで♪

  -----------

  -----------

終了~!!

これにて『ARASHI SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-』の感想文を終えさせて頂きます。

長きに渡りお付き合い下さいまして有難うございました。

グッバイ、5月

ハロー、7月の前の6月。

『魔王』の放送まで後1ヶ月ちょっと!!

記念すべき第一回目の放送日までをカウントダウンしてくれるブログパーツをちょっくら探してみます。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

やっぱり惚れた♪ 5

朝出勤したら古代文字のような字で書かれたメモが机に置いてありました。

ええ、社長の直筆です。

解読する事暫し・・・・

爆笑した一文がこれ。

「デネルさんへ。 再新の契約書を朝一でプリントアウトしておいて下さい。」

おいっ!!

“再新”じゃなくて“最新”だろっ!!

デネルでございます。

本日はタイミングを逃しまくりな『ARASHI SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-』の感想文の続きをば。 ( ← ご参照下さい )

今日はどこまで書けるのか!?

◆A・RA・SHI◆

大野君の背中には羽が生えているに違いない。

軽やかで、優雅で、伸びやかで、しなやかで、着地の音なんて全く聞こえないってな感じのダンスなんですもん。

“プルルゥ~~ハッ!”の最後の激しくセクスィ~な“ハッ!”に自称ガラスのハートがときめきっ放し。

ほんでもって“ル”の巻き舌にキュン。

タイムバー01:28:05近辺の膝を内側にカクッと入れる仕草、その直後の画面から向かって右方向への首クイッ、右腕のシュッに惚れました。

ええ、「You’are my SOUL! SOUL!」の直前です。

いやだ、カタコトちっくな「エビデ~! エビバディ~!」が逆ギレしそうなぐらいに可愛い♪

だぁ~、『エビバディ~な智にマニアック』!!

思わぬ所に落とし穴がありました。

まさかここを何度もリピートする事になろうとは。

4名様の大野君へのセクシュアルハラスメントがおバカ de ラブリ~。

ネット越しに見える3104がベリ~ベリ~可憐ちゃん。

大野君の片手側転はいつ見ても格好いいなぁ~。

「~ いつもすぐそばにある」 (01:30:27近辺)の“も”を大野君は独特の発声をしません!?

この“も”が大好きなんですの♪

「体中に風を集めて」の“てぇぇぇぇ~”がトロットロ。

「for dream」の“フォ~~~~”、これについては日を改めてたっぷり語ろうと思っています。

◆サクラ咲ケ◆

二宮君のオラオラな煽りが男前さん。

余談ですがオラオラって全国共通語ですか!?

あ~、またまた櫻井君への恋心が急上昇する~。

なんて格好いいラップぶりなんざんしょ。

櫻井君のラップを“サクラップ”と名付けたのはどこのどなた!?

感謝の気持ちを込めてハグ&チュ~を贈りたいです。

惚れた!!

「かすむ蜃気楼すらも掴む ~」 (01:32:47近辺)の櫻井君に惚れた!!

最後のジャンプでの大野君の背中が可愛い♪

◆ご挨拶◆

櫻井君が話しているあの時のコンサート。

彼らがデビューした時からずっと応援していらっしゃるファンの方から当時の事を教えて頂いた事があります。

メノ~ン、泣ける・・・・

櫻井君のコトバにもとてつもなく泣ける・・・・

「僕たちの8年は恐らく間違っていなかったと胸を張って、今この場で言えると思います」にオエオエ。

もぉ~、またまた惚れた!!

大野君はお祭が大好き♪

相葉君の綺麗な涙に涙、涙、あぁ、涙・・・・

二宮君のコトバにユーモアと優しさと温かさを感じました。

松本君のコトバに絆を感じました。

先日我が家で開いたマニアの鑑賞会 ( ← ご参照下さい )でエリンギちゃんが号泣していましたとさ。

◆Be with you◆

カウントダウンコンサートでこの衣装を着た嵐さんは高貴な香りがプンプンしてたっけ。

「歩道に並んだ ~」の“ほ、どぉ~にぃ~”の歌い方に弱い私。

大野君て淡々と歌い上げません!?

自分の世界に酔いしれながら歌う人って苦手なんです。

大野君はそれが一切無いんですよね~。

派手な身振り手振りで誤魔化す事なく声だけで勝負!!

大野智、YOUはやっぱり罪作り。

涙を堪えきれずに泣いてしまう相葉君にまたまた涙・・・・

「永遠を手に入れた僕らは」 (01:47:09近辺)の“僕らは”の“は”!!!

“は”の後の唇の震わせ方!?歯の動き!?に一目惚れしたのは私だけ!?

映像が切り替わる瞬間の大野君がとてつもなく別嬪さん。

最後の大野君のソロで映る4名様にとてつもなくジ~ン・・・・

櫻井君がどえらい格好いいのです。

擦れ違いざまに握手をする櫻井君と相葉君に何度目かのジ~ン・・・・

『AAA』のDVDでも同じようなシーンがありましたよね!?

◆Hapiness◆

「君だけの音を聞かせてよ ~」はDVD発売のCMを思い出します。

汗・汗・汗な大野君の横顔にキュン。

「どんなに小さなつぼみでも ~」 (01:51:26近辺)で擦れ違いざまに軽く手を合わせる大野君と二宮君が素敵。

松本君と二宮君は握手。

櫻井君と相葉君はアイコンタクト(多分)。

相葉君は二宮君のおケツにポン。

何気ないワンシーンに5名様の素晴らしさが凝縮されているような気がします。

「止めないで 止めないで」 (01:52:25近辺)で客席に向かって深々とお辞儀をする櫻井君に惚れた!!

「走り出せ 走り出せ」 (01:53:01近辺)以降のフィナーレに向けてボルテージが一気に上昇!!ってな感じの臨場感溢れる会場の雰囲気に鳥肌がゾゾゾゾッ。

もう一回言ってもいいですか!?

「東京~!」な櫻井君に惚れた!!

出たっ!!

最後の最後でまた「東京~!」が出た~っ!!

◆『We can make it!』◆

「どれくらいまだ ~」の大野君が憎らしいぐらいに麗しい。

「~ 体に」 (タイムバー00:36近辺)で右膝をクイッと内側に入てからクルックルのターンご披露する3104に絶大なるLOVE。

「鼓動 翼に ~」の後のあの笑顔!!

トロットロにスウィ~トなんですの♪

「果てしなく 広い世界」 (01:05近辺)の大野君の軽やかな身のこなしにうっとりしまくり。

無重力だわ~。

「涙はきっと ~」が激しくキュ~ト。

「終わりではなく」の“お”で上半身をクイッ。

はける時に手をクロスする姿がチャ~ミング。

櫻井君のラップでの大野君のダンスがもぉ~、だぁ~、かぁ~、超絶に優雅!!

ドーム中に響き渡る3104にしか歌えないどこまでも伸びやかな極上のフェイクとやらに惚れて惚れて惚れまくり。

リピートと言う名の蟻地獄へ嬉々として突入。

なんて耳心地のいい声なの!!

店長さま、今日はウーロン茶で。

うんにゃ、やっぱり芋焼酎ロックで♪

◆ファイトソング◆

「負けねぇぞぉ~」の言い方が噛みます2秒前ちっくでどうにもこうにもキュ~ト。

可愛いなぁ~。

ムカツクぐらいに可愛い。

ジャンケンに勝ってご機嫌さんな大野君をどうにかして捕獲したいっす。

私が行った京セラドーム初日は櫻井君がピロロロロ~ンの刑  ( ← ご参照下さい & 勝手に命名しております)に処せられて、2日目は大野君 ( ← ご参照下さい )だったそうです。

大野君のピロロロロ~ンをこの目で見たかった!!

「ワッショ~イ!」にデヘ~。

大野君がここまで声を張るって珍しいですよね。

ピロロロロ~ン仕様に甲斐甲斐しく松本君のお世話をする相葉君が素敵。

松本君の足をがっつり掴む右手のMP関節、甲に浮いた血管、すっとした指、キュッと締まった手首、「でもそこでくさるな」の“なぁ~~~~~~”の声、二宮君に向ける眼差し、などなどなど、大野君を取り巻く極上のハーモニーに朝までカンパーイ!!!

世にもセクスィ~な“なぁ~~~~~~”の声にマニアの心を鷲掴みにされました。

「マジたけぇな」の声に何度目かのデヘ~。

「実は怖いくせにぃ♪」な大野君のドSっぷりがたまらんのです。

ファイトソングは盛り上がる!!

◆WISH◆

ファンの皆さんに手を振るのに夢中になって山車に乗るのを忘れて慌てて戻る3名様が可愛いったりゃありゃしない!!

小動物みたいにトコトコ走る大野君をブリザーブドにしてずっと眺めていたい5月の夜。

トコトコ3104はどこに行けば買えるのかしら!?

ペットショップ!?

高級デパート!?

はたまた免税店!?

櫻井君、アンタは格好いい!!

「上の方~!!」だなんて猛烈に格好いい!!

色紙を投げる方向をベイブルースのように予告する大野君にトキメキ指数の針が振り切れました。

二宮君を見る眼差しが色っぽいんですの♪

大野君を見ているとピュアな少女時代(自称&言うのはタダ)に大好きだった少年○のニッキにふとした瞬間に似ている!って思う事が度々あるんですが、この時の大野君の表情が正にそうなんです。

似ている・・・・

◆Love so sweet◆

櫻井君と二宮君のダンスに大爆笑。

大野君のソロで「~ 君との思いで」の“も”で奴はウィンクをしました!?

ええ、右目です。

惚れた!!

ウィンクだか目をキュッとしただけだか分からないけど“も”に惚れた!!!

「~ きっとそっと思い届く」の大野君の“きっとそっと”の高音にペロッとまるっと惚れ込んでおりやす。

大野君のフェイクとやらに溜め息の嵐です。

「Thank you」ではない「センキュ~」な言い方が大好き♪

歌声と同様にベロンベロンに伸びやかなのです。

M.A.D.さんに心からの拍手!!

恋人繋ぎがしにくいからマイクをジーパンのポケットにしまう大野君に何度もデヘデヘ。

雑誌で読んだんですが恋人繋ぎは気持ちが悪いから自分はやらないと言っていた松本君。

が、しか~し、松本君は自分から恋人繋ぎをしましたよね!?

確かに恋人繋ぎをしてますよね!?

大野君は恋人繋ぎをする気マンマンで指を広げて待機してますよね!?

あぁ、可愛い。

ほんと~に可愛い。

『やっぱり惚れた♪ 6』に続く。

次で最終回になるに違いない。

多分・・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

やっぱり惚れた♪ 4

ようやくです。

我が家にもアイドルグループ嵐のファンクラブ会報がようやく届きました。

大野君がいっぱい♪

幸せ♪

デネルでございます。

本日は『ARASHI SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-』の感想文の続きをば。 ( ← ご参照下さい )

テンポ良くちゃっちゃと書き進めていきます。

多分・・・・

◆a Day in Our Life◆

タイムバー53:30近辺のハムッってな感じで笑う大野君にキュン。

その直後のトロットロにスィ~トな笑顔にもいっちょキュン。

凪仕様ではないお毛々ツンツン、眉毛、瞳、す~っと通った鼻筋、口、耳、ピンクのイヤーモニター、眼差し、キュッとした肘小僧 ( ← 勝手に命名しております )、などなどなど、「君の涙 笑顔みんな全部 ~」を取り巻く愛しい男の全てにうっとりしまくり。

大野君てば憎らしいぐらいに別嬪さんですよね~。

「いつか君は僕の元へ」 (54:53近辺)の右手の人差し指と眼差しに惚れた!!

ラップを奏でる櫻井君は格好いいなぁ~。

タイムバー55:59近辺で大野君にしか出来ないカウントの取り方が大・大・大・大好き。

小粋に上半身をクイックイ。

くぅ~、たまらんっ!!

ドーム中に響き渡るどこまでも伸びやかで艶のある最後のフェイクとやらがたまらんのです。

京セラドームで聞き惚れたのを今でも鮮明に覚えています。

◆ハダシの未来◆

最後の「言葉じゃなくて ~ 飾らないでいるから」の時の笑顔と腕のラインにデヘ~。

「Na Na Na Na Nana~」 (59:50近辺)で手をかざす3104が素敵。

あれ!?

感想文はこれだけ!?

◆Hero◆

4年前に24時間テレビで嵐さんがメインパーソナリティを務めた時のテーマソングはこれですよね!?

今年はどんな歌になるんでしょうか。

真っ赤なおパンツのこの衣装が大好きです。

大野君がいつも以上にキュ~トに見えるんですよね~。

でもこれって普段着として着るには絶対に有り得ないコーディネート。

優しい笑顔でがっつり握手をする櫻井君と相葉君にとてつもなくジ~ン・・・・

間奏 (01:02:03近辺)でファンのリクエスト!?に応えている大野君がラブリ~。

「今こそ君は ~」 (01:02:28近辺)から見る横顔と後ろ姿にキュン。

おっ、愛すべきバカップル大宮SKの二人が歌いながら徐々に接近している♪

はいっ、登場。

大野君と二宮君による愛の公開ラブシーンが登場。

Timeツアーで回を追うごとにド密着指数が上昇していた二人の衝撃的かつ笑撃的な問題のシーンがこれ。

ファイナルではここまでやってのけていたんですね。

大・大・大・大爆笑!!!

後ろ姿から見える肘小僧、二宮君の肩に置かれた左手、二宮君に捕獲された首筋、逸らせた目線、ほんでもってちょっぴり虚ろ、横顔、セクスィ~な口元、お毛々のツンツン、暗転前のおバカな手の振り、などなどなど、愛の公開ラブシーンに朝までカンパ~イ!!!

あそこまでするなら本当にチュ~をすればよかったのに♪

櫻井君と相葉君はこの時何をしていたのかしら!?

◆Yabai-Yabai-Yabai◆

ドームVer.では衣装も装置の高さも更にバージョンアップしていたMJウォーク。

松本君はエンターテイメントとして魅せるという才能に長けていますよね。

◆Song for Me◆

ツアーの感想文で散々語り倒したので、ここで改めて書く事がもうありません。

  ( ↑ それぞれをご参照下さい ) 

でも少しだけ書いちゃう♪

鐘の音が聞こえてきただけで胸の鼓動は高まるばかり。

惚れた!!!

どうですか、これ!?

扉が開いて静かに登場 ⇒ 逆光に浮かび上がる姿 ⇒ 首を素早く左右にクイックイッ ⇒ 顔の横に上げた右手の指をパチッ ⇒ ほんの少し光が当たってチラリズムする目と髪の毛に惚れた!!!

指をパチッとした瞬間の色っぽい眼差しに絶大なるLOVE。

陰影最高!!

逆光ブラボー!!

俯き加減のダークな感じにふんどしを締めて神輿を担いでわっしょいわっしょい。

この数秒だけをリピートし過ぎて全然先に進みません。

大野智、指のパチッですらも激しく罪作り・・・・

『パチッの智にマニアック』

あぁ、素敵。

カメラマンさん、そのカメラを私に貸して頂いてもよろしくて!?

3104が遠いしお宝ショットを逃しまくり!!

大野君の関節はどうなってるの!?

人間離れした動きの数々に心を奪われて思わず息を止めて見入ってしまいます。

緻密で精巧なステップは正に職人技。

独特なカウントの取り方で繰り広げられるダンスは玄人跣の動き。

3104ワールド満載の動きは誰にも真似が出来ないと思います。

大野君による振り付けですが、M.A.D.さんのもしているんですよね!?

習得するのが難しそうだな~。

「静の中でいつかのメロディ ~」 (01:10:56近辺)でM.A.D.さんと大野君の動きがパントマイムちっくで凄く好きなんです。

途中で上半身をクイッとする姿にうっとりでやんす。

「今もまだ待ってる」直前のシュタッってな感じで足を広げる動き、直後の麗しい横顔、ほんでもって右手人差し指がたまりません。

「虹を描いて ~」 (01:11:14近辺)の手の動きがこれまた、ねぇ!?

逆ギレしてもいいですか!?

大野君は指先&爪先にまで表情があるから視線が定まりにくい!!

あれも見たいし、これも見たいし、さっきのをまた見たいしで、何をメインにウキウキウォッチングすればいいのか悩みます。

贅沢な悩みってやつですな。

大画面に映し出される3104も素敵♪

「曖昧なことばかりが ~」 (01:12:03近辺)の眼差しがもぉ~、だぁ~、かぁ~、色っぽいなんてもんじゃない!!

あの眼差しだけで大好物の芋焼酎3杯は飲めそうな勢いです。

「夢が覚めてしまっても ~」のカウントの取り方が最高!!

かっ、かっ、かっ、かっこいぃ~!!

アルバムには無かった「忘れないよ」の後の歌い方が超絶に格好いい!!!

思わず鳥肌がゾゾゾゾッ。

首筋に浮く血管が○×☆△□※・・・・

大野君、YOUの声はどこまで伸びるのだ!?

どうしてそんなに罪作りなのだ!?

「そう愛がそっと舞う上へ」で両手を広げる姿が激しく男前さん。

はぁ~、溜め息の嵐っす。

背中で語る男、大野智。

今度の『Take me faraway』は生でがっつり歌い上げて欲しい!!

なま!!

ナマったらナマ!!

大野君、フルコーラス生歌でお願い!!

◆Cry for you◆

マントのフードを被って仮面を着けていた方がミステリアスで良かったのにな~。

スナイパーも真っ青なロックオンぶりで「本当はLiar ~」を歌いながら前に進み出てくる真ん中の生き物に視線は釘付け。

愛しい男はパープルの衣装も良く似合いますね♪

「絡まるカギ」の指!!

世にも綺麗な指で小粋にク~ルクル。

クールクルの直前で一瞬お腹の前に手を置く何気ない仕草もね、こらまたたまらんのです。

「二人は回る回る ~」で華麗に回る回る大野君が素敵♪

櫻井君のラップの時の相葉君のポーズが超絶にセクスィ~。

ムキィ~!!

助走をつけてロンダード、高い位置でのバク転が全く映ってない!!!

とおぉ~!!!

映像で見るのを楽しみにしてたのにぃ~。

がっかり。

ご機嫌斜め。

最後も真ん中の生き物に視線は釘付け♪

キメッ!のポーズの後ろ姿と左手にキュン。

◆言葉より大切なもの◆

やっほい、「“ん”切り取ったメロディ ~」で大好きな小さい“ん”が聴こえる♪

大野君てばドアップでも憎らしいまでに別嬪さん。

櫻井君と相葉君と二宮君と松本君は盛り上げるのが上手い!!

大野君は苦手なんでしょうね。

声を張り上げずにスウィ~トな笑顔でずっとテヘテヘしている大野君が可愛い。

タイムバー01:19:28の一瞬の表情に惚れました。

◆感謝カンゲキ雨嵐◆

出たぁ~!!!

このDVDでマキシマムに大・大・大・大好きなシーンが遂に出たぁ~!!

『Love Situation』での不平不満とストレスが帳消しになる勢いの大野君のソロ!!

感謝の気持ちを込めてカメラマンさんに初めてハグ&チュ~を送りたくなりました。

大野君に捧げる櫻井君と二宮君のポーズがキュ~ト。

途中から二宮君が映らなくなったのが残念無念。

浪花節夫婦 ( ← 勝手に命名しております)な嫁の溢れんばかりの愛情と眼差し、その愛情を一身に受けて高らかに歌い上げる夫ってな感じでございやす。

ブランデーのように深みのある芳醇な声、クラックラくる眼差し、ヘッドセットのマイクを引き寄せる左手、前に出された右手人差し指、胸の前でクロスさせた両手、その両手を気持ち上に上げた時の腰の反らせ方、両手を広げながらの「I’m smile agai~~~~n!!」がウルトラ級に格好いい!!

リピートと言う名の蟻地獄に嬉々としてダイブ♪

巻き戻しボタンを押す指が腱鞘炎になっても無問題。

だって利き手じゃないも~ん。

かぁ~、大野君は宇宙一いい男!!

ベロンベロンに酔いしれました。

ご馳走さまでございました。

この曲ではもう何も思い残す事はありません。

どんなショットも腹立たしいまでに罪作りなあの3104には勝てない!!

また見ちゃう♪

◆君のために僕がいる◆

よっ、M.A.D.さん!!

川村君はバッチリ覚えました!!

あら、知念君♪

ポポ○の対談の記事に書かれていましたが、大野君はリハーサルを客席から見ていたんですよね。

知念君のターンはクルックル。

大野君が「何回転するの!?」と思った気持ちが良く分かりました。

HEY!さん達の中にいる相葉君が大人っぽくてどえらい格好いい。

でも最後のポーズはチャ~ミング♪

◆PIKA☆☆NCHI DOUBLE◆

ドームVer.でシャイニー指数がパワーアップした衣装がこれ。

遠くにいる大野君をすぐ確認する事が出来ました。

大野君はブルーも良く似合うな~。

この曲が大好きです。

聴く度に胸がキュンとなるんです。

世の中で一番愛する色がグリーンなので相葉君の衣装についつい目がいく私。

なんて綺麗なグリーンなんざんしょ。

それにしても相葉君は本当にスタイルがいいな~。

どんな衣装もさらりと着こなしてしまうんですもん。

あのド派手な色が似合うのは相葉君か黄金虫ぐらいなもんですよ全く。

「ずっとこのまま光よ ~」は何度聴いても惚れ惚れ。

「せめて今日だけは消えないで」の最後の声がもぉ~、伸びやか過ぎる!!

ええ、“でぇ~~~~~~~”ってやつです。

ね、いつまでも聴こえません!?

大野君、最後に言わせろ。

YOUの声は最強で最高!!!

今日は10曲も感想文が書けた♪

『やっぱり惚れた♪ 5』に続く。

  -----------

  -----------

食わず嫌いに松本君が登場。

松本君、絶対に「参りました」って言ってね。

小雨になって『A・RA・SHI』をご披露してね♪

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2008年4月26日 (土)

やっぱり惚れた♪ 3

「大野とマツジュンは綺麗やと思うわ。」

これな~んだ!?

正解は、アイドルグループ嵐が出演した『学校へ行こう』 ( ← ご参照下さい )を見ていた友人から届いたメールの一部です。

聞いてもいないのに5名様が女装をしたら綺麗だと思うメンバーの名前をわざわざ教えてくれた友人。

ちょっと!!

大野君を呼び捨てにするなって何度も言ってるだろっ!!

私は相葉君が一番似合うと思うんですけどね~。

デネルでございます。

本日は『ARASHI SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-』の感想文の続きをば。 ( ← ご参照下さい )

10語り倒したいところを3ぐらいに留めてちゃっちゃと先に進みます。

多分・・・・

◆Yes? No?◆

「夢を急げ」後の間奏のダンスが格好いいなんてもんじゃない!!

最初のスタートダッシュちっくな踏み出しは勿論の事、タイムバー28:10近辺の外側に向かって華麗にターンをする時の右手の上げ方が激しくしなやかでうっとりしまくりです。

その後に右手と右足を同時に伸ばす振りが超絶に優雅なんです。

最後のク~ルクルなターンに惚れました。

大野君のソロは腰ぐらいまでがっつり映して欲しかった・・・・

胸の前でクロスさせた綺麗な手をずずずいっと映して欲しかった・・・・

愛しい男を先頭にして嵐さんが縦一列になって腕を広げるポーズ。

首を左方向へクイッと傾けながらの愛しい男のシルエットに自称ガラスのハートがときめきっ放し。

照明との極上のハーモニーと相まって、5名様の姿が凄く神秘的な感じがするのです。

出た!!

二宮君による大野君へのセクシャルハラスメントが出た!!

大野君、股間を手で押さえるってどうよ!?

この映像は一生残るのだよ。

コンニャロ~、可愛い♪

櫻井君があんなに格好よくラップをキメているのに3104はテヘッな笑顔。

愛しい男のテヘッってな笑顔に弱いんですの♪

あぁ、スウィ~ト。

最後のターンが素敵、両手を頭上で広げながら下ろしてくる所も素敵。

◆CARNIVAL NIGHT part2◆

いかん、曲に合わせてついつい踊ってしまってキーボードから手が離れてしまう。

大野君による振り付けの曲がコレ。

ウルトラ級に楽しい!!

櫻井君の「東京~!」 (33:55近辺)にまたまた惚れました。

「夜空の果てへと Keep on dancing」 (34:34近辺)の大野君の腰クイックイッがたまらんっ!!

憎らしいぐらいにセクスィ~なのでございやす。

店長、いつもの持ってきて!!

いかん いかん、無意識にまた踊ってしまっていた。

◆虹◆

二宮君の汗が凄い。

ファンの皆さんの「ラララ~ラ~ララ~」の合唱がドーム中に響き渡っていました。

そして二宮君が眼鏡を外した後の黄色い歓声は半端じゃなかったです。

「ありがと」な二宮君が素敵。

◆太陽の世界◆

最後の楽園、ガラパゴス諸島に生息する珍鳥のようなこの衣装を初めて見た時はびっくらこきました。

目がチカチカしました。

ほんでもって爆笑しました♪

相葉君は衣装に着られる事が無い!!

珍鳥も相葉君には敵わない!!

体中で喜びを表現してキラッキラの笑顔を浮かべる相葉君が素敵。

「きっと届かない星に ~」 (40:19近辺)の大野君にデヘ~。

なんて綺麗な顔立ちなんざんしょ。

◆WAVE◆

3104のヒョコヒョコピース ( ← 勝手に命名しております )とトロットロの笑顔 ( 42:42近辺)にキュン。

大野君、相葉君が一生懸命“ウェーブ”の説明をしているから聞いてあげて!!

ハムッってな笑顔で世にも綺麗な手でおデコをサワサワ ( 43:45近辺)しないで!!

でもチャ~ミング♪

“第一工業”な相葉君がキュ~ト。

テンポアップなウェーブ = 「ウエィ!」な相葉君がどうにもこうにも可愛い。

そんな相葉君を見て笑う3104にデヘ~。

この後で大野君も「ウエィ!」って言うんですの♪

ファンの皆さんがウェーブをしている時にたまに聞こえる大野君の掛け声がトロットロ。

「初めから好きだった」の3104がもぉ~、だぁ~、ムキィ~、かっ、かっ、かっ、かっこいぃ~!!

眼差し、汗、お毛々のツンツン、す~っと通った鼻筋、ピンクのイヤーモニター、耳、富士額、口、マイクを持つ手、などなどなど、大野君を取りまくとびきりのハーモニーに惚れて惚れて惚れまくり。

もいっちょ、「初めから好きだった」の後の「ウェ~ブ! ウェ~ブ!」に朝までカンパ~イ!!

愛しい男のどこまでも伸びやかな声にうっとりしまくりです。

大野智、今日も今日とて罪作り・・・・

◆Love Situation◆

『Song for me』よりも楽しみにしていたと言っても過言ではないのがこの曲。

大野君にしか出来ない極上のダンスがドドンッ!と凝縮されていた曲がコレ。

ガラスのハート(自称&言うのはタダ)を鷲掴みにされてうっとりしまくった曲がコレ。

セットリストの中で最もマニアの血が騒いだ曲がコレ。

コンサートで見た感動を再び!ってな勢いで逸る想いをどうにもこうにも抑えきれず、『Love Situation』を一番最初にウキウキウォッチングしました。

溢れんばかりの大野君の魅力が沢山詰まったあの振り、この振りが全然映っていない・・・・

Jストさん、そりゃないよ~。

映すアングルが間逆だと思うのは私だけ!?

大野君・松本君が歌っている時は櫻井君・相葉君・二宮君がレッツダンス。

櫻井君・相葉君・二宮君が歌っている時は大野君・松本君がレッツダンス。

歌っている時はあまり踊らないんです。

踊り!!

踊りがメイン!!

メインたらメイン!!

なのに歌Ver.に焦点が合い過ぎている・・・・

ガオォ~!!

マルチアングルが搭載されないのならせめて踊っているシーンを最後までがっつり映して欲しかったです。

がっかり。

ご機嫌斜め。

筆舌に尽くし難い。

でも書いちゃう♪

「君の笑顔が浮かんでくる ~」 後 (49:42近辺)の膝から下のクイックイッな脚の動きに胸の鼓動が高まるばかり。

大野君の関節はどうなってるの!?

「いつか誰だって ~」で切られた!!

あの後のターンが素晴らしいのにぃ~。

カメラマンさん、「僕の鼓動が ~」 (50:13近辺)は後少し引いて頂いてもいいでしょうか!?

大野君が胸に手を当てて“鼓動”を表現する仕草が大好きなんです。

グイングインってな感じがクラックラくるんです。

ほんでもって「~ 降り注ぐよ」 (50:19近辺)はもっと接近して頂いてもいいでしょうか!?

指をヒラヒラさせながら下ろしてくる振りが大好きなんです。

ときめき指数の針が振り切れるんです。

「真っ白になる頭の中」 (50:34近辺)の後ろ姿が憎らしいぐらいに格好いい♪

惚れた!!!

「持ち合わせたちっぽけなプラン使いようもない」 (50:38近辺)の全てに惚れた!!

間の取り方、ふわっと体を傾けて床に手を着いた瞬間に上がる右足、高い位置で右足をキープしてそのまま前に出した時の無重力感、ほんでもって元に戻す、何事も無かったかのように立ち上がって腕をクルックル、最後の松本君とのアクロバティックな振り、などなどなど。

これが惚れずにいられよか!?

惚れ直さずにいられよか!?

ちょちょいのちょいとやっているように見えて実は超高度なテクニックを要するはず。

余裕の表情でさらりと踊る大野君に逆ギレしそうです。

え~い、『エアリーな智にマニアック』!!

あぁ、素敵。

あぁ、格好いい。

2台のムービングステージが上下で通過し合ったのが圧巻でした。

結構スピードが出ていたんですよね~。

間奏 (51:31近辺)がもぉ~、だぁ~、チキショ~、○※△□×・・・・

流れるようなしなやかな動きに惚れました。

足元から波のように徐々に広がっていくリズムに惚れました。

手のクイックイッに惚れました。

セクスィ~な眼差しに・・・・

もういいですか!?

フヘヘヘヘッ♪

いやだ、「言い出せなくても構わない ~」の二宮君が可愛い♪

はいっ、ここ。

大野君の素晴らしい歌唱力が遺憾なく発揮されているパートがここ。 ( ← Analyze 4をご参照下さい ) 

溜め息が出ちゃう。

「勇気 眩しくて ~」 (52:07近辺)をアップで見たかったっす。

大好きな首クイッと手の動きをデヘデヘしながら見たかったっす。

暗転する直前の膝下の人間離れした動作に絶大なるLOVE。

なんだかんだ言いながらもこの曲が好きなのです。

やっぱり惚れた♪になる3104マニアの私。

『Love Situation』に期待し過ぎた反動で映像を見た時はテンションがド~ンと落ちたんですが、ネガティブな思いを吹き飛ばす勢いのお宝シーンがこの後に搭載されておりました。

ええ、アレです。

『やっぱり惚れた♪ 4』に続く。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

やっぱり惚れた♪ 2

携帯電話がぶっ壊れまして、代替機の操作に四苦八苦しております。

アイドルグループ嵐のキャプテン・大野君のアンニュイな別嬪さん (← ご参照下さい ) な壁紙とは暫しのお別れ。

デネルでございます。

本日は『ARASHI SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-』の感想文をば。

果たして宣言通りサクサクッと短く書く事が出来るのか否か!?( ← ご参照下さい )

◆OVERTURE◆

胸の鼓動は高まるばかり。

出たっ!!

メインステージに浮かび上がる5名様が出たっ!!!

左端の生き物にペロッとまるっと惚れ込んでおります。

これが噂の東京ドーム限定の羽根なのねぇ~。

京セラドームでは付いていませんでした。

世の中で一番愛する色はグリーン。

いやだ、大野君のはグリーンの羽根♪

でも大野君 = ブルーなので違和感があります。

緑と言えばやっぱり相葉君ですよね。

◆Everybody前進◆

振付師3104による曲がこれ。

歌い出しの「Everybody前進 ~」で右腕を振り上げる姿とファンの皆さんの歓声に鳥肌がゾゾゾゾッ。

大野君、やっぱり言わせろ。

憎らしいぐらいに男前さん!!

チキショ~、格好いい!

「行く手には ~」 (タイムバー02:08近辺)での腰クイン&左足クインが素敵。

「ボリュームも上げていこう」 (02:24近辺)での斜め右下を見るあの眼差し!!

凪仕様ではないツンツンなお毛々、ピンクのイヤーモニター、綺麗な顔、眼差しが最高!!

かぁ~、超絶にセクスィ~!!

大野君を先頭に腰に手を打ち付けながらVの字になって階段を下りてくる振りが大・大・大・大好きなんです。

全然映っていない・・・・

メノ~ン・・・・

私の中で不動の嵐内セクスィ~ワンツーフィニッシュは大野君と相葉君なんですが、アダム仕様な髪型の相葉君に猛烈な色気を感じます。

この髪型と抜群の手足の長さを誇るバディで踊られた日にゃ~、たまらんっ!!となるのでございやす♪

余談ですが、この時の相葉君のヘアースタイルが高貴なアフガンハウンド犬みたいだと友人Eに言ったら「デネルさんのせいでポテトチップス(コンソメパンチ)のCMを見る度に相葉ちゃんを思い出してしょうがない!!」と教育的指導を受けました。

もう少しでレッドカードが出る所でした。

フヘヘヘヘッ♪

いかん、いつもの癖でついついブルーの物体を目が追ってしまう。

大野君はグリーンの羽根だった。

「ゴールの先に ~」の愛しい男のグッドルッキングぶりに自称ガラスのハートがときめきっ放し。

ムービングステージが宇宙を遊泳しているみたいな幻想的な映像が凄く素敵。

「新たなスタートライン」で大野君は“ライン”を“ラ、イ~ン”と歌いません!?

この“、”に絶大なるLOVEなんですの♪

◆Di-Li-Li◆

夏のツアーではこの曲に振りはありませんでした。

ドームVer.の踊りがキュ~ト。

二宮君の「さん、は~い!」 (05:33近)後の大野君の腰クイックイッにデヘ~。

「 ~ そのステップから始る」 (06:14近辺)の愛しい男の両膝クイッにもいっちょデヘ~。

大野君にしか出来ない首クイッ、腰クイッ、膝クイッシリーズに薄気味悪いまでにデヘデヘしてしまう私。

罪作りな“クイッ”にいつでもどこでもメロメロのトロットロなんです。

「心の声に ~ 見えてくるだろ」の“くる”の巻き舌に店長さま、いつもので。

櫻井君の「東京~!!」 (07:35近辺)に惚れた!!

コンサートのDVDを見ると櫻井君への恋心が俄然ヒートアップするんですよね~。

ファンの皆さんへの激しく男前さんな態度が大好きなのです。

そうそうそう、櫻井君ファンであるマツタケ姉にこの時の櫻井君の髪型が高級なおにぎりの海苔みたいだと言ったら大爆笑されました。

◆きっと大丈夫◆

大野君の最初のソロにキュン。

あの色気はどこからくるのだ!?

いつまでもジャケットを着たままの相葉君がキュ~ト。

コンニャロ~、「は~い! は~い! はぁ~い!」の“ぁ”が可愛い♪

あの笑顔!!

「よろしく~!」の後のあの笑顔!!

激しくスウィ~トな愛しい男の笑顔にうっとりしまくり。

大野君の笑顔はマイナスイオンが大放出なんですの♪

あぁ、可愛い。

「きぃっとだいっじょおぶぅっ!」の声がトロットロ。

「シャカシャカベイビー ~」 (13:04近辺)の3104独特のカウントの取り方が最高!!

左足でリズムを取るんですが、大野君は良くこれをしません!?

軸足が右足だからなのか、右足ではあまり見かけないような気がします。

ほんでもって4名様はやってないんですよ。

大野智、どこまでも奥深い生き物・・・・

◆Oh Yeah!◆

この曲の振りがムキィ~、大好き!!!

セットリストの中で『Oh Yeah!』のダンスはお気に入りランキングの上位に君臨しております。

大野君にしか出来ない魅力的な振りがだ~い好きなんです。

この曲はアリーナ仕様の衣装の方が良かったな~。

クリーム色のパンツと白いTシャツの方が良かったな~。

何故ならば、大好きな肘小僧 ( ← 勝手に命名しております )がザッツ・ご開帳だから♪

白い衣装の方が大野君の別嬪さん指数が半端じゃなかったから♪

松本君の「跳べ~!」 (13:21近辺)後の愛しい男の膝の曲げ具合が憎らしいぐらいに格好いい!!

ほんでもって両手の広げ方がかぁ~、だぁ~、おっとこまえ!!

「見えない 消えない ~」 (13:44近辺)の“見えない”で顔にかざす世にも麗しい右手にうっとりしまくり。

「何か探してた」 (13:48近辺)のクルックルのターンに惚れました。

大野君は何気ないターンですらもキレッキレなのでございやす。

ほんでもって1回転ばかし多くターンをしているように見えるのです。

はいっ、一時停止!

「自転車の後ろに ~」 (14:02近辺)で一時停止!!

どうですか、これ!?

超絶に色っぽい腰 ⇒ 肩 ⇒ 胸にかけてのしなやかで流れるようなクイッに逆ギレしそうになるのは私だけ!?

最後の胸クイッで完全にマニアのハートを鷲掴みにされました。

ええ、胸に添えらえた右手にも。

大好きなクイッシリーズに新たなコレクションが増えました。

だぁ~、『智の胸クイッにマニアック』!!

この胸クイッだけを嬉々として何度もリピート出来る私は相当病んでおります。

幸せだすぅ~♪

また出た!!

3104独特のカウントの取り方がまた出た!!

「~ 君の体温乗せて」 (14:06近辺)で左足をトン。

その後もトンってな感じでリズムを取っている!!

「キラキラ二人だけの」の右手(特に2回目)が綺麗なんてもんじゃない!!

あっ、大野君自身も綺麗ざんす♪

切れてる・・・・

大野君にしか出来ない華麗な足捌きが気持ちいいまでに切れている・・・・

私の脳内ブルーレイの記憶が正しければ、「もう一度あの日に戻るとしても ~」 (14:32)の“もう一度”での右足がすんごく素敵だったんですが残念ながら映っていませんでした。

この曲の中であの足捌きがウルトラ級に罪作りだったのにぃ~。

でも大野君は京セラドームではご披露していなかったような!?

DVDを見る限り、多分東京ドームでもやっていないとみた。

ほいっ、また出た!!

「Oh Yeah 近付いてる」 (14:46近辺)でも左足でカウントを取っている♪

やっほい!!

「“ん”自転車の後ろにぃ~」で小さい“ん”が聞こえる~♪

「“ん”自転車の後ろにぃ~」ではキリリと激しく男前さんで、「君の体温乗せてぇ~」ではとびきりの笑顔。

店長さま、芋焼酎ロックのお代りをよろしくて!?

2回目の「もう一度あの日に戻るとしても ~」 (15:46近辺)の“もう一度”で大野君は私が大好きな足捌きをしていませんでした。

残念無念。

いつもの事ですがピンポイントで語ってもいいでしょうか!?

「~ 選ぶだろう」 (15:53近辺)のセクスィ~な眼差しがたまりません。

◆Friendship◆

相葉君のソロを見ながら何度「可愛い~heart04」と呟いた事でしょう。

ええ、私の隣にいた生き物が。

奴が双眼鏡のレンズにマスカラががっつり付く勢いでウキウキウォッチングしていたのを私は知っている。

ウィ、相葉カラーにカスタマイズされた双眼鏡で。

彼女が薄気味悪い笑みを浮かべながらずっとガン見していたのを私は知っている。

でもこの曲の相葉君はほんと~にキュ~トでした。

大野君のピンクのイヤーモニターの次に好きなのが相葉君のグリーンでございやす。

◆Can’t Let Go◆

大阪城ホールでは私の隣でマツタケ姉がブツブツと呪文のようにずっと独り言を呟いていたっけ。

「翔ちゃん、格好いいわぁ~heart04」とかなんとか。

◆時代◆

『時代』のダンスもお気に入りランキングの上位に鎮座しております。

かっ、かっ、かっ、かっこいぃ~!!!

特効と共に長~い首巻きをはためかせながらポップアップで登場する大野君が激しく格好いい!!!

黄色と黒の絶妙なバランスの衣装がすこぶる良くお似合い♪

ここのコーラスが私には「ラーイ!」にしか聞こえないんですが、真相やいかに!?

「巨大なマーケットその力」の二宮君と松本君がどえらい男前さん。

「愛を探してるよ」 (26:03近辺)の大野君の眼差しにキュン。

大野君てば憎らしいぐらいに色っぽいですよね~。

櫻井君が登場して横一列に並ぶ直前で大野君は左手で首の後ろをサワサワするんですが、どの公演でもここでサワサワしていたような気がします。

そして私はそんなサワサワにいつもマニア目線丸出しでデヘデヘしていたような。

お約束でうっとりしていたような。

私は一度病院に行った方がいいかしら!?

チキショ~!!

「ラーイ!」で助走を付けての男前さんな跳躍と振りに惚れ直す気マンマンでいたのに映る直前で切れた!!

アングルを変えるのをせめて後3秒待って頂きたかった・・・・

でも切れた直後にしゃがんで立つってな感じの振りに惚れちゃった♪

しゃがみながら左足が前にすっと出る所なんてもうね、どうにもこうにも軽やかなんですの♪

『やっぱり惚れた♪ 3』に続く。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

やっぱり惚れた♪ 1

「週刊を身につけよう!」

これな~んだ!?

正解は「習慣を身につけよう!」

ええ、勤務先の社長の悲しき誤字です。

世にも汚い社長の字を読解するだけでも大変なのに、誤字脱字のオンパレードに遭遇した日にゃ~、大爆笑です。

冗談なんかじゃないんです。

奴はいつでも本気です。

“週刊”を身につけてどうするつもりなんでしょうね。

ディアゴスティー○から「週刊・おバカ社長」でも創刊する気なのか!?

初回は190円てか!?

デネルでございます。

本日は『ARASHI SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-』の感想文をば。

今回はサクサクッと短く書けると思います。

何故ならば・・・・

とその前に、Timeツアーの回想録をエントリーさせて下さい。

DVDを観終えて幾つか疑問に思った事があるんですが、もしかしたら私のなんちゃってな記憶違いかもしれません。

そこであの日あの時の事を自分なりに思い出してみようかなと。

独り言なので興味の無い方はスルーの方向で宜しくお願い致します。

『智と雅紀にマニアック』なデネルとエリンギの一夏の想い出。

◆大阪・夏の陣◆

★ マニアの行脚 其の1

★ マニアの行脚 其の2

★ マニアの行脚 其の3

★ マニアの行脚 其の4

★ マニアの行脚 其の5

★ マニアの行脚 其の6 

★ マニアの行脚 其の7

★ マニアの行脚 其の8

★ おまけ♪

◆福岡・夏の陣◆

★ マニアの行脚 其の1

★ マニアの行脚 其の2

★ マニアの行脚 其の3

★ マニアの行脚 其の4

★ マニアの行脚 其の5

◆鹿児島・夏の陣◆

★ マニアの行脚 其の1   

★ マニアの行脚 其の2

★ マニアの行脚 其の3

◆大阪・秋の陣◆

★ マニアの行脚 其の1

★ マニアの行脚 其の2

★ マニアの行脚 其の3

★ マニアの行脚 其の4

とまぁ、こんな感じで友人Eと私は2007年の夏と秋を熱く過ごしました。

DVDに収録されている東京ドームがこのツアーのファイナルだったわけですが、あたしゃちぃとばかりご機嫌斜めなんです。

はて!?

憎らしいまでに罪作りな大野君のダンスはいずこ!?

ピンポイントでロックオンした超絶にセクスィ~な3104の振りはいずこ!?

うっとりしまくった首クイッ&腰クイッ、華麗なるターン、指のヒラヒラ、誰にも真似の出来ない足捌き、手のクイックイッ、などなどなどはいずこ!?

メノ~ン・・・・

『Song for me』よりも期待していたと言っても過言ではないあの曲が・・・・

マルチアングルにしてくれたっていいじゃない!!

ほんでもってアレもソレも・・・・

カメラを貸して頂いてもいいですか!?

映像の編集会議にこっそり参加させて頂いてもいいですか!?

が、しか~し、DVDを観ていて惚れ直したシーンが沢山ありました。

気持ち悪いぐらいにリピートし倒している映像がドドンッ!とあります。

ええ、アレです♪

涙、涙、あぁ、涙でした。

本編へと続く。

| | コメント (18) | トラックバック (0)