C1000×嵐’07

2007年9月21日 (金)

お歌編

デネルでございます。

本日は『C1000×嵐’07 プレミアムイベント』の感想文をば。

すっかり順番が逆になってしましたしたが、今日はお歌編でございます。

大野君にしか作動しない高性能な脳内ブルーレイを駆使しておりますので、偏った内容になる事を予めご了承下さいませ。

Zepp OsakaもZepp Tokyoも同じセットリストでした。

ステージ上の大きな黄色い垂れ幕が下りて嵐さんが登場。

ステージと客席の距離がとにかく近い!!

大野君はジーパン( ← 寝起きドッキリ大作戦の時に履いていたのと同じだそうです。)に白地に細かい黒の横ボーダーの六分丈のシャツ。

しなやかなバディにジャストフィットしたカットソーがどえらいセクスィ~でした。

最近よく身に着けているネックレスも素敵♪

大好きな肘小僧 ( ← 勝手に命名しております。)は最初隠れていたんですが、歌い続けるにつれてザッツ・ご開帳。

たまらんっ!!!

お毛々のツンツン具合、おデコちゃん、麗しい顔立ち、スウィ~トな笑顔、などなどなど、大野君を取り巻く極上のハーモニーに惚れて惚れて惚れまくり。

このお衣装の大野君はベロンベロンに男前さんだったんです。

精悍指数がいつもより数倍も高かった!!

◆Oh Yeah!◆

私の耳が正しければ、嵐さんは全曲ナマ歌でした。

それすなわち、大野君のどこまでも伸びやかで、セクスィ~で、艶のある歌声を思う存分堪能出来る♪

マニア冥利に尽きるってなもんです。

やっさい もっさいで嵐さんと一緒にレッツダンス。

Timeコンサートツアーで見た大野君にしか出来ない華麗なる足捌きがどの歌詞の所だったか確認したかったんですが、残念ながら大阪も東京もどちらもありませんでした。

それらしき振りはあったんですが、大野君はレッツトライせず。

あれが大好きなのにぃ~。

残念無念。

映像やコンサートでもよく見かけるんですが、大野君はいつもパンツをクイッと上げるんですよね~。

無意識だと思うんですが、裾が気になるのか今回もずっとクイックイッ上げていました。

「“ん” 自転車の後ろに ~」はナマでもやっぱり小さい“ん”が聞こえる!!

大野君の小さい“ん”の発声に弱いんですの♪

   ( ↑ 詳細は過去のブログをご参照下さい。)

東京だけM.A.D.さんがいました。

◆Di-Li-Li◆

櫻井君の男前さんなラップが大好き♪

格好いいんですよね~。

◆きっと大丈夫◆

嵐さんと一緒にレッツダンス、アゲイン。

後ろのスクリーンに『きっと大丈夫』のPVが流れていました。

PVの大野君も素敵♪

いかん いかん、PVは家で何百回でも見れる。

すぐ目の前で歌っている愛しい男に集中するのだ!!

櫻井君のラップ、「今日はどうなの? Baby ~」の直前に5名様の挨拶。

大野君    「は~い?  は~い?  は~い?」

コンニャロ~、可愛い♪

一番最後に“ウォ~ ウォオォ~ ウォ~オ~”で嵐さんが横一列になってする振りがあるじゃないですか!?  ( ← AAAをご参照下さい。)

この時の大野君の振りが独特で、タモステで『Happiness』を歌った時に「愛が傷付いてためらいながら ~」の時の振りに似ているんです。

また見れた♪

~~~   トーク   ~~~

~~~ CMを作ろう ~~~

   ( ↑ 詳細は過去のブログをご参照下さいませ。)

罰ゲームが終わりまして、嵐さんは着替えの為退場。

その間「レモンウォーター プール編」のメイキングフィルムをウキウキウォッチング。

残念ながら音声は無し。

ディレクターズチェアに座って二宮君と談笑する大野君の笑顔にキュン♪

この時の3104はお顔が少しふっくらしております。

大野君が左端にいて(相葉君が右端)、白いニット、ジーパンの裾をふくらはぎまで巻くって立っているのでポスター用の撮影だと思うんですが、何気ない立ち姿が凄く格好良かったです。

足元が水溜りになっていたのでポスター撮りで間違いないと思います。

大野君は本当に可憐ちゃん♪

レモンウォータの本編が流れます。

◆We can make it!◆

4月に行われたドームコンサートの『Cool & Soul』の時の衣装。

「力 翼に」の“力”の“ち”のアクセントが大好きなんです♪

最後の大野君のフェイクとやらがどこまでも伸びやかでうっとりしまくり。

◆ハダシの未来◆

まさかこの曲を歌うとは。

ステージ奥の段差に上がってご披露。

大野君は左端♪

最後の“ハダシの未来へ ~”の“ハ”の発音が大好き♪

ナマだともっと好き♪

◆a Day in Our Life◆

上段から下りてきてステージに戻る時、大野君と松本君はロボットダンスだかアクセントダンスだかをご披露していました。

櫻井君のラップと大野君のメロディラインの掛け合い。

大野君のどこまでも伸びやかな歌声に聞き惚れていたら櫻井君のラップに合わせてC&Rをするのって難しくないですか!?

3104の世にも美しい顔に見惚れていたら櫻井君のラップに合わせてC&Rをするのって難しくないですか!?

櫻井君のラップでカウントを取りながら、それにつられる事なくメロディラインを完璧に歌い上げる大野君は凄くないですか!?

私はかなり病んでいますか!?

フヘヘヘヘッ♪

いえね、今回改めて間近でこの曲の大野君を見る事が出来たんですが、最後の方は大野君は櫻井君の横で歌ってたんですよ。

ファンの皆さんは大概櫻井君に合わせて声を出すでしょ!?

大野君はマイノリティな訳なんです。

なのに最後までしっかり歌い上げる大野君は本当に凄いな~って思ったんですよね~。

素敵♪

愛しい男の最後のフェイクとやらに鳥肌がゾゾゾゾッ。

“Oh Yeah Yeah~~~ Yeah~~~ Wowowo”のパートです。

かっ、かっ、かっ、かっ、かっこいぃ~~!!!

◆Happiness◆

ここら辺で大野君はジャケットを脱いだような!?

赤と黒の横ボーダーでノースリーブのシャツ。

襟は黒でした。

マイクを持つ左手の肘小僧が世界丸見え♪

大野君は骨格美人でもあるんです♪

この曲の振りで最大級の萌え萌えポイントが「止めないで~ 止めないで~」の首クィッ&足シュッなんですが、足シュッは極上の足シュッだったのに首クイッが中途半端でした。

大野君、私はYOUのこの振りが何よりもメロメロのトロットロなのだよ。

これでもかっ!!ってなぐらいに首クィッをご披露して頂きたかった・・・・

でも超絶に格好良かったです♪

最後のキメッのポーズの直後に3104は櫻井君の二の腕をムギュッと握っていました。

◆言葉より大切なもの◆

大阪で大野君は歌い出しに失敗したのか、テンポが合わずに最後の方は急ピッチで歌っておりました。

ええ、テヘテヘ笑いながら。

そんな大野君を体育会系のノリで盛り上げる4名様。

3104はテヘテヘing。

◆サクラ咲ケ◆

大野君の肘小僧とトロットロの笑顔と綺麗な顔にデヘ~♪

~~ アンコール ~~

◆Love so sweet◆

大野君のソロ、「そこからいつも ~」に絶大なるLOVE。

大野君、何度でも言わせろっ!!

ほんと~~~~に綺麗な声!!!

憎らしいぐらいに罪作りな声!!!

ナマ歌バンザイ!!!

最後の方で大野君と松本君が二人で歌う「思い出ずっと ずっと ~」のパートをファンの皆さんに歌ってもらおうとていたのか、松本君が歌わなかったんです。

3103限定「思い出ずっと ずっと ~」にデヘ~♪

~~ ダブルアンコール ~~

◆A・RA・SHI◆

大阪か東京かどちらか忘れたんですが、アンコールは何を歌う!?という話になって、大野君が「『口唇』でも歌う?」と一言。

誰か     「GL○Yね。」

誰か     「嵐の歌を歌わせてよ。」

テヘッてな感じの大野君がラブリ~過ぎる♪

大阪でイベントが行われた日は嵐さんの結成記念日。

8年前のあの日、あの時、彼らはハワイで“嵐”になったんですよね。

前日に教えて頂くまでその事を知らなかった罰当たりな私と友人E。

大野君、ごめんちゃい。

特別な記念日に嵐さんとファンの皆さんと共に過ごす事が出来て本当に嬉しかったです。

5名様も当時の事を振り返って感慨深げに話していました。

ここで登場します、大野君と松本君によるジャニーさんの物真似。

大・大・大・大爆笑!!

8年目の最後に歌う『A・RA・SHI』。

とてつもなくジ~ン・・・・

後ろのスクリーンにハワイでの映像が流れたんですが、これは嵐さんは知らなかったんでしょうか!?

櫻井君が何気に振り返った時に映像を目にしてビックリしていたような?

「恥ずかしい~~!!」って言ってました。

Aさん、福岡では流れました!?

大野君がセンターで歌っている時にちょうど8年前の大野君がアップで映し出されたんです。

感慨深い・・・

8年前の大野君の事は一切知りません。

嵐さんがハワイであんな事をしていたと知ったのは3104マニアに陥ってからなんです。

そんな私が2007年9月15日という特別な記念日に大野君を見てうっとりしているなんて。

『智にマニアック』というブログをしているなんて。

8年前の私に言いたいです。

アンタの目は節穴か!!と。

今の私に言いたいです。

大野君の溢れんばかりの才能に気付けて本当に良かった!!と。

感慨深い・・・

東京では9年目を迎えて最初に歌う『A・RA・SHI』を聞く事が出来ました。

とてつもなくジ~ン、アゲイン・・・・

泣いてもいいですか!?

私のセンチメンタルな想いはもうこの辺でやめにします。

これより下はZepp Osakaバージョンです。

~~ Happy Birthdayの歌 ~~

会場内から「Happy Birthday 嵐」を大合唱。

かなりの時間歌っていたような!?

で、嵐さん登場。

大野君・相葉君・二宮君はDVDでよく見るオレンジと黒のジャージ姿、松本君はTシャツに下はジャージ!?、櫻井君はジーパンで上は裸にイベントのタオルを首からかけていました。

櫻井君曰く、イベントのタオルはチ○ビを隠すのに最適だそうです。

櫻井君    「みんなもやってね♪」

マジっすか!?

ジャージ姿の大野君を初めて見ました。

大野君は華奢さんなのでジャージがダボダボ。

そして大きな花が付いたスリッパを履く3104。

コメント欄で教えて頂いたんですが、「WEST SIDE STORY」で共演した女優さんからのプレゼントだそうです。

麗しい顔にあのジャージは犯罪級で可憐ちゃんでした。

店長、いつもの持ってきて!!!

「皆さんにお礼の気持ちを込めてこの曲を歌います。」

◆感謝カンゲキ雨嵐◆

感動だすぅ~。

櫻井君   「9年目も宜しくお願いします。」

かしこまった!!!!

・・・・・・

・・・・・・

夢のような2日間が幕を閉じました。

イベントに誘って下さったYU-HOさん、もももさん、本当に有難うございました。

お二人のご好意に甘えっ放しで申し訳ありません。

大野君を惚れ直す機会を与えて下さったお二人には感謝の気持ちでいっぱいです。

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

これからも大野君、嵐さんを応援していこうと改めて思いました。

こんな私ですがこれからも宜しくお願い致します。

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

3つの質問

Long long time ago・・・・

少女漫画りぼんに連載されていた『有閑倶○部』の大ファンでした。

ドラマ化されると知ったのが昨日。

キャスティングを知ったのも昨日。

えぇ~~~~~!?

美波さんも出演されるんですね♪

デネルでございます。

本日は『C1000×嵐’07 プレミアムイベント』の感想文をば。

メモを取っておりませんので、嵐さんのトークは正確ではありません。

ニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

◆嵐さんに3つの質問◆

★Zepp Osakaバージョン★

◎質問  其の一   ~大阪の好きなところを関西弁で話して下さい~

う~ん、微妙・・・

映画やドラマを見ていても感じるモゾモゾするような独特の違和感。

とにかく微妙・・・・

マニアの欲目でもなんでもなく、大野君が一番上手でした。

大野君は京都に2年程住んでいたのもありますが、耳がいい人はアクセントを習得し易いのかな!?と思いました。

そんな3104にはトロットロにセクスィ~な声でスペイン語を喋って欲しいんですよねぇ。

  ( ↑ 詳細は過去のブログをご参照下さい。)

マニアの願望は尽きる事がない・・・

いかん いかん、今日も大いに話が脱線しそうなのでお話を元に戻します。

大野君に何かが降臨したのか、水を得た魚のようにペッラペラ喋っていました。

松本君に「この人はキャラが入ると生き生きする。」と言われてテヘッてな感じで笑う大野君がどえらいラブリ~♪

「食べ物がめっちゃ安いし、めっちゃうまい!!」

「大阪ってゆうたら通天閣やろっ!!」

いやだ、素敵♪

やけに男らしい言い方だったんですの♪

大野君と相葉君が関西弁で口喧嘩みたいなのをやっていました。

愛しい男はやっぱりお上手♪

ガラの悪い話し口調がベリ~ベリ~格好良かったです。

◎質問  其のニ   ~コンサート中は何を考えている?~

相葉君は常に二手先を読んでいるんですって。

二手先を読む前に今を考えて欲しいと松本君に言われていました。

大野君    「基本的に何も考えてない。 “無”!!」

         「考えると逆に間違うから。」

櫻井君・二宮君も何も考えない。

松本君    「俺も何も考えてない。」

大野君    「(声を張って)エッチな事を考えてるんじゃないのかぁ!?」

大・大・大・大・大爆笑!!!

たま~に出るブラックな大野君のキャラが大好きなんです♪

この時の大野君の言い方がコンニャロ~!!ちっくでドストライクでツボに入りまくりました。

ええ、エリンギちゃんが。

隣りで大爆笑をしておりましたとさ。

誰か      「コンサート中にエッチなこと考えてたら引くだろっ!!」

誰か      「例えばどんな事!?」

大野君    「それは~、・・・・松潤に聞けっ!!!」

ブラック3104アゲイン!!!

◎質問  其の三   ~今この瞬間、願いが一つ叶うなら?~

櫻井君は8年前の自分達の会見を見てみたい。

大野君    「もう一人の自分が、この会場の向こう側から嵐を見て嘲笑いたい!!」

誰か      「なんで嘲笑うんだよ!!」

大野君    「ホント嵐はバカだなぁ~♪って。」

二宮君    「嵐のコンサートを見てみたい。」

二宮君の言葉が発端となって5名様が口々にコンサートを見てみたいと言い出します。

嵐でいる限り、一生見る事が出来ない。

コンサートは絶対に楽しいはず。

怪我をしても出ないといけないし、相葉君なんて肺に穴が開いていたのに番組に出た。

松本君が「じゃあ今度誰かが怪我をしたりしたら1回だけ客席から見てもいいって事にしよう。」と提案するんですが、櫻井君が「それはそれで寂しい。」って言うんです。

その言葉にとてつもなくジ~ン。

感動した!!

こうなりゃ自分達のジュニアにコンサートをしてもらって、それを見よう。

ちゃんちゃん。

どの設問の時か忘れたんですが、10歳のお嬢さんからの質問だから真面目に答えてあげてねって言う松本君が凄く素敵でした。

★Zepp Tokyoバージョン★

◎質問  其の一   ~マイブームは何!?~

相葉君はマンガ喫茶でセリフを覚えるのがブーム。

二宮君    「バカだから家では覚えられない。」

マンガを読まずにセリフを覚えるそうです。

マンガ喫茶にはいろんな人がいる。

最近はシャワーが完備させれていて、この前風呂上りのおじさんと擦れ違ってびっくりした。

そこからマンガのタイトルの略した言い方で盛り上がっていた嵐さん。

大野君はトロットロの笑顔で見ていただけでした。

どれもこれも耳馴染みの無いタイトルだったので私にはちんぷんかんぷん。

松本君はマイ箸・マイフォーク・マイスプーンを持参している。

今日お弁当を食べる時に割り箸を使ってしまったと嘆く松本君。

大野君    「だからか~。  さっき松潤が割り箸使っちゃったって言ってて、

         手で食べるの!?って思っちゃった。」

大野君、松本君はエコな男なのだよ♪

チキショ~、捕獲したい!!!

松本君からのトリビア。

Zeppは風力発電だそうです。

トイレも風力で流している。

それを聞いた二宮君が本当の風で流すと思ったらしく、飛行機のトイレの音を真似て“シュ~、ポッ!!”って流れるかと思ったと。

二宮君による飛行機のトイレの音は凄く似ていました。

嵐さんのお話は続いていたんですが、どこまでもフリーダムな3104は下を向いてずっとテヘテヘ&フヒャヒャヒャ笑っております。

大野君の異常に気付いた櫻井君。

わざわざ話を中断して大野君に「どうしたの!?」

浪花節な嫁 ( ← 勝手に命名しております。)は夫の事が大好き♪

大野君    「さっきのニノの“シュ~、ポッ!!”が・・・・」

愛しい男は二宮君のトイレの真似がいたく気に入ったみたいで、テヘテヘ&フヒャヒャヒャの繰り返し。

横の角度から見た3104のテヘテヘ&フヒャヒャヒャが超絶にキュ~トでした。

大好物の芋焼酎ロックを4杯は飲める勢いでございやす♪

大野君    「飛行機のトイレ(流れ方)って興奮しない!?」

         「“シュ~~~~、ジュポッ!!”」 

大・大・大・大・大爆笑!!!

二宮君のよりも似ている!!

はて!?

飛行機のトイレに興奮なんてするかしら!?

大野君はおバカだなぁ~♪

◎質問  其のニ   ~口癖は何!? メンバーの口癖はうつる!?~

櫻井君    「大野君はよく“普通に”って言うよね。」

大野君    「言うねぇ。  無意識に言ってるみたい。」

松本君    「リーダーさぁ、コンサートの挨拶でも“今日は普通に楽しかったです”

         って言うよね。」

         「あれは何を基準にして“普通に”なの!?」

         「ファンの人からしてみれば、あぁ普通だったんだ~って思わない?」

すみません、3104マニアの耳と脳をもってしても、大野君による“普通に”の説明が理解出来ませんでした。

一生懸命説明してたんですが、言っている大野君自身も途中から“???”だったような気がします。

“普通に”を連呼していた記憶しか無いのでございます。

大野君は何が言いたかったのかしら!?

可愛いから許す♪

二宮君    「この人(大野君)、“普通に疲れた”とか言うからね。」

テヘテヘ笑う大野君がラブリ~♪

大野君    「翔くんは“クッソ”ってよく言うよね。」  

         「これクッソうめぇ! ( ← 櫻井君を真似て)」

コンニャロ~、可愛い♪

後、櫻井君は二宮君がやまたろちゃんの現場で『風』を歌っていたら途中から入ってきて二宮君よりも大きな声で歌うんですって。

二宮君に「歌を奪われる。」って言われるんですが、「奪うんじゃなくて分かち合いたいの♪」と言う櫻井君がどうにもこうにもチャ~ミング過ぎる。

◎質問  其の三   

~ドラマや舞台で大活躍の嵐さん。 滑舌が大事。 早口言葉対決をして下さい~

相葉君は策士です。

早口言葉を一人づつ順番に言う事になったんですが、嵐さんの最初の立ち位置はこうでした。

相葉君・大野君・櫻井君・松本君・二宮君の順。

二宮君からレッツスタートと聞いた相葉君はさりげな~く大野君の体を引っ張って、さりげな~く大野君の場所と自分の場所をスイッチしたんですよねぇ。

オチになるのが嫌だったのか、大野君をオチにした方が面白いと思ったのか分かりませんが、スイッチした後にクシャな笑顔で大野君を見ていました。

大野君は何も言わずされるがまま。

何故立ち位置が変わったのかなんて、気にする素振りさえ見せませんでした。

こんな風にいつでもどこでもドンッと構えてる大野君の姿が大・大・大・大・大好きなんです。

ホントにいい男なんですよね~。

●新春シャンソンショー ×3回●

二宮君だけパーフェクト。

残念ながらNEWS ZEROの男は失敗。

大野君は噛み噛みでした♪

二宮先生の命令で4人で一緒に言わされていました。

●裏庭には二羽 庭には二羽 ニワトリがいる ×3回●

演技派の戦士、二宮君は脳内でイメトレをいていたみたいで、「結局ニワトリは全部で四羽だな。」って言ってました。

二宮君、その心は!?

「裏ニワニワニワニワ」な大野君がべらぼうにキュ~ト!!!

練習中の3104による「裏ニワニワニワニワ」に絶大なるLOVE。

大野君の頭上に“????”が見えるようでした。

本番で4名様は完璧な早口言葉をご披露。

残るはキャプテン、大野君・・・・・

小粋にテンポを取って言ってたんですが、3回目で噛んじゃって♪

●隣りの竹垣になぜ竹たてかけた 竹立てかけたかったから竹たてかけた●

記憶が曖昧なんですが、これを大野君だけレッツトライしろと言われたような・・・・

後ろのスクリーンに映し出された早口言葉を見て練習する3104。

二宮君    「字 読める!?」

字が読めるかどうかが問題なのね、大野智・11月で27歳。

お毛々のツンツン具合にうっとりしまくり。

しなやかな後ろ姿に自称ガラスのハートがときめきっ放し。

大野君    「俺はこんなに竹立てかけたくなんかない!!」

ちょっと大野君、おもしろ過ぎる!!!

その逆キレ具合が最高!!!

そんな理由で早口言葉を拒否する人を初めて見ました。

『拒否る智にマニアック』

大野君    「“ブラジル人 ミラクル ビラ配り”の方が面白いぜっ!!」

         「“ブラジル人 ミラクル ビラ配り”って言えるか!?」

         「ブラジル人がミラクルでビラを配りなんだぜっ!!」

ちょっと大野君、それは一体何!?

男っ前さんな言い方にキュン♪

何故だか最後は大野君と一緒に“ブラジル人 ミラクル ビラ配り”をファンの皆さんと言って、このコーナーを締める事に。

大野君    「ブラジル人の気持ちになって言いましょう♪」

         「全然早口言葉じゃないけどね♪」

うける!!!!

全員で“ブラジル人 ミラクル ビラ配り”を三唱しましたとさ。

大野君はトロットロの声の持ち主じゃないですか!?

噛もうがグダグダだろうが、耳心地がいいんですよね~。

いつまでも聞いていたい声なんですの♪

幸せだすぅ~♪

お歌編に続く・・・・

 

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

CM対決 2

「デネルさん、“英雄”!!」

これな~んだ!?

正解はですね、アイドルグループ嵐が出演する『嵐の宿題くん』を見た勤め先の社長が昨日会社で私にやってみせたヨガのポーズです。

社長    「英雄のポーズの時のバンビちゃん、可愛いかったな♪」

私      「はあ・・・・」

申し遅れました。

社長は『木更津キャッツアイ』に出ていたバンビちゃんの大ファンなんです。

バンビちゃんになら抱かれてもいいそうです。

  ( ↑ 詳細は過去のブログをご参照下さい。)

余談ですが、社長がやってみせた“英雄”のポーズはグダグダでした。

デネルでございます。

本日はAチーム VS BチームによるCM対決の続きをば。

メモを取っておりませんので、嵐さんのトークは正確ではありません。

ニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

昨日はAチームのパターン2で終わりました。

「エー ビー C1000、エー ビー C1000、何作ろ~♪」を歌いながら会議室を飛び出すおバカな3名様。

キャプテンをダッシュで追い越して画面からフレームアウトする大野君と相葉君。

大野君は怪しキュ~ト ( ← 勝手に命名しております)な笑顔で去って行きました。

声を張り上げて歌い続けるキャプテン。

「何作ろ~♪ 何作ろ~♪ 何作ろ~♪ な~につ~くろ~~~~~~~~」で時間をもたせて、何か(二人の)準備が出来るのを待つキャプテン。

キャプテンが下の階のホールを見ると・・・・・

“C・10”の人文字が!!!

人文字達     「シー テン!!」

キャプテン     「ゼロが足りない!!」

人文字達     「シー テン、シー テン・・・・  テンダラー!!」

国民的アイドルSの$10が流れて人文字達はレッツダンス。

大野君はうひゃひゃひゃ笑いながらおバカなダンスをご披露。

そうそうそう、大野君と相葉君は“0”の左右のラインをそれぞれ描いておりましたとさ。

最後はキャプテンのカメラ目線のアップ、「C・10 (シー テン)!!」でおしまい。

照明が点いて嵐さんのトーク。

◆Zepp Osakaバージョン◆

ハイタッチで喜び合うおバカなAチームに水を差すドSなBチーム。

・肝心の商品が全然映っていない。

>商品は線香の横にちゃんと映っている!

>目立つからいいってなもんじゃない!   By大野君

>さり気ないのがいいんだ!

・千昌夫さんに許可は取ったのか!?

>SM○Pにも許可は取ってない!

・挙句の果てに“C10”て!!

などなどなど、子供の喧嘩のようなやり取りが続いておりました。

二宮君     「じゃあキャプテンに感想を聞こう。」

キャプテン   「(すみません、記憶がありません。)」

二宮君     「じゃあ嵐のキャプテンに感想を聞こう。」

大野君     「俺!?」

二宮君     「そう。   どこが良かったですか!?」

大野君     「翔くん♪」

二宮君     「作品じゃねぇのかよっ!!」

大野君     「全部♪」

コンニャロ~、可愛い♪

Bチームの作品を見る事に。

◆Zepp Tokyoバージョン◆

これから流れるBチームの作品の意気込み。

松本君が舞台の袖で誰かとお話し中だったので二宮君一人が舞台の中央へ。

戻ってきた松本君に「宜しくお願い致します。」と深々と頭を下げるBチームのキャプテン、二宮君。

大・大・大・大・大爆笑。

相葉君     「(二宮君に)キャプテンじゃないのかよっ!!」

二宮君     「キャプテン像はいろいろあるんだろっ!!」

櫻井キャプンテンの思い描いているキャプテン像と比較したみたいです。

★Bチームの作品★

メガネ姿の二宮君とキャップを被った松本君が登場。

コンセプトはどれだけC1000を愛しているかだそうです。

二宮君と松本君による寝起きドッキリ大作戦。

マジっすか!?

て事は、大野君の寝顔をウキウキウォッチング出来るって事!?

ペロッとまるっと惚れ込んでいる大野君の寝姿をデヘ~♪と見れるって事!?

バンザ~イ!!!

二人が襖の引き戸を開けたその時・・・・

はい、出た!!!

畳の上に敷いた布団の上で寝ている大野君が出た!!!

いいえ、布団をピッタリとくっつけ合って寝ている3名様が出たぁ~!!!

それすなわち“川の字”。

やっさい もっさい♪

手前から相葉君・櫻井君・大野君の順でスピスピ爆睡中なんですの♪

二宮君と松本君が話していてもピクリとも動かないんですの♪

大野君はジーパン(裾を膝までたくし上げて)とTシャツという何とも寝苦しそうな格好で就寝中。

カメラに背を向けた状態で横向き&膝を軽く曲げて、上掛けを被らず静かに寝ています。

店長、いつもの持ってきて!!

大野君はこんな風に寝ているのね~。

フヘヘヘヘッ♪

松本君が3名様の枕元に「はい、C1000♪」と言いながらレモンウォーターのペットボトルを置いていくんですが、櫻井君の所だけ何故かビビりまくっていました。

松本君曰く、「こぇ~(怖ぇ~)」そうです。

レモンウォーターも櫻井君の所にはダッシュで置いてダッシュで戻ってきていました。

二宮君   「翔さんの手が“C”になってる。」

櫻井君は器用に腕を“C”の形に曲げて爆睡ing。

で、ここからが3名様のC1000への愛の見せ所。

ラジカセで『Oh Yeah!』を大音量で流すドSなBチーム。

松本君は「はい、ジャンプ! ジャンプ!」と言いながら相葉君の頭上で楽しそうにJUMP。

3名様のC1000への愛!?

ゼロ以下でした。

大野君が可愛らしく寝返りを打っただけ♪

全く起きる気配がありません。

ドSな二宮君と松本君に起こされる犠牲者第1号、相葉君。

相葉君の寝ぼけ眼の顔がどえらい別嬪さんでした。

相葉君    「勘弁して下さいよ~。 お前(二宮君に)うるさい・・・」

ファイト一発で寝起きにレモンウォーターをぐいぐい飲む相葉君。

ぐいぐい飲んでいる途中でゲップをして頭をはたかれておりました。

相葉君    「C1000♪」

その時3104は何をしていたかと言いますと、世にも綺麗な顔の横でレモンウォーターを握り締めて寝ていました。

スポンサーさん、『3104寝顔編』で次のCMをお願いします!!

絶対に損はさせません!!

大野智、寝顔ですらも可憐ちゃん・・・・

たまらんっ!!!

ドSな二宮君と松本君に起こされる犠牲者第2号、大野君。

大野君の頭上で寝顔を覗き込む二宮君と松本君。

お二人さん、幾らほど包めば代わって頂けますでしょうか!?

愛しい男の第一声はなんだと思います!?

二宮君     「大野さん、おはようございます。」

ものすご~~~く眠そうな顔で・・・

大野君     「あっちぃ。  (※暑いそうです♪)」

大爆笑な二宮君。

かぁ~、ラブリ~!!!

お顔がちぃとばかり浮腫んでおりましたが、そんな事は無問題♪

“あっちぃ”の言い方が底無しにキュ~トでした。

大野君     「マジ あっちぃ。   (※マジ暑いそうです♪)」

クフクフ笑う二宮君。

コンニャロ~、『“マジ あっちぃ”の智にマニアック』!!

愛しい男は寝起きでもお毛々がツンツン♪

大野君     「この人(櫻井君を指して)凄いんだよ歯軋り。」

大野君のアンニュイな喋り方に絶大なるLOVE。

タモステのトークでも話題になった櫻井君の歯軋り&いびき in 仙台のお話がこれ。

櫻井君の言葉を借りるなら、可愛らしいサウンドを奏でてしまった翌朝の映像がこれ、アゲイン。

レアな映像が見れた!!

ほわ~んとした顔でレモンウォーターを飲んで、「うめぇ~。」と一言。

掠れた声がベロンベロンにセクスィ~♪

VTRを見ながら爆笑する二宮君がチャ~ミング。

大野君    「C1000♪」

ドSな二宮君と松本君に起こされる最後の犠牲者、櫻井君。

二宮君    「翔さん、おはようございます。」

櫻井君    「おぅ・・・」

あんれまっ!!

ロイヤルファミリーも顔負けの気品溢れまくる櫻井君が激しくぶっさいく!!

薄目を開けて「おぅ・・・」と言いながら布団をこっぽり被ってしまいました。

大・大・大・大爆笑!!

二宮君    「大野さん、どうしましょう!?」

大野君    「寝かせてやれば!?」

惚れた!!!

櫻井君の歯軋りとイビキで眠れなかったのに、寝かせてあげようとする心の広~~い3104に惚れて惚れて惚れまくり!!

愛しい男は本当に優しい生き物ですね。

素敵♪

櫻井君抜きの4名様の爽やかな映像でフェイドアウト。

大野君の寝顔、寝姿、寝起きを初めて見ました。

幸せだすぅ~♪

会場が明るくなってステージでトーク再会。

Zepp OsakaバージョンとZepp Tokyoバージョンを同時に書きます。

これを撮ったのは仙台のコンサートの後。

相葉君   「こいつ(櫻井君)のイビキと歯軋りで眠れなかった上に、二人が朝早くに

        来たから殆ど寝れなかったんだよね、キャプテン。」

大野君   「うん。」

相葉君   「3、4時間ぐらい!?」

大野君   「うん。」

愛しい男はどこまでも寡黙な生き物なのです。

二宮君   「(櫻井君の騒音を)知らなかったの。」

        「翔さんはキレてた。」

櫻井君   「あの部屋凄く暑かったでしょ!?  うるさいから布団を被って

        終わるまで待ってたんだけど、暑くて死にそうになった。」

二宮君   「翔さんは手が“C”なんだけど、足の裏が真っ黒。」

櫻井君   「そう、あの状態で3時間ぐらいたから“C3時間”。」

        「バーベキューでテンションが上がっちゃってずっと裸足でいたから。」

二宮君   「大野さんはなんでジーパンで寝てたんですか!?」

大野君   「コンサートが終わって、シャワーを浴びた後にバーベキューを

         したんだけど、まっいっかって寝た。」

イベントの時に履いていたジーパンと同じらしいです。

大野君   「知ってた!?  朝起きて飲むレモンウォーターって凄く美味いんだぜ。」

        「俺は初めて飲んだ!!」

てな訳でファンの皆さんにどっちのCMが良かったか拍手で決めてもらう事に。

松本君   「ある意味、俺たちは卑怯だよね。」

        「Aチームのファンの人はAチームに拍手をしたいんだけど、

        Aチーム3人を登場させて、ファンの人からよくぞ撮ってくれた!

        という事でBチームに拍手がある。」

松本君、その通り!!!

マニア垂涎のお宝映像を撮影してくれて本当にありがとう!!!

でもね、Aチームのおバカ de キュ~トな作品も大好きなのだよ。

大野君   「そうだっ!!  朝から俺らみたいに飲めるか!?」

二宮君   「じゃあそっちが最初に思いつけよっ!!」

判定はBチームの勝ち。

Zepp Tokyoでの罰ゲームは過去のブログをご参照下さい。

Zepp Osakaでの罰ゲームは「エー ビー C1000、エー ビー C1000、何作ろ~♪」の相葉君ギャグ3連発でした。

恥ずかしそうにご披露する相葉君の後ろで合いの手を入れる大野君と櫻井君。

最後は『1000(千)の風になって』を熱唱する3名様で終了。

ファンの皆さんからの3つのアンケートへと続く・・・・

      

| | コメント (34) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

CM対決 1

お江戸に向かう地元の新幹線のホームに国民的アイドルSのリーダー、中居兄さんのポカ○スウエットのどでかいポスターがドドン。

兄さんは肘小僧 ( ← 勝手に命名しております。)を丸出しで小粋にポーズを取っておられました。

ポスターを見つめること数秒。

アイドルグループ嵐のキャプテン、大野君の肘小僧の方が大好き♪

デネルでございます。

本日は『C1000×嵐’07 プレミアムイベント』の感想文をば。

順番が前後するんですが、爆笑巨編のCM対決の感想文から書かせて下さい。

メモを取っておりませんので、嵐さんのトークは正確ではありません。

ニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

C1000のコマーシャルを嵐さんで作ったそうです。

場内の照明が落とされて作戦会議をするVTRが流れます。

Zepp OsakaもZepp Tokyoも内容は同じでした。

大野君・櫻井君・相葉君がステージ左端の床に座ってファンの皆さんと同じようにVTRを見ます。

二宮君・松本君は右端。

VTRを見ている時の大野君がどえらいキュ~トなんですの♪

寝転がりながらだったりとか、三角座りだったりとか、櫻井君と談笑しながりだったりとか。

すぐそこにいるナマ3104もウキウキウォッチングしたいし、VTRの別嬪さんな大野君もがっつり見たいしで、私の視線はキョロキョロ泳ぎまくっておりました。

楽屋でくつろぐ5名様。

それぞれのトークに字幕付き。

ガウン姿の櫻井君・松本君、映像でよく見るジャージ姿の二宮君・大野君・相葉君。

去年のイベントでは個人でCMを作ったけど、今年はチームで作ろう。

チーム分けは何で決めるか。

グッパー?

松本君が「グッチー?」と不思議ちゃん発言をして4名様の頭上に大きな“?”マークが出たのに爆笑。

ガウン対ジャージ?

結局あみだくじでAチームとBチームに分ける事に。

相葉君の提案でそれぞれリーダを出そう!!

アルファベットに○が付いたのを引いた人がリーダー。

ジャンケンであみだを引く順番を決めるんですが、1番に勝った相葉君のジャイアンよりもジャイアン ( ← 櫻井君命名)な発言で時計回りでくじを引く事に。

時計回りにするには櫻井君を指名しなければいけなかったんですが、「次 リーダーね♪」と逆時計回りになる大野君をご指名してしまったため櫻井君から「何て勝手な奴だ!」と怒られていました。

愛しい男は相葉君からのご指名を何も言わず素直にペンを受け取っていました。

大野君はどこまでも穏やかな人なのでございます。

「俺 リーダーになりたい! リーダーになりたい!」  By ジャイアンよりもジャイアンな男。

ジャイアンよりもジャイアンな男はリーダーになる事はありませんでしたとさ。

どこまでもフリーダムな相葉君をトロットロの笑顔で見ている大野君にキュン♪

ジャージ姿の大野君はズボンの裾を膝の上までたくし上げているんですが、それすなわちしなやかなふくらはぎがザッツ・ご開帳。

ベロンベロンにセクスィ~なのでございます。

たまらんっ!!!

『智のふくらはぎにマニアック』 !!

噂のスリッパを履いている!!  ( ← 詳細は過去のブログをご参照下さい。)

次は大野君の番♪

あんれまっ!!

キュルキュル早送りをされてしまいました。

結果はAチーム、大野君・櫻井君(リーダー)・相葉君、Bチーム二宮君(リーダー)・松本君。

Aチームはリーダーを真ん中に三人で意気込みを語るもグダグダで全然まとまらず。

大野君のテヘッな笑顔がどうにもこうにもキュ~ト♪

Bチームの2名様はソファに踏ん反り返ってAチームを検証。

負ける気がしない。  負けるわけがない。  こっちにはパーマの人(相葉君)がいないから。  パーマの人がいなくて良かった。  などとけちょんけちょん。

相葉君    「お前、このヤロ~!」

クシャな笑顔で言う相葉君がラブリ~。

画面が切り替わった時に相葉君が髪をひっ詰めてお団子にくくっていた姿が物凄く別嬪さんでした。

会場が明るくなってステージでトーク再会。

◆Zepp Osakaバージョン◆

大阪の前日は福岡でキャンペーンがあった為、その日の夜はホテルにお泊り。

Aチームの3人でホテルの最上階にあるラウンジで飲んだ。

対決に勝つぞ~!と心を一つに出来て凄く楽しかったAチーム。

いやだ、可愛い♪

じゃあBチームは何をしていたのか!?

相葉君    「僕は電話をしましたよね。」

松本君    「映画を見始めたところだったから行かなかった。」

相葉君    「ウソついた!!!  俺が“松潤 飲みに行こうよ”って電話をしたら

         “マッサージしてるから”って言ったのに!!!」

ニカニカ笑う松本君。

大野君    「マッサージの映画を見てたのかっ!!!」

大・大・大・大爆笑!!

ブラック3104の降臨でございました。

大野君は本当に可愛いなぁ~♪

じゃあ二宮君はその時なにしてた!?

二宮君    「ご飯を食べたらお腹が異常に出て(どえらいお腹になっていたみたい

         です)、ヤバイ!と思って寝たら直るかと思って寝転がったら

         そのまま寝入ってしまった。」

ディナーを沢山食べたんですって。

大野君    「肉だんご!!」

かぁ~、ラブリ~過ぎる♪

二宮君    「そう、肉だんごをいっぱい食べたんだよね~。」

そんなこんなでAチームの3名様はBチームとの対決を頑張ろうと気合を入れる事が出来て良かった。

二宮君    「気合を入れるも何も、もう撮ってるだろっ!!」

確かに。

これから流れるAチームの作品に対してキャプテンから一言。

いかん、キャプテンはキャプテンでも櫻井キャプテン仕様の脳内ブルーレイが私には搭載されていない。

大野君と相葉君を従えて何か言ってたんですが、しょんぼりなキャプテンの背中を優しくポンポンする3104の記憶しか無い・・・

トロットロの笑顔で優しくポンポンだったんですよね~。

キャプテンは何故しょんぼりだったのかしら!?

◆Zepp Tokyoバージョン◆

相葉君    「翔ちゃんはキャプテンのくせに何もしない。」

         「(名古屋!?)の楽屋で話し合いをしてたら急にメシを食い始めた。」

大野君    「そう。  ガーッって食べてソファにデンッ! (← 櫻井君のポーズの

         真似)て座ってた。」

櫻井君    「俺の中のキャプテン像はそんなだから!!」

コンニャロ~、3人ともチャ~ミング♪

櫻井君曰く、キャプテンというのは最後に登場するだけで何もしなくていいそうです。

これから流れるAチームの作品に対してキャプテンから一言。

子分達を従えてステージの真ん中に立つキャプテン。

ダラダラと語り倒すキャプテン。

子分・雅紀    「キャプテン、その話は長くなりますか!?」

子分・智      「一言で言ってもらってもいいですか!?」

キャプテン    「(VTRを)ご覧下さい。」

子分達大爆笑。

★Aチームの作品★

どこか会議室ちっくな場所。

~パターン 1~

文字だとなんのこっちゃさっぱりかもしれませんが、皆様の脳内妄想変換をフル稼働させて下さい。

書いている私も非常に説明しにくい・・・

「A(エー) B(ビー) C1000、エー ビー C1000、何作ろ~♪」を首を振りながら乙女ちっくな眼差しで歌うカメラ目線の櫻井君のドアップでスタート。

原曲は「Are you sleeping、Are you sleeping、brother Jhon?~」なんです。

エリンギちゃんに教えてもらった日本語の替え歌を忘れたんですが、「グーチョキパーで、グーチョキパーで、なんちゃらかんちゃら~」でした。

櫻井君が歌い終ったら床に正座をしている大野君、相葉君の順に映ります。

それぞれが歌を歌いながら小ネタをご披露。

櫻井君   「エー ビー C1000、エー ビー C1000、何作ろ~♪」 

大野君   「こっちがC “シー”で (← お皿に並べられた輪切りのレモンを

        怪しい笑顔で指す)」

相葉君   「こっちが千 “1000”で ( ← 線香に火を付ける)」

大野君   「こう♪ ( ← 線香のこう)」

相葉君   「こっちが千 “1000”で。」

大野君   「こう♪」

大・相     「(首をキュ~トに振り振りながら)C1000~♪、C1000~♪」

~パターン 2~

櫻井君   「エー ビー C1000、エー ビー C1000、何作ろ~♪」

大野君   「こっちがC “シー”で。 ( ← 口に人差し指を当てて静かにのポーズ)」

相葉君   「こっちが千で。( ← 大野君にマジックで額に●印を描いてもらって

        “千昌夫”)」

大野君   「昌夫♪」

大・相     「(首をキュ~トに振り振りながら)C1000~♪、C1000~♪」

大野君   「こっちがC “シー”で。」

相葉君   「こっちが千で。」

大野君   「昌夫♪」

大・相     「(首をキュ~トに振り振りながら)C1000~♪、C1000~♪」

だぁ~、ラブリ~!!!

どの大野君もテヘテヘ笑っていやがるんです。

レモンの輪切りを両手で示す姿がチャ~ミングなんてもんじゃない、大野智、26歳の秋。

静かにの“シ~”のポーズが可愛いなんてもんじゃない、大野智、11月で27歳。

とびきりのテヘテヘで相葉君の額に●印を描く姿が憎らしいなんてもんじゃない、大野智、嵐の最年長。

相葉君にいちいち寄り添いながら“千”の言葉に合いの手を打つ姿がチャ~ミングなんてもんじゃない、大野智、可憐ちゃん♪

“C1000 ~”で相葉君と首を振り振りする姿が・・・・

もういいですか!?

フヘヘヘヘッ♪

キャプテン   「こんなんじゃだめだっ!!  もっと壮大なプランでいこう!!」

子分達      「はいっ!!!」

立ち上がって歌いながら会議室の外に出るおバカな3名様。

パターン3&Bチームの作品へと続く・・・・

    

  

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

Zepp Tokyoのお話

Zepp Osakaのお話

デネルでございます。

アイドルグループ嵐の出演するコマーシャル、C1000。

Zepp Tokyoで開催された『C1000×嵐’07 プレミアムイベント』に行って参りました。

私と同じ病気を持つ、3104マニアである「李も桃もももの家」のもももさん(ご本人の了承を得たのでMさんより変更しました)が誘って下さいまして、ご一緒させて頂ける事に。

感想文は日を改めてたっぷりと。

なんですが、ウルトラ級の萌え萌えポイントだけご披露させて下さい。

メモを取っておりませんので、嵐さんのトークは正確ではありません。

ニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

C1000のコマーシャルを作ろうという企画で嵐さんはAチーム(大野君・櫻井君・相葉君)とBチーム(二宮君・松本君)に分かれて一つの作品を作るんです。

あ~、CMの内容も今日書いてしまいたい!!

でも今日は時間が無いので先に進みます。

ファンの皆さんにどっちの作品の方が良かったか判断してもらって、負けたチームには罰ゲームが待っております。

Zepp Tokyoで負けたのはAチーム。

余談ですが、Zepp OsakaでもAチームは負けました。

大阪での罰ゲームの詳細はまた別の日に。

Aチームさんは何をご披露するか相談中。

そこへBチームの2名様による爆弾発言が。

ドS二宮君    「じゃあこっちで決めます。   翔さんにバク転をしてもらいます。」

ドS松本君    「翔くんのバク転が見たい。」

場内は悲鳴とも歓声ともとれない声援でギャ~~~!!!!

櫻井君は全く聞かされていなかったみたいで、お口をアングリ。

声も出ません。

パニックの一言では済ませられないぐらいにオタオタする櫻井君。

正体不明な生き物と化しておりました。

有無を言わさず櫻井君の持っていたマイクを奪い、時計・ネックレス・ベルトを外させ、靴を脱がせてバク転の準備をさせる4名様。

哀れ、櫻井君はされるがまま。

ドS二宮君    「今日この会場にいる人は本当にラッキー。」

           「翔さんのバク転は8年ぶりだから。」

           「翔さんはやれないんじゃなくてやらないだけ。」

櫻井君      「そう、やらないだけ。」

怪しい・・・・

大野君      「俺 翔くんが出来たの見た事ある。」

大野君、それは本当!?

誰か        「翔くん ブリッジは出来るの!?」

櫻井君はブリッジをご披露。

誰か        「かったいな~~~。」

確かに・・・・

二人一組になって背中合わせで一人が前屈みになって相手の手首を持ち、背中の筋をグインと伸ばすストレッチがあるじゃないですか!?

櫻井君はそれがしたかったみたいで隣りにいた浪花節な夫 ( ← 勝手に命名しております。)とバディを組みたいような仕草をしたんですが、夫は嫁のアイコンタクトに全く気付かず嫁の計画は敢え無く失敗。

少し離れた場所にいた相葉君にやってもらっていました。

あっと言う間にストレッチを終えた櫻井君。

それを見て大野君が「早いな~。」と一言。

いやだ、トロットロの声♪

大野君と相葉君が櫻井君の補助係りに。

二宮君      「この二人はバカだけど、(補助が!?)出来るから。」

相葉君      「ジュニアの頃によくやった。」

櫻井君の背後に周り、ベルト通しを大野君と相葉君が掴んでブリッジをした状態の櫻井君を二人の力でバク転させてあげる仕組み。

手前に相葉君(客席に背中を向けて膝を付く)、奥に大野君(世にも美しい顔は客席側で中腰)。

パニック現在進行形な櫻井君。

そんな櫻井君を大野君はトロットロの笑顔でずっと見ていました。

怪我があってはいけないので、バク転のシュミレーションを真剣にする3名様。

ビビりまくる櫻井君。

そんな櫻井君を見てずっと微笑んでいる3104。

いいえ、テヘテヘ笑っていました。

ある時は自分の腕に顔を埋めてテヘテヘ。

またある時は相葉君を見ながらテヘテヘ。

コンニャロ~、可愛い♪

愛しい男のテヘテヘな笑顔にペロッとまるっと惚れ込んでおります。

いつまでもレッツ・バク転をしない櫻井君に業を煮やした二宮君は客席のカウントでやろうと提案。

二宮君     「このカウントが翔さんが聞く最後の言葉かもしれない。」

櫻井君     「9年目を迎えた今日、 (すみません記憶がありません。」

櫻井君の運命やいかに!?

5、4、3、2、1!!!

・・・・・・

・・・・・・

バンザ~イ!!!

なんとか出来た~!!!

ええ、大野君と相葉君の補助のお陰で。

櫻井君がクル~ンつって♪

皆様、長々と大変失礼致しました。

私のウルトラ級の萌え萌えポイントは櫻井君のバク転に潜んでいたのでございます。

「いざッ、バク転!」の時の大野君の補助の仕方に絶大なるLOVE。

櫻井君のベルト通しを力強く握った時に浮き出た腕の筋がセクスィ~な事!!!

かっ、かっ、かっ、かっこいぃ~~~!!!!

ベロンベロンに色っぽいのでございます。

ほんでもってどえらい真剣な眼差しで櫻井君をバク転させてあげる3104の凛々しい表情に惚れて惚れて惚れまくり!!!

『Song for me』や『Top Secret』をご披露している時と同じぐらい精悍な顔つきだったんです。

あの時の大野君の残像だけで大好物の芋焼酎ロックを7杯は飲める勢いでございます。

ほんと~~~~に格好良かった!!!

大野君は本当に男前さんですよね~。

『補助の智にマニアック』!!!

大野智、どこまでも罪作りな生き物・・・・

またまたまたまた3104に惚れ直した瞬間でした。

幸せだすぅ~♪

櫻井君曰く、バク転をした時は足がガニ股なっていたらしいです。

カエルの脚みたいな格好をご披露していました。

相葉君      「翔ちゃんは重い!!!」

そりゃ~そうですよ。

櫻井君の全体重が大野君と相葉君にかかるんですもん。

大野君      「回った時に翔くんの足がここ(大野君の頭)にガンッ!!って。」

ここでもやっぱりテヘテヘな笑顔で言う3104。

大野君は優しいな~。

もももさんとも言ってたんですが、大野君による華麗なバク転が見たかったです。

3104のバク転はそれはそれは美しいんですも~ん。

てな訳で、櫻井君も祝・バク転!!

いや~、まさか櫻井君のバク転(補助付)をこの目でがっつり見れる日が来るなんて思ってもいませんでした。

いいものを見させて頂きました。

お江戸日帰り弾丸ツアーは本当に楽しかったです。

遠く離れた地にお住まいのもももさんとは初対面だったんですが、3104語りでお話しが尽きる事がありませんでした。

書かれる文章と同様にもももさんご自身も知的でユーモアたっぷりで気さくなお人柄の方でした。

もももさん、お世話になりやした♪

・・・・・

・・・・・

メーデー!  メーデー!!

半年前に機種編をした携帯電話がぶっ壊れました。

お江戸に向かう新幹線の中でバッテリー部分が急に熱くなって突然動かなくなったんです。

Why!?

昨日携帯にメールを下さった方がいらっしゃいましたらごめんちゃい。

全ては闇の中・・・・

修理に出してきます。

エリンギちゃん、携帯が壊れた!!!

相葉ちゃんは物凄く別嬪さんやったよ♪

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

Zepp Osakaのお話

Zepp Osakaのお話

アイドルグループ嵐の出演するコマーシャル、C1000。

Zepp Osakaで開催された『C1000×嵐’07 プレミアムイベント』に行って参りました。

私と同じ病気を持つ、3104マニアのYU‐HOさんに誘って頂きまして、ド厚かましくも友人E共々ご一緒させて頂いたんです。

感想文は日を改めてたっぷりと。

いつでもどこでも『智にマニアック』なもんですから、マニア目線丸出しの感想文になるかと思われます。

ええ、大野君にしか作動しない高性能な脳内ブルーレイを駆使して。

大野君のオープニングの衣装が超絶に素敵でした。

若旦那 ( ← 詳細は昨日のブログをご参照下さい。)は罪作りなまでに麗しい生き物でした。

大好きな肘小僧 ( ← 勝手に命名しております。)をがっつり見る事が出来ました。

ブラックな3104も登場しました。

トロットロにスウイ~トな笑顔が満載でした。

どこまでも伸びやかで艶のある歌声にベロンベロンに酔いしれました。

Aチーム(大野君・櫻井君・相葉君 ) VS Bチーム(二宮君・松本君)対抗のCMプレゼンに大・大・大・大・大爆笑!!!

愛しい男の寝顔がどえらいラブリ~なんですの♪

8年前の昨日、嵐さんは船上デビューを果たしました。

あの日、あの時のハワイでの映像をバックに『A・RA・SHI』を歌う5名様。

8年前の大野君と8年後の大野君を同時に見る事が出来てとてつもなくジ~ン。

もいっちょ、ジ~ン・・・・

DVDと写真集でしか見た事が無かったジャージ。

オレンジと黒のアレです。

生で見る事が出来ました。

愛しい男はジャージにスリッパ。

足の甲に大きな花が着いたスリッパを履いて登場したんですが、松本君に「それじゃ本当にオカマみたい。」と言われてました。

大野君曰く、「俺はオカマじゃない。」

コンニャロ~、可愛い♪

でも大野君、YOUのスリッパには何故コサージュちっくな花が付いているのだ!?

セクスィ~で、精悍で、凛々しくて、スウイ~トで、テヘッで、可憐ちゃんで、別嬪さんな大野君を超至近距離でウキウキウォッチングさせて頂けたZepp Osakaの夜。

本当に有難うございました。

自分で苦労して手にしたチケットでは無く、YU‐HOさんのご厚意で行かせて頂いたイベントなので今日まで黙っておりました。

何卒御了承下さいませ。

コメント・メールを下さっている皆様、お返事が遅くなって申し訳ございません。

もう少しお時間を下さい。

もう一つカミングアウトをさせて下さい。

本日お江戸に行って参ります。

携帯より。

| | コメント (32) | トラックバック (0)