5×10 CLIPS

2011年4月20日 (水)

幸=Happiness

昨日はずっと雨が降ったり止んだりの肌寒い一日でした。

ランチタイムにほんの一瞬だけ雲間から顔を覗かせた太陽をパチリ。

110419_1315001_2 

デネルでございます。

本日はアイドルグループ嵐の『5×10 ARASHI ALL the BEST! CLIPS 1999-2009』より、ど~れ~にし~よ~おか~な~、決めた!!

大好きな『Happiness』のビデオ・クリップの感想文をば。

この曲は2007年9月5日にリリース。

もう4年弱前のこと!?

あんれまっ!!

イントロと5名様の後ろ姿だけでテンションがグインと上昇。

デネル.comによりますと、相葉君はこの年の10月に上演された舞台『忘れられない人』のアダム仕様で髪が長め。

二宮君と櫻井君はドラマ『山田たろうものがたり』仕様の髪型。

松本君はこの近辺ではソロ活動が無かったため自由を満喫中のオレ流髪型。

はて!?

大野君は!?

超短髪、赤みがかった茶色、おでこ全開、耳全開、綺麗な富士額が世界丸見えでトップがツンツン。

FREESTYLEか。

大野君、言わせろ。

2007年のYOUも超絶にいい男!!

赤と黒のボーダー半袖シャツよし、シャツからご開帳になる腕のラインよし、カーキのパンツよし、よし、よし、よ~し!!

肘小僧 ( ← 勝手に命名しております )に自称ガラスのハートがときめきっ放し。

大野君は骨格美人であり、関節美人であり、筋肉美人でもあり。

釣りの魅力にがっつりハマる前なので色白さんなんですよねぇ。

タイムバー0:00:24近辺で大野君だけ“Yeah!Yeah!Yeah!Yeah!”の手が違うんですけれど、これに気付いてセクシャルハラスメント2秒前ちっくな三日月形の目 ( ← 勝手に命名しております )で爆笑する櫻井君がいとキュ~ト。

やられた・・・・

タイムバー0:00:42近辺で作務衣を着て、正座をして、ニコニコ笑いながら、半紙にしたためた『幸』をご披露する大野君にペロッとまるっとやられてしもうた・・・・

『幸』、いい!!

その笑顔サイコ~!!

直後の浪花節夫婦 ( ← 勝手に命名しております )のハードな“せっせっのよいよいよい”に笑い皺がツツツツー。

大野君に至っては途中から原型を留めていない手の動きに。

絶妙な手の動きがたまらんのです。

肘小僧と肘から手首にかけて浮く筋にキュン。

バイクに跨る3104(タイムバー0:01:02近辺)にいでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

かっけ~!!

櫻井君への指差しがたまらなく男前!!

気分は『Born to be wild』な~のです。

感情が昂ぶってリアクションが“欧米か!”風になる浪花節夫婦に褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショイ。

逆立ちをする相葉君のシャツをペロ~ンとめくってチク○を披露させる二宮君と大野君に大爆笑。

3104はカメラ目線でほんのりどや顔。

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

出た!!

「走り出せ~」で猪木さんちっくな顎が出た!!

しゃくれてる!!

しゃくれた顎のまま前後に体をユラユラ揺らす大野君に店長さま、今宵は紹興酒ロックでよろしくどうぞ。

リズム感が抜群。

イダダダダ・・・・

前列で互いの体をまさぐり合う (タイムバー0:01:42近辺)愛すべきバカップル大宮SKさん達にデヘデヘし過ぎて腸がよじれる・・・・

ド密着でアレ。

今にも接吻をしそうな勢いでアレ。

なんじゃこりゃ!?

新しい愛の形ですか!?

二宮君の髪を撫でたり、顔のラインに沿わせたり、手首をそっと握ったりする大野君の手の動きに鼻息も荒くフンガーッ!!

いかん、眩暈が・・・・

クラクラする・・・・

過呼吸2秒前・・・・

セクスィ~過ぎるでしょうよ、大野智。

Mr.罪作りめ、どうしてくれよう・・・・

『智の手にマニアック』

二宮君を見つめる眼差しが色っぽいのなんのって。

こい、ラブストーリーのオファー!!

熱烈大歓迎っす!!

ウッス!!

「 ~蕾でも」(タイムバー0:01:49近辺)で顔に手をあてる大野君がどうにもこうにも別嬪さん。

閉じた目と口の動きに惚れて惚れて惚れまくり。

ぬぉ!!

大野君が弾き出された(タイムバー0:01:55近辺)!!

弾き出される直前の“イヤ~ン♪”ちっくな表情にムフッ heart04

この“イヤ~ン♪”にいつでもどこでも滅法弱い私。

タンデムっちゅうんですか!?

普通に言うと2ケツ!?

二人乗り!?

仲良くバイクに跨る浪花節夫婦(タイムバー0:02:10近辺)にフーン、フーン、フーン。

鼻の穴が膨らんだまま元に戻らん!!

血圧が上がる!!

ブラボ~!!

「もっとスピードを上げてよ♪」な櫻井君に対して「まあまあまあ」な大野君に今すぐ家を飛び出して競歩で町内中を駆け抜けたい衝動を抑えるのに一苦労ですよ、全く。

バイクが動いてないってのがね、これまたね、ほっこりですな。

ウケる!!

櫻井君、ムツゴロウさんになるの巻(タイムバー0:02:12近辺)。

ワンちゃんを抱っこしている相葉君に負けじと大野君の顎をコチョコチョでヨ~シヨシ。

拒否する3104に嗚呼、うっとり。

めちゃくちゃ男前だわい。

ワンちゃんに櫻井君を舐めさせるドSなあの人にガチコーン!とやられましたぞよ。

笑顔がニッコニコ。

ほんでもってセクスィ~。

酔いしれて、ハーフ&ハーフの妙。

二宮君、ご懐妊の巻(タイムバー0:02:19近辺)。

なんじゃこりゃ!?アゲイン。

いつの間に!?

二宮君のお腹に耳をあててベイビーの心音を聴いている大野君がとぉ~、だぁ~、キョエ~イ、素敵な旦那さん!!

ウケる!!

櫻井師範(タイムバー0:02:25近辺)で百合の花を捧げられて戸惑う大野君にありったけのキューーーン。

ツボです。

タイムバー0:03:24近辺でテーブルをひっくり返すジャイアン3104に鳩が豆鉄砲を喰らったような顔になる櫻井君がドドドストライクでツボに入りました。

コンダクター二宮氏を筆頭にミニミニ楽器で演奏する楽団嵐の皆さんが可笑しいやら可愛いやらで大忙し。

アコーデオンをプリプリ奏でている大野君がスウィ~ト過ぎてどうしましょ。

また弾き出された(タイムバー0:04:01近辺)!!

“イヤ~ン♪”が再び!!

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

戻って来たと思ったら相葉君と松本君に突き飛ばされた!!

“イヤ~ン♪”で消えた!!

もしもこの世に『大野君の“イヤ~ン♪”をイメージしてリリアンを編みまSHOW!の会』があるならば、朝一で器具を調達して馳せ参じまする。

コンテストの『最もユニークな形 de 賞』の部門で見事一位を獲得する気マンマンです。

自分、不器用なもので。

授賞式でのスピーチもちゃんと考えてます!!

最後は二宮君にドンッ!つって。

激突!!

大爆笑!!

5名様の良さがギューーーーーッと詰まった『Happiness』のビデオ・クリップ。

仲良きことは美しき哉。

『幸』に朝まで乾杯。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

5×10 CLIPS 其の三

あんれまっ!!

グリーングリーンなi-podのnanoさんが喋った!!

アイドルグループ嵐の楽曲をランダムで聴きながら足取りも軽く歩いてたんです。

スキップボタンを押した後で鞄の中にnanoさんを無造作にポイッと投げ入れたならば、ヘッドフォン越しから「モンスター アラシ」とnanoさんが喋るじゃあ~りませんか。

かぁ~、びっくり!!

nanoさんてば凄い!!

まさか曲紹介をしてくれるとは。

デネルでございます。

本日は嵐さんの『5×10 ARASHI All the BEST! CLIPS 1999-2009』についての感想文をば。

flair DISC2

◆Step and Go

櫻井君の言うシークレットトークの映像版が大好き♪ ( ← ご参照下さい1 ・ ご参照下さい2 )

櫻井君の「それではご覧下さい、Step and Go、どうぞ!」でアレ。

“どうぞ!”で出した右手を松本君に押さえつけられる大野君。

なんだなんだ!?

仁義なき戦いか!?

全面戦争勃発か!?

「表へ出ろっ!」に突入!?

松:  ごめんね、なんか。

 ~ド密着で見つめ合う二人~

大:  だいじょうぶ。

 ~ド密着ingで微笑み合う二人~

なんじゃこりゃ!?

公開・愛のラブラブ大作戦ですか!?

フーン、フーン、フーン、ラブリ~過ぎる!!

二人まとめてうぉりゃ!と背負い投げしてやりたい8月最後の夜。

◆truth

顎に親指を添えて、肘を太腿に乗せて、何度も瞬きをして、宙を見つめながらPVの撮影当時を振り返っているであろう大野君の姿と沈黙にとてつもなくジ~ン・・・・

成瀬さん、フォーエヴァー・・・・

ドラマ『魔王』のあれこれが蘇って感慨に浸っているのかと思いきや、ポソッと呟いた第一声は「もうこの頃はぁ、肌も黒いなぁ~」。

て、ちょっと!!

ウケる!!

視線の先にはこんがり日に焼けた自分の姿が蜃気楼の如く揺らめいているんですかね!?

それも弁護士バッチを付けたスーツ姿で!?

らしいなぁ~。

後に雑誌ではあの夏がこれまでの人生で精神的にも肉体的にも一番キツかったと語っている大野君。

でも「もうこの頃はぁ、肌も黒いなぁ~」なんです。

これが惚れ直さずにいられよか!?

「もうこの頃はぁ、肌も黒いなぁ~。 ねぇ? もう釣りしてましたからね、うん、だから今までのがホントに、白いなっておもっ、思うもん。 ンフフフフン♪ いや~でもぉ、この、こ~れはねぇ~、そうですねぇ、格好良かったかなぁ、セットも、後オー、オーケストラはいっ、てんのにもびっくりするしぃ、でね、曲始まってすぐぅ、notesドゥーン、ジャーンジャジャン!notesて時にぃ、オーケストラの人がぁ、て、一斉にヒュッ!てやる時がね、すごい格好いいの! そうそう。 あっ!そっか、俺だけしか見れないのか最初後ろ向きから始まるから。 でもそれが見れてて、びっくりした。 でニノと言ってたのがぁ、みんな、女性とか、こ、こ、こうゆう、足を、横にしてたりするんだけど、一人だけ足を開いて演奏する人がいてこうやって。 なんであの人、だけアレなんだろうね、っていうのはね、ずーっと疑問なりつつ、ちょっと踊ってましたね。 ええ。 でねぇ~、何回も撮ったんですよ。 踊りのシーンを。 なんでかって言うと、相葉雅紀とぉ、櫻井翔がぁ、一向に踊れないんですよ。 で、何回もと、止まってぇ、仕事が押すわけですよ。 撮影が。 でも僕は次の日ドラマの撮影だったんですよ、魔王の。 頼むから踊ってくれ!っておもっゴニョゴニョ(←何度確認してもヒアリング出来ず) フッフッハッンフッフフ♪ 頼むから!って。 ええ、その記憶があったのかなぁ。 でもやっぱ一回ハマっちゃったんだろうね、もうずーっと、おどっ、あもう、間違えてたかなぁ。 でも仕上がり見たら、でも、うん、なんか、別人みたいですよ。 僕もあん時、さっ、魔王のドラマやってたからぁ、ちょっと細かったし髪の毛も違うし。 うん。 初、主演ドラマだったし、忙しかったですねぇ、ええ、2008年は。 まーでも、今見てもでも、曲も、今聴いても、やっぱり何回も聴けるしねぇ。 でやっぱあのプロモーションビデオ見た人も、格好いとかゆってるしねぇ。 大成功だったんじゃないですか? ええ。 では、その、トゥルース、どうぞ!」

Tシャツ万歳!!

VIVA、ハーフパンツ!!

大野君は骨格美人でもあり、関節美人でもあり、筋肉美人でもあり。

耳に残るは智の声。

五臓六腑に染み渡るってなもんです。

爆裂にセクスィ~な低音の「ンフフフフン♪」の笑い声に胸の鼓動は高まるばかり。

「オーケストラはいっ、てんのにもびっくりするしぃ」近辺での雄弁な手と美しい手のラインに褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショイでございやす。

手の甲に浮く血管に求む・養命酒。

やられた・・・・

『truth』の前奏を罪作りな声で再現する「notesドゥーン、ジャーンジャジャン!notes」と指揮棒?なんだ?を振る右手の優雅な動きにペロッとまるっとやられてしもうた・・・・

よっ、マエストロ3104!!

息をつく暇も無くまたやられた・・・・

「オーケストラの人がぁ、て、」の“て”近辺にガチコーン!とやられてしもうた・・・・

この瞬間にヴァイオリン?はたまた他の弦楽器?を弾く真似をするんですが、これがモー、モー、モー、もぉ~、ペロッとまるっと絶大なるLOVE!!

トキメキ指数の針が振り切れたまま元に戻らないのであ~る。

音楽の世界にはてんで疎いので大野君が演奏している楽器がヴァイオリンであると勝手に決め付けるとしよう。

ヴァイオリンが見えるようなんです。

ええ、弓も。

常日頃から大野君はMuseの化身だと信じて疑わない私。

天性のリズム感の良さがご開帳。

溜息の嵐っす。

惚れて惚れて惚れまくりっす。

『エア演奏の智にマニアック』!!

音楽家のオファーがこないかなぁ~。

マニアの願望は尽きる事がにゃい。

それにしても大野君の感性はなんて豊かなんでしょ。

柔軟でいて鋭い。

撮影の合間に何気なく目に入ったシーン、しかも踊り出す直前に後ろを向いていた僅かな時間でこんな風に感じ取る事が出来るなんて凄く素敵。

きっとこの独特の思考がダンスや歌に通じているに違いない。

わたくし、どこまでもあてにならないなんちゃってなシックスセンスしか持ち合わせおりませんが、きっと大野君は記憶に残っている演奏者の動きを的確に再現しているとビビビッ!と感じました。

「一人だけ足を開いて演奏する人がいてこうやって」でエアヴァイオリンな手、膝小僧、ふくらはぎ、踝、膝から足首にかけてのライン、漁業用サンダル略して漁サンが世界丸見え。

いかん、まともに息が出来ない・・・・

過呼吸2秒前になる・・・・

ヒッヒッフー、ヒッヒッフー。

マジでガチでやべぇべ。

カメラマンさん、絶景をありがと~ございます!!

感謝の気持ちを込めてハグ&チュ~を贈らせて下さい!!

「相葉雅紀とぉ」と「櫻井翔がぁ」にキューーーン。

大野君、みなまで申しますな。

『truth』のビデオ・クリップの仕上がりはそりゃ~もう♪ ( ← ご参照下さい )

「では、その、トゥルース、どうぞ!」のフェイドアウトで本編が始まるのかと思いきや、戻ってきたし!!

鼻息荒っ!!

かばええ・・・ ぶちゃいく・・・ かばええ・・・ ぶちゃいく・・・

大野智、メガトン級に罪作り。

憎らしいったりゃありゃしない。

グッバイ、8月。

ハロー、9月。

| | コメント (34) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

5×10 CLIPS 其の二

8月ももう終わろうとしているのにこの暑さ。

皆さまお疲れの出ませんように。

デネルでございます。

本日はアイドルグループ嵐の『5×10 ARASHI All the BEST! CLIPS 1999-2009』についての感想文をば。

flair DISC2

◆intro.- きっと大丈夫

PVの撮影当時を思い出しているであろう、冒頭の数秒の沈黙に胸の鼓動は高まるばかり。

セピアちっくな色合いが大野君の麗しさをより一層グインと上昇させているのであ~る。

「あれはねぇ、でも、若いよね! 髪の毛もだってまだ、明るかったもんなぁあんとき。 顔も白いしさぁ。 いや~でもねぇ、あのと、あのプロモーションビデオはすんごい面白いことが起きたんだよね。 あのねぇ、シーンで、フリーで動いているシーンを撮るって言ってて、曲流れながら。 ほんでね、ニノと、ニノが帽子被ってたんだ。 ふん、そんで、ニノがねぇ、フリスビーみたいにこう、ピュッ!て投げたの。 ほんで俺受け取ってぇ、フリーでやってて、ほんでおいらがパッって投げたら、ニノがヒュッてか、被れたの。 そこでぇ、カットー!なったの。 お~やったねぇ~とか言って。 ほんでぇ、いざ出来あがって観たら、ギリギリ入ってた♪ フフンッ。 それが、フフッ、嬉しかったなぁ。 ああゆうのいいよなぁ」

耳に残るは智の声。

なんて耳心地のいい声なんざんしょ。

“おいら”が脳内でビッグエコー。

雑誌では結構目にしますが話す時は最近あまり言わないような!?

“おいら”か。

いいわ~ heart04

大野君の口癖?口調?でお気に入りなのが“ほんでぇ”なんですの。

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

エア帽子を模る手が凄く素敵。

何かを説明する時の大野君の手はとても雄弁で、その手が表現する世界が魅力的で、まるでそこに本物の帽子が見えるかのようなんです。

「ニノがねぇ、フリスビーみたいにこう、ピュッ!て投げたの」で帽子を取る手の動き、帽子を投げる手の動きが絶品。

帽子を投げる時の右手首のスナップがべらぼうにしなやか。

「ほんで俺受け取ってぇ」の手!!

モー、モー、モー、もぉ~、もっすご綺麗!!

ひょいと上がる左手の小指に世にも薄気味悪い笑みを抑える事ができんのです。

「ニノがヒュッてか、被れたの」の“ヒュッ”な動きに店長さま、今宵はテキーラロックでよろしくどうぞ。

「ほんでぇ、いざ出来あがって観たら」後の唇ハムッが爆裂にラブリ~。

「ギリギリ入ってた♪」の話し方と、スウィ~トな笑顔と、笑い声と、画面を模る手の動きと、楽しそうな口ぶりにキューーーーン。

○☆×□◇※・・・・

やられた・・・・

エレベーターの扉が閉まりかけて手でカッと止める、何事も無かったかのうようにそのまま出る、で超絶に男前な所作にペロッとまるっとやられてしもうた・・・・

何気なくアレ。

微笑みながらアレ。

これが惚れ直さずにいられよか!?

かっ、かっ、かっ、かっちょいぃ~!!

「ぉはよございまぁ~す」の声がトロットロ。

ふわわわ~んと歩く後ろ姿から薫り立つ色気が半端じゃござんせんな。

肩甲骨と肩のラインに褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショイ状態でございやす。

『きっと大丈夫』のPV大好き!!

CDがリリースされた当時はこれでもか!てな勢いでリピートし倒した!!

もしかしてもしかするかも。

このブログに登場するビデオ・クリップの感想文の記念すべき第1号は『きっと大丈夫』かも。

初めて買った嵐さんのCDは『WISH』。

これについて何かを書いた記憶はにゃい。

て事は!?

ちょっくら過去に遡ってみる。

ビンゴ!! ( ← ご参照下さい )

◆アオゾラペダル

またやられた・・・・

正式名称が分かりませんが目の前にある機械のツマミを無心にいじる3104にまたやられてしもうた・・・・

「いや~、初めてですね。 お芝居で、PVを撮ったのは。 ええ。 で、アレはねぇ、どこだっけなぁ、横浜の方で撮ってぇ、そんでセットもちゃんとねぇ、部分部分、組んで、撮ったんだよなぁ。 そん時にぃ、跳び箱があるんですよ。 で、急遽、監督がぁ、りょ、両側から走って跳び箱を、に、乗ってくれって言われて。 ほんで相葉ちゃんだったんだ。 相葉ちゃんと僕だったんだけど、で、本番!て言ってやった時に、跳んで、乗っかった瞬間にぃ、ホントにねぇ、キスをしそうになったのを覚えてるんだよね。 でここでギリで止まったの。 んで、アレ、アレしてたらぁ、使われねぇんだろうなとか思ってて。 フフンッ。 でもアレ一発勝負で、ギリギリでホントに収まってるからぁ、だから、観たら分かるけど、アレ一発勝負です。 でホントにお互いびっくり顔してるんですけどね。 うん。 ほんでねぇ、バーベキューやってるシーンもあるけどあれはもう、別、日で撮って、ほんでぇ、大雨の中バーベキューをしたってゆう、のと、うん、で、いちんち目横浜で撮ったんだけども、一時期横浜の方で僕釣りをしてる時があってぇ、ほんでねぇ、たまにあの辺通るとね、あっ、懐かしいなって、思います。 それでは、アオゾラペダル、どうぞ」

「で、アレはねぇ」で世界丸見えになる左手の肘小僧にデヘ~。

跳び箱の話をしている時に手の甲に浮く血管、二の腕と肘から手首にかけてのラインと筋、キュッと締まった手首、MP関節、ほんのり反る親指にトキメキ指数の針が振り切れまくり。

大野君は骨格美人でもあり、関節美人でもあり、筋肉美人でもあり。

と、血管美人でもあり。

ふふふっ。

「りょ、両側から走って跳び箱」で人差指と中指をテケテケ。

“テケテケ”がかばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

ここら辺のゼスチャーが極上。

○☆×□◇※・・・・

またまたまたやられた・・・・

エラ呼吸になる・・・・

手(相葉君)にキスをする2秒前の大野君にいでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

その笑顔、その手、その表情、その声、その眼差し、その頷き、その表現の仕方、その、その、その、え~い、全部!!

今すぐ家を飛び出して、競歩で町内中を駆け抜けたい衝動を抑えるのに一苦労です。

大野智、どうにもこうにも罪作り。

このPVも大好き!!

チュ~しちゃえ♪って思いましたもん。 ( ← ご参照下さい1 ・ ご参照下さい2 )

この時のこのシーンの相葉君と大野君に滅法弱い私。

よしんばキスをしてくれててもD的には無問題っす。

ウッス!!

寧ろ大歓迎。

曲紹介で終わりかと思いきや、その直後にとんだリーサルウエポンが潜んでおりやした。

機械のツマミをスイッと上げてのほほ~んと登場。

ほんのりオカマちっくにレッツ・シンギング。

ノリノリ&ウキウキで「notes おもいきりぃー ふんずーけーたー ぺだるまるでー notes ( ← 私には全部平仮名で聴こえました ) フッフフッフ♪」。

キョエ~イ、だぁ~、とぉ~、フンガーッ!!

かばええにもほどがある!!

デヘデヘ皺がまた増えた!!

憎らしいったりゃありゃしない。

◆Happiness

「いや~、あのプロモーションビデオは、暑かったですねぇ。 う~ん。 すっごい天気良くてぇ、で、クーラーが効かなかったのかなぁ? で扇風機し、ぐらいしかなかってぇ、でもみんな暑いからなんかテンション高かったのは覚えてる。 ほんでぇ~、控え室が、涼しい。 で、控え室で食べた、・・・・・。 キーマカレーかなぁ? か、ものすっごい美味しかったんだよなぁ~。 ほんで撮影なると暑くなって、も、汗を抑えるのが必死でしたね。 ほんでぇ~、シーンによっちゃあ、ちょっとワル、悪乗りちっくになったり、ヒヒッ。 シーンによっちゃぁ、僕だけフレームが、からはず、外されたり、ってゆうね。 ヒジョーに観てて、面白い、プロモーションビデオになりましたね。 うん。 ただ、みて、観てると面白いと思います。 じゃあ、その、プロモーションビデオ、いきますか? では、Happinessです。 どうぞ!」

腕やら手首やらを触りながら、手を摺り合せながら、ほわんほわんと、且つ男前に、ほんでもって時に笑顔で、穏やかに話す3104にありったけのキューーーン。

半袖バンザイ!!

ヘッドフォンがいい!!

めちゃくちゃ似合う!!

DIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )のレコーディング風景を観葉植物の陰から目だけを出してこっそり盗み見したい8月の夜。

ヘッドフォンを頭にセットしてキュインと長さを調節する動きが絶好調超!で色っぺぇ~!!

鼻息も荒くなるってなもんです。

くぅ~♪

「どうぞ!」の指差しだけで大好物の芋焼酎ロックを5杯は飲めそうな勢いです。

かっけぇ~!!

で、で、で、「どうぞ!」の指差しの後に流れてきたのは矢野健太 starring Satoshi Ohnoの『曇りのち、快晴』。

驚いてスタッフさん?の方を見る大野君に求む・養命酒。

救心も一緒に所望致しとう存じます。

ニコニコ笑いながらリズムに乗る大野君にマニアのハートを撃ち抜かれましたぞよ。

notes むっかいかぜーのなっかでーーー なげいてーるーよーりーもー れ~たからだー notes ( ← 私には平仮名で聴こえました )これ、曲違うんですけど! 僕の曲なんですけどこれ」に今宵最後の○×□☆◇※・・・・タイム。

惚れて惚れて惚れまくり。

平仮名でこの歌唱力。

『Happiness』の途中から『曇りのち、快晴』。

なんてスムースなの!!

違和感ゼロ!!

ブラボ~!!

ヘッドフォンを外す ⇒ 髪をモシャモシャ触る ⇒ 「僕の曲なんですけど」で声がほんのり裏返る ⇒ ヘッドフォンを装着するとみせかけてまた外す ⇒ 視線はキョロキョロ

腹踊りですか!?

Samba de Janeiroですか!?

リバーダンスですか!?

全部!!

『“Happiness”で“曇りのち、快晴”な智にマニアック』!!

大野君は一級のエンターテイナー。

咄嗟の反応がすんばらしい。

絶大なるLOVE度がまた上がりました。

| | コメント (38) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

5×10 CLIPS 其の一

これで2軒目です。

何がって!?

地元のCDショップが閉店するのが2軒目なんです。

他にはもう無いの。

後は愛車(自転車)で20分ぐらいの所にしか無いの。

メノ~ン・・・・

そうこうしている内にアイドルグループ嵐の新曲、映画『大奥』の主題歌である『Dear Snow』が10月6日にリリースされるとのこと。

さてさてさて、どうしたものか。

デネルでございます。

本日はまだ一度もコレについて触れていないとさっき気付いた『5×10 ARASHI All the BEST! CLIPS 1999-2009』についての感想文をば。

それぞれの曲の前には5名様、もしくは誰かの解説&紹介映像がツツツツー。

flair DISC1

◆opening- A・RA・SHI

暫しの沈黙の後、松本君にガン見されて突然進行役を務め出す大野君がキュ~ト。

慣れない事をするもんだから皆から「テンションが低い」だの、「もう一回」だのと、ダメ出しを食らう大野智、嵐の最年長。

やり直しは声がほんのり高めでどこか怪しげ。

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

デビュー曲である『A・RA・SHI』。

当時を振り返ってPV撮影にまつわるエトセトラを語る5名様にとてつもなくジ~ン・・・・

◆感謝カンゲキ雨嵐

どこぞの建物の階段に座ってまったりな3104に胸の鼓動は高まるばかり。

ハーフパンツから見える足にキューーーーン。

「うん! いや~、な~んだろうね、赤いズボン穿いてたんだよね。 でね、赤いズボンを昔穿いたことがあって、18歳の時かな。 私服でね、僕 赤いズボン穿いてたの。 イケイケだったんだけどね。 それぶりに穿いたからぁ、懐かしいなってのは覚えてる。 後はねぇ、牧場みたいなとこで撮って、楽屋がど、楽屋が、なんか・・・・ 畳だったのかな? 部分部分しか覚えてねぇんだよなぁ。 ほうん、後はねぇ、朝早くて眠かったとかそんなのばっかだなぁ。 で、タイトルはぁ、あの、あ、言っちゃいけないんだっけ? 感謝カンゲキって? いんだよね? 感謝カンゲキ雨、嵐!っていうのはねぇ、びっくりだよね。 雨、嵐ってやっぱ、社長ってすげぇんだなと思って。 フフンフ♪ そうだ、あれは朝から撮って、んでぇ、一人一人のカットとか、イメージで撮って、おいらはなんか、花、花を眺めて、浸ってる、か、感じを撮ったのを覚えてるな。 うん、で夜、そう、夜んなって、そう、うん、寒かったんだよね、うん、で、一人一人でも撮って、んで終わったのが10時ぐらい。 それは覚えてます。 うん。 で、牧場、で撮ったからなんかね、雰囲気が凄く、いですよ。 それでは、感謝カンゲキ雨嵐、どうぞ!」がいい!!

いつまでも耳に残るは智の声。

なんて耳心地のいい声なんざんしょ。

何かの説明をする時に雄弁になる手にペロッとまるっと惚れ込んでおりやす。

ほんでもって3104独特の句読点にも。

そうそうそう、“~の”で終わる口調にも。

随所に散りばめられている笑顔が無限大にスウィ~ト。

大野君の記憶は独特。

カプセルに入った印象深い思い出がポツ、ポツ、ポツ、と広い空間に散らばっていて、それらに手を伸ばしてそっと蓋を開けるとふわっと放たれる。

当時の情景が広がる。

連想ゲームのようでもあり、点と点を繋げて絵を描いているようでもあり。

◆a Day in Our Life

このトークの収録で久しぶりに合う5名様。

お互いの近況を話す嵐さんがモー、モー、モー、もぉ~♪

髪を切った松本君に「すげえいいよ」な大野君がどうにもこうにも素敵。

「リーダーだけだったな、俺が髪切ったってゆってくれたのね」な松本君がラブリ~。

そんな松本君を見て大野君は「うん」でニコッ。

この曲のPVに対する大野君の記憶は飛び込んだ所が凄く狭く、そこに飛び込まないといけなくて、そればかり気にしていたこと。

リクエストによりそれを再現。

座っていた椅子の上に立ってレッツトライ。

相葉君の「スローに飛び込んでみて」でその通りにやってみせる大野君が凄い!!

違和感が無く動きがちゃんとスロー。

めちゃくちゃ勘がいい!!

でも皆の反応は“・・・・”。

ウケる!!

大野君の腕をギュッと握りながら「やべえ! やらせんじゃなかった、ごめんなさい! すいませんでした!」な相葉君に対してアレ。

静かにアレ。

おっとこ前にアレ。

微笑みながらアレ。

薫り立つ色気が半端じゃなくアレ。

「反省しろよ、お前!」と「反省しなさい」。

やられた・・・・

ガチコーン!とやられてしもうた・・・・

トキメキ指数の針が振り切れたまま元に戻らんのです。

これが惚れ直さずにいられよか!?

超絶にかっけぇ~!!

フンガーッ!!

『諭す智にマニアック』っす!!

ウッス!!

リモコンの“10秒戻し”ボタンを押す手が止まらな~い。

止める気はさらさらな~い。

余談ですが、わたくし、この時  ( ← ご参照下さい )の大野君の相葉君への「も~ぅ、おまえぇぇ~」に絶大なるLOVEなんですの。

求む養命酒ってやつです。

いかん、持病の“話が脱線しまくり病”が出そうなので先に進むとしよう。

なぬ!?

『a Day in Our Life』はピュアで大和撫子(自称&言うのはタダ)な少女時代に大好きだった少年隊の『ABC』を参考にしてるってか!?

あんれまっ!!

◆PIKA☆NCHI

冒頭から見つめ合う松本君と大野君。

ウ、ウ、ウ、ウインク!!

もう一回書いちゃう。

ウ、ウ、ウ、ウインク!!

目にゴミが入ったがために瞬きをした訳ではないですよね!?

松本君に向けてのパチリでしたよね!?

松本君に捧げてましたよね!?

ド密着でキュッ heart04でしたよね!?

このシチュエーションで何故にウインクをする必要が!?

まともに息が出来ない・・・・

エラ呼吸になる・・・・

○☆□×△※◇・・・・

大野智、表へ出ろっ!!

罪作り過ぎるの刑でグラウンド10周!!

水分補給禁止!!

白いランニングシャツ・白い短パン・白いハイソックスに着替えて、愛車に飛び乗って、ウィリー走行で、ゴッドファーザー愛のテーマを小粋に口ずさみながら、コンビニに立ち寄ってウコンの力を一気飲みして、月に向かって「ワオ~ン!」と吠えて、ERの扉を叩きたひ・・・・

看護師さん達のお手間は取らせません。

自力でストレッチャーに乗りますのでどうぞお構いなく。

公衆の面前でウインクて!!

リピートと言う名の蟻地獄に嬉々としてダ~イブ!!

相葉君と二宮君と櫻井君は話を進めているのに松本君と大野君はがっつり見つめ合ったまま。

なんじゃこりゃ!?

公開・愛のラブラブ大作戦!?

大野君なんて松本君にピトッと寄り添ってますし。

チキショ~、だぁ~、とぉ~、デヘデヘの嵐♪

余は満足じゃ。

櫻井君曰く、『PIKA☆NCHI』は何かの略で2つの言葉の融合体だと。

大野君の記憶兼、解釈は“ピカイチ”と“だんちっち”。

間違いない!!

今日からそれでいこう!!

ここですぐに“だんちっち”が出てくるってのがね、どうにもこうにもね、メガトン級にね、かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

ちゃんと覚えている松本君はさっすが~。

“ピカイチ”と“団地破廉恥”なのか。

にゃるほど~。

皆の話をニコニコ笑いながら聞いている3104にほっこり。

大野君の笑顔はマイナスイオンが大放出。

これにはもれなくポソッな呟きや独り言が付いて参りますのじゃ。

くぅ~♪

◆Lucky Man

水の上でバック転なんですよ。

ツルッと足を滑らせなくて本当に良かった。

大野君は「物凄いきったないバック転なったんだよね」と言ってますが本編ではうっとり溜息の嵐でした。

ムフッ heart04

  -------

  -------

DISC2やPVについても語り倒したいので『5×10 CLIPS』なる新しいカテゴリーを設けました。

思い立ったらここにちょびちょび感想文を追加していきます。

| | コメント (48) | トラックバック (0)