« ボンジュール マダム 4 | トップページ | ボンジュール マダム 6 »

2016年12月22日 (木)

ボンジュール マダム 5

お股パカーーーーーン!!

足ピーーーーーン!!

Img_0262

デネルでございます。

本日はベトナム旅行記の続き ( ← ご参照下さい )をば。

『智にマニアック』は登場しませんので、ご興味の無い方は回れ右をして今すぐ出口へとお急ぎ下さい。

朝だよ~!!

晴天ナリ!!

朝食ざま~す!!

レストランの入り口で案内係のレディが「ボンジュール」つって heart04

あんれまっ!!

もっすご豪華!!

メニューが豊富!!

Img_0189

Img_0190

Img_0191

Img_0193

鶏のフォーを作ってもらいました。

Img_0194

お~いすぅい~!!

これまで頂いたビュッフェスタイルの朝食の中でSofitel Legend Metropole HoanoiがダントツでNo.1。

どのお料理も大変美味しゅうございました。

お腹いっぱい!!

ポンコポン!!

長蛇の列に並ぶのを避けるため早い時間から行動開始。

ここがどこかって!?

Img_0196

向かったのはホーチミン廟でございます。

奥の建物にホーチミンさんが眠っておれらるのです。

Img_0197

真夏にご友人を案内したCちゃんは炎天下の中、2時間待ったとか。

ムリ!!

我々が訪れた12月初旬の27度でもイヤ!!

8時半ぐらいには到着していたような!?

ベトナムでは朝からテキパキ動いていた私。

EちゃんとCちゃんから「デネルさんが朝から行動してるなんて信じられん!」と言われましたけれど、YOU達、皆まで申しますな。

自分が一番驚いてるから。

私はやれば出来る子なんだ!!

廟から離れたゲートで手荷物の厳重チェック。

緑色の制服を着た公安の人達が沢山いて、進むにつれてなんだか様子が変わってきました。

全身白い制服を着た衛兵さんがポイントごとに立っていてる。

白か。

カレーうどんとかラーメンの汁を飛ばしたら落としにくいやろな・・・

廟が近づけば近づくほど衛兵さんの身の回りの持ち物がどえらいことに。

腰にピストル!!

入口では左右に分かれ、銃(長いやつ。正式名称分からず)を身体の前で立てて直立不動!!

ホーチミンさんのご遺体がガラスケースに入れられて安置されているんですが、そのガラスケースを囲むように白い制服さんたちが。

周囲にも数人。

中では喋ってはいけない、写真を撮ってはいけない、立ち止まってはいけないそうです。

ゆっくり歩いているだけで白制服さんに肘を掴まれて「さっさと動きなさい!」ってされたんですよねぇ~。

なのでホーチミンさんをじっくり見る事ができませんでした。

Img_0199

Img_0202

ホーチミンさんの家。

↓ ↓

Img_0206

Img_0207

ホーチミン博物館。

↓ ↓

Img_0219

一旦ホテルに戻ってチェックアウトをして、フロントに荷物を預けて旧市街地にレッツらゴ~!!

ここだったかな!?

タクシーの中で何気なくガイドブックをパラパラめくっていて『ベトナム語会話』のページのある例文に目が留まりまして、運転手さんに「トイ ハイ ムォイ ハイ トゥオイ」って言ったんですよ。

二度見されました。

驚愕されました。

ほんでもって全力で否定されました。

うぃ、ジェスチャーで。

「トイ ハイ ムォイ ハイ トゥオイ」、それすなわち、「私は22歳です」。

爆笑!!

Cちゃんが「こっちの人に日本人は若く見られる」って言うから!!

例文が22歳しか載ってないんやもん!!

ドS番長C子さんに「サバ読み過ぎ!」と返されましたとさ。

ちっ、22歳には見えんかったか。

運転手さんに幾つに見えるかCちゃんにベトナム語で聞いてもらったら「30歳」つって。

嵐さんより年下なわけないやん heart04

でもそうゆう事にしておく!!

旧市街はヨーロッパとアジアの融合でした。

西洋のお洒落な建物があって洗練されていて、そのすぐ隣には昔ながらの建物があり、道端で地元の人々が喋ったりテーブルを並べて食事をしていたり、上手い具合に混在しています。

無秩序のようでいてそうでない。

排他的であり、統括的であり。

摩訶不思議な街並み。

それにしてもバイクが多い!!

“四露死苦!”感が半端じゃない!!

ハイフォンもそうでしたがハノイも犬が普通に街をウロウロしています。

攻撃的ではなかったので野良犬ではないような!?

ハイフォンと比べてハノイは飼い主さんとお散歩をしている犬も多かったんですが、首輪無しでルンタッタと犬だけで闊歩している姿も多々見かけました。

こちらのワンちゃんは両親へのお土産にベトナムシルクとカシミヤのストールを買ったお店の仔。

↓ ↓

Img_0233

可愛いのぉ~ heart04

耳と尻尾をクンクンさせて頂きたい♪

このお店には魔物が棲んでいました。

後でもう一度戻って自分のストールも買ってしてしまったぐらい魅力的な商品が沢山。

2回目の訪問でEちゃんもCちゃんもお買い物。

ここオススメっす!!

そしてあてくしは小粋に使いましたよ。

「ニャーベンシン」とね。

うんにゃ、ハノイのお店では英語が通じるのです。

奥のお手洗いの床に食器が!!

マジかーーーー!?

ここで洗うの!?

なんでもありやな!!

ハノイのお店ではアメリカドルも使えるようでして、ドンと合わせて一緒にお支払いなんて事も可能。

なんでもありやな!!アゲイン。

行きの飛行機の機内誌にベトナム発信の奇抜なデザインの洋服の特集記事がありまして、Eちゃんに冗談で「誕生日にこうたげよか? どれがいい? ひゃひゃ」と言っていたお店がにゃんと!!

ガイドブックに載っていた!!

Img_0285

フォーのシルクワンピースて!!

こんなんどこで着るの!!

日本円で30000円弱しますやん!!

水玉のコートが素敵ざます♪

Cちゃん、このお店に行きたい!!

迷路のような道を行きつ戻りつ、散々歩いて、クネクネ歩いてようやく到着。

Cちゃんがいなければ絶対辿り着けていなかったでしょうな。

たのも~!!

Img_0229

Img_0228

こちらのブランドはスペインのデザイナーさんがベトナムのシルクや素材、文化に触発されて立ち上げられたそうな。

へぇ~。

ほぉ~。

ガイドブックのコートを発見!!

それにしても暑い・・・・

エアコンを入れて下さい・・・・

コートを試着するのに汗だくじゃわい。

何着かコートを着てみまして、シックスセンスが告げました。

これ!!

ペロッとまるっと惚れた!!

即買いでございやす。

Img_0250

デザイン違いの水玉コート heart04

水玉はシルク刺繍なんですって。

ストールはワンちゃんのお店で購入したもの。

Img_0267

ぶっとい足で申し訳にゃい。

お目汚しで失礼。

極寒の日でタイツを2枚履きしたら太いのがより一層。

トホホホホッ・・・・

ラインがめちゃくちゃ綺麗なんですよ。

身長が167センチの私で膝ぐらいの丈です。

今まで水玉模様に惹かれた事は一度も無いんですが、ピカッときたんですよねぇ~。

40000万円弱ですので、日本で買うよりうんとお安いはず。

オーダーメイドでも作ってもらえるそうです。

頼みたい!!

ぜひとも~!!

激ウケだったフォーワンピース。

Img_0279

Eちゃんが撮影した写真を借りました。

裏にフォーがグイーーーーーーンと伸びているのです。

斬新!!

Chulaさん、気に入った!!

また訪れたい!!

続く・・・・

|

« ボンジュール マダム 4 | トップページ | ボンジュール マダム 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185337/68903098

この記事へのトラックバック一覧です: ボンジュール マダム 5:

« ボンジュール マダム 4 | トップページ | ボンジュール マダム 6 »