« 湯けむりパラダイス | トップページ | ボンジュール マダム 3 »

2016年12月14日 (水)

ボンジュール マダム 2

会社で『ハリー・ポッターと呪いの子』を借りました。

Img_0261

~8番目の物語 19年後~

パラパラめくってみただけですが、舞台版のシナリオ仕様になっているんですね。

ト書きで物語が進んでいます。

読むのが楽しみ!!

デネルでござします。

本日はベトナム旅行記の続き ( ← ご参照下さい )をば。

『智にマニアック』は登場しませんので、ご興味の無い方は回れ右をして今すぐ出口へとお急ぎ下さい。

Eちゃんへのサプライズパーリーをバラしてしまうという失態を犯した日の夜。

ストレスやプレッシャー、気に病む事があれば眠れないとかってよく言うじゃないですか?

「こら、アレやな。 今晩は寝られへんな。 羊を1万匹数えても寝れへんな」と思いながらお布団に入ったんですが、1分後には爆睡していました。

これでも十分反省しているんです!!

ひゃひゃ。

12月5日 出発の日!!

朝6:30に京都駅でEちゃんと待ち合わせ。

いかん、きょどる。

バレてるかバレてないかEちゃんの顔を見ても分からん。

でも絶対バレてる!!

と、心の中で考えながら、はるかに乗っていざッ、関西国際空港へ!!

VIVA、免税!!

いつも使っている化粧品がお安い heart04

煙草なんて1カートン4200円が2600円ざます!!

10時半に定刻で離陸。

Img_0116

ベトナム航空の客室乗務員の女性は皆さんアオザイを着ておられるんですな。

スタイルがいいのぉ~。

ベトナム語は全く分からないEとD。

せめて「ありがとう」ぐらいは覚えて言うようにしようと決め、先ずは客室乗務員さんに「カムオーン」と言ってみました。

「英語の“come on”に似ているけれど違うんですのよ」と正しい発音を教えて頂きました。

「お上手ざます!」と褒められちゃって。

うちらバッチリやん!!

この自信が後に打ち砕かれる事になろうとはあの日、あの時、機上の我々には知る由もなかった。

お昼から飲む!!

Img_0117

また飲む!!

Img_0119

5時間半ぐらいでハノイ ノイバイ国際空港に到着。

日本との時差はマイナス2時間。

Img_0120

はじめまして、ベトナム!!

暑い!!

ムホッってしてる!!

昨今のスマートホンは賢いですなぁ。

な~んにも設定していないのに勝手にベトナム時間に早変わり。

ついでに天気予報やベトナム情報も出ちゃう。

文明開化の音がする。

ハノイの気温は27度。

ほんでもって“もや”。

スマホの天気予報で“もや”っちゅうのを初めて見ました。

空港へはCちゃんが迎えの車を手配してくれていまして、到着ゲートを出た所でお兄さんが「“Welcome ○○ ( ← 我々の名前 )”と書いた紙を持って待っているから頑張って探すように」と。

「英語は通じないからお兄さんについて行け」と。

紙を発見!!

よろしくど~ぞ~♪

車がめちゃくちゃ豪華!!

「乗り合いちゃうやんな?」とEちゃんと確認したぐらい広々とした車内で快適。

空港から2時間ちょっとでCちゃんの住むハイフォンに。

なんですが、あてくし、お手洗いが近いんですよ。

うぃ、アルコールを飲んだり冷えたりするとより一層。

よせばいいのに飛行機でビールを飲んだし。

普段から少々のお酒では酔いませんがトイレが近くなるってのが難点でして。

道中はサービスエリアなんてものは無く、ただひたすら高速を爆走するのみ。

Cちゃんに「トイレ行きたくなったらどうしたらいいの?」と問うたならば、「野ション」つって。

ワ~オ!!

郷に於いてはなんちゃらってやつでやってやろうじゃないの!!

“ありがとう”の次に私が覚えたベトナム語は“ニャーべンシン”。

ニャーベンシン、それすなわち、トイレ。

Cちゃんに教えてもらいました。

運転手さんに“ニャーベンシン”と言わなくてもいいように、トイレから意識を遠ざけておくために寝る!!

Eちゃん、私は寝ま~す♪

二人しかいないのにEちゃんをぼっちにしてスピスピ眠るジャイアンD。

1時間ほど爆睡しまして、車窓からは映画で見かけるベトナムの田園風景が続き、街が近づくにつれだんだん人が増えてきて、「暴走族か!」な勢いでとてつもない台数のバイクが縦横無尽にブロロロロ~。

ブロロロロロ~。

バイカーの皆さんは老若男女問わず「俺!俺!俺!」ばかり。

バイク上等!!

車も通行人も自転車も無視!!

四露死苦!!

てな感じ。

ノンラーって本当に被るのか!!

昔の話か映画の世界だけだと思っていました。

ホテルマンションに到着し、フロントでEちゃんがチェックインの手続きを。

色紙をこっそり渡せる状況じゃない!!

世界丸見えでムリ!!

我々のお部屋はなんと、Cちゃんちのお隣。

粋な計らいに感謝カンゲキ。

凄く広い!!

Img_0122

ひろ~いリビング、食器付きのキッチン、ベッドルームが2つ、バスルームが2つあって1ヶ月ぐらい住みたい勢いざます。

余談ですがここはハウスキーパーさん達がいらしてCちゃんはお掃除を一切しなくてもいいんですって。

しかもレストランで毎日朝食が用意されている。

んまっ!!

至れり尽くせりやないの!!

浴衣を着たレディがウエルカムドリンクとおしぼりを持って来て下さって、「煙草を吸ってもいいですか?」と聞いたら「すぐに灰皿をお持ちします」つって。

待って!!

灰皿は後で持って来て~!!

色紙がーーーーーー!!

でもま、いっか。

「Eちゃん、ちょっと煙草吸いに外に行ってくるわ」とEちゃんに言うや否や、先ほどのレディが灰皿をお部屋に。

メノ~ン・・・・

色紙が・・・・

もうすぐCちゃんが帰って来るし、早く色紙をフロントに預けないと!!

考えろ、俺!!

一休さんもびっくりのポック、ポック、ポック、のシンキングタイム。

閃いた!!

名案!!

「Eちゃん、ちょっと外で家に電話してくるわ」とEちゃんに言うや否や、「外に行かなくてもいいじゃないですか。 ここでどうぞ~♪」とな!?

外でないと意味が無いの!!

電話はダミーや!!

と、心の声。

慌てて部屋を飛び出す挙動不審者D。

ミッション完了!!

それから少ししてCちゃん帰宅。

夏ぶりの再会でございやす。

会いたかったよー!!

ビッグハグ!!

下町ナイトを満喫しに外出。

バイクが凄い!!

ブロロロロ~。

道には横断歩道の白線らしきものがうっすらと見えているんですが、信号機が全く機能していないという。

バイクと車がビュンビュン行き交う中でどうやって渡れと言うのだ!?

C子先生にピタッとくっついて、「今だ!」の掛け声で渡りました。

延々これが続きます。

通りかかった公園でダンスのレッスン。

早朝と夕方の2回あるそうです。

旅の記念に参加したい!!

夕食はこちらのお店。

地域密着!!

いやっほ~い!!

Img_0131

得体の知れない料理がちらほらと。

Img_0123

Img_0124

Img_0126

食べたいものは指さし。

生の食材は調理方法をリクエストするそうな。

「これ何?」、「あれ何?」とCちゃんに質問するも「知らん」、「知らん」。

全然こっちの生活に馴染んでないやん!!

ウケる!!

しかもCちゃん、パクチーが嫌いなんですよ。

Img_0128

お店の前道に並べられたテーブルに座ってビールでカンパ~イ!!

鳥のフォーがマジでガチで美味しい!!

こんなに美味しいフォーを食べたの初めて!!

豚のお料理も抜群にうみゃい!!

お料理を運んでくれている働き者の少女がとても可愛くてですね、おっちゃんはメロメロ heart04

いかんせん英語が通じんのです。

私はベトナム語がさっぱりですし。

「煙草を吸っていいですか?」が少女は“???”。

「灰皿をお願いします」も“???”。

こうなりゃゼスチャーゲームだ!!

身振り手振りでやっと持って来てくれたのがマッチ。

そうきたか!!

お料理を運んで来てくれる度に「カムオ~ン」と言うんですが、“???”の嵐。

客室乗務員さんに「お上手ざます!」と褒められたのにぃ~。

「イントネーションか? トーンか?」になって“カムオ~ン”の語尾を上げてみたり、下げてみたり、低音バージョン、高音バージョンで試すEとD。

笑い過ぎてお腹痛いわ!!

遂に少女に通じた!!

はにかんだ笑顔が返ってきたよ、ワッショ~イ!!

ローカルエリアではビールを冷やす習慣が無いのでジョッキには氷が入っています。

「カムオ~ン(ありがとう)」と「ニャーベンシン(トイレ)」と「シンチャオ(挨拶)」の次に覚えた単語、「ダー(氷)」。

夕方でも暖かいのと酒飲みなのでガンガン飲むと氷が直ぐに溶けるもので。

ホテルやそこそこ良いレストラン以外ではお皿やお箸を予めティッシュで拭くんですって。

旅行客だけかと思いきや、周囲を見渡したら地元の皆さんも食事の前に拭いていらっしゃいました。

私!?

今回の旅では一度も拭いていません。

何故ならば、いつもCちゃんかEちゃんが拭いてくれたから。

ガハハハハッ。

はい、注目!!

お気づきの方はいらっしゃいますでしょうか!?

Eちゃんのサプライズパーリー大作戦の一環を。

「カンパ~イ!」の後にハッピーバースデーの歌を歌う手筈になっていましたよね!?

アレはどうなったんだい!?

Cちゃんに目配せをしても反応ゼロ。

あれ!?

どうしよ!?

Cちゃんに限って忘れてるなんて事は無いやろうし。

どうしよ!?

タイミングを逃した!!

歌は無しでいっか。

ケセラセラ。

なんとかなるわい。

飲むぞー!!

食べるぞー!!

「諸悪の根源であるお前が言うな!」ですけれども、どうなとなるってなもんです。

自分、単細胞なドB型なもので。

後でCちゃんから聞いたんですが、「Dさん、歌!」と私を見ていたそうなんですがお互い分かっていながら上手く噛み合わなかったみたい。

2次会の前にコーヒーを飲む事に。

はい、注目!!

お気づきの方はいらっしゃいますでしょうか!?

「会計はどうしたんだい?」って!?

私もEちゃんもベトナムの通貨ドンにまだ換金していません。

持っているのはアメリカドルと日本円のみ。

Cちゃんが立て替えてくれました♪

ハイフォンにスタバはゼロ店舗。 

ホテルマンションの1階にベトナムのコーヒーチェーン店『Highlands Coffee』が入っています。

そこでコーヒータイム。

戻る道すがら、「コーヒー飲みたいってゆったけどさぁ、なんかチョコレートパフェが食べたくなったわ。 Cちゃん、コーヒーショップにチョコパある?」 ⇒ 「無い」。

ちぇっ。

Cちゃん御用達の道端の塩焼き栗屋さん。↓

Img_0132

これ、とっても美味しかったです。

ホテルマンションのイルミネーション。

Img_0133_2

コーヒーショップにて。

ここでも支払いは大蔵省C子さん。

ショーケースに美味しそうなガトーショコラがあるやんかいさ♪

「Cちゃん、ガトーショコラ食べていい?」 ⇒ (小声で)「Eちゃんのバースデーケーキがあるのに食べんの?」

そうでした、そうでした。

うっかり八兵衛にもほどがあるわい。

忘れていたわけではないんです。

だけどもだっけど、ガトーショコラが食べたくなったんですよねぇ~。

本当はチョコレートパフェが食べたかったけれど。

もうちょっとでCちゃんに説教部屋に呼ばれるところでした。

それにしてもCちゃんてしっかりしてるわ~。

私より3歳下なんですよ。

実はEちゃんとCちゃんはタメ。

おつむと心は小学生のままで能天気な自称&言うのはタダってやつでクールビューティーD嬢。

いつもお世話になりますです。

コーヒーをテイクアウトにしてお部屋に戻りましょう。

Cちゃんはさり気なく自室に。

と見せかけて、ホテルの11階にある日本食のレストランにレッツらゴ~!!

私はEちゃんを30分監禁するぞ!!

「Cちゃん何してるんでしょうね?」なEちゃんをのらりくらりとかわし、Cちゃんからの連絡を待つこと暫し。

突然Messengerが!!

「段取り悪いわー! 今レストランで激キレ中」とC子。

大爆笑!!

叱咤しながら店員さんに采配を振るうCちゃんの姿が脳裏に浮かぶわい。

サプライズパーリーにCちゃんのご主人も参加下さるそうです。

諸々の問題が解決した模様。

Cちゃんから「レストランにカモン!」の号令が!!

D: 直接行くみたいやな。

E: マジっすか? じゃあCちゃんへのお土産持って行きます?

D: う~ん、それは止めておいた方がいいんじゃないかな。 後で渡そうさ。

何故ならば、2次会ではなく、YOUの誕生日会だから。

バレてるけど!!

ペロッとまるっとバレてるけどな!!

遂にこの瞬間がやって参りました。

続く・・・・

|

« 湯けむりパラダイス | トップページ | ボンジュール マダム 3 »

コメント

◆ぴょんちさん◆

私にしては凄く上出来だったんですよ。
途中までは。
一瞬の気の緩みから3人で共有しているMessengerにポロッと。
気付いた時にはアフターフェスティバルでした。
やっても~た~!!
フンガーッ!!

旅日記にお付き合い下さって有難うございます♪

投稿: デネル→ぴょんちさん | 2016年12月16日 (金) 11:49

こんにちは(*^^*)
デネルさん、やらかしてしまったのですね~(o^艸^)
失礼ながら、ただじゃ終わらないとは思っていましたけど、デネルさん期待を裏切らない(≧▽≦)!!笑
でも、本当に楽しそうです!!♪︎♪︎
Eさんの反応が気になっちゃってf^^*)
続きも楽しみにしてます☆☆

投稿: ぴょんち | 2016年12月15日 (木) 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185337/68812337

この記事へのトラックバック一覧です: ボンジュール マダム 2:

« 湯けむりパラダイス | トップページ | ボンジュール マダム 3 »