« 第65回 紅白歌合戦 3 | トップページ | 大の間 前編 »

2015年1月 8日 (木)

嵐旅館

ピンクの肉球を持つちょっぴりおバカな愛猫と、とっても賢いピーチ。

Img_1637

Img_1635

デネルでございます。

本日は1月1日に放送されたアイドルグループ嵐が出演する『嵐にしやがれ元旦スペシャル』の感想文をば。

~嵐にしやがれ! 元旦だけ泊まれる秘密のお宿 嵐旅館 開店スペシャル~

嵐旅館、なんて素敵な響き。

そこにはきっと桃源郷があるはず。

是非とも宿泊させて頂きたい!!

若女将って某auのCMの“おとくちゃん”ですよね?

こんな顔だったような??

◆松の間◆

『極上、いや、過剰なサービスの間』

お肉!!

お肉大好き!!

愛之助さんとの餅つきに拍手喝采ブラボ~の嵐。

素晴らしいもてなしの心。

愛之助さん: 松潤て、優しいね。

愛一郎さん: 顔が綺麗すぎますね heart04

なんやなんや!?

やはり愛一郎さんはグレーゾーンを超えている!?

◆相の間◆

『心のマッサージをするヨイショの間』

×☆△○$◇・・・・

いかん、まともに息ができなひ・・・・

エラ呼吸になる・・・・

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

なんじゃこりゃ~!!

『雅紀の壁ドンにマニアック』!!

興奮のあまり鼻血が出そうだったので首の後ろを手でトントン。

もちのろんで上を向きながら。

マジでガチでかっけぇ~!!

テレビの前でハンカチーフをギリギリ噛みながらもんどり打つ!!

膨らんだ鼻の穴が元に戻らない!!

ペロッとまるっとやられましたぞよ。

心の臓がえらいこっちゃです。

目が ⇒ heart04heart04heart04

いつでもどこでもTPOを無視してMr.罪作り ( ← 勝手に命名しております )に絶大なるLOVEな私でこれ。

世の相葉君ファンの皆様のトキメキ指数はいかほどばかり!?

脳内シュミレーションは暴走特急並みに違いない。

相葉雅紀、恐ろしい子!!

フンガーッ!!

相葉君の壁ドンのリピートが止まらんのです。

うぃ、世にも薄気味悪い笑みを浮かべたまま。

「社長になったら変わるんじゃないの?」を受けて、スタジオで「そうじゃねぇわ!」と速攻で突っ込む二宮君に大爆笑。

間違いない!!

でも壁ドンは爆裂に格好良い!!

でもでもウケる!!

わたくし、“壁ドン”なるものを初めてウキウキウォッチングしました。

相葉君だってのがより一層、かなりの破壊力でおました。

お布団に包まって照れる姿がモー、モー、モー、もぉ~♪

もしもこれを大野君がドラマとか映画とか舞台とかでやるとする・・・・

暫し妄想タイム・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

実現した日にゃ~、オエッ・・・・

漫画のように泡を吹いて卒倒する!!

真冬の寒空の下、白いランニングシャツ・白い短パン・白いハイソックス姿で怪しさ満載で近所を徘徊するに竹下景子で3000点!!

ど~しよ~!!

もののけの世界から戻って来れない!!

ムフ~ン heart04

ムフ~ン heart04

ムフ~ン heart04

嗚呼、ムフ~ン heart04

◆二の間◆

『トークで癒すお部屋』

安藤さんとのトークで寛ぎ方半端じゃない二宮君に笑い皺がツツツツツー。

露天風呂で篠原さんにお湯をかけてあげる二宮君が可愛かったです。

◆櫻の間◆

『テキトーなお客様は全員 櫻の間に通す』

イダダダダッ・・・・

セーラーマーズて!!

ガタイが良いから余計に面白い!!

若女将に咎められるセーラーマーズに今宵何度目かの爆笑タイム。

櫻井さん、もうこれ以上は・・・・

笑い過ぎて苦しいわ!!

よっ、じゅんずぅい~!!

以前から高田さんを師と仰いでおりやす。

師匠、勉強になりますです。

のぼせるまで全力でアホになれる精神、お見事でございます!!

◆休憩中の従業員Nくんと従業員Sくんとの会話◆

BGMがセーラームーンの琴バージョンてのがツボです。

「団体ハズレよ」にまた笑い皺。

大の間については日を改めてたっぷりと。

壁ドンか~。

壁ドンねぇ~。

ムフ~ン heart04

余韻から抜け出せにゃい・・・・

|

« 第65回 紅白歌合戦 3 | トップページ | 大の間 前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185337/58509691

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐旅館:

« 第65回 紅白歌合戦 3 | トップページ | 大の間 前編 »