« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月18日 (火)

Popcorn in 福岡 7

ミスチルのアリーナツアー『(an imitation) blood orange』のファンクラブ枠先行予約、破れたり。

グッバイ、大阪城ホール。

ま、いっか。

船乗り時代の同期生キクラゲもミスチルのファンクラブに入っているんですが名古屋が外れたと言ってました。

デネルでございます。

本日は12月7日に福岡Yahoo!Japanドームで開催されたアイドルグループ嵐のコンサート、『ARASHI LIVE TOUR Popcorn』の感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

感想文を書き終えるまで臨時営業とさせて頂きます。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

こと大野君に関しては針の穴ほどの狭い視覚&聴覚になる持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内レコーダーに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

サクサクっとシンプルに参ります。

多分・・・・

 -------

 -------

◆ワイルド アット ハート◆

踊る!!

『Popcorn』ツアーでは初めての試みが幾つかありまして、その内の一つはここで登場しました。

客席に向かって銀テープがドーーーーーン!と飛び散るんですが、いつもはメインステージからなのに今回はバックステージ側からドーーーーン!

絶景かな絶景かな。

5名様はムービングステージに乗ってそのままメインステージに。

大野君と松本君は相変わらず『ド密着 de 夜露死苦!』 ( ← 勝手に命名しております )で歌っておりやした。

最後は5人でキメッ!!

格好いい!!

でも可愛い!!

酔いしれて、ハーフ&ハーフの妙。

?: どうもありがとーーーー!!

?: ありがとー福岡!

5名様は繋いだ手を高く上げてバイバイ。

大野君のピンクのイヤーモニターにキュン。

軽やかに踊りながら去って行く大野君にデヘデヘ皺が何本も。

手と腰つきが爆裂にセクスィ~でした。

はて!?

一人ずつの挨拶は無し!?

場内は嵐コール。

◆アンコール1 CARNIVAL NIGHT part2◆

左右の外周を大きなフロートに乗ってそれ、レッツカーニバル。

1台には大野君と相葉君が。

もう1台には櫻井君と二宮君と松本君が。

踊る!!

大好き!!

がっつり踊る!!

大: まだいくかいーーーーーーー!

客席: イエーーーイ!

大: もいっ○○○○○○かいーーーー!(メモ書きの文字が解読不能)

客席: イエーーーイ!

大: それでは皆さん、お手を拝借。 よぉーーーーーーおっ!

なんて伸びやかな声なんざんしょ。

耳に残るは智の声。

◆エナジーソング ~絶好調超!!!~◆

歌詞を変えて「また帰ってくるから ふ~くおかに! イエイ!」。

◆マイガール◆

ええ歌や・・・・

聴く度にジ~ンとくる・・・・

フロートから降りてメインステージに。

櫻井君・二宮君・相葉君・大野君・松本君の順で横一列並び。

相葉君と大野君の歌のパートが好き heart04

5名様: ありがとーーーーーーー!!

あれれ!?

もう終わり!?

メインステージのスクリーンに映る大野君がどうにもこうにも別嬪さん。

ジュニアの皆さんの紹介と「ありがとう!」。

ジュニアの皆さんと握手をする大野君がたまらなく素敵。

バンドの皆さんの紹介と「ありがとう!」。

会場の皆さんに「ありがとう!」。

櫻井君・二宮君・相葉君・大野君・松本君の順で横一列に並んで手を繋ぐ。

松本君: 俺らの名前はなんだーーーーー?

客席: あらしーーーーーーーー!!

?: バイバーーーーイ!

?: 楽しかったぜーーーーい!

?: バイバーーーーイ!

場内は嵐コール。

よっ、再び登場!!

ここでご挨拶。

あんれまっ!!

珍しい。

アンコールで挨拶なんて。

すみません、我が字ながらメモ帳の文字が象形文字と化してしまって中途半端にしか解読出来ないのでスキップします。

大野君のは「ピースしたらピースしてくれるし、手振ったら振ってくれるし、嬉しい♪」しか読み取れず。

“イヤモニプラ~ンが可愛い♪”の字はくっきりはっきり読めるのに。

私ってばどんだけ・・・・

大変失礼をば。

そうだ!

一言申し上げたい。

5人が一生懸命心を込めて話しているのに外野の声が非常にうるさかったです。

それぞれの名前を叫んでどうするっていうのだ!?

何がしたいの!?

集中できん!!

これまで行ったコンサートの中で今回が一番酷かったような気がしました。

『アラフェス』では全然無かったのに残念だわい。

まことにもって遺憾。

松: じゃあ、また逢おう!

客席: えーーーーーー!

松: まだやる?

客席: やるーーーーー!

松: まだやるか?

客席: やるーーーーー!

松: ホントに?

客席: ホントにーーーーー!

この後の松本君とファンの皆さんのやり取り数行が解読不能。

松: もうちょっとだけいいっか。

客席: イエーーーーーーイ!

松: 冬らしい歌を選びました。 皆で歌って下さい。

◆WISH◆

踊る!!

大好き!!

目の前の花道を松本君が!!

最後の「き~みをあいっし~ つづける~」ですぐそこ!!

やってやりましたよ、あたしゃ。

『WISH』の振り付け通り「き~みを」で松本君を右手で指さす!、「あいっし~ つづける~」で胸の前で手をクルクル回す!、その手を上げる!!

ウヒョ~~~~~ heart04

◆Happiness◆

踊る!!

大好き!!

ウォーーーーーー!!

向こう側から大野君が我々のいる花道に向かって来た!!

ええ、あの時のように ( ← ご参照下さい )。

大野くーーーーーーーん!!

どんどん近づいて来る!!

大野くーーーーーーーん!!

一歩ずつ近づいて来る!!

大野くーーーーーーーん!!

頼む!!

そのままこっちに来てちょーだい!!

プリ~ズ!!

はぁ~、男前 heart04

大野君てば腹立たしいまでに端正な顔立ちですよねぇ~。

美しいって罪。

呆けている場合じゃないぞ、私!!

3104に集中するんだ、自分!!

怨念?執念?底無しの願望?、え~い、全部!が叶って大野君がすぐそこ!の花道で『Happiness』を歌っている!!

その瞬間はやってきました。

mさんと、mさんのご友人と、ナメタケと、私の4人でうちわを大野君に向かってドドンッ!!

三日三晩不眠不休で夜なべして作ったコレ。

『風の向こうへ』で桃源郷を体験したうちわの反対側。

 ↓ ↓ ↓

P1000208

☆○$□※◇・・・・

☆○$□※◇・・・・

☆○$□※◇・・・・

ど、ど、ど、ど~しよ~!!

妖怪人間になる!!

ピースの連打がキターーーーーッ!!

褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショ~イ!!

我々のうちわを見ながら甘い笑顔でピース!ピース!ピース!ピース!の嵐!!

ピースの合間に優しい笑顔!!

キョエ~イ!!

ちびる!!

脇の下に汗!!

毛穴がボンッ!!

4人で飛び跳ねながら絶叫。

「ピース キターーーーッ!」つって。

オエッ!!

オエーーーーッ!!

吐く!!

店長、養命酒!!

超絶に嬉しい!!

☆○$□※◇・・・・

☆○$□※◇・・・・

☆○$□※◇・・・・

オヨヨヨヨ・・・・

感動の針が振り切れて咽び泣く・・・・

もののけD、嬉しさのあまり挙動不審になりまくり。

ガンダーラって本当にあるんですね。

お釈迦様の手の中だとばかり。

あれ!?

インドでしたっけ!?

ま、いっか、アゲイン。

目の前に広がる眩いばかりのユートピアに嗚呼、うっとり。

舞い上がり過ぎてただならぬテンションになる自称&言うのはタダな大和撫子D。

魂がまたいずこかに。

あの時のように三途の川がチラリズム。

我々のうちわを見る ⇒ すっと右手の人差指で指す ⇒ 鍵を開けるジェスチャーをする ⇒ ニコッ ⇒ ニコッingで去る夢のような至福のひと時だけでも十分、うんにゃ、十二分に幸せなのに、今度は笑顔・ピース!・笑顔・ピース!・笑顔・ピース!・笑顔・ピース!までとは。

罰が当たりそうで怖い・・・・

神様、仏様、大野君、ありがと~ございます!!

感謝カンゲで胸いっぱいっす!!

悲しいぐらいに貧乳だけど無問題!!

ウッス!!

チョーーーーーー嬉しい!!

『智の笑顔とピースの咲き乱れにマニアック』でごわす!!

またです。

トロットロに蕩けそうな笑顔が忘れられんのです。

スウィ~ト過ぎるでしょうよ、大野智。

その笑顔、プライスレス。

底無しの破壊力。

ペロッとまるっと惚れ直した!!

嵐さんはセンターステージに。

?: バイバーイ!

?: またね~!

?: また逢おうねー!

?: バイバーイ!

?: バイバーイ!

こうして私の『Popcorn』は終わりました。

夢心地のまま今もどこぞの世界をフワ~ン。

彷徨い続けてフワワワ~ン。

暫く抜け出したくないので留まっておきます。

めちゃくちゃ楽しかった!!

福岡、お世話になりました!!

あちらでお目にかかった皆さん、有難うございました!

mさん、本当に有難うございました!

櫻井君ファンのご友人にも宜しくお伝え下さい♪

キモキモ満載で「相変わらず長いわ!」な感想文に最後までお付き合い下さった皆さん、スパシ~バ!!

またここでお逢い出来る日を楽しみにしております。

ア~デュ~♪

ア~デュ~♪

少し早いかな!?

メリークリスマス!!

良いお年を!!

皆様にとって笑いの絶えないワンダフルな2013年になりますように。

て、こんな事を書いておきながら年内にまた登場したりして。

ア~デュ~♪

ア~デュ~♪

櫻井君、相葉君、二宮君、松本君、ダンケシェ~ン!!

大野君、大好きだーーーーっ!!

恋心はノンストップ。

いつでもどこでもTPOを無視して絶大なるLOVE。

  --------

  --------

再度掲載。

12月16日に震災プロジェクト専用の別館を更新しております。

プロジェクトにご協力、ご賛同下さっている皆様、お時間のある時で結構ですのでご確認を宜しくお願い致します。

| | コメント (56) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

Popcorn in 福岡 6

ある日の会話。

私: よくさぁ、「友達に無理矢理連れて行かれたコンサートで歌い踊る大野君に

   一瞬で心を奪われて今に至ってるんです」ってさぁ、メールを頂戴するのよね。

友達: ふんふん。

私: これまでホンマに沢山そんなメールを頂いてきたの。

友達: ふんふん。

私: おかしい・・・ ある人がこの前嵐のコンサートに初めて行ってきはってん。

   友達の付き添いってやつね。 その人自身は全然嵐ファンじゃないの。

友達: ふんふん。

私: 後日「大野君もっすご素晴らしかったやろ!」とか、「魅せられたやろ!」とか

   ゆってもリアクションうすっ!な人なのだよ。 おかしくない?

友達: ふんふん。

私: てっきりその人もメールの皆さんと同じように「大野君に惚れても~た~!」に

   なるとばかり。 その人って◇◇市にご在住の美容師さんなんやけどな。

友達: ふんふん、て、それあたしやん!!

マイタケちゃん、ようやく気づいたか!!

デネルでございます。

本日は12月7日に福岡Yahoo!Japanドームで開催されたアイドルグループ嵐のコンサート、『ARASHI LIVE TOUR Popcorn』の感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

感想文を書き終えるまで臨時営業とさせて頂きます。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

こと大野君に関しては針の穴ほどの狭い視覚&聴覚になる持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内レコーダーに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

サクサクっとシンプルに参ります。

多分・・・・

 -------

 -------

メインステージにて。

水のスクリーンが登場。

そうだ!!

わたくし、水のスクリーンてば本当の水を使用していると勝手に思い込んでいたんです。

昨日母が「テレビで嵐のコンサート映ってたよ♪ 水の演出凄いな~。 あれってホンマの水と違うらしいやん。 映像とかどうとからしい。 大野君映ってたで heart04」と。

りありぃ~!?

マジで!?

ほんまもんの水ちゃうの!?

水やと思ってた!!

思い込みって怖い。

話をコンサートに戻します。

大野君がメインステージ右端に現れて水を優雅に操ります。

目に眩しいラメラメパープルのロングコート、ラメラメシルバーのパンツ、赤い手袋に身を包んだ3104がもーーーーー♪

爆裂に男前!!

薫り立つ色香が半端じゃござんせんな。

しなやかに舞う3104に胸の鼓動は高まるばかり。

大野君が去った後は櫻井君 ⇒ 櫻井君 ⇒ 松本君 ⇒ 相葉君 ⇒ 二宮君の順で登場してダンス。

水と共に全員でドドンッ!!

◆リフレイン◆

あんれまっ!!

オリジナルのダンスと違う!!

もしかしてこれも大野君の振り付け!?

真っ赤な傘を差して『リフレイン』だなんて凄くドラマティック。

雨(水のスクリーン)、真っ赤な傘、ラメラメパープルのロングコート・ラメラメシルバーのパンツ・赤い手袋の演出に酔いしれまくり。

嗚呼、うっとり。

大野君の姿が麗しいのなんのって。

赤い傘がすこぶる良くお似合い。

「雨に打たれたままで」の歌声だけで大好物の芋焼酎ロックを5杯は飲めそうです。

大野君の歌声は媚薬。

五臓六腑に沁み渡る。

『リフレイン』は元々大好きだったんですが今回のでより一層ペロッとまるっと好き好き指数がアップしました。

古き良き往年のハリウッドのミュージカルナンバーを観ているような感じなんですよ。

『リフレイン』が織りなす世界がまるで映画のワンシーンみたいでグッと引き込まれました。

アメリカのドラマ『glee』で映画『雨に唄えば』のSingin’ in the Rainとリアーナ嬢のUmbrellaをミックス(マッシュアップと言うそうな)させたパフォーマンスが2ndシーズンの中でトップ3に入るほどいたく感銘を受けまして、このシーンを飽きずに何度も何度も繰り返し観賞したもんです。

『リフレイン』と同じように雨と傘とロングコート(レインコートかな?)が効果的に使われていたんですよねぇ。

権利の問題でしょうか、サウンドトラックに収録されていないのが残念で残念で。

あんなに素敵なのにぃ~。

『Singin’ in the Rain/Umbrella』も『リフレイン』も素晴らしい!!

拍手喝采ブラボーの嵐!!

かくして私の中でPopcorn版の『リフレイン』はオリジナルを超えた珠玉のナンバーになったのです。

それにしても大野君てばなんて美しいんでしょ。

絵になるわい。

よっ、『リフレインの智にマニアック』!!

歌いながらヘッドセットに手をあてる3104に滅法弱いワタス。

ムフ~ン heart04

◆ダンス◆

雨が降り、雷が轟きます。

水に映る嵐さんの陰とリアルな5名様の共演。

上手い!!

リアルな5名様はアクセントダンス。

か、か、か、かっちょい~!!

一糸乱れぬダンスにトキメキ指数の針がグイーーーーンと上昇。

大野君、言わせろ。

罪作りにもほどがある!!

エトワール3104 ( ← 勝手に命名しております )のアクセントダンスに余程興奮していたんでしょうな、メモ書きの文字が3行ばかし解読不能でございやす。

象形文字と化してました。

◆Face Down◆

特効がドドンッ!!

イントロが耳に飛び込んで来た瞬間鳥肌がゾゾゾゾッ。

キターーーーーーッ!!

オヨヨヨヨ・・・・

正面から『Face Down』を見れた・・・・

猛烈に嬉しい・・・・

メインステージ ⇒ ムービングステージ ⇒ センターステージ

センターステージを囲むように幾筋もの炎の柱がボン!ボン!ボン!ボン!

あつっ!!

熱風が私の席まで。

大野君、うざくてごめんにょ。

これでもか!てな勢いでに超絶に格好いい!!

カウント不能で惚れ直す!!

メノ~ン、櫻井君のラップ前とラップ後の極上のダンス近辺でセンターステージが高く上に行ってしもうた・・・・

すぐそこ!の至近距離なのにダンスが見辛い・・・・

大野君のチラリズムな膝やら足首やら靴底をガン見。

絶景かな絶景かな。

ふふふっ。

ようやくステージが下がってきました。

この曲ではダンスが激しいのでムービングステージが激しく揺れるんです。

くぅ~♪

☆○×□◇$・・・・

いかん、「鍵をかけたら」の大野君の右手が・・・・

『風の向こうへ』でのめくるめく至福のひと時であった“我々のうちわを見る ⇒ すっと右手の人差指で指す ⇒ 鍵を開けるジェスチャーをする ⇒ ニコッ ⇒ ニコッingで去る”での鍵をかけるジェスチャーが脳裏にフワ~ン。

アレと同じ手の動きに世にも薄気味悪い笑みがツツツツツー。

もののけタイム発動中。

暫し妖怪人間。

まだまだ崩壊。

ありったけのデヘ~。

炎が暑い!!

『Face Down』、ありがと~!!

◆Oh Yeah!◆

踊る!!

大好き!!

ジャケットを脱ぎ、ヘッドセットを外し、ハンドマイクに持ち替える3104に絶大なるLOVE。

汚いメモ帳には“サ(櫻井君)、ムービング、クスリ”の文字が。

はて!?

ここだったかな!?

櫻井君が我々のうちわをじっと見ていたのは!?

◆Love so sweet◆

踊る!!

大好き!!

二宮君が目の前の花道に!!

にのーーーーーー!!

大野君が目の前の花道に!!

大野くーーーーーん!!

櫻井君が目の前の花道に!!

櫻井くーーーーーん!!

◆Your Eyes◆

いい歌ですよねぇ~。

最初聴いた時はあまり心に残らなかったんですが聴き込むほどにこの歌の良さが増殖します。

静かで壮大な楽曲。

大野君はセンターステージに近い高いタワーに乗って上に上に。

見上げる3104がどうにもこうにも別嬪さん。

◆Waiting for you◆

大野君のソロに胸の鼓動は高まるばかり。

DIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )のソロ後ぐらいでタワーは下に。

一人乗りトロッコ ⇒ バックステージ

バックステージで5人揃いのダンス。

爪先まで表情豊かな踊りに店長さま、今宵はテキーラロックでよろしくどうぞ。

最後のどこまでも伸びやかでセクスィ~で艶のある「ウォ~ウ ウォ~ウ ウォーーーーーーwoーーーー」なフェイクにいでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

たまらん!!

大野智、どうしてくれよう・・・・

『Popcorn in 福岡 7』に続く。

  --------

  --------

12月16日に震災プロジェクト専用の別館を更新しております。

プロジェクトにご協力、ご賛同下さっている皆様、お時間のある時で結構ですのでご確認を宜しくお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

Popcorn in 福岡 5

会社に鉢植えのお花が届きました。

P10002281

シクラメンっちゅうんですか!?

葉っぱに付いているタグで知りました。

この鉢植えを下さった業者さんは以前、アレを下さった所と同じ。

アレ、それすなわち・・・・ ( ← ご参照・・・ )。

とその前に、ジャンプするページには衝撃的な写真が載っていますので、心臓の弱い方はポチッとする手を止められた方がよろしいかと。

( ご参照下さい )

私はグリーンフィンガーにはなれない。

あの時の悪夢が再び。

デネルでございます。

本日は12月7日に福岡Yahoo!Japanドームで開催されたアイドルグループ嵐のコンサート、『ARASHI LIVE TOUR Popcorn』の感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

感想文を書き終えるまで臨時営業とさせて頂きます。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

こと大野君に関しては針の穴ほどの狭い視覚&聴覚になる持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内レコーダーに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

サクサクっとシンプルに参ります。

多分・・・・

◆メインステージにてアニメーションタイム◆

わたくし、このアニメーションがどうにもこうにもツボに入ってしまいました。

気に入った!!

ブラボ~!!

お腹を抱えて笑っていたの私だけなのかな!?

5分ぐらいか、もう少し短かったか。

めちゃくちゃ面白かったんです。

しかも次に披露される曲に繋がっている。

映画館で本編が始まる前に「携帯の電源は切ってね」とか「前の椅子を蹴らないでね」とか「マナーを守ってね」とかたまにアニメーション仕立てで流れるじゃないですか!?

「これを流して欲しい!」と真剣に思いました。

「台詞を変えればOKだ!」と。

いかん、開始早々持病の“話が脱線しまくり病”が。

先に進みます。

アニメになった嵐さん、うんにゃ、粒粒コーンになった5名様。

ええ、5人ともサイズがミニ・ミーです。

ミニ・ミーをご存知ない!?

『オースティンパワーズ』は!?

いかん、いかん、話をコンサートに戻さねば。

何やら公園ちっくな所で深刻な粒粒コーン達。

悲しそうにシクシク泣いているのはコーンな大野君。

あんれまっ!!

一体どうしたの!?

近くにいるコーンな松本君が慰めるために何事かをコーンな大野君に話しかけるんですが、「うるさいっ!」とまさかのドS返し。

ウケる!!

「うるさいっ!」の言い方がどことなく怪物太郎さんを彷彿させまして、スクリーンを観ながら「可愛いわ~ heart04」を連呼するもののけD。

コーンな大野君はシクシクing。

コーンな松本君?櫻井君?二宮君?が優しく慰めるも再び「うるさいっ!」つって。

やっぱりウケる!!

ジャイアンにもほどがある!!

コーンな大野智、どうしてくれよう・・・・

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

『“うるさいっ!”なコーンな智にマニアック』!!

あ~お腹いたひ・・・・

コーンな松本君が気晴らしに「パパの買った気球で旅に出ようよ♪」と提案。

それでも悲しくて悲しくてしょうがないコーンな大野君はシクシク泣きっぱなし。

どうやらコーンのままではいけないみたいです。

「大きくならないとイケないんだ!」と駄々をこねるコーンな大野君をうぉりゃ!と背負い投げしてやりたい!!

どんだけ可愛いの!!

大野智、実際は32歳。

ムフ~ン heart04

泣き方とか喋り方が絶品な~のです。

そこに大野智はどこにもいない。

コーンな少年。

くぅ~♪

コーンな二宮君がいくら宥めてもダメ。

コーンな松本君が「パパの買った気球で旅に出ようよ♪」と何度誘ってもやっぱりダメ。

そんな事じゃあ、奴の悲しみも悩みも晴れない。

何故ならば、コーンのままだと「ポプ子ちゃんと付き合えない!」だから。

モー、モー、モー、もぉ~!!

ポプ子ちゃんて!!

ラブリ~過ぎるでしょうよ、コーンな3104。

コーンな相葉君!?

ちゃんといますよ♪

ええ、4粒のコーン達のやり取りを無視して我が道を行く。

片手にコーンポタージュの缶を持ってニヤニヤしてました。

コーンな櫻井君が「コーンのくせにコーンポタージュって・・・」と呆れるも聞いちゃいない。

チキショ~、可愛い♪

アドバイスをくれる二宮君に対して逆ギレな太郎ちゃん、間違えた!!

逆ギレなコーンなあいつ。

遂におしくらまんじゅう風な喧嘩に。

体と体がポンッ!とぶつかった瞬間、二人はポップコーンに!!

大野君、良かったにょ~!!

これでようやくポプ子ちゃんと付き合えるにょ~♪

バンザ~イ!!

松本君も櫻井君も何かの拍子に無事ポップコーンになれました。

残るは・・・・

そう、コーンな相葉君。

彼が突然言い出します。

「嵐のラップやりたい!」と。

えーーーーー!?

いきなりどーしたんだ!?

4人の頭上に“???”マークが見えたような見えなかったような。

「そんなりやりたいなら」って事で、コーンな相葉君は嵐のラップデビューを果たします。

ウキウキワクワクなコーンな相葉君。

いざッ!!

「弾けりゃ!」でジャンプしたらポンッ!!

ポップコーンになったーーーーー!!

最高!!

笑い皺がまた増えた!!

“嵐のラップ”って「弾けりゃ!」だったのか。

『A・RA・SHI』ね。

にゃるほど~。

弾けたらポップコーンになったという見事なオチに大大大大爆笑!!

上手い!!

座布団9枚!!

そんなこんなで全員がポップコーンになって、松本君のパパが買った気球に皆で乗り込むのです。

気球が空に飛び立って・・・・

◆旅は続くよ◆

バックステージから巨大な気球が!!

凄い!!

一人一気球仕様!!

アンビリ~バ棒!!

被り物してますし!!

アルバムのジャケット写真と同じですやん!!

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

ジャケットではお揃いの赤と白の縦縞ベスト&パンツですがコンサートではそれぞれのメンバーカラーのストライプ衣装でした。

二宮君 ⇒ 相葉君 ⇒ 松本君 ⇒ 櫻井君 ⇒ 大野君の順で気球は登場。

メンバーカラーの風船が気球の胴体部分に。

気球のデコレーションは様々。

『旅は続くよ』、いい!!

この歌にまつわる全てのハーモニーがとてつもなくキュ~ト!!

◆ナイスな心意気◆

気球は高く高くたか~く上昇。

上にいらっしゃる皆さんのすぐそこ!の距離。

嵐さんは優しい。

ポップコーンな彼らは球体のボール?をポンポン投げてました。

DIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )の魅惑のソロ、「インチキしても ~」の“キ”が醸し出す色香に胸の鼓動は高まるばかり。

なんてセクスィ~なんざんしょ。

嗚呼、うっとり。

でも格好はポップコーン。

酔いしれて、ハーフ&ハーフの妙。

2回目のソロで歌いながらボールをポイッと投げる大野君にありったけのキューーーーン。

私の席からだとクルッと体を回転させてバックステージで気球に乗っている大野君をウキウキウォッチングする形なんですが、背中を向けていたメインステージには凝った映像がずっと流れていたんです。

チラっと振り返った時にようやく気付きました。

前も後ろもどっちも見たかった。

残念無念。

◆Lucky Man◆

櫻井君のラップが「ポップコーン!!!」に。

爆笑!!

大野君のどこまでも伸びやかなソロ、「みぃ~らいぃわぁ~」にいつでもどこでも絶大なるLOVEっす。

惚れ惚れ。

でも格好はポップコーン。

可笑しいやら罪作りやらで大忙しでした。

◆We wanna funk,we need a funk ~松本君ソロ~◆

花道でお着替えタイムあり。

どこぞの楽屋風。

アラフェスでお目見えしたDJ×MJ復活。

◆それはやっぱり君でした ~二宮君ソロ~◆

ピアノ弾き語り。

歌の最後の方でスクリーンに映し出される映像に「はて? 観たことあるぞ?」と。

隣にいるナメタケに「これ虹ちゃうの? なんで虹が?」と話してまして、二人で「・・・。 分からんな」と相成りました。

が、しか~し、流れた歌詞で謎は解けた!!

もしかしてもしかします!?

『それはやっぱり君でした』は『虹』のアンサーソング!?

“虹”って出てたんですよねぇ~。

気付くのが遅い!?

どうもすみません・・・

『Popcorn in 福岡 6』に続く。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

Popcorn in 福岡 4

最近テレビで取り上げられているのを何度か見かけてまして、博多駅にある阪○百貨店の地下でソレを発見!!

買ってか~えろ♪

P1000224

冷やして食べる唐揚げ。

う~ん・・・

う~ん・・・

別に冷やさなくても・・・・

デネルでございます。

本日は12月7日に福岡Yahoo!Japanドームで開催されたアイドルグループ嵐のコンサート、『ARASHI LIVE TOUR Popcorn』の感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

感想文を書き終えるまで臨時営業とさせて頂きます。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

こと大野君に関しては針の穴ほどの狭い視覚&聴覚になる持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内レコーダーに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

サクサクっとシンプルに参ります。

多分・・・・

◆ついておいで◆

いかん、脳みそが・・・・

『風の向こうへ』にまつわるエトセトラで呆け過ぎて記憶が・・・・

◆君がいるから◆

いかん、いかん、あっちの世界から戻ってこれん・・・・

桃源郷から抜けだせぬ・・・・

大野君は一人乗り用のトロッコでツツツツツー。

3104が目の前の花道に!!

大野くーーーーーん!!

細めの黒いパンツ姿がステキ heart04

あんれまっ!!

大野君が消えた!!

てことは!?

◆two ~大野君ソロ~◆

センターステージにて。

キターーーーーーッ!!

暗がりの中、センターステージの脇から静かに登場するMr.罪作り ( ← 勝手に命名しております )に自称ガラスのハートはときめきっ放し。

赤い長袖のシャツ(ほんのり捲り気味)、黒いパンツ(側面に一本入るラインはシルバー)、太めのチェックのタイ(首の中央ではなく、少し脇にずらして緩めに結ばれてました)なシンプルな出で立ちでも爆裂に格好良くて麗しいのです。

うんにゃ、シンプルだからこそ、大野君の美しさがより一層際立つんだわ。

めちゃくちゃ男前でございやした。

そしてそして、特筆すべきはマイク。

大野君はソロの時はがっつり踊るので大概ヘッドセットじゃないですか!?

『two』ではなんと!!

ハンドマイク!!

珍しいわい。

でもねぇ~、踊るんですよ heart04

憂いを帯びた眼差しで歌い踊られた日にゃ~、オエッ。

センターステージの大野君が肉眼ではっきり見えたんですが、ダンスは超エアリーで濁音が無く、シュタ!と軽やかにブレずに着地するので私の席からは足音が全く聞えない。

これが惚れ直さずにいられよか!?

トキメキ指数の針を振り切らせずにいられよか!?

大野君の背中には羽が生えているに違いない。

カウントの取り方が3104ismとでも申しましょうか、MUSEの化身とでも申しましょうか、細かく華麗、且つ独特で、よしんば私が『two』に挑戦したとして、ドスッ!ドスッ!と騒がしく、挙句の果てに数秒もしない内に「イダダダダダッ! 足首をやられた!」になるのは目に見えている。

エトワール3104 ( ← 勝手に命名しております )、恐るべし。

「つきあ~かり あびる~ぅぅぅ~~~~」後の右手!!

て言うか手首!!

高速でシェイクされる右手がモー、モー、モー、もぉ~!!

爆裂に早い!!

しかもセクスィ~!!

指先にまで神経が行き届いていて美しいったりゃありゃしない。

肩から指先にかけての一連の動作が表情豊かでしなやかに波打つ度に白鳥の翼が見えたような見えなかったような。

ピンポイントで手を眺めて溜息。

途中からメインステージからムービングしてきたステージ(ジュニアの方数人あり)がセンターステージとドッキング。

確かどこかでセンターステージが高く上に上がっていったような!?

そこで3104は舞っていたような!?

「見えない・・・」と呟いた覚えが。

これはメモ書きに残していなかったので記憶違いだったらすんまそん。

大野君はムービングステージに移り、そのままメインステージに。

「アイラ~ビュ~ アイラ~ビュ~」での魅惑の腰つきに惚れて惚れて惚れまくり。

グラインドっちゅうんですか!?

『TOP SECRET』でもドドンッ!と搭載されていたあの腰つき。

アレの若干ソフト版。

なんですが、底無しで色っぽい!!

隠しきれない魔性ぶりを遺憾なく発揮するのです。

キョエ~イ!!

フンガーッ!!

“I love you”と歌いながらエロスの腰つき。

もののけタイムですか!?

レッツ・オクラホマミキサーですか!?

頭にバンダナを巻き、袖の切れたブルージーンズを羽織り、白いTシャツを着て、ケミカルジーンズを穿いて、ハーモニカを吹きつつ、ギターを弾きつつ、キャンプファイアーを囲みながら『若者たち』を熱唱ですか!?

もちのろんで白いTシャツはケミカルジーンズにインです、イン。

え~い、全部!!

薫り立つ色香に褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショ~イ!!

遂にこの時がやって参りました。

『two』のクライマックスでございやす。

うぃ、「ふる~える~ほどぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーぉぉっ!」。

○☆△$×□・・・・

やられた・・・・

ペロッとまるっとやられてしもうた・・・・

まともに息が出来ない。

過呼吸2秒前。

ヒッヒッフー、ヒッヒッフー。

か、か、か、か、かっちょい~!!

マジでガチで鳥肌!!

酔いしれっ放し。

その声はどこまで伸びるの!!

どんだけ綺麗な歌声なん!!

途中で切れることなく最後まで艶があって、張りがあって、力強くて、色気があって、て、て、て。

一息で歌いきっているんですよね!?

余裕の「ふる~える~ほどぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーぉぉっ!」に朝まで乾杯。

うんにゃ、余裕で「ふる~える~ほどぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーぉぉっ!」を歌い上げる大野君に完敗。

いでよ、鼓笛隊!!

どこをほっつき飛んでいるか分からない愛鳩、カンバ~ック!!

大野さん、あんたかっけーよ!!

2006年の12月からまだ惚れ直し足りない!!

恋心は上昇するばかり。

留まることなく進化し続けるDIVA、大野智。

耳に残るは智の「ふる~える~ほどぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーぉぉっ!」。

「ふる~える~ほどぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーぉぉっ!」だけで大好物の芋焼酎を6杯は飲めそうな勢いっす。

五臓六腑に沁み渡る。

大野君の歌声は媚薬。

色が沢山ある。

その都度色が変わる。

大野君が紡ぎ出す『two』の世界に拍手喝采ブラボーの嵐。

嗚呼、うっとり。

「ふる~える~ほどぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーぉぉっ!」の直後、客席は水を打ったようにしんと静まり返っていました。

魂を持って行かれたってな感じ。

言葉を無くすとはこの事ですね。

一瞬の静寂の後、我に返ったように溢れんばかりの歓声が場内から一斉に湧き上がりましたもん。

大野君は魅せる人。

見る人の心を捉えて離さない。

紫のライトを浴びて静々とメインステージから去って行く大野君が神々しいのなんのって。

背中で語る男。

『twoの智にマニアック』!!

大野君、うざくてごめんにょ。

かっけぇ~!!

よっ、宇宙一罪作り!!

しまった!!

ほぼ『two』だけで一回分をしたためてしまった!!

ま、いっか。

気にしな~い。

気にならな~い。

語れども語れども語り尽きる事の無い人ですね。

憎いわぁ~ heart04

『Popcorn in 福岡 5』に続く。

この調子でいくと全部で10回ぐらい!?

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

Popcorn in 福岡 3

エリンギちゃんが「スパンコールはデリケートだから手洗いでないとダメ!」と言うのでお風呂に入っている時に優しく揉み洗い。

P1000225

デネルでございます。

本日は12月7日に福岡Yahoo!Japanドームで開催されたアイドルグループ嵐のコンサート、『ARASHI LIVE TOUR Popcorn』の感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

感想文を書き終えるまで臨時営業とさせて頂きます。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

こと大野君に関しては針の穴ほどの狭い視覚&聴覚になる持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内レコーダーに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

サクサクっとシンプルに参ります。

多分・・・・

はぁ~~~、大野君 heart04

お花畑でルンタッタ。

はぁ~~~、大野君 heart04

『風の向こうへ』でのドドドドドミラクルな大野君が我々のうちわを見る ⇒ すっと右手の人差指で指す ⇒ 鍵を開けるジェスチャーをする ⇒ ニコッ ⇒ ニコッingで去るというめくりめく至福の瞬間がどうにもこうにも忘れられず、もののけ状態で呆けること暫し。

目を閉じてこのままずっと余韻に浸り続けていたひ・・・・

そんな自分がキモいけど、うちわにスリスリと頬ずりしたひ・・・・

はぁ~~~、大野君 heart04

お花畑でルンタッタ。

はぁ~~~、大野君 heart04

アホ丸出しでニヤけまくり、あっちの世界でフワフワ漂う私をグイグイ引っ張って現実に呼び戻す大野君ファンのご友人mさん。

mさん、ごめんあそばせ。

もぉ~、邪魔しないで下さいよ~ぅ。

Mr.罪作りの( ← 勝手に命名しております )最後のニコッな笑顔に酔いしれてたのにぃ~。

その時は突然やってきました。

はて!?

このイントロは!?

もしかして!?

まさかの!?

あの歌!?

夢じゃないでしょうね!?

ま、ま、ま、待ってーーーー!!

じゃすと あ もーめんと ぷり~ず!!

心の準備がまだ出来てにゃーーーーーい!!

うちわを見る ⇒ すっと右手の人差指で指す ⇒ 鍵を開けるジェスチャーをする ⇒ ニコッ ⇒ ニコッingから抜け出せてない!!

幽体離脱中なんです!!

頼むからちょっと待って!!

この瞬間を何年も待ち望んでたのに!!

鼻息も荒くお願いし続けてたのに!!

落ち着け、私!!

養命酒を飲め、自分!!

さっきの大野君をちょっと置いておけ!!

この後いくらでも存分にニヤニヤすればいいから!!

ヒッヒッフー、ヒッヒッフー。

遂にキターーーーーーッ!!

よっ、『スーパーフレッシュ』!!

コンサートで披露されるのを首を長く長くなが~くして待ち侘び続けた『スーパーフレッシュ』がPopcornツアーで初お目見え!!

超絶に嬉しい!!

マジでガチで嬉しい!!

あの日、あの時、あの瞬間、ドームを飛び出してすぐ近くの海にダイブして、華麗に犬かきをしながら「Happy超! ワン!」と叫びたい衝動を堪えるのに一苦労でした。

メインステージに登場した嵐さんとイントロが流れた瞬間の衝撃と言ったらそりゃ~もう♪

鳥肌がゾゾゾゾゾッ。

目に眩しいシャケ色 ( ← 勝手に命名しております )の細身のジャケットを羽織った3104に惚れて惚れて惚れまくり。

背中には「嵐」を模ったロゴがキラキラと。

なんて別嬪さんなんざんしょ heart04

グッドルッキングぶりが半端じゃない。

“見目麗しい”と書いて大野智と読む。

はて!?

待望だった櫻井君の「“Maybe”っていうか ~」が聴こえにくかったような!?

大野君と櫻井君は向こう側の外周通路、相葉君と松本君と二宮君はこちら側の外周通路を爽やかに歌い踊りながらツツツツツー。

目の前の花道は『アラフェス』の時と同じように動く歩道(阪急梅田駅にあるやつ)になってまして、それを上手く利用して5名様は踊っていました。

それぞれの側からグルッと回って来てセンターステージに。

センターステージでレッツ・ダンス。

か、か、か、かっけぇ~!!

しかも可愛い!!

酔いしれて、ハーフ&ハーフの妙。

後のMCで明らかになるんですが、この歌の振り付けをしたのは大野君だそうです。

ありがと~、スーパーフレッシュ!!

褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショ~イ!!

また一つ願いが叶いました。

念ずれば花開く。

オヨヨヨヨ・・・・

ピポットターンをしたくなるぐらい嬉しい・・・・

感涙・・・・

まさか『スーパーフレッシュ』をセットリストに入れてくれるとは。

『スーパーフレッシュの嵐にマニアック』っす!!

あーざっす!!

松本君、マジ、リスペクトっす!! ( ← ご参照下さい )

ワオ~ン!!

◆a Day in Our Life◆

すぐそこ!に二宮君!!

櫻井君も!!

うちわを振る!!

ガンガン振る!!

大野君と松本君はいつものように“密着四露死苦!”なラブラブぶりを遺憾なく発揮して歌っておりやした。

歌の途中で一人乗り用のタワーに乗り込んで上に上に上に。

3104はバックステージのタワー。

◆きっと大丈夫◆

踊る!!

これでもか!てな勢いで踊る!!

大野君は一人乗り用の高速トロッコに乗り込んで、バックステージからセンターステージに。

疾風の如く颯爽と駆け抜ける3104がメガトン級に格好良かったです。

◆駆け抜けろ!◆

日産CMの歌ですにゃ。

ウキウキワクワクなダンスにほっこり。

MCでは明かされなかったけど、もしかしてこれも大野君の振り付けなのか!?

◆センターステージにてMC◆

すみません、念願だった『スーパーフレッシュ』では正気を保てたんですが『風の向こうへ』での大野君のあれこれが頭から離れず集中力がかなり途切れておりやす。

ともすれば夢の世界に入り浸りそうになる己に喝を入れてペンを走らせるも嗚呼、デヘ~、嗚呼、デヘ~の繰り返し。

嵐さんはいつもの様にかなり喋っていたんですがメモ書きが全然追い付きませんでした。

大野君ネタは頑張って書き留めたつもりでしたが、それでもやっぱりかなり短くなってます。

毎度の事ながら手元を見ずに書いているのであまりの汚さに我が筆跡ながら「なんじゃこりゃ?」と。

トホホホホホ・・・・

あの色が似合うのはシャケか大野君かな勢いの目に鮮やかなピンクのジャケットを脱ぎ、まったり寛ぐ3104がどうにもこうにも別嬪さん。

インナーは白と黒のボーダーシャツ。

肘小僧 ( ← 勝手に命名しております )が世界丸見え。

大野君の肘小僧に滅法弱いワタス。

肘小僧だけで芋焼酎ロックを5杯は飲めそうです。

大野君は骨格美人でもあり、関節美人でもあり、筋肉美人でもあり。

今回、大野君が何曲か振り付けをしたという話。

会場に「知ってた?」と尋ねるも反応が薄い。

ウケる!!

櫻井君: なんの振り付けしたの?

大野君: オープニングとアレ・・・

どうやらコリオグラファー大野先生 ( ← 勝手に命名しております )は『Cosmos』のタイトルが出てこない模様。

二宮君: いつも出てこないんだよ。

大野君: これ(多分、振り付けのこと)が一番大変だった。 コスモスが出てこない。 

      過去は振り返らない!

?: 使い方が違う。

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

この曲の時に5名様はメインステージを挟んだ左右のステージに分かれて登場しまして、私の方向に大野君と相葉君と松本君が、向こう側には櫻井君と二宮君がそれぞれで違うダンスを披露し、メインステージの中央で合流して同じダンスを踊る。

てな具合でした。

先に櫻井君と二宮君のダンスを考えた大野君。

大野君: こっちバージョンとこっちバージョン。

?: なんで違うの?

大野君: 流れで。 そっちずっと同じ振りだったでしょ?

櫻井君と二宮君: ええ。

?: 手抜きじゃないですよね?

大野君: 手抜きなんか、僕はしない!

この言い方がべらぼうにキュ~トでした。

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

こめかみをグーでグリングリンしてやりたいですよ、全く。

大野智、32歳。

キョエ~イ!!

櫻井君と二宮君のダンスだったか、ジュニアの皆さんのダンスだったか、櫻井君と二宮君とジュニアの皆さんのダンスだったかで、櫻井君と二宮君が疑問に思っている事があるそうな。

それについて大野君に尋ねてみたいと。

櫻井君: アレはオリジナルですよね?

大野君: ???

ちょっと再現してみましょうとなりました。

二宮君が歌って、櫻井君が踊る。

notes WOW WOW WOW notes

こ、こ、これは!!

モーニン○娘の『LOVEマシーン○』の歌い出しのnotes ウォウォー、ウォウォー、ウォウォー、フ~フ~! notes ちっく!!

櫻井君の踊りがまんまソレ!! 

ここでまさかのダンスパクリ疑惑が浮上。

メンバーに問い詰められる大野先生。

大野君: 姑息な手を使うと思うか? 俺が!?

ですって。

いかん、胸の鼓動が。

トキメキ指数の針が。

動悸・息切れ・眩暈が・・・・

か、か、か、かっちょい~!!

きっぱり言い切る男前な口調にまた惚れ直した!!

『“姑息な手を使うと思うか? 俺が?”な智にマニアック』だワッショ~イ!!

さっきは“僕”で今度は“俺”。

はぁ~、ステキ heart04

メンバーから「じゃあ大野さん、やってみて」つって。

「せ~の」の掛け声と共にコリオグラファー大野先生が考案されたダンスをご自身で!!

イダダダダッ・・・・

笑い過ぎて横隔膜が攣る・・・・

過呼吸2秒前・・・・

笑顔がスウィ~トで、手の動かし方がしなやかで、美しくて、華麗で、腰つきが超絶にセクスィ~なんですけれども、先生!!

notes ウォウォー、ウォウォー、ウォウォー、フ~フ~! notesな『LOVEマシー○』仕様になってますから!!

絶対無理やりモーニン○娘ver.に似せて踊ってる!!

“いつもより多めに弾けてます”になってるはず!!

誇張してる!!

大爆笑!!

あ~、『COSMOS』まで時間を巻き戻したい!!

『LOVEマシー○』の所を覚えていないのが残念無念。

大野君: すぐ浮かんだ。 後から聞いたらモーニン○娘があった。

      最初から浮かんでた。 なんなら明日から変えてもいい!

スネちゃまになって、ちょっぴりご機嫌斜めになる大野先生が腹立たしいまでにラブリ~。

大野君・相葉君・松本君側のダンスでお気に入りはどれ?

相葉君はターンするところが好き。

?: ターンできるの?

相葉君: 正直に言おうか? 2回に一回しかできない♪

チキショ~、可愛い heart04

?: ここでやってみてよ。

相葉君: 練習さして?

チキショ~、可愛い heart04アゲイン。

松本君: 終わってるのに練習するのね。

ターンは成功。

客席からはやんややんやの歓声が。

松本君: すみません、今のじゃあそこ(メインステージの端)でやったら

      落ちてますからね。

『スーパーフレッシュ』も大野君の振り付け。

DVDが発売されたらあれもこれもがっつりウキウキウォッチングしなくっちゃ!!

話しながらセンターステージから移動。

私の席の前の花道を大野君・相葉君・松本君が。

くぅ~、間近で肘小僧が見れた heart04

黒と白のボーダーシャツは薄地ですのでね、汗でバディに密着してますのでね、それすなわち体のラインに沿っている。

背中にキュン、肩甲骨にキュン、後ろから愛でる肘小僧にキューーーーンの嵐。

美しい!!

実に美しい!!

後ろ姿も罪作りだわい。

私がアートに造詣が深ければ3104の後ろ姿をモデルに彫刻するのに。

メインステージに戻るのに花道を曲がりかけたその時!!

大野君がジーパンの腰辺りに手をやってキュッと上げる仕草を目撃。

たまらんのです。

いつでもどこでもこの何気ない“キュッ”に絶大なるLOVE。

5名様はメインステージに到着。

松本君の映画の話。

途中で大野君と二宮君はハケる。

『ラッキーセブン スペシャル』の話。

相葉君のドラマの話。

着替えが終わった大野君と二宮君が登場。

アラフェスで『ワイルド アット ハート』を披露した時の衣装と同じモコモコカラフルダウンでした。

櫻井君の映画の話。

二宮君の映画の話。

福岡に来る飛行機の中で松本君は凄い再会を果たしたそうです。

なんと、キャビンアテンダントの女性が同級生だった!!

松本君は最初彼女に気付かなくて、水を持って来てくれたその女性がこちらを見ていて・・・

続きは二宮君が再現。

これがめちゃくちゃ面白かったです。

松本君と同級生CAさんの間に挟まれていたそうで、二人のやり取りをキョロキョロしながら観察していた二宮君に爆笑。

松本君が喋ればそっちに首を曲げてキョロ!

同級生CAさんが喋ればそっちに首を曲げてキョロ!

これの繰り返し。

笑い皺がまた増える!!

殺す気きゃい!!

二宮君曰く、普通ならお客様には丁寧な言葉遣いや応対をするのに同級生CAさんは松本君に対して最初から確認の為、「だよねぇ?」風だったとか。

櫻井君が「それって恋の始まりじゃん!」とニヤニヤしながら喋る。

おぉ~♪

ドラマの台本を読むのに必死で松本君と同級生CAさんと二宮君のやり取りに全く気付かなかった相葉君が悔しがってました。

「隣にいたのに! 知ってたら超直視してたのに!」と。

チキショ~、可愛い heart04

嵐さんが今年も紅白歌合戦の司会に決まった話。

あれれ!?

いつの間に櫻井君と相葉君と松本君はモコモコカラフルダウンに着替えたんだい!?

そろそろ後半戦に。

次の曲も大野君の振り付け。

大野君: 一生懸命踊りましょう!

メンバー: 頑張ります!

『Popcorn in 福岡 4』に続く。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

Popcorn in 福岡 2

どこぞの国の将軍様のようなシザーハンズの同級生マイタケちゃんにこのブログの存在を明かしたのがつい最近。 ( ← ご参照下さい )

先日ちょろっと立ち寄ってくれたそうです。

マイタケちゃんからのメールを転送してやれ♪

ウッシャッシャッシャッ。

  --------

もー、ブログ読んたで ~_~; 

何で私「鉄の女サッチャー」になってんねんさっ! おかしい、おかしい! どんな恐ろしい人かと思うやんか?! 

そりゃ、「ボブが似合う」と、押し付けるけどな(≧∇≦)

それはさておき、しかし、んも~、大野を褒める言葉があんなにあるなんてって感じやわ。

褒め言葉の宝石箱やぁわァ~♪ ( ´θ`)ノ

一番笑えたのは、「Mr.罪作り」やったけどな W(`0`)W

よくもそこまで言えるなぁ?と感動、感激したわ。

あんたが大将やで。

今回のコンサートで、言葉の宝石箱の中がまた増えるんやろな? 怖い!

ブログにコメントしたら、皆さんもコメント見れるん?

 -------

だそうな。

マイタケちゃん、ちょっとよろしくて!?

また呼び捨てになってる!!

“大野”に戻ってるから!!

褒めてなんかないズラよ。

紛れも無い事実ざます。

うぃ、大野君がMr.罪作りであるのもね。

生誕祭のケーキにこの呼び名をチョコレートボードに書いてもらった事があるのだよ。 ( ← ご参照下さい )

コメント待ってまっせ♪

デネルでございます。

本日は12月7日に福岡Yahoo!Japanドームで開催されたアイドルグループ嵐のコンサート、『ARASHI LIVE TOUR Popcorn』の感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

感想文を書き終えるまで臨時営業とさせて頂きます。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

こと大野君に関しては針の穴ほどの狭い視覚&聴覚になる持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内レコーダーに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

サクサクっとシンプルに参ります。

多分・・・・

今回の感想文はキモキモワールドが炸裂しています。

本当に「キモっ!」なのでご注意願います。

◆風の向こうへ◆

DIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )の魅惑のフェイクに胸の鼓動は高まるばかり。

大野君は一人乗り用のトロッコに乗って、私の席から反対側のアリーナ通路をツツツツツツー。

おーーーーーーーっ!!

向こう側から大野君が我々のいる花道に向かって来た!!

大野くーーーーーーーん!!

歌いながら歩いて来る!!

大野くーーーーーーーん!!

一歩ずつ近づいて来る!!

大野くーーーーーーーん!!

ナメタケと二人でうちわをドドンッ!!

三日三晩不眠不休で夜なべして作ったコレ。

 ↓ ↓ ↓

P1000218

ナメタケが“智さん”と“鍵を”を持って、私が“開けて”と“カギのマーク”を持って、すぐそこ!の花道を通過しそうになる大野君に掲げると・・・・

友人Nに言わせると、「あれを阿吽の呼吸て言うんやな!」と完璧なタイミングでうちわ4枚をサッと掲げると・・・・

私の方がナメタケちゃんより随分背が高いので「あんとき○○ちゃん(私の名前)に合わせて高めにうちわを上げたわ!」だそうな、でうちわ4枚を掲げると・・・・

その時はスローモーションでやってきました。

DとN、人格が崩壊します。

もののけ街道まっしぐらです。

ほんのり斜めの角度で我々のうちわを見て、すっと右手の人差し指で指し、そのままの手で鍵を開けるジェスチャーをし、最後にニコッ、ニコッingで去って行く。

○☆$□×△・・・・

○☆$□×△・・・・

○☆$□×△・・・・

鍵が開いたーーーーーーー!!

ギョエーーーーーーー!!

パ、パ、パ、パニック!!

ど、ど、ど、ど~しよーーーーー!!

ちびる!!

オエッ!!

吐く!!

ナメタケと抱き合って絶叫!!

ハグしたままジャンプ!!

まだまだジャンプ!!

榎本さーーーーーーーん!

うんにゃ、大野くーーーーーーーん!!

死ぬ!!

脇汗が半端じゃない!!

ギョエーーーーーーー!!

再びナメタケと抱き合って絶叫!!

ほんでもってジャンプ!!

○☆$□×△・・・・

○☆$□×△・・・・

○☆$□×△・・・・

超絶に嬉しい!!

オエッ!!

毛穴から緑色の汁が出そう!!

オエーーーーーッ!!

酸素が足りん!!

顔がテカる!!

まさか、まさか、あぁ、まさか、鍵が開くなんて!!

よしんばあの日、あの時、あの瞬間、お粗相をしたとしても誰も私を責めますまい。

飛び跳ね過ぎてワンピースの裾からヒートテックのラメラメタイツが世界丸見えになっていたとしても警察に突き出されますまい。

○☆$□×△・・・・

○☆$□×△・・・・

○☆$□×△・・・・

呆けまくり。

魂がいずこかに行ってしまいました。

三途の川がチラリズム。

鍵を開けるジェスチャーもさる事ながら、ワタスは最後のニコッな笑顔が忘れられんのです。

嗚呼、うっとり。

マジでガチでうっとり。

ペロッとまるっとやられてしまいました。

底無しにおっとこ前だったのです。

ムカつくほどに格好いいニコッでした。

優しくて、そこはかとなく色気が漂っていて、且つ、男前なニコッ。

眼差しがモー、モー、モー、もーーーーー!!

フンガーッ!!

ハンカチーフの端をギリギリ噛みながら、「大野さん、アンタかっけーよ!」の勢いで爆裂に素敵でした。

目を閉じてもあの時の笑顔が脳裏にフワ~ン。

目を開けていてもあの時の笑顔がフワ~ン。

社長、邪魔!!

視界から外れて!!

はぁ~~~~、溜息。

あれから何度、あの瞬間を思い出しては世にも薄気味悪い笑みを浮かべたかはカウント不能。

酔いしれて、ニコッな笑顔。

はぁ~~~~、罪作り。

指差しも、鍵を開けるジェスチャーも、ニコッな笑顔も、私とナメタケ二人だけに向けられたもの。

世界に一つだけの指差しとジェスチャーとニコッ。

これがデヘデヘせずにいられよか!?

エラ呼吸2秒前です。

褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショ~イ!!

誕生日とクリスマスと国民の休日がいっぺんに来た!!

オヨヨヨヨ・・・・

喜びに咽び泣く・・・・

チョーーーーーー嬉しい!!

『うちわを見る ⇒ すっと右手の人差し指で指す ⇒ 鍵を開けるジェスチャーをする ⇒ ニコッ ⇒ ニコッingで去って行く智にマニアック』!!

本望っす!!

ウッス!!

大野君、何度もごめんあそばせ。

無限大で惚れ直した!!

か、か、か、か、かっちょいいーーーーー!!

感激!!

コンサートが終わって、ナメタケと二人で「はぁ~、たまらん!」だの、「めちゃくちゃ格好いい!」だの、「指差しの角度が完璧やった!」だの、「鍵やで? 榎本さんやで? 鍵やで? 開いたで! まさか開くなんて!」だの、「ニコッだけで朝まで語れるわ!」だの、だの、だの、だの、を延々繰り返し、デヘデヘし、モツ鍋宴会の後ホテルの部屋で飲み直している時もウザいぐらいに語り倒し、ベッドに入っても「キョエーーーーーーイ! マジでハッピー!」と叫び、朝起きて「うちらがこんなに爽やかで幸せなのは~? SAY!」とアホ丸出しで叫び、帰りの新幹線の中でも「こんなに嬉しいのは~? SAY!」と思い出し笑いをし、京都駅で別れる際にも「ほんじゃね~。 バイバ~イ」の後に互いに指を差し合い、鍵を開け、ニコッと微笑んで家路に着く単細胞コンビDとN。

私に至りましては、大野君から有り難いファンサービスっちゅうのを頂戴したのがTimeツアーの大阪城ホールの『Love so sweet』ぶりだったので喜びも一入でございやした。

待てよ!?

鹿児島アリーナか!?

『a Day in Our Life』の時か!?

狂喜と歓喜の坩堝。

涙腺が決壊。

感極まり過ぎてどうにかなりそうです。

大野君にまつわるエトセトラでは既にどうにかなっているのが益々パワーアップしました。

今なら新橋の駅前で額にネクタイを巻いて腹踊りが出来る!!

安来節でも大歓迎!!

貝殻とワカメの3点セットで出勤する!!

うちわを作って本当に良かった!!

マッターホルンの頂から「大野君、大好きだーーーーーー!」と叫びたい12月の夜。

神様、仏様、大野智さん、ダンケシェ~ン!!

いかん、持病の“脱線しまくり病”が。

話をコンサートに戻します。

大野君が我々のいる花道から去ってからの記憶がどうにもこうにも曖昧なんですよねぇ。

ついさっき、目の当たりにしたうちわを見る ⇒ すっと右手の人差し指で指す ⇒ 鍵を開けるジェスチャーをする ⇒ ニコッ ⇒ ニコッingで去って行くの残像で胸がいっぱいになってしまって。

今もデヘデヘしているぐらいですのでね、あの直後なんてそりゃ~もう。

このままずっと余韻に浸っていたひ・・・・

うちわを抱きしめながら大野君のあれこれにトキメキ指数の針を振り切らせていたひ・・・・

はぁ~~~、それにしてもニコッな笑顔の破壊力は半端じゃなかった。

リーサルウエポンです。

ふと大野君ファンのお友達を見ると、号泣していらっしゃる!!

mさん、一体全体どうしなすったのです!?

ウケる!!

◆楽園 ~相葉君ソロ~◆

はぁ~~~、大野君 heart04

何も視界に入らないし音が聴こえない。

はぁ~~~、大野君 heart04

指差しと鍵を開けるジェスチャーとニコッな笑顔で幸せいっぱい胸いっぱい。

相葉ちゃん、ごめん・・・・

本当にゴメン。

メインステージで歌っているのはなんとな~く分かってたけどそれ以外の記憶がゴニョゴニョゴニョ・・・・

◆Fly on Friday ~櫻井君ソロ~◆

はぁ~~~、大野君 heart04

何も視界に入らないし音が聴こえない。

はぁ~~~、大野君 heart04

指差しと鍵を開けるジェスチャーとニコッな笑顔で幸せいっぱい胸いっぱい。

櫻井君、ごめん・・・・

本当にゴメン。

バックステージで歌っているのはなんとな~く分かってたけど、確かピンクのジャケットを着てたけど、それ以外の記憶がゴニョゴニョゴニョ・・・・

先ほどの大野君の姿が目の前から消えない・・・・

はぁ~~~~、大野君 heart04

と大気圏に突入して一人でニヤニヤしていたならば、ナメタケちゃんが現実に引き戻すんです。

「ちょっと! さっき協力してあげたやん!」つって。

ちっ。

なんだよ!!

どーでもいいんだよ!!

と思ったけれど、頑張りました。

櫻井くーーーーーん!!

手をブンブン振りました。

櫻井くーーーーーん!!

うちわもガンガン振りました。

はぁ~~~~、大野君 heart04

ブツブツと呪文のようにあらゆる言葉を呟く自称&言うのはタダな大和撫子D。

我を忘れるってたまらなく素晴らしい♪

そうだ!!

わたくし、いつでもどこでもTPOを無視して『大野智さん見守り隊』 ( ← 勝手に命名しております )じゃないですか!?

大野君の行く所にデネルの視線あり!なんですけれど、7日のコンサートでは鍵を開けるジェスチャーを全くと言っても過言ではないぐらい見かけなかったんですよね。

旬と言いましょうか、今なら『鍵のかかった部屋』関係のうちわが沢山あると予想していたんですが全然無くて意外でした。

釣るジェスチャーも少なかったような!?

FREESTYLEのポーズは一回見かけました。

『Popcorn in 福岡 3』に続く。

  --------

  --------

今日の話はこれで終わりません。

mさんから知らされた大野君から貰っためくるめく至福のひと時の衝撃の真実。

ええ、ド羞恥です。

我々は全く自覚が無かったので詳細を伺ってあんれまっ!の嵐。

櫻井君ファンのご友人と話し合って下さって、あの時の私達の様子を文字にして下さったので一語一句違わずそのままこちらに記させて頂きます。

以下、mさんとご友人の回想録。

  ******

その瞬間の目撃者の我々二人、D嬢とN嬢の狂喜乱舞。

所謂、黄色い声と言われるものを遥かに超えた黄金に輝くような狂喜の二人の声。

広いドームの中全体に二人の「きゃーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!」が、響いたんじゃなかろうか?と、思うすっごいすっごい声量でしたよ。

あれだけで何キロカロリーかは消費したんじゃなかろうか??

今までコンサートに参加して、ファンサを貰った人の喜ぶ声を幾度となくこの耳で聞き、見てきた我々ですが、それを遥かに超える二人の喜びよう。

きっとあれは二人で50人分の声が出てた(笑)。

しかもその声の甲高いこと。

D嬢、N嬢、あんな若々しい声が出るんだ~?と、感心する。

絶叫と涙と抱擁、この光景はまるで今年のオリンピックの時、卓球の愛ちゃんがポイントを取ってメダルが確定した時のあのシーンそのもの!!!

苦節○ん十年、念願叶ってメダルを勝ち取った涙・涙・涙・・・の、シーンそのものでありました。

お陰様でスッピンに近いデネルさんのお顔が拝めました(笑)。

まるで、離れ離れになっていた二人の姉妹が30年ぶりに再会したかのように、抱き合い、右と左からとお互いの体を交互させハグを繰り返し泣き笑い。

その直後は手を叩き合い、肩を叩き合い、「生きてて良かった~~~」ってな感じ。

その瞬間、そこのブロックは二人以外は時間が止まったかのような静寂。

喜びに舞い上がる二人に温かい視線が注がれていました。

嵐ファンは優しい。

私の友人曰く、広いドームの中に二人だけしかいないような感じで・・・・

「ピンクのTシャツを着ていたお二人は、まるでスポットライトを浴びてるかのように光って見えた」と、言ってました。

しか~~~し、お二人が狂喜乱舞している時はまだ大野君はすぐ側にいて、「後ろを少し振り返ってくれたりしてるのにもったいない」とも思いました。

大野君が「君達そんなに嬉しいの?」と、見ていたような気がします。 ← (勝手な勘違いかもしれないけど)・

おこぼれで大野君の笑顔とお手振りを頂いた我々は超ラッキーでした。

Dさん、Nさん、お陰様で大野君の100万ドルの振り向き笑顔頂きました。

ありがとう~!!

PS. その余韻で相葉君に謝るD嬢に大爆笑。

 *****

恥ずかしい・・・・

穴があったら入りたい・・・・

そんなに騒々しかったとは。

「欧米か!」にもほどがある!!

近くにいらした皆様、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

でもねぇ~、皆さん、「良かったね♪」ってな感じで微笑んで下さってたんですよ。

嵐ファンは優しい。

て、mさん!!

マジっすか!?

大野君が振り返って我々を見てたんですか!?

○☆$□×△・・・・

○☆$□×△・・・・

○☆$□×△・・・・

その後の大野君をウキウキウォッチングしたかった・・・・

背中に目が欲しひ・・・・

はぁ~~~~、大野君 heart04

未だに夢心地。

お花畑でルンタッタ。

チョーーーーーー嬉しい!!

| | コメント (62) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

Popcorn in 福岡 1

昨日はこの冬初の雪降り!!

寒いよ~。

少し前、『New Year's Eve』と『Valentine's Day』をレンタルしてウキウキウォッチング。

どちらも公開当時に映画館で観ているんですが大好きなんです。

知らず知らずの内に誰かと誰かが繋がっている心温まる人間交差点ストーリー。

『Pretty Woman』のゲイリー・マーシャル監督作品ということで豪華な俳優陣がちょい役でも多数出演してまして、私のお気に入りキャラクターは『Valentine's Day』のテイラー・スウィフトさん。

めちゃくちゃキュ~ト heart04

映画館で観賞した時に気付かなかった『New Year's Eve』のエンディングソング (ザック・エフロンとミシェル・ファイファーがパーティーで踊っているシーンで流れている楽曲)。

「はて? この曲どっかで聴いたことあるぞ?」と思ったけど直ぐに分かりました。

アメリカのドラマ『glee』でウォーブラーズが歌ってた!!

年末年始に公開予定の映画で観たい作品がてんこ盛り。

『ホビット 思いがけない冒険』でしょ、『フランケンウィニー』でしょ、『レ・ミゼラブル』でしょ、『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーンPart2』でしょ、『LOOPER』でしょ。

果たして何本観れるのか!?

『レ・ミゼラブル』の『I Dreamed a Dream』はいつ聴いても泣ける・・・・

予告編で流れたのを聴いただけで涙がゴーーーーーッ。

前述の『glee』でも披露されてたっけ。

デネルでございます。

本日は12月7日に福岡Yahoo!Japanドームで開催されたアイドルグループ嵐のコンサート、『ARASHI LIVE TOUR Popcorn』の感想文をば。

感想文を書き終えるまで臨時営業とさせて頂きます。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

こと大野君に関しては針の穴ほどの狭い視覚&聴覚になる持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内レコーダーに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

サクサクっとシンプルに参ります。

多分・・・・

今回、大野君ファン2人(内一人はワタス)、櫻井君ファン2人(内一人はナメタケ)の4人でご一緒させて頂きました。

うぃ、うちわ8枚と“智”Tシャツを持参して。 ( ← ご参照下さい ) 

私の席は1ゲートアリーナ 7通路 D11ブロック。

それすなわち、センターステージから真横に伸びている花道のややセンターステージ寄りで、花道側から数えて前から3列目。

あんれまっ!!

すぐそこ!には花道がドドンッ!!

迫力満点!!

センターステージも花道もチョーーー近い!!

いかん、脳内シュミレーションだけで既に息苦しい・・・・

過呼吸2秒前・・・・

ヒッヒッフー、ヒッヒッフー。

もしも大野君が目の前の花道を来てあーなってこーなってした日にゃ~、オエッ。

どうしましょ。

どうしましょったらどうしましょ。

心の臓がもたないかも。

お粗相をしてしまうかも。

開演ちょっち前にナメタケと二人でTシャツをゴソゴソと服の上から着ました。

ペンライト、よ~し!!

双眼鏡、よ~し!!

うちわ、よ~し!!

メモとペン、よし、よし、よし!!

間もなく18時を迎えようとしたその時、我々の席からでもバックステージで円陣を組む掛け声が届いてきました。

鳥肌がゾゾゾゾゾッ。

客席の電気が落ちて、ツアーグッズのペンライトの色であるピンクが浮かび上がる光の渦が凄く綺麗。

メインステージに流れるアニメーション。

ポップコーン工場で順に製造されていく5人。

服を着せれて箱に詰められた!!

バービー人形のようなキラキラの化粧箱に入れられて、運ばれて、どこぞに出荷される時がやって来たようです。

キラキラ化粧箱のままズンズン。

それズンズン。

どこどこどこ!?

嵐さんはどこから登場するの!?

逸る想いをグッと堪えて固唾を飲んでいたら・・・・

メインステージにキラキラ化粧箱!!

5人横一列に並んでシャイニー指数が半端じゃない!!

大野く~~~~~~ん!!

◆Up to you◆

大野君、言わせろ。

もっすごかっけぇ~!!

これでもか!てな勢いで男前!!

突き抜けるグッドルッキングぶりに眩暈がする!!

太いグリーンと細いピンクの縦縞のジャケット姿にキュン。

ほんわかな雰囲気のダンスがいとキュ~ト。

楽しそうにニコニコ笑い合いながら歌い踊る嵐さんにデヘデヘ皺が何本も。

メインステージからムービングステージに乗り込んでずずずいっとな。

ムービングステージがセンターステージで止まった!!

ドドドドド至近距離で3104をガン見。

嗚呼、うっとり。

マジでガチでうっとり。

Mr.罪作り ( ← 勝手に命名しております )の見目麗しさは健在でございやした。

5名様を乗せたムービングステージはそのままバックステージに。

後のMCで明らかになるんですが、この歌の振り付けをしたのは大野君だそうです。

ブラボ~!!

◆Welcome to our party (※追記 メモを見落としていました)

楽しい!!

盛り上がる!!

◆Troublemaker◆

途中で挨拶タイム。

松本君 ⇒ 二宮君 ⇒ 相葉君 ⇒ 大野君 ⇒ 櫻井君の順。

二宮君と大野君は巨大なフロートに。

反対側のフロートには櫻井君と相葉君と松本君。

大: はぁ~い! はぁ~い! はぁ~~~い! 

   今日は福岡ポップコーン祭りでぃ! 以上!

「以上!」て!!

かばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

大野君、グリーンとピンクの縦縞ジャケットを脱ぐ。

いやだ、ジャケットを脱いでも素敵 heart04

それにしても大野君てば腹立たしいまでに端正な顔立ちですよねぇ~。

憎らしいったりゃありゃしない。

◆Believe◆

踊りは無し。

フロートは外周からメインステージに。

◆迷宮ラブソング◆

DIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )の魅惑のソロ後のブレないターンが実に美しい。

これが溜息をつかずにいられよか!?

大野君は舞うため、歌うためにこの世に生を受けたMUSEの化身だと常日頃から思っておるのです。

ステージからハケる5名様。

メインステージには水のシャワーが。

京セラドームに行ったマイタケちゃんが「水が凄く使われてたで!」と言っていたのはこれの事だったのか。

シャワーがスクリーン代わりとなって、そこに浮き出る5人の姿が。

はぁ~、水の画面でも大野君は別嬪さん heart04

アニメーションが流れます。

◆Cosmos◆

『Up to you』と同様に後のMCで明らかになりますが、この歌の振り付けをしたのは大野君だそうで、尚且つ、ダンスパクリ疑惑も浮上するのです。

浪花節夫婦 ( ← 勝手に命名しております )の再現ダンスに笑い過ぎて腸が攣りそうになっちゃって。

殺す気か!な勢いで会場は爆笑に次ぐ爆笑。

いいわぁ~、嵐 heart04

メインステージを挟んだ左右のステージに分かれて登場。

私の方向に大野君と相葉君と松本君。

向こう側には櫻井君と二宮君。

MCで明かされるまでもなく、なんとなくではありますが、このダンスは大野君による振り付けだろうなとは感じていたんですよね。

右(私の視線の先)と左(ナメタケの視線の先)をそれぞれ愛でながら、「このダンス、大野君ちゃう?」とナメタケに言ったら「私もそう思う」つって。

ビンゴ!!

あちら側とこちら側でダンスが違いました。

これについてもMCで詳細が明らかになります。

○☆×□$・・・・

もののけになりそう・・・・

爪先までに神経が行き届き、濁音が一切無いエアリーなダンスに求む、養命酒。

大野君はディーヴァでもあり、エトワールでもあるのです。

「アステアを抜いたな」といつも勝手に決め付けているワタス。

軽やかにステップを踏む度に、しなやかにターンをする度に、何気ないシンプルな振りの中にも溢れんばかりのタレントを遺憾なく発揮し、観る者の心を捉えて離さない大野君のダンスに朝まで乾杯。

櫻井君のラップ後のダンスがモー、モー、モー、もぉ~!!

えも言われぬ美しさ!!

己の貧困なボキャブラリーが忌々すぅい。

3104の背中には翼が生えているに違いない。

しかも超絶にセクスィ~ときている。

どこかの美術館で観賞した大天使ミカエルの姿が大野君と重なって見えたような見えなかったような。

メインステージの真ん中で5人揃いでダンス。

大野君、ウザくてごめんにょ。

メガトン級にかっちょいい!!

よっ、罪作り!!

薫り立つ色香に自称ガラスのハートがときめきっ放し!!

『Cosmosの智にマニアック』だワッショ~イ!!

水のシャワーカーテンが再び。

カーテンには地球の絵が。

◆証◆

水の使い方が凄く壮大でドラマティックでした。

水のカーテンに映る大野君も『証』を歌っているんです。

地球にそっと手をあてる大野君。

シンプルな白い衣装が大野君の麗しさをより一層際立たせているのであ~る。

カーテンに映る大野君の隣に櫻井君が登場。

ナメタケと二人で「いいねぇ~、このショット heart04」とキモキモ感満載で呆けておりやした。

順にメンバーが登場して、最後は5人で地球に手を。

それにしても水が凄い。

まるで生き物のように動いているように見える。

相葉君と松本君と大野君が3人でラスベガスに行ったそうですが、あちらで「これだ!」と感じる舞台構成にインスピレーションを受けたとみた。

水がサッと消えてメインステージにいる5名様の姿がクリアーに。

『Popcorn in 福岡 2』に続く。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

ピンクより愛を込めて、と・・・

この前、夜な夜な怪しくとある内職に勤しんでいたならば、未だに慣れない忌々しいスマートフォンに着信が。

はて!?

「○○さん(私の苗字)、ご無沙汰しております、○○(お店の名前)の○○でございます」

おーーーーーーー!!

3年連続開催されたカウントダウンパーティーで大変お世話になったバーのオーナーKさん!!

お久しぶりです!!

Kさん:  ○○さん、今年は嵐さんの会は?

私:  この前のが最後やったのでもうやらないんです。

Kさん:  そうですか。 実はね、大晦日に予約がありまして、

       ひょっとしたら○○さんが今年も・・・と思って、電話させて頂いたんですよ。

私:  わざわざ気に掛けて下さって有難うございます! 

     先ほど申し上げた通り、今年はもうないので是非そちらのグループを

     優先して差し上げて下さい。

    でもじゃあ、大晦日はムリですか? 個人的に伺おうと思ってたんですけど。

Kさん: いえいえ、ご予約はカップルなのでいつでもお待ちしております♪

私:  楽しみにしてます! カップルにも宜しくお伝え下さい♪

恋人達よりも先ずこちらに予定を尋ねて下さるKさんのお気遣いに感謝カンゲキ。

Kさん、めちゃくちゃ嬉しかったです!!

ウッス!!

大晦日も飲むぞー!!

デネルでございます。

先日は11月26日のエントリーに( ← ご参照下さい )拍手ボタンから、ブログからのコメント、メール、多くの方からメッセージを頂き誠に有難うございました。

ピンクの肉球を持つちょっぴりおバカな我が家の愛猫より感謝の気持ちを込めて、お一人ずつへのお返事に代えて奴からのエアハグ&チュ~を受け取ってやって下さいませ。

今回はビフォアーアフターでお届しようと思います。

薄毛な父が愛猫専用アルバムの写真を整理していたらうちにやって来て約1ヶ月頃のラブリ~(あくまでも飼い主目線)なショットが出てきたもので。

◆ビフォアー

12年前のあの頃。

P1000146

鼻血ブー!!

チキショ~、可愛い!!

今時“鼻血ブー”なんて言いませんか!?

そうですか。

◆アフター

12年後の今。

P1000159

タルンタルン。

P1000163

りゅうちゃんよ、お目目が小さいのはガキんちょの頃も今も同じだったのね。

頂戴したメッセージは全て拝読させて頂きました。

どちら様もスパシ~バ!!

  -------

  -------

これより以下はどうでもいい事且つ、自分への記録用、ほんでもって無駄に長い上に写真がてんこ盛りなのでご興味のある方のみどうぞ。

福岡から帰ってきました!!

アイドルグループ嵐のメンバー、櫻井君にある日 突然惚れちゃった友人のナメタケちゃんと行ってきました。

7日のお昼頃に博多駅に到着。

福岡、久しぶり!!

『Beautiful World』ツアーで訪れた今年の1月ぶり。

『Popcorn』ツアーでも宜しくお願いします!!

博多に着いて先ずは腹ごしらえ。

ラーメンを食す!!

P1000219

友人Nが煮卵をくれたから2つ♪

大変美味しゅうございました。

夜はね、やっぱりね、外せませんな。

モツ鍋を食す!!

P1000221

これまたやっぱり美味しゅうございました。

冒頭での“夜な夜な怪しくとある内職に勤しんでいた”、それは・・・・

わたくし、なんと、今回生まれて初めて、コンサート用にうちわっちゅうのを作りましたのです!!

町内一、面倒臭がりの私がですよ!?

健さんの名言をパクらせて頂けるならば、「自分、不器用ですから」な私がですよ!?

あんれまっ!!

遂におつむをやられたか!!

Dの奴、完全にトチ狂いやがった!!

アンビリ~バ棒!!

メーデー!!

メーデー!!

みなまで申しますな。

他の誰でもない、己が一番驚いております。

まさか自分でうちわを作る事になるとは思ってもいなかった12月の或る日。

コンサートには大野君ファン2人(内一人はワタス)、櫻井君ファン2人(内一人はナメタケ)で入らせて頂くので一人2枚ずつうちわを持って、横並びでブンブン振ったら爆裂にインパクトがあるだろうなとふと閃いたんですよねぇ~。

ええ、ふと。

でも実際に行動に移すとは。

「やってやろうじゃないの!」になるとは。

「じっちゃんの名に賭けて!」のノリで実践するとは。

間違えた!!

『智にマニアック』の名に賭けて!と鼻息も荒く精を出すとは。

コンサートに一緒に行く大野君ファンのお友達にそれとな~く話したら「頼んだ!」とマッハで返され、ナメタケに「かくかくしかじかでうちわがあったらいいと思わへん?」とメールをしたらほぼスルーで返され、れ、れ、れ。

我が心の師匠、うちわマイスターC先生は現在非常に多忙を極めていらっしゃる身なので「なぁなぁ、Cちゃん、お願いがあるんやけどheart04 4日以内にうちわを8枚作ってくれへん?」なんて口が裂けても言えず。

どーしよっかな~。

作り方を調べても書いてある事が全く理解できないし、私のようなうちわ作り初心者向けに手順をレクチャーして下さっている優しいサイトさんの説明書きを眺めても外国語にしか見えず、「どうすりゃいいの?」のオンパレードだし。

そもそも図工は小学生の頃から苦手なんですよねぇ。

面倒臭いし、興味が無いし、どうでもいいしで父が途中までやってくれてましたし。

パピちゃんてば誰に似たのか美的センスありな薄毛なんですの。

ふふふっ。

ま、いっか。

諦めよっと。

無かったことにしよう。

お友達には間際になって「すんません! 時間が無くて作れませんでした!」とメールし~ましょ。

だったんです。

が、しか~し。

どこぞの国の将軍様のようなシザーハンズの同級生マイタケちゃんに貸していたうちわとペンライト ( ← ご参照下さい )を返してもらいに、あ~んど、髪を切りにお店を訪れた際に「自分で作ろうと思ったけどやっぱり止めるわ」と話しまして、「待てよ? そういやここの近くにダイソ○があったな」と。

「帰りに寄ってみてもし、手作りうちわのあれこれが揃ってたらこりゃもう運命じゃない? 作れってことやんな?」つって。

マイタケちゃんは「あんたにできんの?」ともっすご心配してました。

失敬な!!

友人Mのお店を出てダイソ○にレッツらゴ~!!

「どうか一つ、そんなものがありませんように」と心の声がダイソ○までの道中ずっと囁いていたのはここだけの話し♪

店内を徘徊。

あった!!

驚愕!!

手作りうちわのコーナーががっつりある!!

何色もの蛍光紙があるんですね。

キラキラ蛍光紙もあるんですね。

へ~。

ほ~。

ふ~ん。

マイスターC師匠が作ってくれたうちわを鞄から取り出し、販売されている用品とうちわを周囲に気付かれぬようチラ見し、恐らく使用されているであろうブツ達を見繕ってショッピングカゴにポイッ。

それ、ポイッ。

失敗してもいいように予備も要るな。

ポイッ。

それ、ポイッ。

防犯カメラに映っている姿は不審者丸出しだったに違いない。

お会計でびっくり仰天。

100円ショップで5000円て!!

普段100円ショップで買い物をしないので一回の購入金額の平均が幾らなのか分かりませんが5000円て!!

船乗り時代の同期生キクラゲに話したら「たかっ!」と驚かれたからさぞかし。

ブツは揃った!!

多分・・・・

後はどうやって作るかが大問題。

マイスターC師匠に泣きつきました。

「Cちゃーーーーーん! 作り方を教えてーーーーー!」と。

師匠は忙しい中、メールで1から順に丁寧に記してくれていたんですが私の脳内はポップアップで“???”のマークが。

なんじゃこりゃ!?

トレーシングペーパーってなに!?

表から文字を書いて、裏からまた書いて、切るの!?

うちわに貼りつけるのに何で糊がいらんの!?

分からん・・・・

どうにもこうにもチンプンカンプン・・・・

アメリカにご在住の二宮君ファンのお友達がうちわを綺麗に作ってたな。

お姉さんにメール。

「コツをご伝授下さい」。

「私が日本にいたら8枚作ってあげるのに~!」

お姉さん、カンバーック!!

日本に帰ってきてーーーーー!!

ケ・セラ・セラ。

なるようになると腹を括り、買ってきたブツを袋から出してまたまたビックリ。

シールになってるのか!!

だから糊がいらんのか!!

にゃるほど~。

でも相変わらずなんのこっちゃさっぱりな~のです。

マイスターC師匠の教えを参考にオレ流でアレンジして適当に作ったらいいや。

“丁寧”の文字は私の辞書にはどこを探しても載ってないし。

うい、“几帳面”の文字も然り。

コンサートまで私に残された時間はちょっち。

しかも福岡行きの為に週末お休みを頂くので休日出勤は必須。

夜なべは確定やな。

細々と内職やな。

タイムイズマネー。

急げ、私!!

挫折するな、自分!!

さてさてさて、文字はどうしようかしら。

大野君のは直ぐに決まったんですが、櫻井君のがゴニョゴニョゴニョ・・・・

笑いの神様が降臨するのを待つこと暫し。

まだ降りてこず。

大野君のはアイデアが泉の如く湧いてくるんです。

「あれもいいし、これもいいし、このパターンもいいしheart04」とねぇ。

櫻井君はう~ん・・・・

時間は後僅か。

じっくり考えている暇は無い。

ここで足止めを食らうわけにはいかないのである。

う~ん・・・・

櫻井君のは無しの方向にしようかな。

大野君だけにしようかな。

8枚全部、Mr.罪作り ( ← 勝手に命名しております )にまつわるエトセトラにしたい!!

ブヒッ pig

flair flair flair

櫻井君の閃いた!!

ファイナルアンサーで決まり!!

生まれて初めてのうちわ作りのスタート!!

○☆×◇□$・・・・

めんどくさっ!!

手間がかかり過ぎる!!

時間が足りな~い!!

無理!!

終わりが全然見えなひ・・・・

ハサミとカッターまみれで手が攣りそう・・・・

左利きの私には市販されているハサミは使いにくい事この上なく。

刃が反対なのでね、綺麗に切りたくても歪むんですよ。

もしかしたらカッターもそうなのかも。

慣れない事の連続に何度も挫けそうになり、途中経過の報告を写メでマイスターC師匠に送り、「が~んばれ~」のエールを貰い、マイタケちゃんにも写メを送ったら「力量が問われるの巻」だの、「案外、ガタガタの字のうちわの方が珍しくて見てもらえるかもしれんで!マジで! 人は珍しくて、見たことないのに目がいくやん」だの、「バランス大丈夫? 既に半分投げてるやろ?」だの、「なんとも言えん、微妙なシェイプ」だの、だの、だのと言いたい放題な鉄の女。

失敬な!アゲイン。

微妙ちゃうし!!

絶妙やし!!

『あ野麦峠』の女工さんに負けず劣らずの勢いで三日三晩不眠不休で夜なべをしました。

できたーーーーー!!

完成!!

オヨヨヨヨッ・・・・

達成感に浸りまくり・・・・

喜びに咽び泣く・・・・

8枚両面でドドンッ!!

◆片面

P1000208

円に並べてみました。

P1000209

◆反対側

櫻井君ver.

P1000210

大野君ver.

P1000215

浪花節夫婦 ( ← 勝手に命名しております )で並べてみました。

P1000217

大野君ver.の単体。

P1000211

P1000212

P1000213

P1000214_1

いつも呼んでいる“大野くん”と“櫻井くん”にしたかったんですけれど、字画が多くて型を切る手が限界ヨロシクだったので却下。

仕上がった“智さん”と“翔さん”の文字を眺めながら超絶に照れて照れて照れまくるキモイ生き物、出寝之助。

一瞬の気の緩みが命取りなんです。

「しまった! ズレた!」と思ってもアフターフェスティバル。

修復不能。

でもいいの。

大野君からは細かいとこまで見えないし heart04

ガタガタのグチョグチョだけど無問題。

気にならな~い。

寧ろ前衛的だわい。

自称&言うのはタダってやつでアバンギャルドで前進あるのみざました。

B型丸出しの能天気思考バンザイ!!

“適当”、あっ、さ~いこ~!!

ムフ~ン heart04

底無しに肩が凝ったし手が痛かったけど満足!!

自己満足にどっぷり浸ってうちわを愛でながら芋焼酎を5杯は飲めそうです。

かくして私はうちわ8枚、マイスターC師匠が作ってくれたいつものうちわ、“智”Tシャツを鞄に詰めて福岡に旅立ったのであった。

Tomo

結果やいかに!?

続く・・・・

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

第31回目の結果

notes ま~ちに あいの~う~た~ な~がっれ~はじめ~たら~

京都駅にお目見えした巨大なクリスマスツリー。

P1000188

デネルでございます。

アイドルグループ嵐のキャプテン・大野君の誕生日であった11月26日近辺は仕事の都合でどうにもこうにも身動きが取れず、「社長、恨みます~」の勢いで爆裂に多忙な日々を悶々と過ごし、そのお陰で毎年恒例となっていた本人不在の生誕祭の開催は残念ながら今年は無しでした。

メノ~ン・・・・

が、しか~し、先週、大野君ファンのお友達 白い部屋Eちゃんと、これまた大野君ファンのお友達と小粋なビストロでディナーをご一緒させて頂きまして、「大野君、32歳の誕生日おめでとう!」とお祝いしてきました。

お友達が誕生日の近い私とEちゃんのバースデーケーキを内緒で用意して下さっていたんですけれど、我々が大野君の生誕祭をしていないと知って急遽。

ジャジャ~ン♪

P1000195

チョコレートプレートの真ん中に「智」の文字が heart04

3と2の蝋燭は何かの料理(お肉とか、お肉とか、お肉とか、例えばお肉とか・・・)にブスッと刺す気マンマンで事前に私が購入していたんですがお友達がケーキを用意してくれていたのでやめ。

お料理がまぁ~~~~~!!

どれもこれも凄く美味しかった!!

P1000192

P1000196

店員さんの接客や笑顔、もてなしの心、お店の雰囲気、お料理、などなどなど、どれを取っても申し分の無い100点満点のお店!!

また絶対行く~!!

第31回、『マニアの投票』 ( ← ご参照下さい )結果発表!!

残念ながらリストが画面に反映されなかった皆様から“デネルへお手紙”で、コメント欄で、メールで寄せて頂いた分を集計しまして、ご家族、ご親戚、ご友人の分も責任をもって手動で全て加算させて頂きました。

ええ、古き良きカウントの取り方である“正”の字をボールペンで一本ずつクイックイッと。

『11月26日、日付が変わった瞬間に聴きたい歌は?』のそれぞれの部門で第1位に輝いたのは・・・・

・・・・・・

・・・・・・

恐れ入りますが脳内でドラムロームを鳴らして頂いてもいいでしょうか!?

・・・・・・

・・・・・・

★お題 其の一: 『3104ソロ曲篇』では154票を獲得した『two』に決定!!

はい、拍手!!

内訳は以下の通りです。

1:  Rain  ⇒  24票

2:  Ready To Fly  ⇒  24票

3:  Song for me  ⇒  25票

4:  Take me faraway  ⇒  39票

5:  静かな夜に  ⇒  39票

6:  Hung up on  ⇒  1票

7:  two  ⇒  154票

8:  曇りのち、快晴  ⇒  23票

あんれまっ!!

『two』がぶっちぎり!!

凄い!!

私は8番の『曇りのち、快晴』に一票を投じました。

タモステの大野君と、ビデオクリップの白と黒の衣装に身を包んだ大野君に惚れて惚れて惚れまくり。

無限大に絶大なるLOVE。

『曇りのち、快晴』のビデオクリップは墓場まで持って行くと決めているのです。

“見目麗しい”と書いて大野智と読む。

嗚呼、うっとり。

溜息の嵐。

★お題 其の二: 『嵐シングルカップリング曲篇』では77票を獲得した『イチオクノホシ』に決定!!

はい、拍手!!

内訳は以下の通りです。

1:  Snowflake (Happinessより)  ⇒  10票

2:  冬のニオイ (とまどいながらより)  ⇒  26票

3:  スーパーフレッシュ (マイガールより)  ⇒  20票

4:  時計じかけのアンブレラ (マイガールより)  ⇒  50票

5:  もう一歩 (Troublemakerより)  ⇒  9票

6:  冬を抱きしめて (Step and Goより)  ⇒  19票

7:  over (Love Rainbowより)  ⇒  11票

8:  スパイラル (Monsterより)  ⇒  16票

9:  忘れられない (Beautiful daysより)  ⇒  51票

10:  Kissからはじめよう (アオゾラペダルより)  ⇒  16票

11:  イチオクノホシ (WISHより)  ⇒  77票

・・・・・

・・・・・

マジっすか!?

『イチオクノホシ』が第1位に!?

りありぃ~!?

過去の記事を参照してきました。

歴代の『11月26日、日付が変わった瞬間に聴きたい歌は?』の結果。

2007年で第1位に輝いたのは『素晴らしき世界』。

『イチオクノホシ』は第3位。

2008年で第1位に輝いたのは『Take me faraway』。

『イチオクノホシ』は第3位。

2009年で第1位に輝いたのは『曇りのち、快晴』。

『イチオクノホシ』は第2位。

2010年で第1位に輝いたのは『静かな夜に』。

『イチオクノホシ』は第3位。

2011年で第1位に輝いたのは『静かな夜に』。

『イチオクノホシ』は第2位。

で、で、で、2012年で遂に1位だワッショ~イ!!

キターーーーーッ!!

オヨヨヨヨ・・・・

嬉しさに咽び泣く・・・・

独裁者Dの独断と偏見で『イチオクノホシ』をリストに入れ続けて幾年月。

これが鼻水を垂らさずにいられよか!?

毛穴を全開せずにいられよか!?

褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショ~イ!!

もちのろんで私は11番の『イチオクノホシ』に一票を投じました heart04

嬉々として『スーパーフレッシュ』にポチッとしそうになる浮ついた心に「ちょっと待て!」と。

ルンタッタと『スパイラル』にポチッとしそうになる人差し指をペシッ!つって。

『イチオクノホシ』を裏切ってはいかん!!

そんなことをすればきっと自分を嫌いになる!!

『イチオクノホシ』に申し訳が立たない!!

アホ~!!

そしてアホ~!!

帰るとみせかけてアホ~!!

ちょっびっとでも他の曲に現を抜かしそうになった己に喝!!

て、大袈裟ですか!?

ふふふっ。

365日の内、Mr.罪作り ( ← 勝手に命名しております )のお誕生日は特別。

11月26日はこれからも私の中で変わることなくずっとずっと『イチオクノホシの智にマニアック』な~のです heart04

『イチオクノホシ』が第1位だなんて爆裂に嬉しい♪

★お題 其の三: 『嵐シングル・アルバム曲篇』では48票を獲得した『Face Down』に決定!!

はい、拍手!!

内訳は以下の通りです。

1:  Face Down (Face Down)  ⇒  48票

2:  morning light (Beautiful Worldより)  ⇒  27票

3:  リフレイン (僕の見ている風景より)  ⇒  39票

4:  Once Again (Dream“A”liveより)  ⇒  19票

5:  Love Situation (Timeより)  ⇒  23票

6:  Love Parade (ARASHICより)  ⇒  17票

7:  素晴らしき世界 (Oneより)  ⇒  41票

8:  Thank you for my days (いざッ、Nowより)  ⇒  25票

9:  Blue (How’s it going?より)  ⇒  41票

10:  いま愛を語ろう (HERE WE GO!より)  ⇒  31票

私は8番の『Thank you for may days』に一票を投じました。

『Once Again』と『Love Parade』と『Thank you for my days』の三つ巴で猛烈に悩みまして、あ~、でも『morning light』も聴きたいかも♪

考えたらキリが無いから一番最初に閃いた曲に決めた!!

『Thank you fo my days』にポチッ!!

終了~♪

皆様がポチッとされた項目はどないな結果になりましたでしょうか!?

『マニアの投票』に参加して下さって有難うございました!!

投票欄からは一言メッセージも多数寄せて頂きまして、それぞれのコメントは私にしか見えないように設定していました。

現時点で全て拝読済み。

ウケる!!

お腹痛いわ!!

面白すぎる!!

バラエティーに飛んだ皆様の愉快痛快な脳内シュミレーションに拍手喝采。

幾つかピックアップしてこちらで披露したいのは山々なんですが、私にしか見えないというのを前提で皆さん書き込んで下さっているので控えます。

 --------

 --------

福岡に行って参ります!!

うぃ、新作のうちわを引っさげて。

アラフェスと同様に「Popcornツアーにもし行かれるなら・・・」と多くの方からリクエストを頂戴しているんですが、感想文をここにしたためるかはまだ決めていません。

もしかしたら感想文を楽しみに待って下さっている方、すみません。

有る無し、ハーフ&ハーフです。

一応いつものペンとメモは持参します。

週末の福岡はなにやら雪模様だそうで。

愛用の毛糸のパンツを鞄に入れて行こうかな。

Cocolog_oekaki_2009_08_28_00_53

テルテル嵐ちゃん ( ← 勝手に命名しております )、頼む!!

行って参じまする~。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »