« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月 1日 (月)

アラフェス祭りだい! 8

ナメタケちゃんが「アレについて触れていない!」と言うもので。

“アレ”、それすなわち・・・・

それは東京に向かう京都駅でのことじゃった。

我々が乗る新幹線が間もなくホームに到着って時。

どこからともなく駅員さんによるアナウンスが。

電車の到着を告げるお知らせに違いない。

少ししてまた声が。

もうすぐホームに入ってくるのね。

またまた声が。

7号線と8号線 ( ← すみません、7号車と8号車の間違いでした )の間にいらっしゃる女性、危険ですので今すぐホームの内側にお寄り下さい」と。

もぉ~、誰!?

迷惑千万!!

まだ聞える。

「7号車と8号車の間にいらっしゃる女性、危険ですので今すぐホームの内側にお寄り下さい」と。

早く下がれよ!!

まだ聞える。

「7号車と8号車の間にいらっしゃる女性、危険ですので今すぐホームの内側にお寄り下さい」と。

どこのどいつや!!

辺りを見渡すこと暫し。

待てよ!?

7号車と8号車の間!?

・・・・

・・・・

私やん!!

黄色の線から出てますやん!!

友人Nとの話に夢中になって線をがっつり跨いでいた自称&言うのはタダな淑女D。

またの名を人間失格女。

トホホホホッ・・・・

猛烈に反省しております。

皆様の地域で台風の影響は大丈夫でした!?

私は帰宅時が雨と風のピークで膝下がドボドボになりました。

デネルでございます。

本日は9月20日に国立霞ヶ丘競技場で開催されたアイドルグループ嵐のコンサート、『アラフェス』の感想文の続き ( ← ご参照下さい )をば。

感想文を書き終えるまで臨時営業とさせて頂きます。

メモ(悲しいぐらい汚い字でのなぐり書きでかなり読解不能)を取ったと言っても完璧ではないのでニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

こと大野君に関しては針の穴ほどの狭い視覚&聴覚になる持病がある故、目にした光景はほぼ3104限定で、尚且つどこまでも当てにならないへっぽこ脳内レコーダーに録画されている事をご了承下さいませ。

これより以下は内容について触れております。

ネタバレがお嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

シングルリクエストソング第1位の発表!!

ドラムロールがドゥルルルルルー。

煌びやかな音の後に特効がドドンッ!!

メインステージの奈落から嵐さんがポップアップで登場。

と、同時に流れたイントロは・・・・

第1位の歌は・・・・

◆Face Down◆

ドラマ『鍵のかかった部屋』でお馴染みの、notes パッパッパーン タカタカタカタタッターン ダーンダッダダダッダーン notes ( ← 私の耳にはこう聴こえます )なイントロが流れた瞬間、毛穴がボンッ!!

トキメキ指数の針がグイン!!

狂喜の坩堝でギャーーーーーーッ!!

鳥肌がゾゾゾゾゾッ。

『Face Down』が1位だったとは!!

生『Face Down』に褌を締めて神輿を担いでワッショイワッショ~イ!!

いかん、動悸・息切れ・眩暈・・・・

求心を何卒・・・・

ゴールドラメラメジャケット、シルバーラメラメパンツ、サイドに黒い線の入った衣装に身を包んだ大野君に自称ガラスのハートがときめきっ放し。

“見目麗しい”と書いて“大野智”と読む。

センターで威風堂々と立つ大野君が格好良すぎてどうしましょ。

神懸かったタモステの『Face Down』を何度リピートしたかはI have no idea。

エトワール3104 ( ← 勝手に命名しております )のダンスに酔いしれた回数はアンカウンタブル。

オヨヨヨヨ・・・・

猛烈に嬉しい・・・・

コンサートで初お目見え!!

第1位、ありがと~!!

前奏のダンスがモー、モー、モー、もぉ~!!

絶好調超!で罪作り!!

か、か、か、かっちょいぃ~!!

痺れる!!

イントロでカウントを取る左足に視線は釘付け。

踊る時にカウントを取る大野君の左足にいつでもどこでも滅法弱いワタス。

魅惑のソロ、「すが~wo~ 見せないまま ~」に惚れて惚れまくりっす。

嗚呼、うっとり。

マジでガチでうっとり。

激しいダンスに過呼吸2秒前。

タモステと一緒!!

罪作り指数が半端じゃない!!

嵐さんはメインステージ ⇒ 花道脇の動く歩道 ⇒ センターステージに。

途中の花道では動く歩道を使って小粋にパフォーマンス。

これが格好いいのなんのって。

よしんば私が阪○電車 梅田駅近くにある動く歩道で同じようにやったらならば、「邪魔! どけよ!」と非難轟々で首根っこを掴まれて近所の派出所にしょっ引かれるとみた。

「田舎のお袋さんが泣いてるぞ」と落としのナカさんに諭されるに違いない。

センターステージでは幾筋もの炎がボボン!ボボン!

『Face Down』の中で絶大なるLOVEなダンスは数あれど、重箱の隅を突き倒して一つずつピンポイントで挙げたら朝まで生テレビ状態ですが、わたくしの最大級のお気に入りは「癒えぬ傷跡に ~」近辺の何気ないダンスなんですの heart04

瞬きもせずガン見。

な~んか好きなんですよねぇ。

さり気なさの中に大野君のエトワールぶりがギュッと凝縮されていると申しましょうか。

手と足のバランスが完璧。

ほんでもって絶妙。

おっとこ前な眼差しにゾクゾク。

たまらん!!

また惚れ直した!!

『Face Down』にまつわるエトセトラに拍手喝采!!

ブラボ~!!

◆迷宮ラブソング◆

大野君は一人乗りのクレーンに乗って高く上昇。

どこまでも伸びやかなソロの歌声に朝まで乾杯。

◆Oh Yeah!◆

踊る!!

3104のタイミングでがっつり踊る!!

Timeツアーの時のみ最初から最後までダンス有りでした。

久しぶりにこの歌で踊る大野君が観たいわい。

エリンギと二人でしゃかりきに振りを覚えましたもん。

もちのろんで3104ver.ね。

彼女は相葉君ver.ね。

『Oh Yeah!』のダンスが大好き♪

嵐さんはバックステージから聖火台に向かう途中(ちょうど真ん中辺りぐらい)までムービングステージに乗って上昇。

めちゃくちゃ楽しい!!

大いに盛り上がりました。

◆ハダシの未来◆

ソレソレソレソレ~!!

踊る!!

◆A・RA・SHI◆

メモには“階段”の文字が。

はて!?

ムービングステージを降りてすぐそこ!の距離の階段で歌っていたのかしら!?

ムービングステージに乗り込んで下に ⇒ バックステージ。

いつまでも聴いていたい耳心地のいい「You are my soul ~」のソロの歌声に店長さま、テキーラロックで宜しくどうぞ。

客席にマイクを向ける前の「ヘ~イ!」の声がトロットロ。

最後の5人のハーモニーが凄く綺麗でした。

◆挨拶◆

5名様はもっともっと話していたんですが集中力が途切れてペンが全然追い付かなかったので沢山端折ってます。

櫻井君: えー皆さん、本日はどうも有難うございました。

      (すみません、これしか書いてなかった・・・)

大野君: えー、どうも有難うございました。 やっと逢えたね。

      何回もこの会場でやらして頂いて、ホントに夢のようです。

      ホントに、皆さんが応援してくれたからできたと思います。

      これからもこういう機会を(メモの字が解読不能)やりたいと思うので、

      僕らも頑張るので皆さんも頑張って応援して下さい。

-場内爆笑-

-大野君に背を向けていた櫻井君と松本君、O氏の発言に驚いて思わず振り向く-

      すいやせん、ゴニョゴニョゴニョ(何と言っているのか聴き取れず)。 

      有難うございました!!

挨拶の途中でごめんあそばせ。

大野君、ちょっとよろしくて!?

“やっと逢えたね”て!!

中山さんに贈った辻さんですやん!!

どこでそんなん覚えたん!!

ウケる!!

しれっと“やっと逢えたね”。

大野君の“やっと逢えたね”が脳内でビッグエコー。

で、「皆さんも頑張って応援して下さい」。

喜んで~!!

任せとけ!!

大野君の上から発言に対する櫻井君と松本君の驚きぶりがどうにもこうにもツボでした。

スマッシュヒットっす。

確か二人してサッ!と振り返っていたはず。

呆れるやら可笑しいやらで大野君のこめかみをグーでグリングリンしてやりたかったことでしょう。

近くに説教部屋があったらすぐさま呼ばれていたとみた。

大野智、秋で32歳。

自分でも「しまった!」と思ったのか、マッハで謝る大野君がかばええ・・・ かばええ・・・ かばええ・・・ あ~かばええ・・・・

大野智、どうしてくれよう・・・・

それにしても面白い。

“やっと逢えたね”て!!!

あのタイミングでよく出てきたな~。

いかん、持病の“話が脱線しまくり病”が。

本編に戻ります。

相葉君: 皆さん、今日は本当に有難うございました。 楽しかった!

      みんなで作ったものが形になって凄いなと。

     (すみません、メモ書きが・・・ 人間何が起きるか分からないから

      毎日楽しみたいみたいなことを言っていました)

      最後に、Tシャツを着ているあなた! 凄く似合ってます♪

二宮君: 今日は本当に有難うございました。 関係各位、事務所の偉い人、

      申し訳ありませんでした。 怒られると思ったけどどうしてもやりたくて。

      あいつ(O氏)がやりたいって言ったから!!

-驚愕のO氏-

-場内爆笑-

大野君: 違うだろ!! 二人でやるって決めただろ!!

-場内爆笑-

-櫻井君、大大大大爆笑-

ほんのり巻き舌でべらんめぇで、それでいて底無しに甘い「違うだろ!! 二人でやるって決めただろ!!」の声にありったけのキューーーーーン。

      皆の楽しそうな顔にいつまでも続けられる祭りなんじゃないかなと。

      相葉君がシビアなこと言ってましたけど、来年もできるようにみんなで

      頑張っていきましょう。

松本君: 皆さん、今日は本当に有難うござました。

      皆の力でできたアラフェスはどうでしたか? 

      (すみません、これしか書いてなかった・・・)

◆感謝カンゲキ雨嵐◆

二宮君と大野君の乗ったムービングステージがこっちに来る!!

大野くーーーーーーーん!!

歌い出しは『ARASHI AROUND ASIA』の台湾版(アラフェスでは日本語)と同じ。

ムーディーな感じで始まり、頭の大野君のソロに戻ってそこからはいつも通り。

大野くーーーーーーーん!!

グルッと半周してメインステージに。

この歌だったかな!?

マイクの調子がよろしくないのかソロの声が私の席からは若干聴こえ辛かったです。

それぞれ: どうもありがとー!! 

        ありがとー!! 

                バイバーイ!!

ハケる5名様。

メインステージのスクリーンにはニューアルバム『Popcorn』の発売告知!!

11月から『Popcorn』ツアーの始動!!

楽屋ちっくなところで各自アルバム?ツアー?についてちょろっと説明。

おバカ de ラブリ~な解説に笑い皺がツツツツツー。

二宮君曰く、「新たな伝説の始まり」だそうです。

マジっすか!?

ワクワクする♪

場内は「あ~ら~し~!あ~ら~し~!」コール。

メインステージに色合い違いのピンクのジャケットを着た5名様が登場。

大野君は濃いサーモンピンクのジャケットに黒いパンツ。

こい、スーパーフレッシュ!!

◆アンコール 証◆

オリンピックの歌ですにゃ。

◆アンコール 言葉より大切なもの◆

「ここにはーーーーーー?」

「あるからーーーーー!!」

腕をブンブン振る!!

メインステージ ⇒ 前の花道 ⇒ 分かれて花道。

◆アンコール Love so sweet◆

踊る!!

この曲の振り大好き!!

大野君は一人乗り用のタワーで上に上に。

メインステージのてっぺんから打ち上げ花火がドドンッ!!

た~まや~!!

豪華にドドンッ!、よっ、ドドンッ!!

これでもかっ!てな勢いでドドンッ!!

それまでメインステージに背を向けて歌っていた大野君は振り返って花火に拍手をしながら歌っていました。

花火を見上げるのに首がクイッ、“ホへ~“な眼差し、つぶらな瞳がクリッ、パチパチ拍手で『Love so sweet』を歌う3104がすこぶる別嬪さん。

ラブリ~過ぎるでしょうよ、大野智。

憎らしいわい。

◆アンコール サクラ咲ケ◆

ワッショイ!!

腕をブンブン振る!!

センターステージで円陣を組む5名様にジ~ン・・・・

メインステージに戻って最後のジャカジャン!が決まるまで何回かジャンプ。

何回目かのジャンプで特効がドーーーーーンッ!!

ジャンプの度に足をパタパタさせる大野君にデヘ~。

松本君: 俺ら5人の名前はなんだーーー?

客席: あらしーーーーーーー!!

大野君・櫻井君・松本君・相葉君・二宮君の並びで繋いだ手を上に。

それぞれ: どーもありがとーーー!!

       とても楽しかったでーーーーす!!

       バイバーーーーイ!!

       じゃーねー!!

       バイバーーーーイ!!

ハケる5名様。

場内は再び「あ~ら~し~!あ~ら~し~!」コール。

相葉君監修のツアーTシャツを着てメインステージに再び登場。

大野君はオレンジも良く似合いますなぁ~ heart04

松本君: ホントに最後に1曲だけ。

客席: えーーーーー!

松本君: いろいろあるんだって。 ちょっと懐かしい曲をやりたいと思います。

D&N: スーパーフレッシュで頼む!! でも懐かしいかな?

     そんな古くないよな。 え~い、こいっ、スーパーフレッシュ!!

松本君: 準備万端?

客席: イエーーーーイ!!

松本君: 準備万端?

客席: イエーーーーイ!!

D: スーパーフレッシュのはず!!

◆アンコール2 EYES WITH DELIGHT◆

crying crying crying crying

まさか、まさか、あぁ、まさか、『アラフェス』で、しかもフィナーレでこの曲を歌ってくれるとは。

嬉し涙がダーーーーーッ。

ナメタケと二人で抱き合って絶叫。

その昔、エリンギと私が嵐強化合宿と称したマニアのコンサートDVD観賞会で当時全くファンではなかったナメタケが我々に無理やり観させらていたのがこの歌。

うぃ、相葉君のマルチアングルと大野君のマルチアングルのみ。

しかもどっちのアングルを観るかでリモコンを奪い合う仁義なき戦いを繰り広げ、エリンギと二人で常に「表へ出ろ!」状態。

なのですっかりトラウマになって「この歌イヤ!」になっているのかと思いきや、意外や意外、ナメタケちゃんてばM気質♪

好きなんだそうな。

東京のホテルでも観てたんです。

うぃ、うぃ、アングル3が固定ですけど何か!?

“10秒戻しボタン”を駆使してピンポイントで激しくリピートしますが何か問題でも!?

そら抱き合って狂喜乱舞しますわ。

「EYES WITH DELIGHT、キターーーーーーッ!」つって。

盆と正月と国民の休日と誕生日が一緒に来た!!

メガトン級に嬉しい!!

踊る!!

前日の深夜にホテルのバスルームで足を滑らせて右半身を強打して肩と手首が痛いけど無問題!!

フルスロットルで踊る!!

お~らびゅらびゅ~ よーあいずうぃずでらぃっ♪

最高に楽しい!!

国立で踊れてマジHappy!!

私の願いはただ二つ。

そう、この歌の2番に搭載されているペロッとまるっと恋して止まないDIVA3104のソロ、「むねにぃ~ しまっ~たあの ~」と『ハ行』の不動の1位である「ストローハット」の“ハ” ( ← ご参照下さい )が披露されること。

神様、仏様、ブードゥー様、あれもこれも、え~い、全部!!

お願いします!!

フルコーラスで歌って下さい!!

念ずれば花開く。

遂にキターーーーーーッ!!

何回もすみません、キターーーーーーッ!!

ウザくてごめんにょ。

喜びに咽び泣く・・・・

涙が・・・・

鼻水が・・・・

おか~さ~ん!!

ヤッター!!

なんも言えねぇ~!!

DIVA3104の「むねにぃ~ しま~あった~ あの~」が聴けた!!

オヨヨヨヨ・・・・

感無量・・・・

crying crying crying crying

メインステージで大好きなソロを歌う大野君に惚れ惚れ。

二宮君: いい声だな!

異議なし!!

仰る通り!!

大野君の歌声は心にすっと入ってくる。

国立の夜空に溶け込む「むねにぃ~ しま~あった~ あの~」に胸がいっぱい。

ええ、悲しいぐらいに貧乳ですけれども。

いつまでも聴いていたかったです。

ずっと歌い続けて欲しかったです。

感極まって怪しさ満載で挙動不審に陥るネオン瞬く眠らない街(町)に住む都会っ子D。

願いがまた一つ叶いました。

コンサートで『EYES WITH DELIGHT』の大野君のソロ「むねにぃ~」を聴くことが叶った2012年秋。

後は「ストローハットの」の“ハ”でございやす♪

『EYES WITH DELIGHT』、あーざっす!!

松本君、マジ、リスペクトっす!!

スパシ~バ!!

ほんとーーーーーに嬉しい!!

語彙が貧困だから“嬉しい”以外に言葉が見つからない!!

『智の“むねにぃ~”からのソロにマニアック』ざます!!

それぞれ: 気をつけて帰ってねー! 

       バイバーイ!!

       帰るまでがアラフェス!

       バイバーイ!!

21時に『アラフェス』は幕を閉じました。

あっと言う間の3時間半。

夢か幻か。

めくるめく魔法のようなひと時。

湧き上がる歓声、そこかしこから聴こえる声援、凄まじいまでの熱気、笑い声、称賛の声、これでもか!てな勢いで一曲毎に盛り上がり、「次の歌は何?」と期待に膨らむ想い、次の歌が何であるか分かった時の驚きと喜びが終始国立に充満していました。

「嵐が大好き!」という気持ちが満ち溢れていました。

そして、何よりも嵐さん自身がアラフェスが楽しくてしょうがないと全身で、笑顔で、歌で、ダンスで、トークで表してくれていたことが見ているこちらにまで伝染して、彼らとファンの一体感はここ最近で一番だったように思います。

温かくて優しくて幸せに包まれた素敵な空間。

5色の虹はとても綺麗でした。

格好良くて、男前で、おバカで、ラブリ~で、キュ~トで、凛々しくて、キラッキラで、気高くて、紳士で、チキショ~、だぁ~、とぉ~!!

嵐は最強で最高!!

彼らのナイスな心意気に無限大で惚れ直したアラフェス。

大野君が24時間テレビで読んだメッセージ。

「僕ら嵐の、未来。 松潤、相葉ちゃん、翔ちゃん、にの。 どんな時でも、笑っていよう。 何があっても、5人で乗り越えよう。 そして、この先の未来も、ずっと5人でいよう。」

この先に続く道にはいつもこの5人がいる。

それだけで笑顔になれます。

なって良かった『嵐にマアック』。 

ほんの一握りのファンしか行けなったのが本当に残念。

DVDはノーカットでお願いします。

久しぶりにマルチアングルの搭載で何卒。

Blue-rayもぜひ。

明日とかの発売大歓迎。

特典映像で『スーパーフレッシュ』を歌うとかあり!?

ふふふっ♪

あちらで久しぶりにお目にかかった方々、「はじめまして」の方々、大人数の宴会の幹事を務めて下さったIさんとNさん、有難うございました。

お世話になりました!!

宴の会場は大野君が映画『怪物くん』の番宣で行った、“何位ですか!”のあのお店 heart04

Kちゃん、お誕生日おめでとう!!

さよなら、ノッポン兄!!

「どんだけ長いの!」な感想文に最後までお付き合い下さって有難うございました。

臨時営業はこれにて終了。

どちら様も秋の夜長をご満喫下さい。

また逢う日まで!!

ア~デュ~♪

ア~デュ~♪

ア~デュ~♪

 --------

 --------

9月29日に震災プロジェクト専用の別館を更新しております。

宜しくお願い致します。

グッバイ、9月。

ハロ~、10月。

| | コメント (94) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »