« 魔王 -第3話 後半- | トップページ | グリーンの時代!? »

2008年7月22日 (火)

Analyze智 検分3

デネルでございます。

本日はアイドルグループ嵐のキャプテン・大野君の“talent”にまつわる分析をば。 

  ( ↑ 詳細は過去のAnalyze 智シリーズ をご参照下さい。)

2005年の年末に天才エアボーカリスト・フレディ大野 ( ← ご参照下さい )にペロッとまるっと惚れ込むまでは“フェイク”と言う歌い方があるなんて全然知らなかった私。

大野君のこのフェイクがたまらんっ!!、3104によるこのフェイクが絶品!!、愛しい男のフェイクは最高!!などとあちこちで見聞きしました。

はて!?

“フェイク”ってな~に!?

何をもってして“フェイク”と言うの!?

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、私は『智にマニアック』内では“フェイク”と断言する書き方をしません。

いつも“フェイクとやら”としか書かないんです。

もしくは3104の歌い方を耳が捉えたままの言葉で書き綴るか。

ええ、“Yeah~~~~~”だの、“Oh~~~~~”だの、“He~~~~y”、だのだのだのです。

何ともお粗末で幼稚な表現方法ですな。

今までずっと、密かに“フェイクとやら”にこだわり続けていた私。

自分で理解しない内は“フェイク”と書くのが嫌だったんです。

“フェイクとはなんぞや!?”をスローガンにしゃかりきに調べました。

その結果、なんのこっちゃさっぱりでした。

これぞ“フェイク”という定義も無ければ確かな裏づけも無いんです。

“フェイク”についてがっつり解説している記事が無いんです。

なるほど~!と目から鱗の答えを見つける事が出来ませんでした。

メノ~ン・・・・

今回も音のプロでいらっしゃる、うずまきさんに色々ご伝授頂きました。

因みにうずまきさん専門のクラシックの世界では“フェイク”という言葉は使わないそうです。

これより以下は猛烈に長いのでお気を付け下さい。

それではレッツスタート。

◆フェイクとやらについてのお勉強  其の一◆

Q: フェイクってな~に!?

●A1: 曲のメロディを元々の音から変えて即興的(アドリブ)に歌う事。

     1番の変奏(単純なメロディに様々な変化を加えて繰り返す事)を

     2番以降でやる。

例】 ・アルバムDream “A”liveに収録されている『Take me faraway』

2番の「昨夜伝える為に ~ どんなに世界が変わり始めても 変わらない」

ここのフレーズは1番のメロディをペロッとまるっと全部変えて歌っている。

例】 ・シングル『We can make it!』

2番の「溢れる涙 大切なことも気付かずに ~ What a feeling」

ここのフレーズも1番の「過ぎ去りし日々 ~ カラダに」のメロディを変えて歌っている。

●A2 メロディやコーラス以外の部分で歌詞を付けずに即興的に歌う事。

例】 ・シングルWe can make it!のカップリング曲『いつまでも』の最後の

    “Wo~wu wowo ~”以降の歌い方全て。

例】 ・アルバムTimeに収録されている『Cry for you』の最後

    “Wow Wow  Wow ~”以降の歌い方

~うずまきさんからの注釈~

嵐の楽曲に対して大野君ファンの皆さんが言っていたり、音楽雑誌のライターさんが書いている“フェイク”は本来の意味通り必ずしも大野君が即興的に歌っている事を指して“フェイク”と言っている訳ではないようです。

大野君自身がフェイクをしているのか、予め楽譜に書かれた(デモテープに入っている)通りに歌っているのかはCDを聴くだけでは分からない。

コンサートでも殆どCDから崩さず歌う大野君ですが、即興的にメロディから変えて歌える音楽力はあると思うとの事。

コンサートDVDの『Time』に収録されている「A・RA・SHI」の最後(ゴスペラー○ちっくなコーラス部分)でそれが証明されています。

アルバムや歴代のコンサートDVDなどの「A・RA・SHI」では一度も披露していない上のパートを大野君は一人で歌っているんです。 ( ← 補足: 『One』のDVDでも登場しますがこれはまだまだ未発達) 

大野君は4名様よりも11度高い上のラを歌っているんですって。

ミ ファ ソ ラ シ ド レ ミ ファ ソ ラ 

4名様は最初のミを歌っていて大野君は最後のラを歌っている。

11度上を歌うのは相当大変なはずなのに大野君は難なく歌いのけているそうな。

あんれまっ!!

大野君、言われ過ぎて耳にタコが出来ているでしょうけど敢えて言わせろ。

かっ、かっ、かっ、かっこいぃ~!!

◆フェイクとやらについてのお勉強 其の二◆

Q: 上記以外はフェイクと呼ばないのか!? 

A: 違う言い方をする

●A1 モーン ⇒ 曲の頭で歌詞を付けずに即興的に歌う事

例】 ・アルバムHow’s it going?に収録されている『できるだけ』のイントロでの

    歌い方。

例】 ・アルバムHERE WE GO!に収録されている『Easy Crazy Break 

    Down』のイントロでの歌い方。

●A2 セカンドメロディ ⇒ メインのメロディと同格の力関係、またはこちらがメインより格好いい場合もある対旋律

例】 ・アルバムHow’s it going?に収録されている『どんな言葉で』

    「鮮烈ゾーン!」から「壊れそうな君の役に立てるかい?」までのところ全部。

●A3 フィラー ⇒ メインを長く伸ばしたりしている間に「間」を埋める動きをする対旋律、合いの手と呼ばれる

例】 ・カウントダウンコンサートでご披露された『はつうた』 ( ← ご参照下さい )

    「ハッピー ハッピー」や「Happy New Year」のところ。

例】 ・アルバムDream “A”liveに収録されている『シリウス』

    2番の「誰かが言ってた(誰かが)傷は癒される(癒される)の(  )の中。

    因みに最後の方で聴こえるうっとりしまくりな“Wowowwow ~”はフェイクです。

~うずまきさんからの注釈~

セカンドメロディとフィラーは歌い方を表す言葉ではありません。

フィラーは少し器楽的な言い方で、このような歌の掛け合いをジャズではズート、ゴスペルではコール&レスポンス、日本古来の邦楽では合いの手、などジャンルによって呼び方や音楽のニュアンスが変わってきます。

嵐の楽曲には色々なテイストの音楽があり、“これ”とまとめて言うのが難しいので音楽の働きとしてフィラーという言葉を使いました。

  ------------

  ------------

うずまきさんのリサーチの結果、大野君の歌い方は綿密に言うと全部が全部フェイクではないという事が分かりました。

なるほどね~。

やっぱり難しい・・・・

うずまきさんご自身はピンポイントで言う時は「どんな言葉でのセカンドメロディーを歌う大野君は格好いいよね~」とか「はつうたの合いの手は・・・」などと使用されるそうなんですが、全体を言う時は“大野君のフェイク”と大きく捉えるとの事。

音に関してはド素人な私。

いちいち使い分けると頭がこんがらがって“???”になる、そこまで神経質にならなくてもいいんじゃない!?、うずまきさんに教えてもらった“フェイクとやら”の基本を踏まえた上で一括りにしてしまうか!?、え~い、してしまえ!!

そうそうそう、嵐さんがタモステに出演した時に大好きなミスチルも出ていた回があったんですが、桜井さんがaikoさんの何とかという曲の“フェイク”が凄くいいと言ってたんです。

桜井さんがどのパートの事を指して“フェイク”と言ったのか分かりませんが、会話の中で普通に使っているからアーティストの間でも“フェイク”は公用語として通っているんだわと思った記憶があります。

てな訳でこれからは心置きなく“フェイク”と書く事にします。

グッバイ、“フェイクとやら”。

ハロ~、“フェイク”。

あ~、すっきり♪

★Analyze 16★

大野君のソロ楽曲のフェイク

●Song for me

Timeツアー in 東京ドーム&DVDをご覧になったうずまきさんによるトリビア。

大野君がアルバムとコンサートで歌い方を変えていたあのパート。

ええ、「忘れないよ」の後のフェイクです。

「忘れないよ」の“よ”はCDで聞こえるコーラスの方の音を取って歌っていて2小節伸ばした後、息を吸って同じ音で1小節半伸ばした後、2拍“U~~”と伸ばした後、“U~~~~~~~~”と2小節伸ばしている。

ドレミで歌うとシミラレソドに♭を付けて「ファファソラ ラ~~~~~~~~ラ~~~~~ラ~~ファ~~~~~~~~」

上記を歌詞に変換すると「わすーれなぃよOh~~~~~~~~Oh~~~~~~U~~U~~~~~~~~」となる。

最後の“U”のビブラートは素晴らしかったそうです。

そんなDIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )に絶大なるLOVEっす。

●Rain

「赤いルージュのグラスの跡 ~ 痛み残し」の後のY~~~~~~~eah

DVD『AAA+』はCDと違ってY~~~~~eah!」の“eah”を少しひっくり返して歌っているのでセクスィ~度数がアップしているのではなかろうか!?

ベロンベロンに色っぽい“eah”だけで大好物の芋焼酎ロックを3杯は飲める自信があります!!

●Top Secret ・ Ready to fly

フェイクの搭載は無し。

●Take me faraway

世にも薄気味悪い私の感想文 ( ← ご参照下さい )にうずまきさんから太鼓判を頂いたのでこのままステイの方向で♪

★Analyze 17★

大野君の声域はあと半音で3オクターブだとうずまきさんに前回教えて頂きました。

なんですが、進化し続けているDIVA3104の歌声を『truth』でがっつり聴けるそうです。

「You take my life forever」の“forever”の“e”でなんと、なんと、あぁ、なんと、3オクターブ超えを果たしました!!

マニアのハートを鷲掴みにするセクスィ~な低音ヴォイスの“e”は3オクターブと1音出ているんですって。

“e”の音は低い低い“ソ”♪

どうですか、これ!?

はいっ、拍手!!

はいっ、万歳三唱!!

チキショ~、またまた惚れ直した!!!

★Analyze 18★

『Take me faraway』

この曲は“E♭m-C♭-A♭m-D♭”のコード進行がイントロから最後まで33回も永遠に繰り返されていて物凄く単調な曲。

唯一違うのは「儚い情熱の影~」のみ。  

『Take me faraway』に限らずこのような曲調は演奏者や歌い手の技量によっては途中で飽きてしまうそうです。

全くそれを感じさせないのは大野君の類い稀な歌唱力+メロディーライティングの巧さのお陰であり賜物。

どうですか、これ!?アゲイン。

3104のモンスターぶりに思わず鳥肌がゾゾゾゾッ。

うずまきさんによるトリビアをば。

嵐さんの楽曲全タイトルの中で、これぞ本当の“フェイク”と言えるのは『Take me faraway』のみ。

だぁ~、かぁ~、くぅ~、もぉ~、たまらんっ!!

大野智、何度惚れ直せばいいのだ!?

実験結果、大野君は名歌手であり『Take me faraway』は名曲である!!

◆マニアの疑問&願望◆

アルバム『One』の初回限定盤に収録されていたDVDには「Rain」をレコーディングをしている大野君の姿が。

いやだ、素敵♪

「Rain」を吹き込むDIVA3104の姿にペロッとまるっと惚れ込みました。

美声すぎるでしょうよ、大野智。

とてつもなく難しい曲をなんでもないようにサラリと歌いこなしてしまう愛しい男に絶大なるLOVE。

いかん、持病の“話が脱線しまくり病”が出そうなので元に戻します。

嵐さんは一人づつ個々に録音するんですね。

因みにミスチルは4人全員でするんですの♪

録音マイクの前に置かれた紙には歌詞だけが書かれていて大野君はちょこちょこと歌い方!?のポイントを自分で書き足していました。

ミュージシャンたるもの楽譜を見ながらレコーディングをするもんだと思っていました。

ええ、私の勝手なイメージです。

うずまきさんも仰っていましたが、ここでフェイクを入れろと最初から歌詞に書かれているのか!?

はたまたデモテープで誰かが歌っているのを大野君が同じように反芻している!?

もしかしてフェイクは全部、大野君のオリジナル!?

4名様の譜面と大野君のとでは内容が違うの!?

どのパートがソロになるか自分達では分からない、仕上がったのを聴いて初めて知る、まさかここが!とビックリした事がある、などと彼ら自身が言っているのを雑誌で読んだ事がありますが、パート分けをしているのはどこのどなた!?

嵐さんの意見は取り入れられないの!?

謎だわ。

“レコーディングの怪”だわね。

今回ここで紐解いた大野君のフェイクについての見解は想像の域を超えません。

一体どの時点でフェイクは誕生しているんでしょうか!?

全ての謎を解く為に3104のレコーディング風景を観葉植物の陰からがっつり盗み見したい7月の夜。

◆デネルからのお願い◆

うずまきさんに言われて初めて気付いた事があります。

それは、大野君の口から一度も“フェイク”という言葉を聞いた事が無いという事。

言われてみれば確かにそう!!!

雑誌やメディアなどがこぞって大絶賛してるのしか知らな~い。

櫻井君が愛情たっぷりにコメントしているのは雑誌で読みました♪

これまでに大野君自身が“フェイク”について語っているのを見聞きした事があるぜぃ!という方はいらっしゃいますか!?

もしいらっしゃいましたら是非とも詳細を教えて頂きたいのです。

宜しくお願い致します。

後もう一つお願いが。

勉強不足ですみません、歌番組も雑誌も嵐さんの所しか見ない私。

事ある毎に大野君のフェイクが称えられているように、フェイクの達人としてしょっちゅう名前が挙がっているアーティストをご存知ですか!?

それはどこのどなた!?

「木を見て森を見ず」ではいけないかなと思いまして、今後の参考にさせて頂きたいと思った次第です。

宜しくお願い致します。

◆マニアの独り言◆

これまでのAnalyzeシリーズの中で“フェイク”について書くのが最も難しかったです。

本当に難しかった・・・・

いざ言葉にしようとすると途端に思考回路がストップするんです。

“フェイク”という名の高い壁がチョモランマ級に目の前に立ちはだかっていたんですよね~。

だってあまりにも複雑だったんですもん。

専門家のうずまきさんをも唸らせた“フェイク”だったんだも~ん。

許容範囲を大幅にオーバーしたため暫くは頭の片隅に追いやってしまっていました。

そうこうする内に怒涛の3104フェスティバルとなった2008年が幕を開け、あれよあれよという間に今に至る。

去年の夏頃に検分レポートを頂いた日からずっと、穴が開くぐらい何度も何度もレポートを読み直し、お題に沿った曲を何度も聴き&見直し、ツルッツルの能みそなりに勉強しまくりました。

アドバイスを始め、新たな発見がある度にうずまきさんはいろいろ教えて下さいました。

で、“フェイク”の何たるかを理解出来たような気がしたのがつい先日の事。

「自分の言葉で書ける!」とようやく思えたのがほんの数日前でした。

ここにエントリーするまでに1年ほどかかりましたが、うずまきさんのお陰で私の中で消化不良を起こし続けていた“フェイクとやら”を“フェイク”と呼べるようになりました。

本当に有難うございました。

「この情熱を仕事に生かせ!」と叱咤する心の声はスルーの方向で。

残念ながら大野君にしか作動しないんですの♪

   ---------------

   ---------------

当初の予定では今回が最終回になるはずだったんですが無理でした。

だって大野君の溢れんばかりの才能は語れども語れども語り尽くせないんですもん。

憎らしい生き物ですよ、全く。

逆ギレしてもいいですか!?

どんだけ罪作りなんだ、大野智!!

『Analyze智 検分4』へと続く・・・・

◆おまけ◆

『Step and Go』の大野君の最後のソロパート、「愛しさ溢れて ~ 両手に」の“(ん)両手にぃ~”も変奏によって生まれたちょっとしたフェイク♪

|

« 魔王 -第3話 後半- | トップページ | グリーンの時代!? »

コメント

◆アラさん◆

お久しぶりです!
また遊びに来て下さってありがと~!
辞書を使っても私はアラさんみたいに外国語を上手に使えないですよ。
嵐さんの歌の歌詞の意味は分かりますか!?
この日本語は?ってのがあれば遠慮せずじゃんじゃん聞いて下さいね。

大野君のフェイクは凄いですよね。
どのフェイクも何度聴いても鳥肌が立ちます。
アラさんは「TOP SECRET」の“つ”がお好きなのね。
新たな発見があったら教えて下さい。
ではでは~♪


投稿: デネル→アラさん | 2009年4月25日 (土) 20:53

二度目です^^前の韓国のファンですが、
覚えてくれますかな。。。
待ってま~す!っとお言葉をしてくれたんですけど
今になって来ましたT^T
なんと4か月ぶりに^^;
お上手なんて過分なお言葉です
事典がないとまだまだだめですww
今度もやっぱり驚きの連続です’’*
FAKEてすごいですね!
て言うか、智くんのFAKEが^^
FAKEの前の分析も見ました!
ふだん、思わず好き好き~しながら聞いた部分を
説明で見るから頭にちゃんと整理がなる気がします
私は智くんの「つ」の発音がずっと好きでした
とくにTop secretの「つ」は!T^T
(またTop secretですよねww)
私一人の考えじゃなかったんだ~っと
思いました^^
この以外には何がいるか探して見ます!
では、また来ま~す!happy01

投稿: アラ | 2009年4月25日 (土) 19:08

◆momoさん◆

momoさん、はじめまして!
ふと辿り着いて下さって有難うございます。

大野君は凄いですよね。
ファンになるまでフェイクという言葉を知らなかったんですが、こんなに奥が深いとは。
自分のものにしてさらりと歌いこなす大野君にまたまた惚れ直してしまいました。

「a Day~」のフェイクについて大野君はそんなコメントをしていたんですか!?
耳で捉えたままを歌っていたんですね。
格好いい!!
レコーディング風景をがっつり映像化して頂いて数多くの謎を解きたいです。

また遊びにいらして下さいね。

投稿: デネル→momoさん | 2008年10月29日 (水) 19:49

デネルさん、はじめまして。
ふと辿り付いて・・・食い入るように読んでしまいました。
超遅なコメントですみません。
「フェイクについて」すごく勉強になりました!
そしてやっぱり智はすごいのですね~♪
私は「a Day~」のフェイクが好きで好きでたまらなくて、
でもまさかジャニーズにあんな声が出る人いねーべ、と
コーラスの人だろうと思って3年無駄に過ごしてしまいました。
まあ、そんなことはさておき。
以前、「a Day~」のフェイクは何て言ってるの?って聞かれて
「自分でもわかんない。聞こえたまま歌った」みたいなことを
智が言ってたことがありました。
なので、デモテープで聞いたまま歌ってるんでしょうね。
あるいは、レコーディング中に、「ここにこんな感じで入れて」
って言われたりしてるのかなーなんて想像してます。

投稿: momo | 2008年10月29日 (水) 00:16

◆あずさん◆

読んで下さって有難うございます!

『truth』で大野君の声は3オクターブ声をしているんですって。
またまた惚れ直した!!

DIVA3104のモンスターぶりはこんなもんじゃないはず。
どこかの企業でプロジェクトを組んで徹底的に解明してくれればいいのに。

投稿: デネル→あずさん | 2008年7月29日 (火) 11:14

おはようございます〜。

検分3読ませて頂きました。
今日まで予習も復習も怠っていたので、分からない部分も有りましたが、例えを上げて頂いた部分は、とても理解しやすかったです。
過去の検分から読み返し、お二人の追跡の前には、大野君の未知なる部分も最終的には無くなるのではなかろうかと思いましたが、検分3を読み、3オクターブ超えの大野君にgalaxyを感じました。
遂に、3オクターブ超えをうずまきさんに捕らえられたっ。
大興奮しました!
嬉し泣きです〜。
素朴に、声域って上に広がるばかりではないのですね。
毎回とっても勉強になります。また色々ご指導ください。

デネルさん&うずまきさん、力作ありがとうございました。

次回も楽しみにしております♪

投稿: あず | 2008年7月28日 (月) 11:49

◆はなさん◆

はなさんもどうぞご自由にここをお使い下さいませ♪


投稿: デネル→はなさん | 2008年7月26日 (土) 10:16

◆pochinoさん◆

どうぞどうぞご自由に~♪
お好きなだけここをお使い下さいませ。

投稿: デネル→pochinoさん | 2008年7月26日 (土) 10:15

デネルさん みなさん こんにちは

デネルさん 申し訳ありません
私もこの場をお借りして
うずまきさんへ..

うずまきさん
この検分を拝見しただけでも大感激だったのに
メッセージいただき
本当に感激しています
ありがとうございます
「カデンツァ」 はい 友人が話してくれました
独奏者の即興的に演奏のこと
それを楽譜に書き残したものを演奏していくように形が変わったものもあるということ (でしたっけ?^_^;)

理解力のない私ですが
うずまきさんの知識による分析
デネルさんの文章によって
楽しみながら 知ることができました
「オペラ座の怪人」 聴いてみます
本当にありがとうございました♪

投稿: はな | 2008年7月25日 (金) 16:33

デネルさん・皆さんこんばんは~

デネルさん申し訳ありません。
この場をお借りしてもよろしいでしょうか?
うずまき様
私ごときの書き込みへの丁寧なご教授、ありがとうございました。
大御所のお出ましに恐縮しております。
検分その4、楽しみにしております。

デネルさんすみませんでした。m(__)m

投稿: pochino | 2008年7月25日 (金) 01:51

◆バジルさん◆

手前味噌ですみません、物凄く時間がかかりました。
でもそれだけの価値があったと自信を持って言えます。
大野君の素晴らしさがドドンッ!と証明されるんですもん。
こんなに嬉しい事はありません。

バジルさんは国立はチケットが当たらなかったんですね。
一般発売で回線が繋がる事を祈っております。

オリビア・ニュートンジョンの声は大好きです!
透き通るような声ですよね~。
バジルさんお薦めのフェイク上手なアーティストを教えて下さって有難うございました。
大野君の声は私にとって特別で唯一なのかも!?と改めて思いました。


投稿: デネル→バジルさん | 2008年7月24日 (木) 14:09

◆うずまきさん◆

チョモランマから下山したと思った途端、激しい下痢に襲われちゃって。
水の如しってやつです。

あれから一年、フェイクを初め大野君の歌声についてうずまき先生の元で多くの事を勉強させて頂きました。
(ごめんね、うずまきさんが“ラップ”をがっつり歌っている姿が想像出来なくてちょっと笑っちゃった♪)

嵐の楽曲は様々な要素が取り組まれているから魅力溢れる仕上がりになっているんでしょうね。
一言では語り尽くせない素晴らしさがギュッと凝縮されているんだわ。

うずまきさんが「フェイク」の謎を解いて下さらなかったら私はずっと「フェイクとやら」で通していたと思います。
改めまして本当に有難うございまいた。
そして今回もお約束でもう暫く『Analyze智』にお付き合い下さいませ。

生き証人の登場を気長に待ちます♪


投稿: デネル→うずまきさん | 2008年7月24日 (木) 13:59

◆ぷくちんさん◆

お久しぶりです!
お陰様で昨日は死んだ魚のような目をして一日を過ごしました。
ぷくちんさんはお元気!?

私は分析はな~んにもしておりません。
うずまきさんが教えて下さった事をなんちゃってな日本語で文字にしているだけなんですよ
ふふふっ。
読んで下さって有難うございました。

P.S.のお返事。

「Cut」の破壊力は半端じゃないでしょ!?
私は取り置きをお願いしていたので店頭では中身を確認しないまま家に帰りました。
アレを書店でチラ見でもしていた日にゃ~、過呼吸でぶっ倒れていたはず。
ご無事で何よりでした。

P.S.2のお返事。

斉藤和義さんの声が大好き!!
大野君、桜井さんの次ぐらいに好きな歌声の持ち主です。

投稿: デネル→ぷくちんさん | 2008年7月24日 (木) 13:51

◆まのんさん◆

まのんさん、初めまして!
ようこそお越し下さいました。

まのんさんも大野君とミスチルのファンでいらっしゃるんですね。
その上、関西在住でいらっしゃる♪
同年代かもしれないですね。

タモステで桜井さんがaikoさんのフェイクについてコメントをしてましたよね。
桜井さん発信じゃなければ完全にスルーしているところでした。

今回の検分で『ほほほ~なるほどね!』と思って頂けて良かったです。
こんな所ですがこれからも宜しくお願い致します。
また遊びにいらして下さいね~♪


投稿: デネル→まのんさん | 2008年7月24日 (木) 13:44

◆あんずさん◆

うずまきさんの知的で鋭い検証のお陰で「フェイク」について理解する事が出来ました。
大野君の歌声がこんなにも胸に沁みるのは確固たる理由があったんですよね。
溢れんばかりの才能があるというのを直感&耳が瞬時に理解し、言葉を視覚で脳が捉える事で改めて惚れ直す♪
極上の連鎖でございますな~。

大野君にしか作動しない学習力を日常生活にも生かせればいいんですが、こればかりはどうにもこうにも・・・


投稿: デネル→あんずさん | 2008年7月24日 (木) 13:39

◆ちーさん◆

ご無沙汰しております!

ちーさんは音楽を専攻していらっしゃったんですか!?
スティービー・ワンダーのフェイクについてはうずまきさんも名前を挙げていらっしゃいました。
レイ・チャールズもそうなんですね。

恥ずかしながらジャズやブルースには造詣が無い私。
日本人ではこちらのジャンルで活躍する人の方がフェイクの達人が多いんですね。
やっぱり奥が深い・・・
教えて下さって有難うございました!

投稿: デネル→ちーさん | 2008年7月24日 (木) 13:33

◆ラナンさん◆

私もうずまきさんに教えて頂くまでは「モーン」も「フィラー」も知りませんでした。
厳密に言うとこれらは「フェイク」では無いんですって。
目から鱗ですよね~。

そうなんです。
本当は今回で最終回になるはずだったんですが、大野君があまりにも多芸に秀でている生き物なので書ききる事が出来ませんでした。
DIVA3104の溢れんばかりの才能は泉の如く湧き出ているのです。
もう暫くお付き合い下さいませ。

投稿: デネル→ラナンさん | 2008年7月24日 (木) 13:26

◆ALOHAさん◆

わざわざ曲を聴き直して下さって有難うございました!

「フェイク」の存在を知った時点で凄く興味が湧いたんです。
大野君のファンになるまで漠然と聞き流していた歌い方がこんなにも奥深かったなんて。
大野君の歌声に惚れ込まなければこのままずっとやり過ごしていたはず。
勉強になりました。
ほんでもって3104マニアになってほんと~~~に良かった!!と改めて実感しました♪

宇多田さんですね。
私もどこかで見聞きした覚えがあるような!?
教えて下さって有難うございました!

投稿: デネル→ALOHAさん | 2008年7月24日 (木) 13:21

◆はなさん◆

はなさんのお友達さんの中にも声楽を専門としている方がいらっしゃるんですね。
お友達さんをもってしても「フェイク」は解明されませんでしたか。

フェイクの達人を教えて下さって有難うございます!
どなたの曲も一度は聴いた事があります。
奥が深いですな~。

◆追記
うずまきさんからのコメントではなさんへのメッセージがございます♪

投稿: デネル→はなさん | 2008年7月24日 (木) 13:14

◆うたさん◆

そうなのです。
今回の検分は「フェイク」についてだったのです。
「フェイク」の詳細を記してくれている記事って無いですよね。
うずまきさんのお力添えのお陰で「フェイク」のなんたるかの謎がようやく解けました。

大野君の声の魅力や歌唱力については耳で聴けばすぐ分かる事なんですが、こうして言葉にする事によってより一層その素晴らしさが分かりますよね。

検分4のお題は決まっているような決まっていないような・・・
書く内容はバッチリでございます♪

投稿: デネル→うたさん | 2008年7月24日 (木) 13:10

◆フログさん◆

「Analyze智」を読んで下さって有難うございました。
飽くなき探究心は大野君限定で作動します♪

フログさんはウォーキングを日課にされているんですか!?
大野君の歌声に酔いしれながらのウォーキングは格別なんでしょうね。
暑いので熱中症にお気をつけ下さいませ。

投稿: デネル→フログさん | 2008年7月24日 (木) 13:07

◆ひまわりさん◆

♪コタエが~溶け出してくるさ~~♪のお役に少しでも立てて嬉しいです♪
大野君の歌い方はどれここれも全部大好きなんですが、歌詞がクリアーに聞き取れる事に特に感動を覚えます。
歌詞カードを見なくてもちゃんと聞き取れるって珍しいですよね。

“自分に酔った歌い方をしない”というひまわりさんのご意見に激しく同感!!
私もこれが大の苦手でして、「さむっ!」ってなるんですよ。
大野君はそれが一切無い!!
どこまでも憎らしい生き物ですな~。

「いつまでも」の終盤のフェイクは超絶に色っぽくないですか!?
ここだけをピンポイントで繰り返し聞くのが好きなんです♪

『Analyzeシリーズは後数回続くと思われます。

投稿: デネル→ひまわりさん | 2008年7月24日 (木) 13:05

デネル様、うずまき様
Analyze智3ありがとうございました。もの凄くお時間掛かったと思います、素晴らしい論文の掲載をありがとうございました。
具体的なポイントを示しつつ解説して下さると選択科目は美術だった私にも素晴らしさの証明が少しずつわかってきます。
ブログだけではもったいないです。これだけでひとつの講演ですよ。
一人でCDかけながらほーほー鳴くのもいいんですが、みんなでうわー!うまいっ!天才などと褒めたたえつ、先生の解説と歌声に聞き耳を立て、うっとりしてみたい。(解説嵐会ですね)
今の所国立場外参加となっていますが、めげません。嵐は大物なんですもの。外だって聞こえるんですもの。
デネルさんの質問への回答ですが、
今名前が挙がっていない中ではクイーンの皆様や、オリビアニュートンジョン、セリーヌディオン、若い頃のマイケルジャクソン、babyfaceらアメリカの歌手の皆様や、オペラ的ですがIL DIVOの面々、海外コーラスの貴公子達が思い浮かびますけれども、歌がお上手な方に共通するロウソクを揺らさないのに声量が有る独特の伸びのある声で押すように歌うな感じ二は強さが有りすぎるようにも思えて。智君のあの声、独特の歌唱法は同じであっても違う気がして(個性でくくれることなのでしょうか)。嵐の5人の甘い声に相当するふんわりした歌声と包み込むようなイメージ、聞いた時にこちらが緊張しないで、息を止めないでいられる(よくおっしゃる、マイナスイオンでまくりナ感じ)を探し得ないのでございます。

投稿: バジル | 2008年7月24日 (木) 09:12

デネルさん、皆さん、おはようございます。
うずまきです。

デネルさん、チョモランマ登頂後にお加減崩されたとのこと、早く良くなられますように。。。。

この一年、あたくし達いっぱい大野くんのフェイクについてお勉強しましたね。楽しかったです。

なにしろ嵐の曲には私の音楽人生に於いて初体験の”ラップ”なるモノがありましたし、ジャズやラテンを勉強しているとはいえ、私のバックボーンはクラシックなので難しいこともありました。調べていくうちに分かったこと、それは音楽の世界はとっても細やかな情感の世界で、一つの言葉にして表すのがとても難しいんだということです。

実際 嵐の曲にはフィラー的な役割のフェイクがあったり。フェイクしていたかと思えばセカンドメロディーに突入していたり、「これ」と一つに括れない曲もありました。なので用語は用語で知って、あとは純粋に音を楽しめればいいのかなって思います。

最近オリスタで読んだ大野くんの一言、「YOUR SONGの会場のみんなの声を聴いて感動した、がーっじゃなくてふわーだった」
人の声でも弦楽器でも太鼓でも、大勢で奏でれば奏でるほど音が丸く柔らかくなってゆくという特性があるんです。あぁ大野くんは感じてるんだ・・・って思ってなんだか嬉しかったです。

そうそう、デネルさん、今のところ大野くんがフェイクと使っているのを聞いたことがある方は出現しませんね!生き証人が現れますように。


<疑問にお答え>
☆pochino さんへ☆
コードって和音のことです♪(E♭m-C♭-A♭m-D♭を音で書くとミ♭ソ♭シ♭→ド♭ミ♭ソ♭→ラ♭ド♭ミ♭→レ♭ファラ♭となります。)ハーモニーは心の動きを表す大切な音楽の要素なのに、最初から最後までずっと同じハーモニーの上にメロディだけで音楽の盛り上がりを表現して歌いきる大野くんが素晴らしいですよね。

☆はなさんへ☆
クラッシックの声楽の世界でもアリアの中で即興的に歌手の技量を披露することがあります。それは「フェイク」じゃなくてイタリア語の「カデンツァ」という言葉で呼ばれています。映画「オペラ座の怪人」の中でクリスティーヌが歌うThink of meというとても美しい曲の最後で似た感じのものを聴くことが出来ます。

投稿: うずまき | 2008年7月24日 (木) 07:28

デネルさん、皆さんこんばんは。そしてお久しぶりでございます!
熱い日が続きますが皆さん体調は大丈夫でしょうか?

いや〜〜〜!ここ最近、関東より引き上げてきた荷物の中でどうしても片付かなかったぷくちんコレクション(CD&DVD達)を整理する家具を購入するため、出歩き回っていたワタクシ。ようやく26日に届く事になりまして・・。そしてその上に安置?するコンポも新規購入いたしました☆大型電器店でオーディオ担当歴20年という店員さんを1時間強にわたり独占し、説明を受け購入。
今回のエントリーでうずまきさん、デネルさんの書いてくださっている部分をがっつりがつがつ聞きまくりたいと思います!
でも、本当にその分析がすごいですね〜・・。尊敬してしまう。こういう分析、エントリーって音楽好きな人にとってはすっごく嬉しいです!歌い方1つとっても奥が深い・・。深過ぎる・・。だから読んでてものすごく興味深い!
楽しみ楽しみ!!!デネルさん、うずまきさん、本当にありがとうございます!

PS:本日外出の際、熱射病寸前か?!という感じでフラフラ入った書店にてC○t購入。購入の際にチラリと立ち読み程度に中身を確認。
その瞬間、『ひゃっ!』と小さく悲鳴を上げてしまった私。そして荷出し(?)の店員さんに心配されて声をかけられてしまった私。
大野さんの罪作り指数はどこまで上昇するのか・・・。あやうくハートアタック&呼吸困難寸前でした。まだ購入してない方は真剣に走り出せ〜!って言葉を贈りたいですね・・・。
PS2:最近ミスチル、aiko、山崎まさよし、斉藤和義ブームが再燃。
そんな中でのミスチル、aiko話が出てきたのでこれまたホクホクいたしました☆

投稿: ぷくちん | 2008年7月23日 (水) 21:32

はじめまして

大野さん好きでミスチル好き、そして関西、そして推測だけど年齢近そう

これだけ揃うとどうもコメントしたくなりまして

Mステ、ミスチル桜井さんが話していたaikoさんのフェイク話、覚えています。私もフェイクって何???って感じで。あんまし自分には関係なさそうなので軽くスルーしていたんですけど

分かりやすく説明して頂き『ほほほ〜なるほどね!』てな感じで記事を見ながら大野くんソロを聴き直しました

魔王もここの記事とコメントを見て再度見返すと見落としていた大野くんの魅力に気づきます。謎も解けます(魅力>謎(?)

今からまたアルバムを聴き直したいと思います

またコメントさせて頂きますねッ

投稿: まのん | 2008年7月23日 (水) 14:14

デネルさん、皆さん、おはようございます。

もう~~!!師匠!!
本当に、デネルさんのすっごくわかりやすい言葉で説明していただき、ありがとうございました。
うずまき先生の天才的な検分力。
デネルさんのすばらしい文才。
なんて、素敵なおふたりなんでしょうか!!
やっぱり、どの歌を聴いても、智くんの声ばかり聞こえるのは、彼が普通の人間離れしたものを持ってるからなんですね~。
改めて感動・・・。
そして、エントリーを読みながら、随所随所、ヘッドフォンで曲を聴きながら、自分でも再確認。
「Take me~」がこれぞフェイク!なのですね。
もういちど、デネルさんの以前のエントリーを読み直し、聴いてみました。
「伝えて何度も ~」の“も”の後の憎らしいぐらいにセクスィ~なブレス!!
こんな、ブレスも聴いてみると、ずいぶんあるんですね~。
もちろん、ビブラートも、たまりませんね。

本当に、おばかちんな私ですが、勉強になります。
同じく、子供の頃、この学習力があればよかったなと思う今日このごろです。

投稿: あんず | 2008年7月23日 (水) 10:12

こんにちは!久々にコメしにきちゃいました♪
今回のアナライズもとても勉強になりました。
こういう角度から大野君を知っていくのって楽しいですよね。
フェイクの達人・・・私も学生時代に音楽をかじっていたのでその範囲で思い当たる人はスティービーワンダーとレイチャールズですかね。
この二人はとりあえず曲の全編フェイクです(笑)全てのライブ・レコーディングで同じ歌い方はしておらず、特にレイはその点で色々逸話を残していたはずです(We are the worldのレコーディングのエピソードとか)
日本人は普通のシンガーよりもジャズ・ブルースをやってる人の方が達人が多かった気がします。突出してる人はなかなか・・・・・・思い当たりません。

失礼しました~!!!

投稿: ちー | 2008年7月23日 (水) 08:35

デネルさん、こんばんは♪

「Analyze智」シリーズ、大大大好きです!
毎回大野君の素晴らしさに惚れ直し、そしてデネルさん・うずまきさんの才能と熱意と愛情の深さに感動&感謝しまくるんです。
検分3のアップを密かに待っておりましたshine
もう「凄い!」の一言に尽きますね。大野君も、デネルさんも、うずまきさんもshine
世の中まだまだ知らないことだらけなんですね。モーンやフィラーという単語は初めて聞きました。アレやアレはフェイクではなかったのね・・・。

そして、前回の検分2で次が最終回だとおっしゃっていたので残念に思っていたのですが、続きがあるのですね!?かぁ~、楽しみぃ~~~!!

まとまった時間がなくて、せっかくの検分をサラッとしか拝読できていないので、時間が出来たら曲を聴きながら&DVDを見ながらもう一度(いや、何度も!)がっつり拝読させていただきます♪
ありがとうございましたheart01

投稿: ラナン | 2008年7月23日 (水) 01:37

デネルさん、皆さん、こんばんは!

まずは、デネルさん&うずまきさん、本当にありがとうございます!
昨日寝る前に「おお、Analyze智、キターーー!!!」と感動していたのですが、睡魔がそこまで迫っていたもので、ちゃんと読んでから、そして曲をもう一度聴き直してからコメントしようと思い、この時間になってしまいました。

私は、初めて単語を聞いた「モーン」や「フィラー」も「フェイク」だと思ってました。
こうやって例をいろいろ出していただき、こんなにも奥深いものだったのか…と改めて衝撃を受けています。
そして、大野くんってホントに類いまれなシンガーなんだなあ〜と改めて感心して、ファンになってホントにホントによかった!!!と嬉しいような自慢したいような誇らしいような感謝したいような気持ちですshine

そして、お2人の大野くんへの愛がひしひしと伝わってきて、そのことにも感謝カンゲキですheart04

他にフェイクのうまい人…って、そもそもフェイクを理解できていなかったので、本当にそうなのか私にはわからないのですが…宇多田ヒカルさんが上手だって聞いたことがあります。
確かに、私が思っていたフェイクは上手かな?

実験結果!デネルさんは類いまれな名3104ライター、うずまきさんは類いまれな名3104アナライザーshine

投稿: ALOHA | 2008年7月23日 (水) 00:42

デネルさん みなさん こんばんは
 
声楽を勉強した友人がいるのですが
前にフェイクについて 聞いたところ やはり
困らせてしまいました
今回 うずまきさん デネルさんにひたすら感謝です
ものすごい深い知識 
そして 大野くんへの愛情が
地球規模 宇宙規模じゃないと できないことです
検分シリーズは永久保存版です

フェイク.. 浮かぶのはみなさんが名前を出した方と重なりますが
よく聴いてる aiko 吉田美和 平井堅 ケミストリー
あと ホイットニー・ヒューストンとかビヨンセとか 海外のソウルフルな歌い方は
また別なのでしょうか.. ふ~む  奥が深いですね

読んでますます 
な~んて素敵な大野くんを好きになったんだろうと
幸せな気持ちです
本当にありがとうございました

投稿: はな | 2008年7月22日 (火) 23:39

デネルさん、皆さんこんばんは!

今朝の通勤電車で『Analyze智 検分3』のタイトルを見て「キャー」って叫びそうになりました!!!そして検分内容は“フェイク”ではありませんか!!!
私も大野くんに出会うまでは“フェイク”って知らなかったためチラッと調べてはみたものの?!?で、とりあえず「wow wow」とか「yeah yeah」と思っておけばいいか・・・というレベルでした。
それが今回の検分で解き明かされることになり感動です。デネルさん、うずまきさんありがとうございます。
何度も読み返してしっかりお勉強させていただきます。

Time「A・RA・SHI」の最後を先ほど聴きました。感無量です。

大野くんは歌が上手だなぁ~って思っているのですが何がどのように優れているのかっていうのは自分では全く分からないため、このように検分していただきホントに嬉しいです。

検分4へと続く・・・ってもうお題は決まっているのでしょうか?!すごく気になるぅ。
楽しみにしていますね。

投稿: うた | 2008年7月22日 (火) 23:14

デネルさん こんばんは。

「Analyze智」検分3、読み応えのある内容と
大野くんへの飽くなき探究心、リスペクトでございます。
デネルさん宛てに、お中元にビールでもお送りしたい気持ちになるのは私ばかりではないと思います。
今朝、ウォーキングする際にレポートにあるナンバーをリピしまくりでした。
大野智ボイス愛されずにはいられません。

投稿: フログ | 2008年7月22日 (火) 21:57

デネルさん、皆さん、こんばんは♪

デネルさんのブログにお邪魔させていただいてすぐに、「Analyze 智シリーズ」の虜になった私。
智くんの声、歌い方、音の伸ばし方、歌詞がちゃんと聞こえること、嵐楽曲の智くんの歌声では何1つ嫌なところがないという事実に少し驚きながらも、何故なのかなんて深く考えていませんでしたが、「Analyze 智シリーズ」に出会ってから次々と、コタエが~溶け出してくるさ~~♪状態でしたgood

昔はドリカムの美和ちゃんやミスチルの桜井さんの歌い方が好きでしたが、ビッグになるにつれてデビュー当時の歌い方とは微妙に変化してきた為(あくまでも私の好みの問題ですので、良し悪しということではありません)、嵐ファンになる直前までは、音楽番組を見たりCDを聞くこともほとんど無かったんです。

たぶん私の好みは、音程がずれない、生でも歌詞が聞き取れる、歌い方にあまりクセはないが歌の雰囲気に合った歌い方をしてくれる、そして自分に酔った歌い方をしない、という感じでしょうか。
嵐ファンなりたてで、まだ翔くん担当だった頃(笑coldsweats01 いや今でも大好きですけどね。智くんの次に。)「いつまでも」の終盤のフェイクや「We can ~」のWow Wow Wo~以降ばかりリピートして聴いてた記憶があります。
当時は誰が歌っているかなんて意識しないで聴いてたので、私がすぐに智くんに堕ちたのは必然だったんでしょう。

とにかく!まだまだ音楽に関してはド素人ですが、「Analyze 智シリーズ」などを拝見させていただくうちに、智くんが類稀なる才能の持ち主であることを少しずつ理解してこれたので、これからもお願いします!

投稿: ひまわり | 2008年7月22日 (火) 18:40

◆ふぃ〜さん◆

ふぃ〜さん、初めまして!

去年の京セラという事は4月のAAAでしょうか?
初めてのアイドルのコンサートだったんですね。

うずまきさんに教えて頂くまでは私も最初、大野君の声だけ大きめに編集されていると思っていました。
“ピッチ”とやらが違ったんですよね。
それもすこぶる耳心地の良いピッチ♪
謎が解明された時は鳥肌が立ちまくりでございました。
あぁ、感動・・・

私が『智講座』をしたら超絶にクリーピーですよ♪

ふぃ〜さんもサリーさんと同じで松本君の声に気付かれたんですね。
すみません、持病が邪魔をして私には分からない・・・

いてもたっても状態でコメントを下さって有難うございました!
凄く嬉しかったです。
またのお越しをお待ちしております。

投稿: デネル→ふぃ〜さん | 2008年7月22日 (火) 17:30

◆サッチモさん◆

私もすご~~~く勉強になりました!
学生時代にこの力を発揮したかったです。
でも大満足だからいいの♪

『truth』のforeverの“e”で3オクターブ超えをしているそうです。
サッチモさんはこのパートが凄く好きだと仰ってましたもんね。
私も大好き♪

大野君の声は媚薬なのでございます♪

投稿: デネル→サッチモさん | 2008年7月22日 (火) 17:06

◆オメガさん◆

楽しみにして下さっていたのにエントリーするのが遅くなってすみませんでした。
この数日で急にフェイクを理解出来たんです。
鉄は熱い内に打て!とばかりに書き上げました。

フェイクを勉強していく上で大野君の魅力を再認識しました。
どこまでも罪作りな生き物でございます。

お仕事頑張って下さいね~。

投稿: デネル→オメガさん | 2008年7月22日 (火) 17:04

◆るるさん◆

お久しぶりでございます。
お元気でいらっしゃいました!?

るるさんも以前からずっと“フェイクとやら”と仰ってましたもんね。
今回のAnalyzeでクリアーになって良かった♪
これからは私も声を大にして「大野君のフェイクが凄く素敵!!」と語り倒していきます。

松本君は“コーラス”って言っていたんですね。
どの曲かしら!?
興味深いぞ。
教えて下さって有難うございました!

投稿: デネル→るるさん | 2008年7月22日 (火) 17:00

◆みゆずさん◆

知恵○とやらでは「シンガー大野智」と「智ボイス」が語られているんですか!?
初めて知りました。

今更ながらすみません、みゆずさんの一人てっぺん君は相葉君でしたっけ!?
そこに大野君がグインと大躍進!?
歌声以外で!?
やっほい♪

ドリカ○の吉田さんの歌唱力は有名ですよね。
残念ながら私はあまり聴かないんです。
でも『三日月』という曲がピンポイントで大好きでございます。

福原さんは嵐がHEY!HEY!HEY!に出た時にいらっしゃいましたよね!?
中学生の頃マライア・キャリーの『恋人達のクリスマス』を街頭で歌ったお嬢さんですよね!?

マライア・キャリーとホイットニー・ヒューストンの声は昔から大好きです。
いろいろ教えて下さって有難うございました。

投稿: デネル→みゆずさん | 2008年7月22日 (火) 16:57

◆えぴまめさん◆

私のボキャブラリーなんてどこまでも怪しいですよ。
造語と擬音のオンパレードだし♪

マライア・キャリーはすんばらしいですよね。
私も初期の頃の歌声が大好きです。
デビューアルバムが一番のお気に入りでございやす。

UAさんの特徴のある声は好き!
でもじっくり聴いた事が無いんですよ。
えぴまめさんご推奨のアーティストさん達を聴いてみます。

ボビー・コールドウェルって誰!?
AORって何の略!?
調べるっす!!


投稿: デネル→えぴまめさん | 2008年7月22日 (火) 16:50

◆モモたろうさん◆

「はつうた」は大野君のトロットロの歌声が要所要所で登場してましたね。
新年早々いいものを聞かせてもらいました。

「ファイトソング」は5人で録音していますよね。
この曲と同様に『いざッ、Now!』のDVDに収録されている「松本君の歌」の時も一緒に録音しております。
特別企画!?の際はみんなで録るのかしら!?

投稿: デネル→モモたろうさん | 2008年7月22日 (火) 16:46

◆ikuさん◆

桜井さんもフェイクをよくしますよね。
昨日スポーツジムでミスチルのライブアルバムを聴いていたんですが聞き惚れてしまいました。
やっぱり桜井さんの声が大好き♪
大野君の声はもっと好き♪
胸に沁みますよね~。


投稿: デネル→ikuさん | 2008年7月22日 (火) 16:37

◆メルティー♪さん◆

メルティー♪さん、初めまして!
ようこそお越し下さいました。

Time DVDの「A・RA・SHI」をうずまきさんに教えて頂いて改めて見直した時は鳥肌が立ちました。
大野君の声は最高~!!と叫びたくなりましもん。

メルティー♪さんお薦めのアーティストさんを教えて下さって有難うございました。
沢山いらっしゃるのね~。
aikoさんは凄く綺麗な声の方という印象があります。

YOU帝国で分かるのは関西デュオKの剛さんの歌声のみ・・・
剛さんの歌声は大好きです。
コンサートの模様を今朝ワイドショーで見たばかりなんですが、私が記憶している歌い方とすっかり変わっていてびっくり仰天です。
他の皆さんについては折をみて勉強します!!

こんな所ですがこれからも宜しくお願い致します。
また遊びにいらして下さいね~。

投稿: デネル→メルティー♪さん | 2008年7月22日 (火) 16:29

◆pochinoさん◆

私も大野君の歌声に惚れ込むまで“フェイク”という技法があるなんてこれっぽっちも知りませんでした。
聴いていたとしても心と耳に残らなかっただけなのか!?

櫻井君はピアノが弾けるので譜面は読めますよね。
ギターを弾ける二宮君も読めないですかね!?
5人一緒に録音した方がもっと素晴らしい曲になるような気がします。
バラバラで録って一つの曲に仕上げるのは現代文明の成せる技ですよね~。
元の歌声はどれだけ加工されているのか!?
「レコーディングの怪」の謎を何としても解明してみたい!!
全てのカギはレコーディングにある!と睨んでおります。

追伸のお返事。

どのエントリーからでも無問題でございます♪

◆追記
うずまきさんからのコメントでpochinoさんへのメッセージがございます♪

投稿: デネル→pochinoさん | 2008年7月22日 (火) 16:19

◆もぐともさん◆

大野君のあの歌い方は全部が全部“フェイク”とは言わないんですって。
勉強になりました。
一度では理解し難い内容だと思いますので、お時間のある時にでもちょろりと再読して頂ければ幸いです。
より一層、大野君に絶大なるLOVEになるのは間違いない♪

大野君はDIVOと言うよりもDIVAの方がしっくりきますよね。
だってあの歌声だも~ん♪

3104マニアへの道程をわざわざ読んで下さったんですか!?
「花男」の最終話から2話を見ただけで松本君のファンになった私。
その2週間後にフレディ大野に一目惚れをしたっけ・・・


投稿: デネル→もぐともさん | 2008年7月22日 (火) 16:07

◆かなさん◆

ほんと~~~~に難しかった!!
脳みそがショート寸前でした。

かなさんも大野君のフェイクがお好きなんですね。
『a Day~』は絶品ですよね。
多分、検分4で詳細をエントリー出来ると思います。

大野君と櫻井君が一緒に歌うパートで一番好きなのは『Life goes on』でございます。


投稿: デネル→かなさん | 2008年7月22日 (火) 16:02

◆ミクさん◆

“awesome”って言葉が大好きな私。
ウキウキワクワク感があって凄く楽しくなるんです。
わ~い、有難うございます!!
とっても嬉しいです。

金一封をお待ちしてます♪
なんてね。

検分4はお遊び的なマニア目線の内容になると思いますので楽しんで頂けるかと♪
暫しお待ち下さいませ。


投稿: デネル→ミクさん | 2008年7月22日 (火) 15:59

◆セレナさん◆

大野君の才能は奥深いですよね。
様々な歌い方をさらりとこなしているんですもん。
今は亡き「プロジェクトX」で特集を組んで頂きたかったです。

大野君に関してはすっぽんのデネルになるんです♪
後は“適当”・“面倒臭い”をモットーに日々生活しております。

投稿: デネル→セレナさん | 2008年7月22日 (火) 15:56

◆サリーさん◆

ご無沙汰しております。

フェイクって難しいですよね。
一般的には全てを一括して“フェイク”として通ってしまっているような気がします。

すみません、松本君の歌も相葉君の歌も大野君ほどには聴き込んでいないので私にはなんとも言えず・・・
ついつい大野君の声をピンポイントで拾ってしまう癖がついてしまっているんです。

サリーさんは洋楽を専門に聴いていらっしゃったんですね。
お薦めはR.KELLYさんとFRANKIEさんのフェイク。
どちらも初めて目にするお名前です。
調べてみます!
ISSAさんもフェイクがお上手なんですね。
教えて下さって有難うございました。


投稿: デネル→サリーさん | 2008年7月22日 (火) 15:52

◆ブライスさん◆

お待たせ~!!
“フェイク”のなんたるかがようやく理解出来たような気がしました。
これまでずっと疑問に思っていた事がけうずまきさんに詳細を教えて頂いた事でクリアーになりました。

大野君をユネスコに申請しなくちゃ!!

投稿: デネル→ブライスさん | 2008年7月22日 (火) 15:47

デネルさん、始めましてふぃ~と申します。

昨年嵐の凱旋京セラコンに初めて参戦し、(初アイドルコンサートでした。必死で若作りしてでかけた記憶が…お誘いいただいた方に年齢層広いですよと言っていただいてたのですが)天上席からどかっと座ったまま、ペンライトがなんて綺麗なの!嵐って何となくいいグループね位で、しかし、横でやはり初参戦のむりやり引っ張って行った妹が大野君のソロは価値があった。と呟いていました。

春から夏へ嵐の動画巡りをし、夏のタイムコンの時には大野君に落ちてました。

嵐を聴き始めの頃、大野君の声だけがやけに聴こえるので歌が上手いので編集(?)で大野君の声を大きくしてあるのでは思いつつ、Time夏コンへそこでも大野君の声がよく聞き分けられるというかよく響いている、マイクのボリュームもかえてあるの?それとも口パク?などと思い、大野君の声、歌い方が好きだけれどどれだけの歌唱力??とも思っておりました。

そして、ブログ巡りをしてたどり着いたデネルさん、うずまきさんによるAnalyze!!!うずまきさんの解説・分析を明快かつ明瞭に記して頂いたあの名作です。疑問が氷解していき“やっぱ智君最高”と叫んでおりました。

 それ以来デネルさんのブログを読んでは、共感しまくり。そしてデネルさんの観察眼の鋭さ、そしてそれをさらっと読みやすい文章にしてしまえる貴女様にひたすら尊敬の眼差しをそそいでおります。どうか、智講座を開催してくださいませ。喜んで聴講生になって一生懸命ノートしますから。(受講料は入手困難??の『魔王』ですか?)

 最後にサリーさんが松潤について書かれていますが、私も今年のコンに三回参戦した時同様な感想を妹に話していました。何より歌が安定している。高音部が今までより楽にでているような気が、今まで彼のソロ部分が苦手でしたが今年は良かったのではと、非常な忙しさの中でも練習をしているのでしょうか?単に私の思い込み??かもわかりませんが 

 長文・乱文失礼しました。なんか急にいてもたっても状態になりキーボードを叩いておりました。(ハハッ恥)今後もデネルさんのブログ楽しみにさせていただきます。(今年はペンライトも智ウチワも振ってしまいました。)

投稿: ふぃ~ | 2008年7月22日 (火) 14:34

デネルさん、うずまきさん、ありがとうございます。
検分すばらしいです。大変勉強になりました!

私は今までフェイクじゃないのもまとめてフェイクだと思い込んでたみたいです(恥)

truthを初めて聴いた時に低音のforeverにすっかりやられてしまったのですが、foreverのeで3オクターブ超えですか?感動!!!拍手!

しかし大野くんの声っていい声ですよね~
嫌な事があったり、疲れているときは、大野くんの歌声を聴かずにはいられません。
とにかく大野くんの歌声に(話すときの声も)惚れ込んでおります。

投稿: サッチモ | 2008年7月22日 (火) 14:15

デネルさん、皆さんこんにちは♪
Analyze 智 ありがとうございました。
とても楽しみにしていたのですが、ここのところの智事ラッシュで、当分は無理だろうから気長に待とうと思っていたのです。忙しい中時間を作ってまとめあげたのですね。頭がさがります。(うずまきさんもありがとうございました。)
大野君のすばらしさを再認識できるようで、何度でも読み返したくなります。 本当に、デネルさん最高です♪
魔王にこころを奪われつつある毎日ですが、やるべきことはやらなくてはいけないなと心新たになりました。
それでは午後からの仕事にいってきます♪
ではまた♪

投稿: オメガ | 2008年7月22日 (火) 13:25

デネルさん、皆さん、こんにちは。

デネルさん、うずまきさん、ありがとうございました。
大人しく待っていた甲斐がありました。
デネルさんが、よくよく咀嚼なさって、解説してくださったので、とてもわかりやすかったです。
大野君のフェイクが大好きなんですが、フェイクという言葉から、ジャズでのラッパ系の音しか、思い浮かばなかったので、何か使うのに躊躇していましたが、これで、納得がいって、「大野君のフェイクが凄く素敵!!」とか心置きなく使えます。
大野君じゃないんですが、松本君が、雑誌で、「この時のリーダーのコーラスが好き」(不正確ですが・・)とか言っているのは、読んだことがあって、それは私が勝手にフェイクと思っていた部分だったので、松本君は、フェイクじゃなくて、コーラスって言うんだ、と思ったことはあります。
ご質問からはずれた話で申し訳ありません。

Timeの『A・RA・SHI』の最後の所、聞きなおしました。
きれいに高い声が、ビブラートつきで出ていましたね!
惚れ直しました!!(何度目?)
そしてそして、『Take me faraway』は、ちっとも聞き飽きません!!

またまた、大人しく楽しみに待っておりますので、検分4もよろしくお願いいたします。

投稿: るる | 2008年7月22日 (火) 12:43

デネルさま、みなさま、こんにちは。

我が家のPCが今年のGWに復活してから一番はまったものが、某検索エンジンの知恵○です。
そちらで「シンガー大野智」を超絶に語っていましたら、いつの間にか「智ボイス」にどっぷり捕まってその魅力から抜け出せなくなってしまいました。
おかしいなぁ、一人がてっぺんで、あと4人は同じくらい大好きだったはずなのに。智くんがめきめき上昇ですよ。

フェイクの定義は難しくて、皆さんがよく語っていらっしゃるのを自分なりに解釈して曖昧にではありますが理解したつもりでいました。でも今回のデネルさまの検分が非常にわかり易くて、音楽の世界の広さに驚きです。楽しかったです!
次回も期待しています。


フェイクの上手いアーティストといえば、言わずと知れたドリカム・吉田美和さんでしょう!彼女の歌声は個人的に好みではないのですが、その歌の上手さは驚異です。ブレスを使わずに歌い上げる歌唱力。フェイクは聴き惚れてしまいます。CDよりもライブが好きですね。
あと、福原美穂さんが一押しです。今年メジャーデビューの新人さんですが、凄いです。デビュー前にLA黒人教会でのゴスペルパフォーマンスで大絶賛を受けた実力というのも納得の上手さ。
現在2thシングルのプロモーション中ですがオススメは1枚目の「CHANGE」機会があったら、ぜひ聴いてみてください。
とくダネで小倉さんも絶賛してましたので、私の目に狂いはなかったと・・・いや、智くんの歌に惚れてる時点で間違っちゃいませんよ。

年齢がバレますが、世間一般で認知されてるといえばマライア・キャリーやホイットニー・ヒューストンですかね。超メジャーなので改めて確認する必要もないくらいです。
ジャニーズではKinKiの堂本剛くんですかね。彼は歌い方にポリシーがあるようで、独特の歌いまわしをされます。そこが智くんの癖のない真っ直ぐで伸びやかな歌唱とよく比較されるのですが、ソロを出すようになってからその世界観はますます広がっているようです。やっぱり上手いですよ。
私は素直な声と歌い方の智くんやNWES手越くんの方が好きです。

長々とすみませんでした。
結論、大野智がサイコーだぁぁ!!!

投稿: みゆず | 2008年7月22日 (火) 12:41

デネルさん、皆様、おはようございます。
…興奮しております…
大野くんの歌にどれほどの感動を覚えても、それを讃えるボキャブラリーが乏しく
もどかしかったのですが、デネルさん、うずまきさんの確かな言葉に救って頂きました。
本当に、本当に素晴らしいAnalyzeをありがとうございます!!
この検分を反芻して、例に出された曲たちを聞きながら大野くんの才能を何度も何度も噛み締めたいと思いますshine

フェイクといえば…やっぱりマライア・キャリーはすんばらしいと思います。
特に初期の歌声はどれもこれも衝撃でした!
日本の女性ヴォーカリストで言えば、畠山美由紀さん、エゴラッピンの中納良恵さん、UAさん。ライブでのパフォーマンスも極上ですっ!
またご参考になるか分かりかねますが、ボビー・コールドウェルなどのAORシンガーのセクスィ~なヴォーカルもいかがでしょうか?
大野くんにも是非とろっとろに歌い上げて欲しいですheart01


投稿: えぴまめ | 2008年7月22日 (火) 08:44

おはよ~ございます。デネル様、うずまき様アリガトウゴザイマス。カウコンのはつうたでハッピーハッピーと歌う声をフェイクと認識する他は、コンサート用なんだなと思ってました。素晴らしいです。とても分かりやすい。今更分からないと言うのが恥ずかしいと思っていて潜んでました。★★レコーディング風景ははC×D×G no ARASHI 2(DVD)の特典映像にファイトソングがあり、その中で円陣組んで歌ってます。

投稿: モモたろう | 2008年7月22日 (火) 08:34

デネルさん、うずまきさん、有難うございます。
私のナンチャッテな耳では、これがフェイク?
といった、何とも曖昧な聞き取り方しか出来て
いないのですが…。
今のところ私は大野くんとミスチルの桜井さん
のフェイク以外には聴覚が受容できていない?
かつ聞き取れても心地良いと感じられないため、
フェイク自体が何なのか?また自分が心地良い
と感じる彼らのフェイクが何なのか?が明確で
はないんです…。
それでも私にとって大野くんとミスチルの桜井
さんのフェイクは大好き!大好物なんです♪
なんとも勝手なコメントでご免なさい。
他のフェイクが上手な歌手ファンの皆さん、
私の耳が劣化なだけなんで許してくださいね。

投稿: iku | 2008年7月22日 (火) 07:51

初めまして、メルティーと申します。
ずっとロムばかりだったのですが、ついにお邪魔してしまいました。
いつもデネルさんの語る大ちゃん話を本当に楽しませて頂いてます。特にアナライズ智シリーズは大変濃い記事をいつもありがとうございます。今回は曖昧だった「フェイク」の定義がデネルさん&うずまきさんの説明で掴めてきた!!ありがとうございます。
TimeDVDのA・RA・SHIも読んですぐ確認しました。トリハダ!きっと感覚で気持ちいい音を出したんだろうなとにやけつつ想像しています。

それから、フェイクの達人・・・かどうかはわかりませんが、フェイクの印象がある人をおぼろげながら思い出すと、日本人限定ですが、
女性では、吉田美和さん、aikoさん、絢香さんなどなど。
男性では、平井堅さん、スガシカオさん、鈴木雅之さんなどなど。
が浮かびます。歌番組ではCDと違うアドリブのフェイクがあったりして楽しいです。
ジャニーズでもKinKi Kidsの剛くん、KAT-TUNの赤西くん、NEWSの手越くん・増田くん関ジャニ∞のすばるくん等も時折フェイクしています。大野くんラブ♥な知念くんもHey!Sey!Jumpでフェイクしてます。7月25日のMステ、30日のHEY×3にも出演しますよ。
よろしかったらチェックしてみてください!

初めてなのに長々とすみませんでした。
また遊びに来させて頂きたいと思います。よろしくお願いします!

投稿: メルティー♪ | 2008年7月22日 (火) 04:15

デネルさん・みなさんこんばんは~

そしてデネル様・うずまき様、待ちに待っていた「Analyze智 検分3」ありがとうございます。

嵐さんを知ってお恥ずかしながら、初めて“フェイク”と言う言葉に振れ、非常に疑問に思っていました。
(私は、フェイク・ファーとかフェイク物という意味しか知らなかった無知な奴なのです。)
もの凄く分かりやすい解説で、色々疑問だった謎が解けました。
例題で説明して下さったので一曲、一曲聞き直し納得した次第です。
モーン、フィラー等の用語も良くわかりました。
『Take me faraway』の33回の“E♭m-C♭-A♭m-D♭”のコード進行に関してもなんとか把握いたしました。(コードという物が理解できない私ですが。。。)
ここまでまとめられるのは本当に大変だったと思います。
読み手は・・・楽をして知ることができ、誠に申し訳ありません。

それからデネルさんの“レコーディングの怪”
譜面を読めるのは翔さんだけのようで、どうやってみんな曲を会得するのか?
一度聴いただけで歌える天才集団なのか?(YOU王国恐るべし。)
5人が別々に録音して、誰が構成するのか?
疑問は尽きません。
でも、嵐さん5人だったら同時録音しても・・・などと素人考えをしております。(希望)
本当にためになるレポートありがとうございました。
「検分その4」お待ちしております。
3104君の溢れんばかりの才能を語り尽くして下さいませ。
宜しくお願いいたします。

追伸:
先日、暫くぶりおコメントさせていただいたのですが、投稿する場所(記事)を間違えて前日の項目に書いてしまいました。
ちぐはぐなコメントで・・・m(__)m

投稿: pochino | 2008年7月22日 (火) 04:02

デネルさん、みなさんこんばんは!

フェイクとはこんなにも奥が深かったのですね・・・。
私はてっきり「Yeah---」とか「Oh---」とかすべてがフェイクだと思い込んでました。
すっごい勉強になりました!
デネルさん、うずまきさんありがとうございますっhappy02
そしてこんなに長い長編大作を分かりやすく書いてくださり、デネルさんありがとうございますっsign03
そして、お疲れ様ですっm( _ _ )m
おバカな私でも理解できました。(もちろん完全ではないので、リピートしますっ)
続編も大変だとは思いますが、楽しみにしてますねnote

東京ドームの『Song for me』は生で聞くことが出来ましたが、鳥肌が立ったのを今でもはっきり覚えています!
さすが『DIVA』shine←私もDIVAの方がしっくりきます。
そして、3オクターブ???
これはデネルさんと一緒に万歳三唱せねばっ!!!
バンザー-ーイ、バンザーーーイ、バンザーーーイhappy01heart01

Analyze智シリーズを見ようと過去の旅にレッツラゴー!したのですが、デネルさんどんな風にブログ始めてのかなぁ・・・なんて勝手に思い、初回をのぞいてまいりました。(勝手にすいませんっ)
きっかけが『花男』の潤くん・・・一緒だぁ(私はリターンズなんですが)とうれしくなってしまいましたsmile

デネルさんの疑問の答え・・・
ひとつも分かりません。すいませんっ。
素敵な回等があるといいですねっ。

投稿: もぐとも | 2008年7月22日 (火) 03:03

難しいですねぇ~デネルさん!
でも、なんとなく分かりました。ありがとうございます。

私も智くんのフェイクが好きです。
(はつうた)も好きですが
DVD『AROUND ASIA in DOME』中のa Day In Ouy Life
イェイェ~~などなどが好きです。
今回のドームコンの時も大野くんの美声を生で聞きたくて
耳をかなりダンボにして智くんの声を探しました。
大野くんの声!は、最高です。

関係ないかも知れませんが、大野くんと櫻井くんが
一緒に歌うパートが私かなり好きです。
なんか心地がよくて・・・

投稿: かな | 2008年7月22日 (火) 02:57

素晴しい内容です。
称賛の言葉を列記したい。
長くなりますので、一言だけ・・You're awesome!
表彰状を進呈したいです。
贈答品を、いや金一封を贈りたいほどです。

デネルさんが大野君に惚れ直す度に、私も一緒に惚れ直してズブズブと3104の底なし沼にハマっていきます。

あぁ、『検分4』が待ち遠しいです!

「智にマニアック」に「デネルさん」に万歳三唱!
バンザ~イ!バンザ~~イ!!バンザ~~~イ!!

P.S.私も残念ながらデネルさんの質問にお答えできる知識を持ち合わせていません。
すみません。

投稿: ミク | 2008年7月22日 (火) 02:41

お疲れ様です。

簡単にフェイクをわかってたつもりの自分が恥ずかしい。

一人の男の壮大な人生ドラマはたまたプロジェクトX
ばりの内容に本当に感動しました。

私は音痴ですので音のことさっぱりで、
大野くんの声がただ気持ちいい~~
高音がグッとぐる 程度の感想しかもってなかったのですが、
専門家からの見聞大変参考になりました。難しいです。

デネルさんのわからなことはとことん調べる御性格
納得するまでやり遂げる根性に脱帽しました。

私もなんも役に立つ情報もってなくってすいません。。。

投稿: セレナ | 2008年7月22日 (火) 02:26

こんばんは。
だいぶ前にコメントさせて頂いたサリーです。

フェイクの定義よくわからないんですよね。難しい。なんか少し解ったような気がしました。

実はコンサートに初参戦したのですが、生歌だったことに驚き、改めて大野智の歌のうまさに感動しちゃいました♪

最近思うのですが、松潤は歌うまくなってきてませんか?だんだん声に芯が出来てきたというか、安定感がでてきた感じがするんですよね〜。
あと、相葉ちゃんもうまくなってきてる気がします。「声」の歌い始めとか凄くいいのではないかと。彼は低音というか低いキーを歌うととてもよく響く感じがします。まぁ勝手に思ってるだけですけどね。。。

そうそう、フェイクが凄い歌手なんですけど私嵐ファンになる前はほぼ洋楽しか聞いてなかったんです。(ちなみに好きなのはR.KELLYとFRANKIE Jです♪)
が、私の中では大野智を除く日本人歌手の中で好きなのはDA PUMPのISSAです。大野くんとは全然タイプが違いますが一度聞いてみて下さい。

投稿: サリー | 2008年7月22日 (火) 01:50

デネルさん、うずまきさん、そして皆様こんばんは。

待ってました〜!!「Analyze智」shine
デネルさん、うずまきさん、ほんとうにありがとうございます!!
そして、たいへんお疲れさまでした。。。
夢中で拝読させていただいているうちに、
前回以上に眼からウロコが何百枚も何千枚も落ちました!!
あまりに高尚な内容ですから、これから何度も読み返して要復習です。
あ〜それもまた楽しみ♪

でも、まずは何をおいても
大野君の素晴らしさを
溢れる知性と教養でこの場でご披露してくださった
デネルさんとうずまきさんへ心から感謝します。
お二人の大野君への愛の深さに泣けました!!

大野君はやっぱり世界遺産いや、宇宙遺産ですね!!
続きもとても楽しみにしております。

あ、、、私、
デネルさんの質問には、一切お答えできないド素人でございます。
何もお役に立てず、ほんとうにごめんなさい。。。


投稿: ブライス | 2008年7月22日 (火) 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185337/21529230

この記事へのトラックバック一覧です: Analyze智 検分3:

« 魔王 -第3話 後半- | トップページ | グリーンの時代!? »