« 黒髪の君♪ | トップページ | Dream‐A‐live 大阪 7 »

2008年5月25日 (日)

Dream‐A‐live 大阪 6

今じゃすっかり顔パスになった行きつけの地元のレコード屋さんに6月25日に発売されるアイドルグループ嵐のニューシングル『One Love』を予約するべくレッツテレホン。

雨が降っていたので出向くのが面倒臭かったんですの♪

店長さんの奥様(多分)が対応してくれました。

私    「嵐のシングルの予約をお願いします。」

奥様  「かしこまりました。 お名前と電話番号をお願い致します。」

私    「○○です。」

奥様  「○○様・・・ あっ! いつも有難うございます♪」

はて!?

“あっ!”ってな~に!?   

デネルでございます。

5月16日と18日・京セラドームに行ってきた『ARASHI MARKS 2008 Dream‐A‐live』の本編の感想文の続きをば。

これより下はネタバレをしておりますので、お嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

  ------------

  ------------

  ------------

◆シリウス◆

淡いブルーのスーツのままメインステージ左端に設置されている一人乗り用の装置(上下に可動します)に乗った嵐さんは横一列に並んでご披露。

この装置はランダムに上がったり下がったりするんですが、途中で台をスイッチしながら歌っていました。

最後の方で一人消えた!

そう、次は“エスコート王子” ( ← エリンギ命名 )のソロ。

◆Hello Goodbye◆

相葉君は中央の花道から登場。

いやだ、膝小僧のラインギリギリの短パン♪

上下がピンクと黒のチェックだったかな!?

私の中で大野君は肘小僧大王で相葉君は膝小僧大王です。

短パンから見える膝下の長いこと!!

ふくらはぎの形がしなやかで足首がキュッと締まっているんですよね~。

相葉君しか視界に入れない持病を持つ6歳年下の友人・エリンギちゃん曰く、「丈がもっと短くてもいいな。」だそうです。

友人Eが「やっぱり相葉ちゃんは誰よりもパーカーが良く似合う!」と鼻息も荒く力説していたのはここだったかしら!?

二人して「可愛いなぁ~♪」を連呼。

中央の花道から高速トロッコに乗ってバックステージまでマッハでゴ~。

最後はハーモニカをご披露するんですが、「ハーモニカになりたい♪」と呟く友人E。

エリンギちゃん、その気持ちがよ~く分かる!!

私は大野君のピンクのイヤーモニターになりたいも~ん。

◆We can make it!◆

この時の大野君の衣装がたまらなくセクスィ~だったんです。

『We can make it』のPVと同じ感じなんですが、こっちの方がもっとハードです。

今回の衣装の中でお気に入りランキング上位に君臨しました。

淡いパープルのジャケットが闘牛士みたいなんですよね~。

ほんでもってインナーのシャツとパンツが黒。

黒髪なのでより一層、精悍に見えるんです。

ベロンベロンに罪作りなのです。

よっ、『マタドールの智にマニアック』!!

惚れ直した!!

闘牛の本場と言えばスペイン。

スペイン語のアクセントに弱い私。

いつの日かきっと、大野君がスペイン語の曲をがっつり歌い上げてくれますように。

マニアの野望は尽きる事が無い・・・・

いかん、持病の“脱線しまくり病”が出たので話をコンサートに戻します。

大野君はアリーナのどこかで歌っていました。

◆EYES WITH DELIGHT◆

大・大・大・大好き!!

大野君のソロパートで最も惚れ込んでいる箇所がこの曲には搭載されております。

ええ、「胸にしまった あの悲しみが ~」です。

いつまでも聴いていたい耳心地のいい声なんです。

うっとりしまくりなんです。

ほんでもってこの曲には私の中のKing of ハ行の発音があります。

何度もすみません、「ストローハットにも降る蝉時雨」の“ストローハット”の“ハ”♪

かぁ~、たまらん!!

残念ながらどちらのパートも歌われる事はありませんでした。

でも平気。

歌い出しの大野君のソロが憎らしいぐらいに素敵だから平気。

進化し続けている歌声に惚れて惚れて惚れまくり。

がっつり踊りました♪

メノ~ン、18日はこの曲が戦力外通告を受けてしまった・・・・

◆きっと大丈夫◆

完璧に踊れます♪

あれれ!?

大野君はどこで歌っていたのか記憶が無いぞ!?

この次はアレなのできっと中央花道の近くなはず。

◆MC◆

5月16日のMC をご参照下さい。

大野君はマタドールジャケット ( ← 勝手に命名しております )を脱いで上下黒い衣装で話していました。

いやだ、格好いい♪

黒髪・黒シャツ・黒パンツ・ピンクのイヤーモニターを取り巻く極上のハーモニーに朝までカンパ~イ!!

イヤーモニターを何気なく外す仕草に絶大なるLOVE。

大野君と二宮君がステージに戻ってきて後半がスタート。

16日と18日ではセットリストも構成もコロッと変更になったのでMC以降は日を分けて感想文を書きます。

先ずは16日の分から。

◆One Love◆

淡いブルーのスーツを着た大野君がベリ~ベリ~男前さん。

『花より男子』劇場版の主題歌がこれ。

16日は振りが無かったんですが18日はありました。

◆My Answer◆

ムービングステージに乗ってバックステージへ。

18日は『EYES WITH DELIGHT』と同様に戦力外になってしまいました。

凄く素敵な仕上がりだったのにな~。

◆WISH◆

パーフェクトに踊れます♪

◆a Day in Our Life◆

ドーム中に響き渡る大野君の伸びやかな歌声に自称ガラスのハートがときめきっ放し。

『WISH』かこの曲かでトロッコに乗ってアリーナの外周を通っていたはず。

私のド真ん前を通り過ぎた大野君は憎らしいまでに男前さんでございやした。

なんであんなに麗しいのかしら!?

何故ならば、大野君だから♪

櫻井君は上下ピンクのスーツだったんですが、腰に付ける腹巻みたいな布(カマーバンドでしたっけ!?)もピンクでした。

大野君は身に付けていなかったので、もしかしたら櫻井君のはタキシードだったのか!?

ピンクってか!?

この時の大野君以外の衣装で唯一記憶に残っているのが櫻井君のピンクの腹巻ってどうよ!?

ピンクの腹巻でも小粋に手を振る櫻井君は高貴なんですよね~。

◆Gimmick Game◆

メインステージから登場して中央花道へ。

ベストを着ていたような!?

最後の「君の首筋、ほら、唾をつけた。」の所で舐めた指を首筋につけて、カメラ目線でニヤリと不敵に笑う二宮君の姿に場内は一斉に“キャーーーーーーーーーー!!!”。

ベスト?を脱ぎ捨てて去って行く二宮君の後ろ姿にこれまた場内は“キャーーーーーーーーーー!!!”。

◆Naked◆

バックステージ ⇒ ムービングステージ ⇒ メインステージでご披露。

ムービングステージの脚には白い布がハラリと巻かれていてそのまま移動していました。

女性ダンサーさん達と一緒にレッツダンス。

ムービングステージがメインステージに着いた頃に布に覆われる松本君。

除幕式を終えた松本君は上半身裸。

◆グリーン(Green?)◆

メインステージ右端から大野君だけが登場。

コンサートグッズでもあるエコバッグを掲げて「皆さんと一緒にエコについて考えていきましょう。」とか何とか言っていたような!?

今回曲を作ったので歌います。

それが『グリーン』でした。

24時間テレビでも歌うとみた。

大野君のソロの歌声がかぁ~、だぁ~、もぉ~、トロットロ!!しか記憶が無いのが残念無念。

間奏で一人づつ言葉をご披露。

すみません、大野君の「勇気」しか覚えていません。

◆Once Again◆

メインステージでがっつり踊っていました。

かっ、かっ、かっ、かっこぃ~!!!

あれれ!?

3104の衣装の記憶が無いぞ!?

相葉君のパーカーにフッサフサのファーが付いていたってのは覚えているのにWhy!?

どうやら私は友人Eの“相葉ちゃんはベスト パーカニスト♪”にすっかり洗脳されてしまったようです。

18日はこの衣装はお目見えしなかったはず。

◆theme of Dream“A”live◆

ようやくここでアルバムのテーマ曲が登場しました。

櫻井君がダンサーさんとM.A.D.さんを紹介。

16日は「M.A.D.!」だけだったんですが、18日はそれぞれの名前をちゃんと紹介。

今度は嵐さんの紹介。

一人づつ登場してカメラに向かって何かをご披露。

松本君:  『花より男子』と『隠し砦の三悪人』のフライヤーを見せてニコッ。

二宮君:  出たっ! 華麗なるカードマジックが出たっ!!

大野君:  顔芸!? 黒目を寄せて左目から右目に順番に追っていました。

二宮君に「地味だな~!」って言われちゃって♪

いやだ、おバカ♪

相葉君:  バク転3回。 最後はズリッとこけていたんですが、18日もそうだったので

       演出なのかもしれません。

櫻井君:  ラップ。

最後は5人で格好良くレッツダンス。

大野君の衣装はパッチワークみたいな仕上がり。

古き良き時代のアメリカの子供部屋に掛けられているベッドカバーみたいなんですよね~。

「カントリーマームの世界みたいやわ。」とエリンギちゃんに言ったら爆笑されました。

◆Lucky Man◆

バンザ~イ!!

一年ぶりの復活!!

あんれまっ!!

CDで聴いても生でがっつり聴いてもうっとりしまくりな大野君による「未来は どこにでもあるさ」の後の“Oh~~~~~~~~”が無かった。

ペロッとまるっと惚れ込んでいる“Oh~~~~~~~~”が無かった。

メノ~ン・・・・

◆ハダシの未来◆

最後の「理屈じゃなくて ~」で5名様が順番に両手を上げていくアレ。

愛しい男は16日も18日も順番を間違えていました。

大野君、YOUは一番最後ずらよ♪

◆Oh Yeah!◆

京セラドームはジャンピング禁止令が出ているんですが二宮君だったか松本君だったかが「跳べ~!」って言うから跳んじゃった♪

大野君にしか出来ないこの曲のダンスが大好きなんです。

残念ながら今回はダンス無し。

◆言葉より大切なもの◆

◆ご挨拶◆

メモ書きの字が猛烈に汚い。

汚すぎて全く解読出来ない・・・・

しかも中途半端・・・・

櫻井君はコンサートの前日に京都でマラソン選手の野口みず○さんに会ったそうです。

大野君:  今日はどうも有難うございました。久々って感じがしないです。舞台で

       大阪に来たんですけども、すぐに来れて嬉しいです。もっとバカ騒ぎして

       もっとバカになって帰って下さい。

相葉君:  リーダーは久々って感じがしないって言ってたけど僕は逆です。やっと、

       やっと来たなって感じがします。五臓六腑で感じてます!

二宮君:  どうも有難うございました。客観的に見ても嵐のみんなは成長したなって

       思います。潤くんが立て続けに映画、相葉君が動物と話せるようになって、

       リーダーがドラマをやる。翔くんがヤッテナイマン。(櫻井君からの

       突っ込み有り)今の嵐で24時間テレビにチャレンジしたい。

       僕らの夏がどうとかこうとか。

松本君:  楽しかったです。初めての挑戦になる5大ドーム。夢は一人で作る

       ものじゃない。これからも僕たちと一緒に夢を見ていきましょう。

       みんなには僕らがいる。僕らにはみんながいてくれる。

◆YOUR SONG◆

大野君の声が絶品でした。

嵐さんは退場。

◆いも虫ちゃん上映会◆

18日のMCの後に上映されたいも虫ちゃんのアニメは16日はここで上映されていました。

今回のツアーのイメージキャラクターのいも虫ちゃんが蝶になるまでのストーリー。

◆アンコール  Do my best◆

イントロは流れているのに5名様の姿はどこにも見えず。

メインステージの遥か頭上に雲のような形をした巨大なバルーンが浮いているのを発見。

あんれまっ!!

バルーンの下に背中に二本の命綱を着けただけの嵐さんがプラ~ンと吊るされている!!

操り人形のような感じです。

なんと なんと あぁ、なんと、それがグインと前に進み出てそのままアリーナからバックステージにゆっくりと浮遊。

もいっちょ、あんれまっ!!

至上最大&最強のウルトラ装置の登場にただひたすら呆然。

凄い!!

足元には何も無く、二本の命綱だけで支えられるってどえらい怖いに違いない。

大野君は右端♪

吊られ方が腹立たしいまでに優雅なんです。

片足を真っ直ぐ伸ばして、もう片方の足を少し曲げて反対側の足首に添える感じがピーターパンが空を飛ぶような姿にそっくり。

背中に羽が生えて空中散歩を楽しんでいるようにも見えるんですよね~。

いやだ、惚れ惚れしちゃう♪

衣装はオレンジのタンクトップ。

それすなわち、大好きな肘小僧 ( ← 勝手に命名しております )としなやかな二の腕がザッツ・ご開帳。

たまらんっ!!

ビビリまくって硬直している櫻井君に大・大・大・大爆笑!!

ハーネスから手を離す事も出来ず、ピクリとも微動だにせず、ただただ目を見開いているだけの櫻井君の姿に爆笑し過ぎて腸がよじれそうになりました。

可愛いなぁ~。

怪しく挙動不審な櫻井君が忘れられません。

ハーネスは長さを変えて上がったり下がったりするので櫻井君以外の4名様はいろいろな技に挑戦していました。

松本君と相葉君がクルンクルン回ってアクロバティックな技を華麗にご披露。

大野君は背中からゆっくりと回転するぐらいでそんなに動いていませんでした。

二宮君のソロで大好きな「ゆずれない思いだけ」をがっつり聴きたかったんですがご披露ならずで残念無念。

◆ファイトソング◆

あんな高い所からの『ファイトソング』は怖い!!

櫻井君、笑い皺が増えるので「人は人 自分は自分」を自分に言い聞かせるようにクソ真面目に朗読するのをやめてもらってもいいですか!?

二宮君、心配なのは分かるけど「翔さん!? 翔さん!!」と何度も連呼するのをやめて頂ける!?

チビるっ!!

バックステージでバルーンは止まってハーネスがスルスルと地上へ。

◆サクラ咲ケ◆

自由の身になった5名様。

あれ!?

ウルトラ装置があまりにも衝撃的&笑撃的だった為にどこで歌っていたのか記憶が無いぞ!?

メインステージに戻って嵐さんは横一列に整列。

松本君が嬉しそうに「久しぶりにやっちゃおうかな~♪」って言いながら「俺らの名前は!?」 ⇒ 「あらし~!!」で恋人繋ぎになった両手を頭上で掲げて嵐さんはお辞儀。

大野君は二宮君と相葉君と手を繋いでいたはず。

二宮君とはかなり前から繋いでいました。

妬けますなぁ~♪

二宮君、饅頭の下にお幾ら万両敷いておけば5秒ほど代わって下さる!?

◆ダブルアンコール  感謝カンゲキ雨嵐◆

歌い出しのソロで大野君はCDと歌い方!?歌詞!?を変えて歌っていたんですが綺麗さっぱり忘れました。

なんだったかな~!?

櫻井君と大野君が私と友人Eのいる花道に!!

肉眼で肘小僧と二の腕が見える!!

ファンの皆さんに向けるスウィ~トな笑顔にマニアのハートを鷲掴みにされました。

出たっ!!

『FREESTYLE』の憎らしいまでに罪作りなジャンプが出たっ!!

かっ、かっ、かっ、かっこいぃ~!!

ベロンベロンに酔いしれました。

幸せだすぅ~♪

18日のMC以降の感想文、『Dream-A-live 7』に続く・・・・

|

« 黒髪の君♪ | トップページ | Dream‐A‐live 大阪 7 »

コメント

◆あおぞらさん◆

拙い感想文を読んで下さって有難うございました。

マタドールちっくなジャケットが凄く格好良かったんです。
惚れ直しました♪
がっつりご覧になって下さい。

名古屋まで後少し!!
あおぞらさんはうちわをご自分で作られるんですね。
進行具合はいかがですか!?
文字かぁ~。
インパクトのある文字をガッ!と閃きますようにと祈ってます。

セットリストは3曲ぐらい変更がありました。
『EYES WITH DELIGHT』の大野君の声がたまらく素敵でした。
カンバ~ック!!

投稿: デネル→あおぞらさん | 2008年5月26日 (月) 10:35

◆ikuさん◆

中途半端でマニアックな感想文をそんな風に言って頂けて照れる・・・
挨拶やMCでの会話を完璧にメモを取るのは不可能ですが、語尾だけは正確に書き留めるようにしています。
特に大野君のは♪

嵐さんのコンサートは何度も何度も行きたくなりますよね。
その都度、新たな発見や惚れ直し箇所に遭遇します。

私の事まで有難うございます♪
頑張りま~す!


投稿: デネル→ikuさん | 2008年5月26日 (月) 10:18

デネルさん、皆さん、こんばんは~!

読ませていただきました、京セラドームの感想文♪
ネタバレ無問題、いや言わばネタバレ大歓迎の私は、早速 脳内シミュレーション…。
う~ん 素敵!マタドールの大野くん♪かっ、かっこいい~!
この「脳内シミュレーション」の技、仕事に生かせたらどんなに素晴らしいことでしょう。
しかし、これはあくまで「嵐専用」仕様。いたしかたない。

現在、名古屋に向けて、うちわを作成中です。
というより、何と入れようか思案中…。
もう1週間を切ったのに、果たして無事完成するのでしょうかねぇ。

セットリストに変更があったようですが、ぜひとも「Eyes With Delight」を歌ってほしい!
戦力外通告を撤回し、戦力構想に今一度入れておくれ~!

投稿: あおぞら | 2008年5月26日 (月) 00:20

◆ずんさん◆

持病のお陰でいつもいつも大野君限定の感想文になるんです。
病みまくっております♪

ずんさんは大野君が身に付けているペンダントトップで♪

投稿: デネル→ずんさん | 2008年5月25日 (日) 14:17

◆ISさん◆

レコード屋さんの店長さんもさることながら、奥様もなかなかユニークな方でした。
「あっ!」って何!?

『We can 〜』の衣装が素敵でした。

投稿: デネル→ISさん | 2008年5月25日 (日) 14:14

◆パインさん◆

パインさんはネタバレ無問題派でいらっしゃる。
ナゴヤドームに行かれるんでしたっけ?
もうすぐですね♪

大野君のソロでの間奏のダンスや二宮君のソロを始め、全てを心行くまでご堪能してらして下さいませ。

櫻井君の危機一髪なシーンは失礼ながら大・大・大・大爆笑でした。
相葉君と松本君は華麗にクルンクルンです♪

投稿: デネル→パインさん | 2008年5月25日 (日) 14:10

◆つぐさん◆

お久しぶりです!

黒髪の大野君は最高に素敵ですよね。
「あまり黒髪が似合わない」発言は『黄色い涙』の時ぐらいかしら?
当事見た時は茶色い方がいいかもって思ったんですが、今回の髪型&髪色は一目惚れしました。
大野君自信もお気に入りになるといいな〜。

知念くんについてのエントリーを読んで下さって有難うございます。
友人曰く、私は物凄く“キモイ”んですって。
間違いない!!

投稿: デネル→つぐさん | 2008年5月25日 (日) 14:04

◆ゆうゆさん◆

大爆笑して下さったとの事で恐れ入りますです。
冷静沈着&超客観的に書いたはずなんですがおかしいなぁ!?
ふふふっ。

大野君てば憎らしいぐらいに罪作りですよね〜。

読んで下さって有難うございました!

投稿: デネル→ゆうゆさん | 2008年5月25日 (日) 13:55

◆ぷくちんさん◆

相葉君のソロはマイナスイオンが大放出でしたよね。
世界平和一直線でございます。

私は大野君のイヤーモニターになりたいです。
ド密着ですもん♪
ぷくちんさんはマイクですか?
これまたたまらん小道具ですな。

アンコールの櫻井君の姿が壮絶すぎて彼の残像が脳天内でどえらい事になっております。
櫻井君もタンクトップだったんですか?
大野君のしか記憶が無い・・・

どこまでも怪しい感想文をそんな風に言って下さって有難うございます。

P.S.のお返事。
除幕式に見えたんです♪

投稿: デネル→ぷくちんさん | 2008年5月25日 (日) 13:46

デネルさん&皆さん、こんにちは♪
私も皆さんと同じくで、デネルさんのコン感想文は、
臨場感や躍動感が有って、文章だけでも、今回のコン
を五臓六腑で楽しませていただいております。
私は、5人5様の「ご挨拶」のところも、大好きなんです。
ご挨拶・部分の文字起し、難しいと思うのですが。
ひとり一人の言わんとするところが良く伝わって来ました。
デネルさんのレポを拝見すると、”分かる!嵐コンって、
だからマタ直ぐに、行きたくなっちゃうんだよなぁ~”
と思いました。
デネルさん、大野くん、嵐くん達エトセトラに対して、
これからも陰ながら至って無力・微力ながらも、
一方的なラブと応援をさせていただきたいと思います。
エヘッ♪

投稿: iku | 2008年5月25日 (日) 11:49

デネルさん

朝から興奮しました!智さんを追ったレポ・・・
すばらし過ぎ・・・マニアにはたまりませんでした。

放心状態のところも、また思い出せてにやけた1日が送れそうです。

デネルさんはイヤモ二・・ぷくちんさんはマイク・・・
私は・・・ペンダントトップで・・・揺れないトップ・・・密着したまま肌に吸い付いた「S」でいかせていただきます♪

投稿: ずん | 2008年5月25日 (日) 10:15

こんにちは。

おお!レコード屋さんでの予約のやりとり!!
すみません。「あっ!」に笑ってしまいました。

歌も衣装も大好きな「We can~」とても楽しみです。
…セットリストから外れませんように…。

投稿: IS | 2008年5月25日 (日) 09:50

デネルさん みなさん おはようございます♪
コンレポ、毎回楽しく想像を膨らませながら読ませていただいてます。
私はネタバレ大歓迎!むしろ予習していかないと、興奮して何が何だか頭の中でもんじゃ焼き状態で終わってしまいそうですもの・・・。
今回一番楽しみにしているのは大野君のソロの間奏でどんなダンスを披露してくれるかって事!
きっとウットリしまくりですわ♪気絶するかも!!!
二番目は二宮君のソロ!今回ミョーにハマッてしまったあの色っぽくて、ちょっとH!?でイタズラッ気のある歌詞!ニヤリな二宮君が楽しみだわ♪
それと心配なのは翔君ですね。
私も超高所恐怖症なので、翔くんの気持ちよ~くわかります。それなのに、相葉ちゃんと潤君はクルンクルンですか!?同じ人間なのに、こうも違う?
楽しみだけど、ハラハラしちゃう。
「うらあらし」でも大野君が「ケガなく無事に最高の時間を過ごせました」って言ってましたね。
残りの8公演もそうなりますように♪

投稿: パイン | 2008年5月25日 (日) 04:16

でねるさま、皆様、こんにちわ♪
私はコンサートに行けない身なので、デネル様の感想文を読んで、大興奮でございます
本当にこのブログにたどり着けて幸せぇ~です

とにかく黒髪大野くんは私も大興奮·ウハウハです凄くヤバくカッコイいですよねぇ~~
前に雑誌か何かで、『あんまり黒髪が似合わない』
と発言された大野くんでしたが、凄くお似合いですよね
ファン大絶賛の髪型ですが、大野くんはどう思ってるんでしょうねぇ
魔王への期待が日々膨らむ~

あ、あと知念くんについて語り倒してあるページ、とってもおもしろかったです
ファンは同じじようなことを考えるなぁと、安心しました
私も大野くんの事を語りだすとキモがられるんですよ

投稿: つぐ | 2008年5月25日 (日) 03:09

こんばんは。
まってましたぁ、つづき。今回も大爆笑させて頂きありがとうございます!!
なんともいえない臨場感、デネルサンの表現はホント、最高におもしろいです。
これで、3日は想像だけのコンサートが夢に出て、興奮しながら眠れそうです。デネルサンの智くんに対するいろんな想いも痛いほど伝わってきて、読んでいると私も智ラブ上昇です。
楽しいコンレポ、ありがとうございました!

投稿: ゆうゆ | 2008年5月25日 (日) 02:04

デネルさん、みなさん、おはようございますsign03(この位の時間は挨拶に悩んじゃう…)
相葉さんのソロは、まぁぁ〜何というかsign03見た人の気持ちを優しくさせる何かを放ってる気がします。世界平和一直線な気分になれますよね。(私だけ?)

そしてデネルさんは大野くんのイヤモニになりたいのですねnote私はマイクになりたいっheart01あの美しい指に「キュッ」と握られて、口元で一番最初に声をひろいたいheart01…てかなり気持ち悪い妄想ですみません…(T_T)
そしてそして。上空からやってきた5名様。櫻井さんがほんっとに爆笑でしたね。オレンジのタンクトップが、私には船や飛行機の救命胴衣にしか見えない(席が遠いため)こともあり、更に爆笑を誘われて…。櫻井さん、ごめんなさい(笑)、な状態でした。

デネルさんのレポを読んでいると、その時の様子がリアルに思い出され、嵐熱が天井知らずな勢いで上がっていきますheart01ほんっとにいつもありがとうございますhappy01
PS:松本さんのくだりの除幕式という表現に腹がよじれるくらい大爆笑でした(笑)しかし、松本さんのあのウエストライン…頭が下がりますね…。綺麗な逆三角の体にびっくりしました。

投稿: ぷくちん | 2008年5月25日 (日) 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185337/21097990

この記事へのトラックバック一覧です: Dream‐A‐live 大阪 6:

« 黒髪の君♪ | トップページ | Dream‐A‐live 大阪 7 »