« はいっ、お江戸! 6 | トップページ | AGENT 001 »

2008年4月11日 (金)

はいっ、お江戸! 7

アイドルグループ嵐のメンバー、櫻井君と相葉君Ver.のauのCMを初めて見ました。

クイズ番組の答えを教えてあげる櫻井君も、後ろを振り返る相葉君も、二人ともベリ~ベリ~可愛いなぁ~。

ペアVer.の中ではこの二人のが一番好きかも♪

ドームコンサートのチケットの当落確認が始っているみたいですね。

デネルでございます。

本日は『はいっ、お江戸! 6』の続きをば。 ( ← ご参照下さい )

今日こそは『アマツカゼ』の感想文を書き終えて見せます!!

これより下は完全にネタバレをしておりますので、お嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

他力本願で申し訳ありませんが、ストーリーの詳細はどなたか他の方のエントリーをご参照下さいませ。

  ------------

  ------------

一人で隠し金山に到着した凪から陽炎と仁雷は来ないと聞かされた虱。

7年前の真実をりんから告げられ、初めて出来た友の裏切りに傷つき、虱に斬りかかる凪。

虱は必至に訴えかけるんですが、その声は凪の心には届きません。

二人の間に亀裂が走ったまま影村を筆頭に家臣たちを引き連れた不動が現れます。

「こいつは風なんかではない、虫でありただの虱だ!」と言いながら虱が作った『風』の帆を引き裂いて、描かれた文字を『虱』にしてしまう不動。

りんを守りながら不動に挑みかかる凪。

でもねぇ、不動にはやっぱり勝てないんです。

不動に背中を見せた一瞬の隙に斬られそうになるんですが、二人の間に入り命を懸けて助けてくれた虱。

凪の腕に抱かれながら「この山をお前にやるよ」と言い残して虱は命を落としました。

陽炎も仁雷も虱も、自分の為に死んでしまった。

凪の中で悲しみが猛烈な怒りへと変わります。

両手に剣を持ち大階段を上りながら浮動の家臣たちを次々に斬っていくんですが、その時の殺陣がもぉ~、だぁ~、チキショ~、かっ、かっ、かっ、かっこいぃ~!!!

8人斬り!?

10人斬り!?

激昂した孤高の戦士をもう誰も止められない!!

惚れた!!

パワフルで、背中に羽が生えているかのように無重力で、優雅で、安定感があって、一切ブレなくて、重心がしっかりしていて、ジャンプ力が尋常じゃなくて、ターンがキレッキレで、目も眩むようなスピードで、まるで踊っているかのようで、首クイッ&腰クイッが罪作りで、猫のようなしなやかな着地で、怒れる獅子と化する凪の殺陣に惚れて惚れて惚れまくり!!!

“雄弁な殺陣”という言葉選びが正しいのかどうか分かりませんが、大野君のは正にそれでした。

憎らしいぐらいに眼差しが凛々しくて色っぽいのです。

怒りに燃える顔が逆ギレしそうなぐらいに麗しいのです。

滴り落ちる汗の量が半端じゃなかったです。

あぁ、素敵。

最後通牒として自分に一生仕えると誓うなら命を助けてやると言う不動。

素直に従うと見せかけて刃を向ける凪ですが逆に刀を奪われてしまいます。

虱から教わっていた戦い方を思い出した凪は不動諸とも湖の中へダイブ。

重い着物が水を吸って、水中では互角になると気付いたからです。

教えた覚えの無い戦略に「友達が教えてくれたんだっ!」と叫ぶ凪。

涙、涙、あぁ、涙・・・・

虱の作った帆を広げて夜空に掲げると月が二つ!!

「月が二つ見える夜に獅子身中の虫に殺される」という予言は本当だったのか!?

て事は凪がその虫!?

積年の恨みを果たそうとしたその時、不動が不治の病に冒されている事を告白します。

獅子身中の虫 = 体内に巣食う病魔だったのです。

て、うっそ~ん!!

マジっすか!?

息絶える不動に「死ぬな! 獅子身中の虫はこの俺だ~っ!! 俺がお前を殺すんだっ!!」と身を震わせて慟哭する凪の姿に自称ガラスのハートがキューーーーーーン。

もいっちょ、キューーーーーーン。

『凪の慟哭にマニアック』!!

あぁ、切ない・・・・

絶叫する声がどこまでも伸びやかってどうですか!?

いつまでも聞いていたい絶叫って一体何!?

大野智、YOUの声は最高で最強!!!

ここまできたら凪に仇を討たせてあげたかったです。

友を失い、不動を殺す事も出来ず、これまでの7年間は何だったのか!?

せめてもの救いはりんを守れた事。

しかし、この7年の内にりんの心はすっかり変わってしまっていました。

「馬鹿なお兄様」と吐き捨てるりん。

て、うっそ~んアゲイン!!

マジっすか!?

「馬鹿なお兄様」が脳内でビッグエコー・・・・

何故不動はこれまでずっと、自分の命を狙う凪を生かしてきたのか!?

不動が子供を作らないと決めて以来、いずれは凪を後継者として迎えるつもりだったのです。

りんは不動を裏切り、影村と結託して織田家に嫁ごうとしていました。

隠し金山の存在を知った今、天下を盗るのも夢じゃないとも。

メノ~ン、数奇な運命に翻弄され続けた凪が可哀相すぎる・・・・

『アマツカゼ』ってギリシャ神話だったの!?

“何の為に今まで”と思わずにはいられません。

心の支えを失い、疲れ果て、身も心もボロボロになった凪は座り込んで虱の作った帆を抱き締めながら『アマツカゼの歌』を囁くように歌います。

はいっ、ザッツ・アカペラ!!!

何度もすみません、惚れた!!

肉眼では表情が見えにくかったので双眼鏡をフル稼働させていたんですが、悲しみに打ちひしがれる凪の姿がねぇ、切なくて切なくて切なくて・・・

鼻水も見えちゃった♪

でも平気。

滴り落ちる滝のような汗も、美しい涙も、鼻水もぜ~んぶまとめて惚れた!!!

三位一体の妙ってやつでございやす。

ちょっと違いますか!?

フヘヘヘヘッ♪

違う日に観劇された3104マニアのお友達に教えてもらったんですが、私が観た時と演出が少し違ったそうです。

4月2日以前に彼女が観た時はずっと横を向きながらのアカペラだったそうで、私が観た4月2日の時点では途中から客席に顔を向けて歌っていました。

俯き加減の横顔(左側)がねぇ、超絶に麗しいんです。

前を向いた時の眼差しがねぇ、決意に満ち溢れているんです。

遠くを見据えてゆっくりと立ち上がった時の佇まいは勇者そのもの。

ここでちょっとトリビアをば。

3月31日に観劇された音のプロ、うずまきさん ( ← ご参照下さい )から聞いたお話です。

この『アマツカゼの歌』、一幕で芦名星さんは演奏付きで歌っていたんですが大野君はアカペラ。

DIVA3104 ( ← 勝手に命名しております )はnoteミミミファ♯ミーレミミミファ♯ミーnote と伴奏無しにも関わらず、狂いの無い正し い音で歌い始めたそうです。

芦名さんの時の伴奏と同じ音で完璧に歌い始めた事にビックリ!!されたとも。

数時間前にうずまきさんに電話越しに音で歌って頂いたんですが、鳥肌が立ちました。

ええ、『ペリーヌ物語』を。

間違えた!!

『アマツカゼの歌』を。

つい先日最後の歌詞が「天つ風吹く」だったと教えてもらって、私のなんちゃってな脳内ブルーレイがレコードしてくれなかったあの日あの時の記憶が一気に蘇りました。

凪はそう歌ってた!!

「あま~つかぜぇ~ふぅくぅ~~~~」って歌ってた!!

うずまきさん曰く、大野君のビブラートは最高だったそうです。

透き通っていたとも。

大野智、どうにもこうにも罪作り・・・・

りんに向かって「お前はこの歌の本当の意味を分かっていない!」と言って、祠に祀られている申(猿)の神体を倒す凪。

洞窟が崩れ落ちるのをここでもスローモーションで表現。

小田軍の兵士たちも山城軍の兵士たちも奈落の底に飲み込まれてしまいました。

金を失って半狂乱になるりんに刃を向ける凪。

鬼気迫る勢いでバサッ!とりんを斬る凪。

超絶にぶったまげました。

凪はりんと兄妹の“縁”を切ったのです。

「俺が人を斬るのはこれが最後だ。 お前との縁はこれで切れた。 これからは自由だ。」

最後にもう一度だけ言ってもいいですか!?

かっ、かっ、かっ、かっこいぃ~!!

益々惚れた!!

店長さま、一番アルコール度数の高い飲み物を何卒プリ~ズ。

刀を捨て、虱が作った帆の一部を颯爽と首に巻いて「今日からは俺は“風”になる。」と宣言する凪の表情はどこまでも穏やかで優しかったです。

憎らしいぐらいに男前さんでした。

双眼鏡で握り締めた拳を見ちゃった♪

大好きなMP関節をがっつり見ちゃった♪

壮大なメロディをバックに凛とした眼差しで佇む姿に凪の面影はありませんでした。

その眼差しは明日を見ているようでした。

これからは風助として生きていくんですね。

虱が果たせなかった夢を風助が叶えてくれるんですね。

カーテンコールが何回あったか覚えていません。

数字に関してはモンキーさん以下の脳みそしか持ち合わせていないんですの♪

もいっちょ、数字に全く興味が無いんですの♪

昼の公演では最後まで大野君に笑顔が無かったような気がしたんですが、夜はテヘッてな感じのキュ~トな笑顔が出ていたような!?

客席に両手で手を振る愛しい男。

緞帳が下りても同じ様に身を屈めて手を振り続ける3104。

大野君は魅せる事が出来る人だと思います。

観客の心を惹き付けてがっつり離さないオーラのある人だと思います。

どこまでもストイックで、これまでのひたむきな努力、天から与えられた数々のギフト、もって生まれた運動神経の良さ、舞台で培った自信などがっつり組み合わさって、大野君をいつも以上に大きく大きく見せているんだと思うと胸がいっぱい・・・・

悲しいぐらいに貧乳ですが。

あの空間に居合わせる事が出来て本当に幸せでした。

自己満足も甚だしい感想文にお付き合い下さいまして有難うございました。

これにて『はいっ、お江戸!』を終了させて頂きます。

しまった!!

『大野君をペロッとまるっと語り倒す会』 ( ← 勝手に命名しております )の感想文がまだあった!!

日を改めてたっぷりと♪

◆おまけ◆

4月2日の夜公演は前から2列目ド真ん中の幾つかの席を潰して巨大なカメラがドドンッ!、サイドにもドドンッ!、中央にもドドンッ!とありました。

昼公演はここまで本格的じゃなかったです。

こいっ、DVD!!!

|

« はいっ、お江戸! 6 | トップページ | AGENT 001 »

コメント

◆haruさん◆

全然KYなんかじゃないですよ♪
コメントを下さって有難う。

7年前に風が止まってからずっと胸に秘めてきた願いは凪にとって何よりも大切なものだったはず。
それらを支えにして生きてきたと思うんです。
友の命と引き換えに得たものはこれからの人生。
尚更最後のシーンが感動的でした。

私も夜の公演を観劇しましたが、一瞬だけいつもの大野君の笑顔が見えたような気がします。

東京と京セラドームに行かれるのね!
haruちゃんと再会出来ますように。

追伸。
教えて下さったアドレスにメールを送るんですが、ずっと返ってくるの。
おかしい・・・


投稿: デネル→haruさん | 2008年4月23日 (水) 17:40

デネルさんこんばんは。またもKYな時期のコメントごめんなさーい(汗
コメントはスルーの方向でかまいませんので☆

今お江戸6、7を嵐さんの新アルバムを聴きながら読んでいたのですが、途中からデネルさんのコトバとアマツカゼの世界観に引き込まれて音が全く聞こえていませんでしたー。
しかも6・7読んでPCの前で目から涙が止まりませんsweat01
凪にこんな運命が待ち受けていたなんて!!予想もしておりませんでしたー><;
そして凪改め風助のアカペラ聴きたかった〜〜!
アンコール夜の部では確かに智くんのキュートな笑顔が一瞬だけ顔を覗かせたと母が言っておりました。
長い感動的なレポありがとうございました!これからはちゃんとコメントが追いつくように頑張りたいです(笑)

嵐さん東京と大坂参戦決まりました☆
デネルさんとまたお会いできますように…
ではまた♪

投稿: haru | 2008年4月23日 (水) 02:53

◆satomiさん◆

マニア目線丸出し感想文にお付き合い下さって有難うございました。
いつものクセがついつい・・・

satomiさんは『センゴクプー』もご覧になってるんですよね。
プーシリーズはそれぞれ伏線が沢山張られているような!?
2年前に『テンセイクンプー』を観た時は気付かなかった事が、今回『アマツカゼ』を観れた事でこれはここに繋がっているのね!と少しづつですが分かったような気がしました。
点から線になりつつあります。
だぁ~、全てを一気に観て勉強したい!!

風助はきださんで、サスケは大野君でいかがですか!?

投稿: デネル→satomiさん | 2008年4月14日 (月) 14:13

◆ゆーみんさん◆

関西は夜のスポーツニュースでしかホークス(パ・リーグ全般)の動向が分からないんですよ。
どないな感じなのかしら!?
優勝しますように!!

『アマツカゼ』の感想文を読んで下さって有難うございました。
2日の夜公演はカメラが沢山ありました。
DVDで発売されますように。

TimeのDVDまで後二日♪


投稿: デネル→ゆーみんさん | 2008年4月14日 (月) 13:44

デネルさん 皆さん こんにちは。
“はいっ、お江戸!1~7”お疲れ様でした。
デネルさんのマニア心満載の文章は読んでいて凄く楽しいですっ。
ありがとうございました。

私は、最後の凪が風助になった瞬間が一番感動しました!
風助カッコいいー!
プーシリーズは最高ですね。
「バクマツバンプー」は観てないので分からないのですが、繋がっていくっていいですね。
「虱」から「凪=風助」から「サスケ」、そしてテンセイクンプーの美波さん演じる「おとき」に繋がって、やっと船で漕ぎ出すことが出来たんだな~と。感慨深いですね。
風助とサスケのサイドストーリーも見てみたいなーって思います。
でも、サスケを誰が演じるか…。一人ニ役は無理ですからね。ダメか。。

投稿: satomi | 2008年4月14日 (月) 11:45

デネルさん、皆さんこんばんわ~happy01
連日連夜、ホークスの応援に一喜一憂、ちょっぴりお疲れですsweat01まだ始まったばかりなのにsweat01
お江戸物語1~7想像力フル回転で、読ませて頂きました。かぁ~~観たいですsign03
テレビカメラがたくさんあったんですって!?いやぁ~ん期待してしまいます~heart01
今週は待ちに待ったTIMEコンDVDですhappy01はぁ~早く来いheart01

投稿: ゆーみん | 2008年4月14日 (月) 00:50

◆pochinoさん◆

私は早2週間弱が経ちました。
感想文は要約して書こうと思っていたんですが、コンパクトに上手くまとめる能力を持ち合わせていない事に気付きました。
要領を得ない長文を読んで下さって有難うございました。

とんでもない記憶違いが沢山あるような気がするので私のなんちゃってなブルーレイを信用しないで下さいね♪

凪=若=大野君って素敵ですよね。
“凪”として見せる表情と“若”として見せる表情が違うのでございます。

長きに渡りまして『アマツカゼ』の感想文にお付き合い下さって有難うございました。

DVDの撮影が入っていたと断言は出来ませんが、昼公演の時と夜公演では規模が全然違ったんです。
記録用にしては本格的過ぎるなと思った次第です。

投稿: デネル→pochinoさん | 2008年4月13日 (日) 15:28

◆かなさん◆

当日券の抽選が当たったと教えて頂いたのは、かなさんと他2名の大野君ファンの方のみです。
多くの方が並ばれていたと聞いております。
用意されている席は凄く少なかったんですよね!?
かなさんがご覧になれて本当に良かった!

大野君の片手側転も凪の片手側転も超絶に格好いいですよね。
私も惚れ込んでおります♪
凪が最期に首に巻きつける布は帆の切れ端でした。
颯爽と巻く姿が格好良かった!!

跪いたりとか同じ場所に長くいた時など汗が床に溜まってませんでした!?
さっきまで凪がいた付近の床の色がかなりの面積で変色してたんですよ。
ずっと動きっ放しなので体力的にもかなりしんどい舞台ですよね。

あっという間に一幕が終わっていて、気付けばカーテンコールになっていました。
本当に夢心地の2時間半でございました。

『身毒丸』を観劇されたんですね。
藤原さんも素敵な俳優さんなんでしょうね。
凄い人なのね~。

投稿: デネル→かなさん | 2008年4月13日 (日) 13:54

デネルさん・皆さんこんにちは

「アマツカゼ」を観劇して早一週間が経ってしまいました。
臨場感溢れる“はいっ、お江戸!1~7”熟読させていただき、あらためて思い出すことばかりです。
デネルさんの脳内Blue Rayとやらは凄すぎます。
FD以下の記憶力の私は観ていく途中からどんどん忘れていく始末。
デネルさんが書いて下さった感想文で再認識するシーンが幾つもありました。
そして「凪」に惚れ込んでいく心情がひしひしと伝わってきました。
凪=若=大野君・・もいいですね。
私、陽炎から“若”と呼ばれる大野君に絶大なるLoveを送ります。
陽炎に変わって若をお守りしたい!(守るどころか足手まといにしかなりませんが・・・。)
楽しくも重く、深い感想文をありがとうございました。
デネルさんが観劇した日にDVDの撮影が入っていたのですね!
待ち遠しい限りです!

投稿: pochino | 2008年4月13日 (日) 13:38

◆ALOHAさん◆

大野君のアカペラ、私はただうっとり聴き惚れるだけで音階なんてこれっぽっちも分かりませんでした♪
芦名さんVer.の伴奏と全く同じキーで歌っていたんですね。
芦名さんは口パクだったんですね。
私の席からは双眼鏡を駆使しないと口元は見えなかったんです。
チキショ~、大野君は凄い!!

「ひみつのアラシちゃん」の大野君は素敵でしたよね~。
アップの時の別嬪さんぶりにクラックラでございます。
来週はレジのひみつ!?


投稿: デネル→ALOHAさん | 2008年4月13日 (日) 13:36

今晩は・・・デネルさん!
本日、感想文!読み終わりました。
よみがえりますねぇ~
あの日、当日券にならびドキドキしながら待ち!
劇場内に入れるようになるまでを・・・
そして、凪・アマツカゼ・大野くんを
この目で見れる喜びを♪
今回は、無理かもとあきらめていただけに嬉しくて嬉しくて
久々に足も手もふるえました。

私も大野くんの片手側転が大好きでコンサートのDVDも
そこだけリピートしまくったりしてます。うふッ!
凪で萌え萌えしてしまったのは、はりつけられてるシーンの
凪・大野くんに萌え~でした。双眼鏡で見つめてしまいました。あまりにもセクシィ~で・・・
そして、帆でしたよね?を首にストールのように巻くとこ
凛々しいカッコイイ~うっとりでした。
殺陣いやぁ~カッコよすぎて!
2時間半が夢心地でした。
しかし汗すごかったですねぇ~床に汗が落ちるほどなんて!

本当ですねッ 
大野くんのストイックの面々ステキです。
舞台にいた大野くんは、凪でしたもの!
今回は、本当に見れてよかったです。
デネルさんの感想文も面白くて楽しかったです。


先日、演出・蜷川幸雄さん!藤原竜也くん主演の『身毒丸』を見て参りました。
MS町田くんも見に行ったとか・・・
蜷川さんの演出も面白しと思いましたが藤原くんという役者も凄い人だなぁ~と感心しまた感動しました。
そしてやっぱり生の舞台はいいですねっ。

大好きな大野くんとカッコイイ凪! 
藤原くんの演技に元気をもらっちゃった一週間でいした。 

すいません!長々と失礼いたしました。


投稿: かな | 2008年4月12日 (土) 22:47

デネルさん、皆さん、こんにちは〜♪

「アマツカゼ」レポ、完結しましたね〜。ありがとうございました!
自分のメモリーとデネルさんレポで、残像は永久保存できたんじゃないかなと思います。
大野くんの歌声…うずまきさんのお隣にいたにもかかわらず絶対音感は私には乗り移ってくれませんでした…でもでも!大野くんの歌声がすばらしくて、ホントにゾゾッと鳥肌が立ちました!!!
っていうか、ずっと鳥肌立ちまくりだったんですけどね♪
特に、芦名さんは口パクで「あ〜口の開き方がズレてる…」と思っていたので(目だけはいいんです、私)大野くんの声の感動がインパクト倍増でした。

エージェント001も麗しかったですね〜♪
「実はですね〜」のアップは…もうもう!もう!!!たまりません!
魅力的な大野くんが来週もたっくさん見れますようにnote

投稿: ALOHA | 2008年4月12日 (土) 16:09

◆ちさとさん◆

ご無沙汰しております。
お陰様で元気にマニアックな世界を展開し続けております。
ちさとさんはお元気でいらっしゃいました!?

ここが心温まるホットステーション!?
沖縄スタイルでおにぎりを温めましょうか!?

ちさとさんは一週間前に観劇されたんですね。
青山劇場付近にあった太陽の塔もどきのへんてこな塔と大看板は本当に存在したのよね!?って感じです。
舞台も観たのよね!?とも。
夢か幻か・・・
でも確かに観た♪

感想文はクールに書きたかったんですが持病のせいで無理でした。
DVDで改めて再確認したいです。
とりとめのない長文を読んで下さって有難うございました。

投稿: デネル→ちさとさん | 2008年4月12日 (土) 11:08

◆実那さん◆

長い長い感想文にお付き合い下さって有難うございました。
感想文を書き終えて思ったのが“凪の登場シーンが一番印象深い!”でした。
ご覧になった皆さんそれぞれが様々な感想をお持ちなんですよね。
幸運にも舞台を観劇する事が出来て、あの空間に居合わせる事が出来て、『アマツカゼ』の世界にどっぷり浸かれて幸せな一時でした。

マニアの宴は壮絶でした・・・

投稿: デネル→実那さん | 2008年4月12日 (土) 10:55

◆あめさん◆

櫻井君と相葉君のCMは凄くキュ~トでほのぼのさんですよね。
色彩が温かいし、見ていて微笑ましいストーリーでほっこりです。
でもこれから何パターンも登場するはず。
他のペアVer.も楽しみです。

『アマツカゼ』の感想文を読んで下さって有難うございました。
DVDになりますように。

投稿: デネル→あめさん | 2008年4月12日 (土) 10:42

◆わかぴんさん◆

『アマツカゼ』は素晴らしい舞台でした。
事務所の方々も観に来られていたんですね。
皆さんそれぞれが互いの出演作品を観劇し合って、切磋琢磨しているんだわ。
いい環境ですよね。

コンサートのチケット当落確認。
現実はかなり厳しいみたいですが、一人でも多くの方のお手元に希望通りのチケットが届きますように。


投稿: デネル→わかぴんさん | 2008年4月12日 (土) 10:37

◆えみさん◆

えみさん、ほぼ初めまして!
コメントを下さって有難うございます。

えみさんも『アマツカゼ』をご覧になれたんですね。
果たして私の脳内ブルーレイはどこまで正しいのか!?
眉唾ものでございます。
適当に読み流して下さいね。

何故かカーテンコールの記憶が曖昧なんですよ。
手を振りながらお友達と「可愛いぃ~♪」を連呼していたのははっきり覚えているんですが・・・
えみさんが行かれた公演では客席が十戒みたいになっていたんですね。
素敵なお話を聞かせて下さって有難うございました。

投稿: デネル→えみさん | 2008年4月12日 (土) 10:29

◆美羅さん◆

ご無沙汰しております!!
京セラと名古屋ドームのチケット当落はかなり厳しい状況になっているみたいですね。
美羅さんはいかがでした!?

最後のアカペラは心に沁みました。
と言ってもあまりにも興奮&感動し過ぎて記憶が怪しいんですが。

幕が上がった途端『アマツカゼ』の世界に引き込まれましたよね。
あっという間にカーテンコールになりましたもん。

これまでの作品全てがDVDになりますように。
しゃかりきに働いてDVD貯金をしなくっちゃ♪

投稿: デネル→美羅さん | 2008年4月12日 (土) 10:23

◆YU-HOさん◆

怪しい生き物が呟く独り言も一緒に思い出したんじゃない!?
様々なシーンが鮮明に記憶に残っていて、『アマツカゼ』の余韻に今も浸ってます。

投稿: デネル→YU-HOさん | 2008年4月12日 (土) 10:17

ご無沙汰しています、デネルさんお元気ですか?
やっとこさゆっくり遊びにこれましたーhappy02
デネルさんちは、まさに深夜に心温まる、今旬のホットステーションでございやす(笑)
一気に感想文読ませていただきました。
そして、いまとても感動しております。
私は一週間前に観劇したのですが、未だに青山劇場へ行った日が夢だったんじゃなかろうかと、不思議な感覚に襲われていました。
見たモノの順番やあらすじなんてぼやけまくって、ただただ感動というか、目の前にいたお~のさんはあれは幻だったのではないかいなーみたいな、夢うつつなままだったんです。
でも、デネルさんのこのすんばらしいレポートを読んでやっと気持ちがすっきり整理整頓されたきがします。
細部にわたってきもちがこもっていて熱いレポート本当にお疲れ様でした。読ませていただきありがとうございます!
そして、DVD!待ち遠しいですね♪
おおのさんバンザイ!!ではではまた~   

投稿: ちさと | 2008年4月12日 (土) 02:21

デネルさん、皆さん、こんばんわ。
そしてデネルさん、お疲れ様でした!
あ〜終わってしまった…。毎日、早く先を読みたいという気持ちと、マニアックな感想がまだまだ続いて欲しいという、ちょっと複雑な気分になりつつ、でも感動と幸せな気分で楽しみました。
舞台を見ながら、この空間にいる事ができて何て幸せなんだろう、なんて凄い人を凄いものを見てるんだろうと何度も思った事を改めて思い返したり。
有難うございました!
きっと「ペロッとまるっと語り倒す会」でも、マニアックな楽しい話が聞けるはず。楽しみにしてます♪
そしてDVD!絶対こいっ!

投稿: 実那 | 2008年4月12日 (土) 00:38

デネルさん、みなさん、こんばんわ。

au.CM、私もこのペアバージョンが一番好きかも!です。
なんだか妙にリアル(笑)

デネルさん、凪さまレポお疲れ様でした。
読ませて頂くとよみがえりますね〜 
そしてやはりもう一度みたい衝動にかられてます!

DVDになるといいですね♪

投稿: あめ | 2008年4月11日 (金) 23:52

デネルさんこんばんは♪

レポ完成お疲れ様でした。読み終えてまたまたあの観劇した時間が甦ってきましたよ!
本当に全てにおいて完成度の高い舞台でしたね。
そして、役者大野智にますます惚れたひと時でした。
他の嵐メンバー4人や、v6長野くんなど他にもジャニーズの方々がたくさん見に来ていたようで大野君の実力が事務所内でも認められているんだなぁと思いました。
もう、今から気持ちは次回作ですよ(笑)

さぁ、お次はドームコンですね!
皆さんのお手元に無事にチケットが届きますように・・・

投稿: わかぴん | 2008年4月11日 (金) 23:45

デネルさん、みなさんこんばんは。
以前一度だけコメントを書いたことがあるのですが、ほぼはじめましてです~。
毎日デネルさんのマニアックな語りを楽しみにしております。

さてさて、私もアマツカゼ観に行きました!
デネルさんのマニアックな感想で、私の脳内HDはかなり上書き保存されたこと間違いなし!
見えなかったところまで、なぜかズームで智の顔が保存されています(笑)

私が行ったのは2日目の夜。
カーテンコールで大野君一人だけで出てきたときのことです。
大野君が舞台前面に出てきてお手振りしながら下手から上手へ移動したんです。
その時はまだスタンディグオベーションではなく、みんな座って拍手していたのですが、大野君の動きとシンクロしてウェーブのごとく下手から上手へ観客たちが立ち上がったんです。
ちょっと後ろの席から見ていたので、この光景はかなり圧巻でした。
モーゼの十戒か!(いや、全然違うけど)
鳥肌がゾゾゾッと立ったのを覚えています。

初めて生の大野君を見ましたが、私もかっこいい大野君に惚れた!ちきしょぉ!
そしてアンコールの笑顔、かわいいお手振りを見て、本当にアイドルなんだなぁって実感したひとときでした。

投稿: えみ | 2008年4月11日 (金) 21:36

デネルさん&皆様お久しぶりです(>_<)
皆様の元に当選の桜は咲きましたでしょうか??

ブログを拝見していて脳内映像が甦ってきます!!DIVA3104のアカペラは聞き惚れました☆☆☆やっぱりこの方凄いなと!!
そして、大野座長率いるカンパニーのお芝居に引き込まれました。苦悩や葛藤の場面もあればホッと出来る笑いの場面もあって、時間があっという間に過ぎていった感じです。
私もあの空間に居合わせる事が出来て幸せと改めて実感してますo(^-^)o
DVDは過去2作品とまとめてこい!!金は惜しまん(笑)
続きの語り倒す会も楽しみにしてます♪

投稿: 美羅 | 2008年4月11日 (金) 18:52

レポ完成、お疲れ様です!!
読ませていただいて、シーンを思い出してはウルウル。
堪えて、また読み始めてはウルウルの繰り返しでした。
ほんとに、お疲れ様でした!!!!!!

投稿: YU-HO | 2008年4月11日 (金) 16:49

◆istさん◆

全く以って要領を得ない長文を読んで下さって有難うございました。
舞台の雰囲気だけでも伝わりましたでしょうか!?
不動の死がまさかアレとは。
りんがアレとは。
雑誌の写真だけでは“???”なシーンばかりですもんね。

ピンポンは録画したんですが時間が無くてまだチェックしてないんです。
いつかします。
TB○系列のワイドショーは地方Ver.が殆どのような気がしてきたぞ。

投稿: デネル→istさん | 2008年4月11日 (金) 14:20

◆かなさん◆

おっ、携帯からチラ見をして下さって有難うございます!
なんだかんだで7まで書いてしまいました。
お時間のある時にサクサクっと読み流して頂ければ幸いです。

アイドル誌の寝顔・・・
大野君はパジャマを着て横向き!?かなんかで目を閉じている写真じゃないですか!?
見た!!
デヘ~ってなった!!
あの大野君は櫻井君ファンのお友達さんにも好評だったんですね♪


投稿: デネル→かなさん | 2008年4月11日 (金) 14:12

◆kemeさん◆

お久しぶりでございます!

いつも愛用しているパソコンが傍にないのって辛いですよね。
嵐さんの動向が分からなくなってしまう・・・
早く戻ってきますように。

アカペラの時は興奮し過ぎて詳細がぶっ飛んでしまったんですが、うずまきさんに教えて頂いて歌い終わりの「天つ風~」の雰囲気を昨日思い出す事が出来ました。
鳥肌がゾゾゾゾッでございます。
大野君が持つ引き出しはまだまだ未知数ですよね。
ゆっくりでいいので一つづつ見せてくれますように。

2日は夜公演は昼公演よりカメラが沢山あったと思います。
全ての出演作品をDVD BOXで発売して頂きたい!!


投稿: デネル→kemeさん | 2008年4月11日 (金) 14:08

◆ヨネさん◆

「ひみつのアラシちゃん」をまだ見れておりやせん。
リピート地獄が満載ですか!?

私の双眼鏡はかなり高性能ですよ~。
エリンギちゃんのとお揃いです♪
倍率は何倍!?
すみません、数字に興味が無いので倍率を覚えてないです。
嵐さんのコンサートに初めて行けると決まってすぐに「とにかく良く見えるやつ!」をスローガンに購入しました。

2階席の方が全体をがっつり見やすくなかったです!?
立見だったんですが隅々まで観る事が出来ました。

『アマツカゼ』がDVDで発売されますように。

投稿: デネル→ヨネさん | 2008年4月11日 (金) 14:01

おはようございます…。

デネルさん、超絶に長い感想文を、ありがとうございます…。すっきりしました。
テレビ誌などの写真を見て、何?何があったんだ??でしたので(そりゃそうだ)
敵である不動が息絶える時、凪は何を言ってるの!?虱って何者??
りんが変わっていたって、なぜ?どういう風に??
りんとの縁を切ったって、縁だけ?本当に切ってしまったの?
一気に胸のつかえが取れました。
雑誌で見た写真などが合成されて、脳内再生することができました。
感動の嵐…。(←他にもっと気の利いたことを書けないのかっ!)

あ、ピンポン撮れていました?関西で放送がないのは2時ッチャオでしたっけ?
こちらはやはり、2時ッチャオとイブニング5、ローカルに切り替わっておりました…。
にのあい見たかったんですけどね~・・。全国放送中に出てくれればいいのに・・。
今日はハプニング大賞か~・・。録画が落ち着くことがない…。

投稿: ist | 2008年4月11日 (金) 09:23

おはようございます!
デネルさん♪

携帯でチラミをしたら感想文が7まで書かれてる~
最近、パソコンがあけれず今日の夜!子が(-_-)zzz 寝たら!ゆっくりじっくりと読ませていただきます。楽しみ♪

デネルさん!どの雑誌か雑誌名をうっかり忘れてしまいましたが!
今週あたりに発売日されたアイドル雑誌の大野くんの寝顔みました?
本屋でかなり一人盛り上がっちゃいました。
可愛い寝顔に萌え~$OHG櫻井くんずきの友人も萌え~の嵐くんの寝顔!
もし見てなかったら見てみてください!


投稿: かな | 2008年4月11日 (金) 09:02

おはようございます。

またまた久しぶりの登場になってしまいました。

ただ今、パソがドッグ入りしてまして、つまんな〜い!(笑)日々を過ごしております。

デネルさんのレポ読みながら徐々に記憶が甦ってきております。

アカペラの時は、オペラグラス越しに涙したことを思い出しました。

自然と涙が溢れてたことを…

彼は秘めたるものが一体いくつあるのでしょうか?

ますます楽しみな男です!【大野智】

ところで、カメラが入っていたとか…
是非DVD化を強く希望します。
どうせならば、プーシリーズをBoxで出していただいてもいいのですが…

Jストさん、お願いします☆☆☆

投稿: keme | 2008年4月11日 (金) 08:14

デネルさん、こんばんは!

何度目かの「ひみつのアラシちゃん」リピート地獄から、やっと正気に戻ったらこんな時間でした・・・

デネルさんの双眼鏡はいい仕事しますね~
倍率は何倍なんですか?
私は、2階席というのもあったのか、はたまた動転していてどこを観ていいのやら状態だったのか・・・
凪の素敵な表情を沢山見逃している気がしますweep
なので、感想文ありがたかったです。
ありがとうございました。

是非、その沢山のカメラでとらえた「凪」のあんな顔やこんな顔をDVDにして欲しいですね。

投稿: ヨネ | 2008年4月11日 (金) 03:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185337/20063254

この記事へのトラックバック一覧です: はいっ、お江戸! 7:

« はいっ、お江戸! 6 | トップページ | AGENT 001 »