« はいっ、お江戸! 5 | トップページ | はいっ、お江戸! 7 »

2008年4月10日 (木)

はいっ、お江戸! 6

悲しき関西ローカルの性。

TB○の番組『ピンポン!』とやらがどうにもこうにも恨めしい4月の夜。

デネルでございます。

本日は『はいっ、お江戸! 5』の続きをば。 ( ← ご参照下さい )

今日で『アマツカゼ』の感想文を書き終える事が出来るのか!?

これより下は完全にネタバレをしておりますので、お嫌な方は今すぐ回れ右をして出口へとお急ぎ下さい。

他力本願で申し訳ありませんが、ストーリーの詳細はどなたか他の方のエントリーをご参照下さいませ。

  ------------

  ------------

すみません、2幕スタートの記憶が曖昧なんです。

だってねぇ、さっき舞台が始ったと思ったらもう1幕が終わり!?だったんです。

瞬きをするのも惜しいぐらいにウキウキウォッチングしてたらもう幕間!?だったんです。

ほんでもって興奮冷めやらぬまま2幕に突入したもんですから、完全にトチ狂ってしまって役立たずな脳内ブルーレイの処理が追いつきませんでした。

私のなんちゃってな記憶違いを正して頂ければ幸いです。

宴の席でお面を付けていた虱が不動の本陣に潜り込んでいたんですが、話の繋がりを思い出せない・・・・

自分を騙して聞き出した作戦で何の罪も無い人の村を破壊したと言って凪に詰め寄る虱。

虱に殴られてもやり返さず、ただ黙ってそれを受け入れ、自責の念に駆られる凪の姿が見ていて凄く痛々しかったです。

凪だって知らなかったのにぃ~。

不動のバカ!!

ダムを決壊させた時に重傷を負った陽炎。

陽炎の若への伝言が「自分は生きているから心配しないで下さい」。

これを凪に伝える為だけに危険を冒してまでわざわざ不動の本陣にやってくる仁雷の無償の愛にとてつもなくジ~ン・・・・

若が心配しているだろうからそう伝えてくれと陽炎に頼まれたそうです。

最初は凪と陽炎のハッピーエンドを願っていた私ですが、ここへきて仁雷と陽炎を猛烈に応援するようになりました。

でもねぇ、陽炎の無事を聞いてホッと安堵の溜め息をついた凪の姿を見るとやっぱりねぇ、二人のハッピーエバーアフターも見てみたい!!と思わずにはいられないのでございやす。

この後に虱や陽炎たちが演じる言霊の精霊が登場するんでしたっけ!?

「アナタには何が見える?」と精霊たちに囁かれて凪が取った行動は南蛮渡来の銃で不動を殺す事。

亡き母の命日である今日だけは不動が影武者を使わない事を知っていたからです。

残念ながら弾は不動に当たらず敢え無く失敗し、逆に捕らわれてしまいます。

出たっ、Jesus Chirst Superstar!!

間違えた!!

磔にされている凪だった!!

薄手の服(セクスィ~な黒♪)のまま磔にされて身動きが取れず、意識が朦朧としているのか首をしな垂れて家臣にいたぶられる凪が色っぽいのなんのって。

フヘヘヘヘッ♪

いかん いかん、ストーリーに関係の無い所で萌え萌えしてしまった己に喝!!

捕らわれの身となった若を助けるべく、怪我をして動けない体を仁雷に背負ってもらって敵陣に乗り込もうとする陽炎。

その道程で虱に遭遇します。

彼なら若を助ける事が出来る!!

凪に裏切られた上、罪も無い村人を平気で惨殺するあいつなど救う価値も無いと言って陽炎の言葉に聞く耳を持ちません。

「若はそんな事をするような人じゃない! 絶対に訳がある!」と凪を必至で擁護する陽炎を見つめる仁雷が切ない・・・・

陽炎の凪へのひたむきな思慕も切ない・・・

メノ~ン、泣ける・・・・・

最後は虱に土下座をして懇願するんですが、彼は頑なに拒否し続けます。

7年前に起こった谷村家の悲劇を虱に語って聞かせる陽炎。

虱の表情が一瞬曇ります。

何故ならば・・・・

不動の本陣に乗り込む陽炎と仁雷。

三人で多勢の敵を倒すには限界があります。

と、そこへ大きな包みを抱きかかえた虱が颯爽と登場。

驚く凪に「俺たち友達だろ」と。

「どうして隠し金山の事を不動に言わなかったんだ?」と聞かれた凪は「二度もお前を裏切る事は出来なかった」とポツリと呟きます。

友達っていい!!

友情って最高!!

大きな包みには凪の妹・りんが隠されていました。

りんを見た時の凪の眼差しに胸が締め付けられそうになりました。

『風』と書かれた帆を凧にして、それに飛び乗った虱とりんが先に逃げます。

仮面の忍者・赤影さんみたいな感じです。

銃で撃たれた陽炎が奈落の底へ。

続いて凪と仁雷も。

虱とりんがいる山に一秒でも早く辿り着きたい凪。

ですが陽炎が負傷した為になかなか先に進む事が出来ません。

追っ手はすぐそこまで来ている。

「私の事はいいから若はおりん様の所に行って下さい!」と叫ぶ陽炎。

躊躇する凪に「何の為に今までその手を血に染めてきたんですか!?」、「全てはおりんさ様を助ける為!」、「行って下さい!」とも。

涙、涙、あぁ、涙・・・・

チキショ~、泣ける!!!

動けずに蹲る陽炎を泣きながらそっと抱き締める凪の姿に胸の鼓動が高まるばかり。

だぁ~、惚れた!!

立て膝をついて、ド密着で陽炎の頭を抱き寄せ、愛しそうに首筋に手を添えて、チュ~しちゃえ♪2秒前で、すすり泣きながら「見つからないようにじっとしていろ」と囁く凪の全てにベロンベロンに酔いしれました。

胸の奥がキュンとなる二人のシーンを号泣しながら双眼鏡でガン見。

ぬぉ~、『凪の抱擁にマニアック』!!!

もう一回言ってもいいですか!?

コンニャロ~、惚れた!!!

陽炎を気遣う凪の眼差しと抱擁に胸を打たれまくり。

これが泣かずにいられよか!?

「見つからないようにじっとしていろ」の声がねぇ、これが今生の別れになるのが見えているかのように悲しみに溢れているんです。

振り絞るように言うんです。

世にもセクスィ~な低音ボイスに自称ガラスのハートがときめきっ放し。

あたしゃ凪は陽炎に恋心を抱いていたと思いたい。

うんにゃ、絶対に抱いていた!!

あぁ、切ない・・・・

凪を安心させる為に「私を誰だと思ってるんですか、さあ行って下さい!」と笑顔で言う陽炎に涙、涙、あぁ、涙。

後ろ髪を引かれる思いで凪は去ります。

傍にいようとする仁雷に「亭主なら私の代わりに若を守って!!」と頼む陽炎。

涙で舞台が見えないっす。

隠し金山で三人の到着を待つ虱とりん。

りんに向かって虱が衝撃の事実を告白。

7年前、りんを肩に担いで谷村家から連れ去ったのは暗殺軍団・虫の一員であった自分だと。

仲間たちを殺され、今では不動を憎んでいると。

あの日の罪滅ぼしの為にも二人を助けたかったとも。

一人残された陽炎が不動の家臣たちに見つかります。

彼らに取り囲まれて絶体絶命になったその時、仁雷が戻ってきた!!

バンザ~イ!!!

自分の身に迫る危機などおかまいなしに若の心配をし続ける陽炎。

「あいつなら大丈夫だ。 嫁を守るのは亭主の務め、実は亭主関白なんだぜぃ。」な仁雷に惚れました。

時代劇で僧侶が持っている長い棒 ( ← 正式名称が分かりません )を振り回して陽炎を助けようとするんですが残念ながら・・・・

遂に陽炎も・・・・

陽炎の最期は「若に笑顔が戻りますように」と願って笑っていました。

打ち上げた花火と一緒に二人の命は散ったのです。

一番泣いたのがこのシーンでした。

オエオエ泣きました。

この時にマスカラが剥げ落ちたに違いない。

ウォータープルーフってな~に!?ですよ全く。

二人の幸せな夫婦生活が見たかった・・・・

松本まりかさんは溌剌としていて、真っ直ぐで、ひたむきで、ピュアで、元気で、明るい陽炎を好演していらっしゃいました。

武田義晴さんはユーモアたっぷりで、一途で、惚れた女にとことん弱い心優しい仁雷をパワフルに演じてらっしゃいました。

『はいっ、お江戸! 7』に続く。

◆おまけ◆

凪の抱擁があまりにも素敵だったので、大野君のラブストーリーが見た~い!!とジタバタ&デヘデヘする世にも薄気味悪い生き物、その名はD。

その思いは以前より確実に強くなっておりやす。 ( ← ご参照下さい )

増殖しまくっておりやす。  

マニアの野望は尽きる事が無い・・・・

|

« はいっ、お江戸! 5 | トップページ | はいっ、お江戸! 7 »

コメント

◆mokamokaさん◆

mokamokaさん、初めまして!
ようこそお越し下さいました。

『アマツカゼ』の感想文を読んで下さって有難うございます。
mokamokaさんが大阪公演で「見つからないように~」のくだりを始め、舞台をがっつりご覧になれますように!

これからも宜しくお願い致します。
また遊びにいらして下さいね~。


投稿: デネル→mokamokaさん | 2008年4月11日 (金) 14:47

◆naoさん◆

naoさん、コメントを下さって有難うございます!
メールのお返事を書こうと思ったらアドレスが無かったのでブログ上でお尋ねするつもりでおりました。

舞台をご覧になっていかがでした!?
私もnaoさんと同じで現実逃避をしまくっております。
もう暫くは『アマツカゼ』の世界にどっぷりと浸っていたいですよね。

「見つからないように~」のくだりは感動しました。
号泣でございます。
支離滅裂な感想文を読んで下さって有難うございます。
DVD化されますように!!

これからも宜しくお願い致します。

投稿: デネル→naoさん | 2008年4月11日 (金) 13:44

◆いちのさん◆

ピンポン!の大野君を見てないんですよ~。
可愛かったんですね。
最後に登場とな!?

どうぞどうぞらきさんとご自由に~♪


投稿: デネル→いちのさん | 2008年4月11日 (金) 13:38

◆あきこさん◆

お久しぶりです!!

案の定もこんな定も何も、大野君の凪に一目惚れでした♪
私の目は間違いなく☆が10個瞬いていたはず。
もっとか!?

感想文を書くにあたって、鮮明に記憶しているシーンを思い浮かべながらその前後のストーリーを繋ぎ合わせました。
キーボード打ちながらだと脳が活性化されやすいと思います。
結構思い出すですよ。

凪と陽炎のあのシーンは感動しましたよね。
あぁ、切ない・・・
松本さんは陽炎を全身で好演していらっしゃって、大好きになりました。
凪は陽炎に惚れてましたよね!?
やっぱり切ない・・・


投稿: デネル→あきこさん | 2008年4月11日 (金) 12:11

◆らきさん◆

涙ながらの執筆というよりも、セクスィ~な凪の眼差しや佇まいを思い出してはうっとりしまくっています。
惚け過ぎて先に進みませんでした。

越後では「2時っチャオ!」が放送されているんですね。
しかし終了時間が中途半端!?
らきさん愛しのグッドルッキングでナイスな青年は3時までに登場しなかったんですね。
チキショ~!だわ。

どうぞどうぞご自由に~♪


投稿: デネル→らきさん | 2008年4月11日 (金) 11:54

◆istさん◆

今度のCMはどのパターンなんでしょうね。
5名様Ver.とそれぞれのソロ!?
auのCMみたいに頻繁に見れますように。

投稿: デネル→istさん | 2008年4月11日 (金) 11:46

◆istさん◆

2時チャオとやらは関西では放送されていないような!?
昼から夕方にかけての番組は見れないので何がなんだかチンプンカンプンです。

大野君のラブストーリーを見てみたいですよね♪
その日が来るのが楽しみです。
とんがりコーンはまた別Ver.が放送されるんですね。
大野君の髪色が凪仕様だったらいいな~。


投稿: デネル→istさん | 2008年4月11日 (金) 11:45

デネルさん
はじめましてmokamokaと申します!

舞台レポ☆読ませて頂きました!私は舞台観れなかったんですが、大阪公演の時は観に行きたいなぁ~って思っています♪「みつからないように・・・」の凪様を私も聞きたい~!!

投稿: mokamoka | 2008年4月11日 (金) 01:42

こんばんは こちらへは初めましてのnaoです
いつも楽しみにさせてもらってます
今後とも宜しくお願いします

先日は突然のメールですみませんでした
身体は現実に戻れましたが心は今も・・・
毎日のようにパンフレットやこちらを見ながら
現実逃避しちゃってます
「見つからないようにじっとしてろ」の所良かったですよね
何しろ初めての舞台でほとんど覚えていないのです
こうして文字で読ませて頂くと そうだった・・・と思いだします
早くDVD化されないかな~なんて勝手に思ってます

投稿: nao | 2008年4月11日 (金) 01:09

デネルさん 皆さん こんばんは

いよいよ「ひみつのアラシちゃん」はじまりますね~~
今日のピンポン!の大野君も可愛かったですよね。
いつもこの番組の芸能ニュ-スの時間が流れないので、期待していなかったのですが、
最後に出てきてくれてヤッタ-!!って感じでした。

らきさんが、私のお名前を出してくださっていてびっくり!
私のカレンダ-はまだ健在です。
というか怖くてあれから封印したままです…
何処かで、100円均一で売っているミニイ-ゼル(?)に立てるとインテリアとしてグット!と読んだので購入してスタンバイしているのですが…臆病者の私です。

投稿: いちの | 2008年4月10日 (木) 21:57

デネルさん、みなさん、お久しぶりです~!
ここ最近のエントリーを一気に読ませていただきましたが、
デネルさん、案の定、凪・3104にメロメロじゃないですか~!!!!デネルさんの目に☆が10個ぐらい見えるようです。・・・って、私もそうなんですけどね♪

デネルさん、さすが!!細かくいろんなこと覚えてらっしゃって、読んでいてあの時の興奮がよみがえってきました。
私は、「チュ~しちゃえ♪2秒前」前後の凪と陽炎の、せつなすぎるやりとりに一番涙しました~陽炎、すっごく可愛くて、強くて、魅力的!凪はしらずしらずのうちに陽炎ちゃんに惚れていたと、私も思っております。それを認めたくないって感じの凪にも萌えちゃってましたが♪
デネルさん回想録の続きも楽しみにしております~♪

投稿: あきこ | 2008年4月10日 (木) 17:19

デネルさん、みなさん、こんにちは!

渾身の舞台レポ、ありがとうございます!!
涙ながらの執筆でしょうか?
ものすごい臨場感で伝わってきます!

ピンポンへの大野君の出演は一瞬でございましたのよ。
福澤アナの秘密を聞き出すという使命は果たせたものの。

こちら越後では「2時っチャオ!」がこれで終わり??
ってな感じの切れ方をしたと思ったら、
3時からは唐突に「水戸○門」が始まりましたよ。
どうやらフルでは放送されていないようなのです。
かぁ~、日本は広いなぁ~(涙)
istさんのところも同じでしたでしょうか?

愛しの・グッドルッキングな・ナイスな青年の登場を待っていたら黄門さまって・・・。
撃沈でございます。

それと・・・
タイミングを逃してまくってしまっていたのですが、この場をお借りしていちのさんへ。
カレンダー2冊組のわたくし、
クッキングブックの表紙があっさりとはがれまして・・。
やはり正解!?でしたでしょうか?
はがれたくらい気にしないんですがね。


投稿: らき | 2008年4月10日 (木) 17:07

おお、つい年末のとんがりCMのイメージが強くて
勝手に5人それぞれのCMと思いこんでいました・・。
どんな風に仕上がっているのでしょうね!楽しみです!

投稿: ist | 2008年4月10日 (木) 16:51

こんにちは。

2時チャオが怪しい…。こちらでは早く終わるんですよ。
イブニング5も怪しい…。チェックするときにがっくりきそうだわ。
なかなかうまくいかないですね~・・。
山たろの時に初めて知りましたもん。
地域によって放送開始、終了時間が違うってことを…。

おお!私も大野君主演のラブストーリーみたいです!!
4/21発売の、とんがりコーンCMでは、ラブストーリー仕立てってのは
どうでしょうか!?ん?って、どんなCMじゃ。
チア3104の時のように、なかなか遭遇しないCMになりませんように!!
(ハウスさんのHPに嵐さん起用ってあるんです)

投稿: ist | 2008年4月10日 (木) 16:27

◆ヨネさん◆

「みつからないように~」の全てに惚れました。
そして号泣・・・
凪も陽炎も仁雷も切ないんですよね~。
それにしてもあの時の凪は憎らしいぐらいに罪作りでした。
ホントに格好いいなぁ~。

投稿: デネル→ヨネさん | 2008年4月10日 (木) 14:30

◆ニイハオさん◆

「見つからないように・・・」にうっとりしまくりでした。
何て男前なの!!
DVDが発売されたあかつきには、このシーンのリピート回数の金字塔を打ち立てる気マンマンです♪

全編を通してハラハラドキドキな場面が満載だったので私もずっとハンカチーフを口に当てて観劇しておりました。
ファンデーションまみれになったはず。

大野君のラブストーリーを超絶に見たいです。
実現しますように!
「四分の一の絆」のDVD化も!!


投稿: デネル→ニイハオさん | 2008年4月10日 (木) 14:26

デネルさん、皆さん、こんばんは!

あ~デネルさん!!
私も、「見つからないようにじっとしてろ」の凪にやられましたheart01
何度も何度も聞きたい、見たいシーンです。
ほんと、あそこは号泣ポイントですよね。
切なかったですcrying

投稿: ヨネ | 2008年4月10日 (木) 01:04

デネルさん、こんばんわ。

「見つからないように・・・」のくだり、
絞り出すセクシーボイスが胸を締め付けて、私も、涙・涙でございました。
暗闇と感動のために全く気が付きませんでしたが
観劇後、明かりの付いたところで見た私のタオルハンカチも、ファンデーションだらけ。
目の周り、ハゲハゲでしたね。
大野くんに逢える!って少しでもキレイにと気合を入れたはずだけど(苦笑)。もうこの際、無問題です。

私も大野くん主演のラブストーリー熱望に一票!!
お願い、各局のドラマ担当様。「四分の一の絆」も再放送を!

投稿: ニイハオ | 2008年4月10日 (木) 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185337/20054748

この記事へのトラックバック一覧です: はいっ、お江戸! 6:

« はいっ、お江戸! 5 | トップページ | はいっ、お江戸! 7 »