« 浪花節夫婦アゲイン | トップページ | タ~イム! 広島のお話 2 »

2007年9月11日 (火)

タ~イム! 広島のお話 1

デネルでございます。

本日は『ARASHI Time SUMMER TOUR 2007 -コトバノチカラー』、の感想文をば。

広島に行かれた大野君ファンの方から教えて頂いていたんですが、私だけのお宝にするのは申し訳なくて『智にマニアック』でご紹介させて下さいとお願いしたんです。

ニュアンスを汲み取って頂ければ幸いです。

改行・スペースの変更以外、そのままアップさせて頂きます。

それではレッツスタート。

◆匿名希望様から教えて頂いた8月11日・1部のお話◆

『Love Situation』後センターステージにて。

並び(櫻 二 大 相  松)ドリンク飲んだりして入れ替ります。

松   「空港下りて、会場まで2時間30分掛かったんだよ。」

     「ひったすら山の中、ずっと起きててipodでアルバム2枚聴いた。 何してた?」

櫻二  「ずっと寝てた。」

相    「俺起きてた.。」

櫻二  「起きてたの?」

相    「うん、1時間寝て」

二      「寝てんじゃん!」

相   「1時間寝て!ケツが痺れて目が覚めたの!  痺れない?」

櫻   「痺れない、痺れる?」

大   「痺れる。右が痺れて、今度は左向きにすると、また痺れて。

     前の座席にこう足上げて寝てたら、全く違う手の小指が痺れてた。」

笑、メンバー大野君の小指を覗き込む。

松   「今回の車シート硬かったもんね。」

       「1時間半経ってもまだ山の中でさ。    まだ、山の中かーって思って、

     普通1時間位で会場着くのに。  今回の車、スタッフと現地の人が

     前乗ってたんだけど、1時間半経ってもまだ山の中で『中々着きませんねー』

     って言ったら『道混んでますね』だったのに。」   

     「2時間経ったら、前の二人『おかしい…』って急に焦り始めてさ。」(笑)

     「あ、やべーって思ってBag開けたらパンあったから、パン食べた。」

櫻二  「パン?!  パン食べると速くなるの?!」

大   「この前もパン食ってた。」

松   「ちがっ・・・」

大   「何パン?」

松   「・・・・・ショコラ何とか。」

4人   「あーぽいね~。」

松   「いや、だからさ、時間押してるて事はさ、会場入って時間が無いって事だから、

     準備とか。  食べる時間無いかなって思って食べた。」

   
       「だって俺達会場入ったの1時よ!  1時30分開場なのに。」

(会場エー!!)

大   「俺、時間間違えて、2時からスタートだと思ってて、慌てて食べたもん、

     卵かけご飯。  シャーって混ぜて。」

  
      「翔君、納豆食べるよね。」(笑)

櫻   「(笑)食べるね。  公演の間に必ず納豆食べるんですよ。」

大   「すごい近くで混ぜるんですよ。」

翔君ステージ左端から納豆混ぜジェスチャーでぐいぐい大野君に接近。

納豆ラッパー、ついに肩口まで激近!!

とっても戸惑った表情で大野君。

大    「どうしたらいいんですか。」 

誰とも無く問い掛け。

櫻   「こんなに速くかき混ぜちゃうよ~(高速混ぜ!)ってしてたら、あだっ!!

     腕がつったの!!」(爆笑)

大   「どうすればいいの?」

戸惑ってる。

二   「どんだけ混ぜるんだよ!」

大   「どうすればいいの・・・」

?   「俺達も遅刻しそうになったんだけど、コンサートに遅刻した人って

     いるんじゃないかな?」

相   「ステージ移動の時、客席を出て、ホールをバーっと走って行くんだけど、

     曲中は中に入れないから、止められてる人いたんです。」

     「『相葉ちゃん入れないー!』って『ごめんね~!』って」

二   「ウソだろ!  そんな余裕ねーだろー」

相   「まあね、そんな感じですよ。」

メインステージへと、そぞろ移動。

セッティングされた5つの椅子へ(二 大 櫻 相 松)

宣伝。

僕妹、硫黄島、木更津(櫻「木更津はいいんじゃないか?」)黄色い涙(歓声)よろしくお願いします~。

大野君が中々座らない。 

最後に着席したと思ったらすぐに「着替えてきて」の声。

(大 相 松)退場。

櫻二  「暑い」(客席から声)

櫻二  「え~33℃~!? 温度計持ってるの?」

     「山田太郎の話ししますか。」

二   「昨日放送の6話の台本に『君なしでは生きていけない』(棒読み)って

      書いてあったんですよ。」

     「声に出して読んでみたの『君なしでは生きていけない』って。」

       「あれ?『君なしでは生きていけない…君なしでは生きていけない』って

           いつもの太郎君と同じトーンなの。」

ここで逆回転を閃く二宮君。

    「自宅のレコーディングの機材に録音したのをリバース出来るのがあって、

     逆回転を30回位やってた。」

櫻   「あの撮影。  夏ドラマ暑い! 昨日放送の(6話)ラストシーンの撮影、

     ほっんと喋んなかったもん俺、こんなんなってた、ぐでーって。」

両肩落として座ってます。

二   「顔がやばいの。」

二宮君による顔真似、会場内スクリーンに大映し、目線がいっちゃってます。 

会場笑

二    「じゃあさ、夏と冬ていったらどっちがいい?」

櫻   「俺冬かな~。  夏ってドラマやった事無いんだよね。」

     「木更津とよい子も冬だったしさ。」

二   「父へは?  あれ夏じゃなかった?」

櫻   「あ! ごめん2回目だわ・・・」

着替え終えた、相葉ちゃん1番に登場。

二   「相葉さんは、バラエティーの撮影は夏と冬どっちが」

相   「ちょっと待って!ベルトがっ。」斜め後ろを向いてゴソゴソ。

二   「ちゃんと着替えて来いよ!」

相   「あー俺関係ない、どっちも大丈夫。  舞台、38℃位あるね体温。」

櫻二  「体温?高熱じゃないすか?!」

大野君ステージに登場、続いて松本君。

二   「(大野君へ)どっちがいいですか舞台は?」

大   「何ですか」ちょいキレ顔でピタリと立ち止まる。

メンバーも会場もウケるも、大野君真顔のまま。

==全体笑==

(櫻、二)お着替え退場。  (相 大 松)着席。

相葉ちゃん、温暖化についてトーク。

大野君、あ?は?せ?と3度口を挟もうとするも、相葉ちゃんのトークに入る隙無し!!

そんな相葉ちゃんの熱弁も松本君により強制終了。

そこへ、着替えを終えた(櫻 二)加わります。

ステージ上(二 櫻 相 大 松)

相   「プライベートでも中華食べに行くんですよ。  中華好きだから。」

     「で、行ったお店の人が『テレビ見てるわよ~』って言うから『あ、どうも~』って

     『頭イイのね~』って、あ、やっぱわかんだなぁって『そうですか!?』って言ったら

     『パン君よ!!』って言われて『そうですよね、彼頭イイですよね~』って

     『おばさん出来ないわ~』って言うから『そうですよね~』ってまた言っちゃて

     気まずかった!」

ここで相葉ちゃんが突然、大野君のTシャツの胸に付いた★を指して。

相   「コレ分かった! キャプテンの一つ星付いてるでしょ、この一つの星!」

皆の視線が大野君の★へ。  

大野君自分のTシャツを撫でる。

    「コレ!ベトナムの国旗なんですよ!ベトナムのっ!ベトナムの国旗っ!

     中国の国旗かと思ってたけど、ベトナムの国旗なんですよ。」

ここでも二宮君のツッコミが終始冴え渡っていました。

二   「でそれが?」S

相   「ベ、ベトナムの国旗ですよ。」M

*******うらあらし*******

リクエスト『途中下車』

同じ剣道部の仲間。  

同級生の男の子が引っ越してしまう。

引越しの日、偶然通った家の前、丁度引越しのトラックが走り出すところ・・・高鳴る心臓の音。

聞こえなくてもいい・・・口から出た言葉は。

「剣道続けてねー!」するとトラックが停車し降りてきた彼

「お前も続けろよ」と握手を交わして見送った。

------------

「青春ですね~いいですね~」

------------

歌終了。

「イイ曲だなぁ~」

櫻   「俺コレ、流してて5回目で泣いた。」

最近涙脆い翔君夢話。

嵐も8年目でM.A.D.がお祝いしてくれるって。

でも8年目ってなんか中途半端だし、そんな大袈裟にしないでくれよ。ってステージに行ったら真っ暗。

俺ひとり、M.A.D.に囲まれるの。  コエーじゃん。

そしたら一人一人『翔君おめでとう~』って言ってくれるの、すげー嬉しくて泣いてるの、夢の中で。 

蹲って。

それで、起きたらすげー泣いてた!(全員笑)


----------------

覚え書き。

『Love Situation』大&松アクロバット。

この時大野君のアンダー(相葉君と同素材)が高位置まで見えるも、ウエストラインは確認
出来ず。  

ハイウエストのようです。

櫻井君の投げた色紙が真上の天井に激突!当たったら超痛そう、キャッチする勇気は無いかも・・・。

櫻井君、その心意気は買った!!

『LIFE』にて。

①10年前夢見た、今の僕

②「10年後?わかんないや。。」って、今の僕

①の部分を②の歌詞で歌い出した相葉君。

あっと気付いて、スクリーン上には横目で視線を送る櫻井君と手を合わせて謝る相葉君の映像。

10年後わかんないやって2回歌う相葉君、苦笑い。

ラストの挨拶にて。

この間違いに触れた相葉君。

更に10年後だ、10年前だと何度も言っていたので、次に挨拶した二宮君に、結局は相葉さん、20年後も分かんないって事でしょ。と。

どの会場でも、二宮君のご挨拶は素晴らしいく、優しい。

・・・・・・

・・・・・・

突如として納豆マンと化した櫻井君の対処に困る大野君がどえらいキュ~ト♪

相葉君の温暖化トークがツボに入った私。

温暖化トークの3名様の状況をリアルに脳内妄想変換出来るのは私だけでしょうか!?

うひゃひゃひゃ笑いながらノンストップでマシンガントークをする相葉君。

マイクを口にあてて何とか参加しようと試みる可憐ちゃんな大野智。

が、敢え無く失敗の繰り返し。の大野智、26歳の夏。

3度目の正直ならず。な大野智、秋で27歳。

少しでも言葉を発っしたから今日のところは大満足♪な嵐のキャプテン、大野智。

暴走しまくりな相葉君を低音ボイスでぶった切る松本君。

フヘヘヘヘッ♪

嵐さんは本当に素敵なグループですね。

臨場感溢れる匿名希望様のレポートに大爆笑させて頂きました。

大・大・大・大好きな『途中下車』が聞きたかった!!

一緒に送って頂いた広島8月12日・2部のお話へと続く・・・・

後程アップさせて頂きます。

|

« 浪花節夫婦アゲイン | トップページ | タ~イム! 広島のお話 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浪花節夫婦アゲイン | トップページ | タ~イム! 広島のお話 2 »